民主党政権が重要施策に掲げる高校授業料の実質無償化法案は30日、参院文教科学委員会で与党と公明党の賛成多数により可決された。政府・与党は31日の参院本会議で同法案を可決、成立させ、4月1日から施行する方針。
 同法案は、公立高校では授業料を徴収せず、私立高校生には世帯の所得に応じて年11万8800~23万7600円の就学支援金を助成する内容。就学支援金は学校設置者に予算措置し、各世帯は授業料と就学支援金の差額を負担する。 

【関連ニュース】
朝鮮学校、結論は夏以降に=高校無償化で
与党「公約実現へ第一歩」=野党は重ねて批判
10年度予算が成立=過去最大92兆円
10年度予算、24日成立=政治主導法案審議入りへ

英社ワクチンの3割解約=新型インフル、257億円分-厚労省(時事通信)
阿久根市議会、竹原市長の問責決議を可決(読売新聞)
31日に党首討論決定(時事通信)
<警察庁長官狙撃>時効成立 国松氏「捜査、不合格だった」(毎日新聞)
次期首相のトップは舛添氏(産経新聞)
AD