覚せい剤取締法違反(使用・所持)などに問われたロックバンド「JAYWALK」のボーカル、中村耕一被告(59)に対し、東京地裁は12日、懲役2年、執行猶予4年(求刑・懲役2年)の判決を言い渡した。被告は「疲れが取れず年齢を感じるようになった」と動機を説明していたが、藤井敏明裁判官は「つらいことや苦しいことがあった時、ファンはあなたの歌に勇気づけられてきた。もう二度と裏切らないでください」と説諭した。

 判決によると、中村被告は今年3月8日、東京都港区に止めた車内で覚せい剤を飲み、翌9日には覚せい剤計約1.34グラムとコカイン粉末約0.73グラムを所持していた。

 藤井裁判官は、中村被告が昨年夏以降、芸能人の薬物事件が相次いだ際、所属事務所に「自分は使っていない」とうそをついたと指摘。「常習的犯行で、依存性が明らか。著名人として社会に与えた影響も大きい」と述べた。

 JAYWALKは80年結成。91年発売の「何も言えなくて・・・夏」が大ヒットした。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
<関連記事>覚せい剤裁判:JAYWALK中村被告に懲役2年の求刑
◇芸能人と覚せい剤◇酒井法子被告保釈 「申し訳ありませんでした」頭下げ(09年9月)
◇芸能人と覚せい剤◇酒井法子被告謝罪会見「薬物というものに、自分の弱さで負けた」(09年9月)
◇芸能人をめぐる事件◇小室哲哉:執行猶予は頂いたチャンス 「頑張ります、必ずやります」
◇芸能人と覚せい剤◇酒井法子被告:懲役1年6月、執行猶予3年 東京地裁判決(09年11月)

<自民党>参院選マニフェストの原案発表 6月に最終版(毎日新聞)
非正規雇用 「派遣法改正を」若者と女性が集会(毎日新聞)
<日本創新党>中田・前横浜市長ら比例に擁立…参院選(毎日新聞)
社福法人がガラス片2500トン不法投棄、姫路市役所など捜索(産経新聞)
女子児童が早乙女姿でお田植え祭り 愛媛・愛南町(産経新聞)
AD