英語求道士の「終わりなき英語学習の旅」

35歳で本格的英語学習に目覚め、50歳過ぎて「英語資格五冠(実用英検1級、TOEIC990点、通訳案内士、工業英検1級、国連英検特A級)」を達成したフツーの会社員が、英語道を究めんとする「悪あがき」の中で日々溜め込んでいるウンチク/ノウハウを面白可笑しく綴ります。

※新シリーズ(英語「学習」の達人!)をこちらに統合することにしました!


"It's always darkest before the dawn."
「夜明け前は最も暗い(希望を持ち続けよ!)」


"As you start to walk out on the way, the way appears."「動けば、動く!」

テーマ:

※「新・旧ブログ」統合に伴う再掲載です。

 

「LL教材『大失敗談』」でちょっと寄り道をしてしまいましたが、話題を教科書ガイドに戻しましょう。

 

教科書ガイドを使うことにより、「紙の辞書を逐一引いて単語の意味を調べ、ノートに書き写す作業」の必要がなくなったため、英語の授業の予習効率は飛躍的に向上しました。

 

※実は、当時は(今も?)「教科書ガイドを使うのはズルい」という一般認識があり、あまり表立って言えない雰囲気がありました。私自身も、教科書ガイドを使ったのは英語と古典のいわゆる「言語系2科目」だけでした。

 

私は、そうして出来た「余裕時間」を「暗記」の方に振り向けたのです。

 

具体的には、教科書に載っている英文とその全訳、新登場する英単語とその意味を「全て丸暗記」しました。

 

その結果・・・

 

【功】

○ 教科書に登場する全ての英単語/英語表現を完璧に身に付けることが出来た。

 ⇒ 中学校の定期テストの範囲なら毎回ほぼ100%の正解率で解くことが出来た。

 

【罪】

X 教科書に登場しない意味や派生語及びその他の単語は全く身に付かなかった。

 ⇒ 特定教科書の縛りなく英単語/英語表現が問われる実力テストは苦手だった。

 

ちなみに、この「教科書ガイド学習法」は、高校になってからも「定期テスト対策」に「圧倒的な威力」を発揮し、そのおかげで中高6年間ずっと「英語が得意である」と錯覚していました。※「英語という学校の教科」が得意だったのは事実ですが・・・(笑)。

 

その一方で、高校卒業後に「真の英語力不足(ボキャブラリー&応用力不足)」という冷徹な事実を突き付けられることになりました。

 

辞書を引くという行為の「遊びの部分」や教科書以外の英語教材に触れる行為を一切してこなかった「ツケ」が後から出て来たということなのでしょうね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。