英語求道士の「終わりなき英語学習の旅」

35歳で本格的英語学習に目覚め、50歳過ぎて「英語資格五冠(実用英検1級、TOEIC990点、通訳案内士、工業英検1級、国連英検特A級)」を達成したフツーの会社員が、英語道を究めんとする「悪あがき」の中で日々溜め込んでいるウンチク/ノウハウを面白可笑しく綴ります。

"It's always darkest before the dawn."
「夜明け前は最も暗い(希望を持ち続けよ!)」


"As you start to walk out on the way, the way appears."「動けば、動く!」

テーマ:

皆さんは、「ビジネス・カラオケ(business karaoke)」という表現を聞いたことがありませんか?

 

私の同僚(アメリカ人)からの「ウケウリ」ですので、ひょっとしたら「一般的表現」ではないかも知れませんが、その意味するところが実に「示唆に富んでいた」ので、本ブログでもご紹介させていただきます。

 

この「ビジネス・カラオケ」とは、「新しいビジネス(モデル)」に取り組もうとして、歌のカラオケの例のごとく「プロの歌手(有名な他社)の歌い方(ビジネスモデル)を研究し、モノマネして歌ってみる(モデルを真似て新しくビジネスを始める)も、なかなかうまく行かず、結局下手な歌い方しかできない(満足できる業績が得られない)パターン」、そう「"study-copy-do it worse-fall, then behind" pattern」のことを言っています。

 

・・・・・

 

あなたの会社も、知らず知らずのうちに、「ビジネス・カラオケ」を歌う「自己満足」に陥ってはいませんか?

いいね!した人  |  コメント(0)