NEW !
テーマ:

顎位調整+量子場調整のご感想です!!



今回5回目の彼女。

気づきが起きて、深いところで変容がどんどん促進されているようですね。



セッションは意識的な気づきと

無意識の書き換え、勘違いや過去の崩壊破壊とヴィジョンの創造を

行っていきます。



気になる方は、ぜひいらしてくださいね♡

サロンは品川駅から10分ほどです。
(五反田駅からもそれくらい)


院長にもバッタリ会えるかもしれませんよ





朋美さん、

こんにちは。
先日は量子場調整どうもありがとうございました。
身体がとても軽くスッキリです。

痒みも良くなってきています。
先日お話ししましたが最近になって手応えを感じるようになり
その後も順調に推移しています(わーい)。
ありがとうございます!


さて、母や妹の事、幼少期~思春期の暗黒時代(笑)の話ができ、
朋美さんとのやり取りのなかで浄化したような感覚があります。


一方で蓋が開き始めたというのか、調整後昨日になって気づいたのですが、
今まで妹と比べ理不尽さや不公平感をほとんど感じた事がなかったのですが、
無意識は感じていたのではないかと思いました。
今はっきりと、不条理だ、と意識しましたから。
ずっと認めたくなかったという事かなと思います。


現時点でとらえると妹とは良好ではないのですが、私に取っては
(良い方向に行く過程であるので)よかったというか必要だったのかもしれない
と感じました。


話は変わりますが、自分を認めていく?肯定していく、という話をしましたよね。
義務でやってないか?心からそう思うか?と。
それで思い出したことがあります。
他者との会話で、相手が欲している答えを瞬時に判断しそれを言うことが
パターン化されています。
それがうまく作用することもありますが、出来るだけ本心をいうようにしたいと
以前から思っていました(時と場合により)。

しかし、自分の発言が本心なのか相手が欲している答えを言っているだけで
意に反しているのかが、立ち止まって考えても分からない事がよくあります。
以前から気になっていたのでこのあたりを次回以降どこかでお話できればなと思っています。


本当に色々な気づきがあります。
朋美さんのおかげです。本当に感謝しています!


初めて院長とご挨拶させていただきましたが、とても素敵な紳士なのですね。
お二人の間の空気感というのか、流れる雰囲気がなんともいえずほんわかとあたたかくて素敵でした。
帰り際にとてもいい体験?をさせていただいたというか、そういう場に?触れる事ができて?
(すみません語彙力に限界が・・・・)良かったです。
世のご夫婦ではなかなかそういう空気感を感じる事がないので…。
(ふと、新婚カップルさんの場合に近いものがあるなと思いました)。

観察術講座のときにもお二人は、ものすごい調和だ、と感じましたが、
先日のお二人の雰囲気に本当に感動しました。





いいね!(50)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

スペインから帰国以来、仕事をしているもので
いまだ疲労がとれず
メールの返信も遅れていてごめんなさい!!
(明日中に現在いただいている方は返信いたします)



とほほないわたくしでありますが
たまにはみんなの力を借りてみようではないかっ( ̄▽ ̄)


と、Facebook で
「量子場師さん遠隔してください~」
と呼びかけてみました。

(こういうこと以前は怖くて絶対的にできなかった!!)



そしたら....


{241C88E0-C5A1-46DC-81B7-4C9DD97DFF9C}

{83976453-1E39-4A1A-A50A-EA1B13F27C23}

{E2372009-6A6D-4123-8586-FC80C05C63E4}

{728855C2-410A-4922-899A-EB3AFE8AFBC0}



ぐぐぐっ...うれしいですねぇえ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



と、いうかびっくりしました。
こげなわたしにそんな対応をっ!?



量子場的ってすばらしいコミュニティではっ。



世界にはもっとたくさんの力を必要とする人がいるというのに。
この量子場的の集合意識はきっと世の中を変えていく。



今後のそういった活動のきっかけになりました。


ありがとう!量子場的の方たち!
その後も報告させていただきます。
いいね!(17)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

滋賀県でセラピールームwicaを主催されている
片岡美沙さまから、セッションのご感想をいただきました!







レイキティーチャー、
シータヒーリングインストラクターの美
沙さん心


こころのカラクリをよくご理解されていて


とても深いセッションになりました。






感情が生まれるのは


ある思い、願いや望みがあるから。






それを自分自身が受け容れることが


自分をゆるすことにつながると思うのです。






彼女の涙はとても美しかったですキラキラキラキラ


すごく正直な方だと感じました。


美沙さん、ありがとうございました。
花









心の自由。





さて昨日は、以前に矢野先生 からお勧め頂いていた、


「量子場調整」


という、少し変わったセッションを受けてまいりました。





身体の不調というより、心の不調を整えて頂いた感じなのですが、
施術後に関しては正直言って


「うぅーん、良くわからん」


という感じです。




・・・が、気持ちがずいぶんフラットになりました。




何でしょうね?




「何がどう変わった」とかは実感ないのですが、感情を打ち消すことなく、
しっかり味わっていこうと思える感じです。




感情に振り回されることなく、過去に引っ張られることなく、
先のほう、未来のほうに意識を向けられるようになった感じがします。




これは、岩尾先生 が、事前のカウンセリングでかなり深ーーいところまで
じっくりとお話を聴いて下さったおかげってのもあるかも知れません。




でも、そのカウンセリング自体が、何だか普通じゃない感じです。




言うならば、


「どこと繋がってんの!?」


的な感じでしょうか。




もしかしたら、私のカウンセリングやシータセッションも、
傍から見たらこんなのかも知れません。






何がどう変わったかもよくわからず、
一体何をどうされたのかもよくわからないのですが(汗)、
何だか気持ちがとてもフラットになったので、これはお勧めです。




私も来月に何度か上京するうちの一回に、また伺ってみようと思います。






そういうわけで、今はとてもフラットな感じです。




ネガティブ感情を「ネガティブ」だと思わない感じです。


だから感情を打ち消さなくて良い。




感情というのは、打ち消すものではなく、ただ単に感じてあげること。


そして、そんな感情を持っている自分自身を認めてあげること。




自分の中の


愛したい欲求


愛されたい欲求


を、ちゃんと認めてあげること。




「愛されないから、愛しちゃいけない」


と、自分の中の愛を否定しないこと。




そうすることで、その感情はすでに


「手放さなきゃならない、ネガティブな感情」


ではなくなっているのです。




持っていて良い感情なのです。






そもそも、ネガティブ(だと思われる)感情というのは、
どうやって発生するのか?というと、
自分の要求や欲求を打ち消さなければならない時なのだと思うのです。




欲しい愛が手に入らない。


だから、愛すること、愛を欲することを「打ち消そう」とする。




その「打ち消さなきゃならない」感情こそ、ネガティブの根源な気がします。


打ち消さなきゃいけないのに打ち消せないから、


単なる執着


になってしまうのかも知れません。




でも、本当はもしかしたら自分の


愛したい欲求


愛されたい欲求


は、打ち消す必要はないのかも知れない。




そして、その欲求を打ち消さずに、素直に認めてあげることで、
気がついたらいつの間にか手放せている・・・
というようになるのではないかと思うのです。




自分の中の欲求を認めてあげよう。




素直に


「あれが好き」「これが大切」


と、認めてあげよう。




心は自由ですから。


心だけは、いつも自由ですから。




そう思えることで、今はとてもフラットになれた気がします。






いいね!(33)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
{A9DA27E0-D805-42AB-A8D1-0EBA80E9A608}
 
 
 
 
 

 

どんな状況でも

どんなに怒り心頭でも

どんなに悲嘆の中にいても

どんなに絶望的でも

 

 

言葉や態度を、無意識は観ているのだから

 

 

 

なぜ、わたしはこんなに疲れているのだろう

なぜ、こんなに怒りが止まらないのだろう

なぜ、これほどの悲しみがあるのだろう

 

 

と問いただしてもわかるはずがない

そんなことは無意味だ

 

 

 

 

そんなことをするよりは

 

 

 

愛しているという言葉を発する

現状からあれこれ考えないで

こうしたいという意図を発している

 

 

 

そのことによって、自分自身がちょっと変わる

 

 

発せられた言葉と態度を無意識は観察し

そのことによって現実をつくるのだから

 

 

 

 

そして...

 

母ちゃんは父ちゃんのことを意識していないんだ!

毎日父ちゃんへの愛を無意識に設定しろ!

 

 

 

 

 

 

とほほ…ショック

 

 

そうするわ。

 

 

 

 

そんな今日は父ちゃんの誕生日。

IBIZAでなくした時計をプレゼントしよう。

 

 

父ちゃん、お誕生日おめでとうハート

65歳になったけど、ますますエネルギッシュだね!!

 

 

 

 

星男はイメージを観ている

星院長のスタート講座!そして父ちゃん語録

星父ちゃん語録 その三

星量子場師さん誕生!!そして父ちゃん語録

星父ちゃん語録 その一

 

 

 

 

いいね!(19)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


セッションは、施術者と受ける側が創り出す、アートのようなものだと思う。

一つの意識と一つの意識が出会い、そして互いのエネルギーが共鳴し、交感し合い、何かが創造される場。

 

 

施術者は治そうと意図しているわけではない。

ただの生身の人間としている。

相手のエネルギーの波長に同化して、それを高めていく。


そのことが、結果的にいろんな症状や癖、囚われている意識を解き放すことになるのです。

 

 

互いの意識を、何も描かれていないキャンバスのように真っ白にして、

その空間に、互いの可能性を創造していく。


二度と同じ時間をつくれない、一度限りの作品です。



そんな機会をいただいて、ありがとう。

あなたとの出会いを、ただうれしく思います。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

昨日はありがとうございました。

 

悲しい気持ちが出るのは、自然なこと。

ただ、それをずっと内側にこもらせて、そればかりに焦点を合わせていると、

心も、身体も元気がなくなって、ご飯が食べられなくなったりする。

 

朋美氏の昨日の施術は、内側にこもりそうな私の感情を出させてくれたのでしょう。

 

 

むしろ、外側の身体に出たほうがよい。(よいというのは、自然なことという意味)。

その後にはり治療に行ったのですが、先生が、

「普段なかなか出てくれない内側のこりが、今日は少し、姿を見せてくれました。」

と言ったので驚きました。

 

 

もしかすると量子場で毎日構築していることや、

量子場治療を受けていることが関係しているのかも知れません。

 

 

この頃、人はプリズムのようなものだと思うようになりました。

自分の美学に合わない側面を見せられる時もあるでしょう。

でも、そうでない、側面、必ずありまして、

ああ、ああいう所もあった、ありがたかったなというのが必ずあります。

 

 

そのプリズムの側面同志がある瞬間に呼応し合って共鳴できた瞬間は歓喜で、

でもまた自然にそのプリズムは側面を変えますので、出会いや別れがあるのも自然なこと、

基本はやはりこの「自分」というシロモノと付き合っていくこととなります。

 

 

人生に意味づけをすることにより、悲しみや、怒りの感情は出ましたが、

それがなければ、人は人と関わろうとしないと思います。

 

 

「詩、歌、踊り、祈り スポーツ」ですら、そういう感情があるからこそ、誕生した人間の文化だと感じます。愛もね。

 


多面的プリズムを楽しめる余裕が出るといいですね。

でも、泣き虫な、涙もろい自分も好きです。

議論していると泣いてしまう自分が好きです。

議論は身体が硬くなるのを感じるから。

 


昨日は驚いたことに、その後2時間のヨガクラスに参加することをしました。

身体は確かに前より変わっています。

 

私は21年かけて症状を作りました。

かつ、生まれ育った気質、家庭環境さまざまなことで出来上がってきたものですから、

それを一気に変化させるというより、これからもそれらとつき合いながら、自分を創っていくのでしょう。

 

21年症状が消えるのにかかるかも知れない。

「完全」を目指さなければ、つき合いながら、希望を持てるわけです。

少しでも変化を感じられるなら、この先、希望はあるということです。

 


施術後の朋美氏を見ると、目が充血しておられた。

人と人が対峙する時、私も精一杯誠意を持ちたいと思っています。

疲れている時はそういかない場合が多いのですが・・・。

 

みんな限りある命を懸命に生きている。表現方法が違うだけで。

朋美氏は、量子場セラピストとして、ある意味命がけの対峙。

 

 

命と命の触れ合い、そのために生まれてきたのだと、そういう喜びを、

相手の真摯さを体験するために私は、今日「ある」のだと。

 

出会えた事にありがとう。

色んな側面を見せてくれてありがとう。

そして、振り返った時に 経験、体験にまさる何物もない と涙するだけです。

 

悲しくていい。怒っていい。

ありがとう、嬉しい でいい。

人はプリズムで、回転しているのですから。

 

 

自分を時には、守るために、プリズムの感じが今日はやだなと思う時は、

自ら、それを回避する自由も選択できますね。

 

 

目の前で、朋美氏が笑っている。目を充血させている。ああ、同じ。人間なんだ。この人も。

たどってきた道は違うかも知れないけれど。

右のほおを打たれたら、左のほおを差し出せも、

どんなことにあってもそこに自分の信じる道に対して「存在し続けなさい」という事だと思います。

 


最後に、サロンで飼い始めたネコ、ミュータント氏のはたらき。

施術中に、静かに私の手や身体に触れてなめたりしてくれた。

それが、とても嬉しかった。

動物や自然はホントに凄い先生だなといつも思うのです。

私も自然に近づくまで最後まで、静かに、自分の道を貫きたいとそう思えずにはおれませんでした。

 

朋美氏 ありがとうございました。

手塚治虫氏が、ブラックジャックの中で、「私は死に物狂いで治そうとする患者が好きでねえ」という。


命を燃やしつくしたいと思います。

いいね!(42)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)