今年の納涼歌舞伎は、近松の古典、猿之助さん演出のラスベガス経由の東海道膝栗毛、落語からの新作など盛りだくさん。


土蜘(つちぐも)

叡山の僧智籌実は土蜘の精 橋之助
平井左衛門尉保昌 獅 童
源頼光 七之助
巫女榊 児太郎
番卒 勘九郎、猿之助、扇 雀

芝翫襲名を控えた橋之助さんの土蜘蛛。妖しく美しい前半の舞から、3人のご子息を従えた荒々しい後半のコントラストがお見事。
獅童さんの堂々とした時代物のお役が板についてきて安定の芝居。
番卒は豪華に勘九郎、猿之助、扇 雀の達者な舞がお見事。勘九郎さんの次男の哲之くんも初お目見えを立派に果たしてました
さらに印象的だったのはお囃子の出来。
田中傳十郎の笛は土蜘蛛の世界を妖しく表現し、三味線、長唄、鼓もどれをとってもお見事。近年のお囃子田中流の活躍が反映された舞台でした。


廓噺山名屋浦里(さとのうわさやまなやうらざと)

酒井宗十郎 勘九郎
花魁浦里 七之助
牛太郎の友蔵 駿河太郎
留守居役田中 亀 蔵
留守居役秋山 彌十郎
山名屋平兵衛 扇 雀

タモリさんが吉原取材中に聞いた実話を鶴瓶さんが落語にした“山名屋浦里”。
勘九郎さんが歌舞伎にした新作。
堅物の江戸留守居役の酒井宗十郎。その人柄にひかれ、窮地に陥った宋十郎を救うために一肌脱ぐ江戸有数の花魁浦里。
二人の情にほだされ手を貸す遊郭の主人と手代に上方から流れてきたとの設定の扇雀さんと鶴瓶さんのご子息駿河太郎さんとの情とおかしみのある掛け合い。
宗十郎をいびる侍に亀蔵さんと彌十郎さん。
川べりの花火見物の場から、遊郭への転換はセリと回り舞台を駆使した、歌舞伎座の大道具さんの技術をいかんなく発揮した装置で切れ目のないテンポのいい舞台。
大詰めの山里の独白から、花魁道中の七之助さんのきれいで見事なこと。
落語にはない冒頭の宗十郎をいびる場は、浦里が必要になった理由の説明に必要とはいえ少しくどいか?というのが唯一の気がかりで、あとは初演とは思えないはまり役の役者と舞台がそろった素晴らしい芝居でした。

AD
真夏にさわやかなフレンチを、ということで同僚たちと恵比寿のエミュへ
シェフはバターやクリームを出来る限り最小限に、濃厚な味わいの野菜のピューレを多用して味わい深くもたれない料理を志向しているそうで、夏のディナーにチョイス。

シャンパーニュと冷たいスープからスタート。

久松農園のトマトのガスパチョ
能登島の赤土野菜と土浦の野菜のエクスポジション
能登と土浦の野菜だけ30種類を使ったシグネチャのエクスポジション(展覧会)。
30種類の野菜を、茹でる、焼く、揚げるなどの火入れで食感を変え、ハーブ、イジブルフラワーなどで鮮やかに盛り付けられ、目を楽しませながら、ピューレやオイルで味のバリエーションも上あごを喜ばせる。

うなぎのポアレの長野産赤パプリカのピュレ カレー風味の野菜のジュレ
フランス産フォアグラとイチジクのコンフィチュールのプレッセ
フォアグラと相性のいいイチジクを濃縮したコンフィチュールと合わせて、濃厚さとさわやかなの演出。

真ハタのポアレ エシャロットのレディクション
身が締まったハタは、カリカリの皮と一緒に大きめに切って口全体で味わう

熊本産赤牛もも肉のロースト 粒マスタードのソース
絶妙な火入れで旨みと食感のバランスが見事。

桃づくしのデザート
シャーベット、ジェラート、ポタージュ、ジェルなど
旬の桃を食感味わいを変え一つのお皿に見事な締めくくり

カヌレとイチジクのフィナンシェ

楽しい時間でした。

AD
ヨガの方法論 Methodologies of Yoga Throught Historyと題した講義。
忘れないように記録しておくと、、、


ヨガの実践の目的は?
カルマからの解放であったことを、歴史をひもときながらの解説。
ヨガは“マインドの動きを止めること(パタンジャリ)”とか“つなぐこと(united)とか現代では言われているが、歴史的に見れば最近のこと。

BC8世紀ごろ(post Vedic/Upanishad期):
マインドを繋ぎ止めること(hold the mind)
BC5世紀〜1世紀ごろ(pre-classicalまたはepic期):
サマディ“瞑想の実践”。 調和 balance(バガバットギータ)
BC1〜AD1世紀ごろ(古典期):
統一性(Oneness), 呼吸・マインド・感覚
AD5世紀〜13世紀ごろ(Tantra期):
マインドの動きを制限する(constrain one’s mind)
繋ぐもの(Union)、2元性の融合

と変遷し、現在まで続くヨガの系譜はジャイナ学派とブッディズムを源流とする。この頃のカルマの考え方は
過去の経験・記憶が引き起こす、制御できないものごとの捉え方/認知(perception)と振る舞い(behavior)をカルマと呼び、これが生じることを恐れていた。
カルマから逃れる手段として
・ 離欲(Renunciation)
・ 苦行(Tapas)
・ 瞑想(Meditation)
が実践されてきた。

カルマは
経験の記憶・痕跡(サンスカーラ Sanskara)が、情動的な価値感を付け加えられた行動に影響を与えるようにヴァーサナ Vasanaなる。Vasanaがより強固になると行動を支配するカルマKarmaとなり、純粋な気づきpure awarenessを妨害し、エゴや無知に支配される。
カルマを作り出さないための実践法として様々な実践法が作られてきました。
・ Jnan Yoga
・ Karma Yog
・ Bhakti Yoga
など、またタントラの時代には
・ MantoraYoga
・ Laya Yoga
・ Hatha Yoga
さらに
・ Laya Chakra チャクラの拡散(dissolution)
・ Kundahlini Chakra プラーナを使ったチャクラの拡散
などが体系化された。

例)マントラのパワー
マントラはバイブレーション/音階とサンスクリットのアルファベットの組み合わせ/音節。バイブレーションは記憶/サンスカーラをヴァーサナ/Vasanaになることを他の記憶を介さずに直接促進し、音節はヴァーサナがカルマになるのを阻害する。

その他、言葉のパワーなど解説がありました。

この日の内容は、
The Yoga Tradition –Its History, Literature, Philosophy and Practice, Georg Feuerstein, 2001
の500ページ以上の内容にカバーされています
このエッセンスをわずか3時間で解説してくれた、大変お得な講義でした。

“ヨガはいにしえの大河のようだ。数えきれないほどの急流や、渦、ループ、支流, 淀み、多様な生物の住む変化に富む土地のようだ。そのため、我々がヨガの事を話す時、我々は多種多様な道、対立する理論的体系の、ときに相容れないものについて話す事になる。Georg Feuerstein, Ph.D ”
時系列的に哲学の変遷がまとめられており、ジャイナ教、ヒンズー教、仏教、シーク教、ヴェータ、ヴェタンダ、タントラと宗教と哲学大系の解説などまとめられています。

Tantra: The Path of Ecstasy, Shambhala (1998)
The Yoga-Sûtra of Patanjali: A New Translation and Commentary
も大変参考になる本です。




AD