占い&スピリチュアルサロン『銀座エルアモール』

占い&スピリチュアルサロン『銀座エルアモール』所属の先生たちのブログです。

東京銀座での対面セッション希望の方は・・・

占い&スピリチュアルサロン「銀座エルアモール」

平日11時~21時 土日祝11時~18時

TEL 03-3571-8640


電話占いをご希望の方は・・・

占い&スピリチュアルサロン「銀座エルアモール」サイバー店

TEL 0120-992-755

受付案内 03-6699-1066

平日11時~21時 土日祝11時~18時

ヒーリンググッズをお探しの方は・・・

ヒーリングショップ「銀座エルアモール」

楽天市場内のオンラインショップです。


テーマ:

こんにちはニコニコ

 

癒し系霊能師の凪ですラブラブ

 

東海地方まで梅雨明けしましたね!

関東地方も今週には梅雨明けするとのことですが、

既に梅雨明けしたかのような暑さが続いてますねあせる

 

 

今日は「土用の入り」です。

 

「土用の丑」でよく聞く言葉ですね。

その、「土用」と「丑」の話をしたいと思います。

 

 

『土用とは?』

土用というと夏を思い浮かべる方も多いと思いますが、土用は各季節にあります。

 

最初の日を「土用入り」最後の日を「土用明け」といいます。

 

世間一般で言われる夏の『土用丑の日』について、
2016年の日にちは、 7月30日(土)です。

 

陰陽五行説で、春・夏・秋・冬をそれぞれ木・火・金・水とし、

土を各季節の終わりの18日間に当てはめたことから、

立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を土用といいます。
次の季節へ移る前の調整期間といったところでしょうか。

 

一般的には立秋前の18日間の夏土用をさします。

この期間を暑中と呼び、暑中見舞いを出す時期でもあります。

 


五行とは、木行・火行・土行・金行・水行。

木行:春
火行:夏
土行:季節の変わり目
金行:秋
水行:冬


このような季節の象徴となっています。

 

 

『丑の日とは?』

十二支の「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、兎(う)・・・」の丑のこと。

この十二支は、『今年の干支』というように、年を数えるときに使われるだけでなく、
方角や、月、そして日にちを数えるのにも使われるのです。

 

つまり、約18日間の『土用』の期間のうち、
12日周期で割り当てられている十二支が『丑の日』の日が、
『土用丑の日』なのです。

 

 

 

『なぜ、土用の丑にウナギを食べる習慣が出来たの?』

その由来については諸説ありますが、

一番有名な説は・・・

江戸時代、うなぎ屋がうなぎが売れないで困っていることを、

平賀源内に相談しました。(平賀源内は、江戸時代の万能学者であり、発明家 )

この時の、
「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」
という平賀源内の発案が功を奏し、うなぎ屋は大繁盛になったのです。

ちなみに、これがヒットした背景に、当時は、
「丑の日にちなんで、“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない」
という風習があったそうです。

これを他のうなぎ屋もこぞって真似するようになり、
次第に「土用丑の日はうなぎの日」という風習が定着したとされています。

 

 

実際には土用丑の日は、
春夏秋冬4季にわたってあります。

なのに、現在うなぎを食べる習慣があるのは、『夏の土用丑の日』だけです。

これは、当時の平賀源内が起源とされる、

うなぎを食べる風習が『“夏の”土用丑の日』だったから、
現在「土用丑の日」と言えば、夏の土用丑の日となるのです。

また、本来ウナギの旬は冬のため、
以前は夏にウナギはあまり売れなかったそうです。

売れないウナギの販促のため、
旬ではない“夏”という時期にウナギを食べる風習を根付かせたという説が有名です。

 

 

『土用』にちなんだ豆知識

 

ひらめき電球うなぎ、梅干し、瓜、うどんなど「う」のついた食べ物
土用の丑の日のうなぎは有名ですが、昔からこの日に「う」のつくものを食べると病気にならないといわれてきました。
例えば「梅干し」「瓜」「うどん」など。いずれも、食が細くなる夏に食べやすいものですね。このような言い伝えは先人たちのありがたいアドバイスともいえるわけです。

他にも「土用~」という食べ物があります。
土用餅 土用しじみ 土用卵

 

 

ひらめき電球夏土用に入って3日目が晴れれば豊作、雨が降れば凶作といわれています。

この豊凶占いのことを「土用三郎(どようさぶろう)」といいます。

 

 

ひらめき電球土用の虫干し・土用干し

夏土用の時期に、カビや虫の害から守るため、

衣類や書物に風を通して陰干することを土用の虫干しといいます。

また、この期間は田んぼに水を入れず、土をひび割れ状態にします。

これは雑菌の繁殖を抑える効果があり、根がしっかりと張るんだそうです。

梅干しの天日干しもこの時期です。

 

 

ひらめき電球土用にしてはいけないこと

・土を犯してはいけない(土を掘り起こしてはいけない)。

土用の期間は、土を司る土公神(どくしん・どくじん)という神様が支配するといわれ、

土を動かしてはいけないとされてきました。

今でも、家などを建築する際、土を掘り起こしたりする基礎工事などは

土用の期間をはずす方が多いようです。
土用は季節の変わり目ですから、

農作業で体調を崩さないようにとの戒めもあると思われます。

 

ひらめき電球土用の間日(まび)

土用の期間中土を掘り起こしてはいけないとなると、

いろいろと支障が出てきそうですね。でもご安心あれビックリマーク

土公神が天上に行き、地上にいなくなる「間日(まび)」が設けられているので、

この日は作業をしてもいいとされています。

 

冬土用の間日:寅・卯・巳の日
 ※2016年は1月21日・22日・24日・2月2日・3日
春土用の間日:巳・午・酉の日
 ※2016年は4月17日・18日・21日・29日・30日、
  5月3日
夏土用の間日:卯・辰・申の日
 ※2016年は7月20日・21日・25日、8月1日・2日・6日
秋土用の間日:未・酉・亥の日
 ※2016年は10月20日・28日・30日、11月1日

 

 

ひらめき電球土用の過ごし方

 

・土を掘り起こす作業をしない。

夏土用
・暑中見舞いを出す。
・衣類や書物の虫干しをする。
・梅干しの天日干しをする。
・薬草などを入れたお風呂に入る。
・うなぎや梅干しなど「う」のついたものを食べる。

 

 

 

参考になったでしょうか?

夏バテしないように、しっかり水分補給をして

楽しい夏を始めて下さいね音譜

 

最後まで読んでくださってありがとうございましたドキドキ

 

 

 

 

 

 

薔薇毎週火・木曜日に銀座エルアモールに出演しています


凪のセッションのお申込はこちら


薔薇銀座エルアモールの口コミはコチラ

口コミを書いて頂きますと、非常に喜びます爆笑


薔薇個人出張鑑定も承っております


お気軽に凪の個人アメブロメッセージでお問合せ下さいませLOVE

http://ameblo.jp/seamoonnagi
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「凪のスピリチュアルな日々」 の記事

テーマ:
 
~東京・銀座から天使のスピリチュアル・メッセージ~ 
~恋愛から仕事まで~ 
 
【7月17日(日)は光聲(こうせい)お休み】
 
通常こうせいは、
日曜日に鑑定させていただいておりますが
7月17日はお休みをいただきます。
代わりにKAZUMI先生が鑑定いたします。
 

 

 
 
 

 

■光聲からの最新メッセージは↓↓以下のブログで定期的に更新中■

http://Spiritually.jp/

2016年 3ヶ月連続で更新中NbJ[  

 

スピリチュアルカウンセラー光聲
(こうせい・光声)

こうせい先生・光聲

■■■恋愛・子宝・転職・縁結び■■■
(神霊天使力によって必要な事柄を引き寄せます)
(メンタルブロックを解消します)
【・月曜日・11:00~21:00・】
【・火曜日・11:00~21:00・】
【・水曜日・11:00~21:00・】
【・日曜日・11:00~18:00・】
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは星空

癒やし系霊能師の凪ですラブラブ

 

今日は「七夕」ですねたなばた。

雨が降る確率が高い日ですが、

今年はとても良く晴れているので、

彦星と織り姫も会えそうですねラブ

 

さて、七夕の由来・・・ご存じでしょうか?

 

「棚機(たなばた)」とは古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事で、

乙女が着物を織って棚にそなえ、

神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり人々のけがれをはらうというものでした。


選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもって神さまのために心をこめて着物を織ります。

そのときに使われたのが 「棚機(たなばた)」 という織り機です。


やがて仏教が伝わると、

この行事はお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになりました。

現在、七夕という二文字で「たなばた」と当て字で読んでいるのも、

ここから来ていると言われています。

 

 

琴座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星は裁縫の仕事、

鷲(わし)座のアルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星は

農業の仕事をつかさどる星と考えられていました。

 

この二つの星は、

旧暦7月7日(8月12日頃)に天の川をはさんで

最も光り輝いているように見えることから、

中国でこの日を一年一度のめぐりあいの日と考え、

七夕ストーリーが生まれました。

 

 

なぜ、七夕に願い事をするのでしょうか?

それには、中国の「乞巧奠(きこうでん)」という行事が由来です。

 

「乞巧奠(きこうでん)」 は、中国の行事で

7月7日に織女星にあやかって

機織り(はたおり)や裁縫が上達するようにとお祈りをする風習から生まれました。

庭先の祭壇に針などをそなえて、星に祈りを捧げます。

やがて機織りだけでなく、芸事や書道などの上達も願うようになりました。

 

 

短冊に願い事を書くのはなぜ?

 

奈良時代には中国の影響が強く

五色の糸を星にお供えする習慣があったようですが、

その後室町の頃に書道の上達を願い

硯(すずり)や墨、短冊に書いた和歌などをおさめるようになりました。

広く一般に普及したのは江戸時代になってからのことのようです。

 

 

笹に飾るのはなぜでしょうか?

 

理由は定かではありませんが、

笹は昔から邪気を祓う役目がある、神聖な物と考えられていました。

田んぼなどで稲の成長を遮る虫を避けるのに用いたことから、

七夕に発展したという説もあるほどです 。

 


七夕の飾りの意味

紙衣女子の裁縫の腕が上がるように
巾着お金が貯まりますように  
投網豊漁になりますように  
屑籠整理、整頓、物を粗末にしないように   
吹き流し織姫のように機織が上手になりますように   
千羽鶴家族が長生きしますように  
短冊願い事がかない、字が上手になりますように

 

 

 

 

 
image

※古来は飾り終わると、川や海に流して浄めましたが、現在自宅などでかざりおえたあとは、各自治体の規則に準じてください。

 

 

皆さんの願いごとが叶いますように・・・ドキドキ

 

最後まで読んで下さってありがとうございました星

 

 

薔薇毎週火・木曜日に銀座エルアモールに出演しています


凪のセッションのお申込はこちら


薔薇銀座エルアモールの口コミはコチラ

口コミを書いて頂きますと、非常に喜びます爆笑


薔薇個人出張鑑定も承っております


お気軽に凪の個人アメブロメッセージでお問合せ下さいませLOVE

http://ameblo.jp/seamoonnagi
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様いかがお過ごしでしょうかビックリマーク

Miho爆  笑です。

本日、銀座は梅雨空ですね~くもり

そんな天気を吹き飛ばす情報をお届けしますやしの木

 

そんな時季はなんとなく、
体の芯からリフレッシュしたい
気分になりますね(*'▽')

倍音瞑想によるヒーリングと
セラピストによる極上マッサージで
疲労回復&エネルギー充電
しませんか??(*^-^*)(*^-^*)
しかも、場所は湘南の海が眼前に広がる
最高のロケーションですよ!わくわくですね♪

 

猫しっぽ猫からだ猫あたま

 

チューリップ《昼の部》チューリップ
【エナジーチャージ&ビューティー】クリスタボウル倍音浴ワーク
日時 7月2日(土)11:00~13:00
場所 THE FREEDOM HOUSE 江ノ電 鎌倉高校前駅すぐ
参加費 特別価格 15,000円

 

犬しっぽ犬からだ犬あたま

星 《夜の部もございます!》星

夜も素敵
【ムーンライト&ビューティー】クリスタボウル倍音浴ワークは、
日時 7月2日(土)18:00~20:00
場所 THE FREEDOM HOUSE 江ノ電 鎌倉高校前駅すぐ
参加費 特別価格 15,000円

 

ドキドキ詳しくはこちらのリンクからドキドキ

ご予約もこちらから可能です。

http://www.reservestock.jp/events/124672

さあ、気分の良いことを常に選択しましょう!!!

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様こんにちは、スピリチュアルカウンセラーMiho照れです。

人気のKoko先生ラブデザインの素敵なブレスレット達が増えました♪

可愛いだけじゃなく、波動や質もとっても良いのです音譜

お店に是非遊びに来て、確かめてくださいねおねがい

【縁結びリボンブレスレット】

リボン形がキュートです♪

ドキドキまさに、縁結びドキドキ

 

恋愛運UP!!大人気の【アフロディテ】

ピンクが可愛すぎるラブ

恋愛成就を願う女性達!!

是非是非、お勧めですよ~ラブラブ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)