先日、気合いを入れるべくInstagramに『キャロルプリースト』の写真をポストしたものの(普段、コスメはポストしていません)、なかなか書けないまま数日が過ぎてしまいました…

今日は、というか今日から、「キャロルプリースト解禁」にしようと思っています。

※訳がわからない方々 すみません

sae*kiriは、生産数が限られた、『キャロルプリースト』のアイテムについては、今まで1つの記事にすることをあえて避けてきました。

私にそんな影響力などないとは思いますが、万が一、 いつもお使いの方が買えないという事態になると大変なご迷惑をおかけすることになるからです。

それに、正直、自分が買えなくなっても困ります😥

しかしながら、この冬は本当に寒くて、
(ただでさえ2月は最も免疫力が低下してくるそうですが)私の肌も、この冬は更に敏感になり、ケアが大変な状態です。

そんな中、このクレンジングに助けられ、「やはり希少な良いものは、ブログでもご紹介したいな…」という気持ちになりました。

「クレンジング」というアイテムは、おそらくスキンケアの中では、「なるべくお金をかけたくないアイテム」に当てはまると思います。

だから、こちらの品切れは起きないだろうと願いつつ、今回はキャロルのクレンジングを取り上げてみようと思います。

*****

乾燥したり、酷い肌荒れを起こした時は、何をどうしたらよいのか分からないですよね。

今まで何度か言ってきたことですが、乾燥を防ぐにはクレンジングを良いものに変えるのが一番なんです。

洗顔=落とすもの


この概念を変えなければいけません。

洗顔=クレンジングで行うスキンケア


ご自分にとって、このくらいのレベルを実感できる「クレンジング」を是非探してみてください。

勿論、あなたに最適なものは、日々変わるでしょう。
今年の最適は、来年の最適ではないかも知れません。
または、冬の最適は、夏の最適ではありません。

だからこそ、クレンジングは「自分に合う範囲内」で、保湿力 上・中・下 3種類くらいは常備していいと思います。

それを肌周期や季節、肌の状態などで使い分けます。

時には、気分だけで変えるのもいいと思います。
「その日の自分にしっくりくる精油の香り」があるはずです。

「しっくり」これもとても大事。
ハーブには、気持ちを立て直す力があります。

洗顔自体が「リセットできる行為」だと私は思っていますが、アロマを感じながらリセットできれば、気持ちも解れて前向きになれて最高のスキンケアタイムになるでしょう。

*****


キャロルプリースト

クリアクレンジング[ラベンダー&マヌカハニー]


100ml ¥6,200

全成分:
水、サンフラワーオイル、オリーブ脂肪酸セテアリル、オリーブ脂肪酸ソルビタン、植物性グリセリン、カカオバター、ココナッツオイル、蜂蜜、植物性アルコール、ラベンダーエッセンシャルオイル、デヒドロ酢酸、ベンジルアルコール、ベンゾインエッセンシャルオイル、トコフェロール

CAROL PRIEST JAPAN
ギフト包装をご希望の方はご注文の際に「ギフトラッピングを希望する」欄にチェックを入れて下さい。成分についての解説はこちらスタッフからニュージーランド産 フレッシュなマヌカハニーの優しいのにしっかりとした殺菌力が、大人ニキビにも◎。数種類の植物オイルがクレンジングと同時に保湿しながら肌を整え、ヒマワリオイルが肌表面で溶け汚れを落とします。ニュージーランドの南島で収穫・蒸留された純粋なラベンダーグロッソエッセンシャルオイルを配合。香り成分の調整など全くない自然なままのラベンダーエッセンシャルオイルの贅沢な香りをお楽しみください。▲ページトップへ会社概要|サイトについて|プレスリリース|FAQ|お問合せ(c)2009 CAROL PRIEST JAPAN

*****

効果的なクレンジングとは?


スキンケアのスタートを「クレンジング」と捉え、‘ケアする’ことを意識した時に、
このクレンジングの 良質なハーブの力 を存分に感じていただけると思います。

最大の特徴は、やはりラベンダーとマヌカハニーの効果です。

香りもそのまま、ラベンダー&ハニー。

ラベンダーは、どこにでもあるハーブと思いがちですが、だからこそ良いものとそうでないものの差が激しいハーブでもあります。

良いラベンダーは、香りから全く違います。

海外のオーガニックコスメは、一般的には日本のものより濃度が高いのが特徴です。
だから、刺激を感じることもありますが、効果も高いのです。

最初に刺激があっても、根本的にそのハーブが合わない訳ではありません。

ラベンダーは、肌荒れに効果的ですが、その効果は時には痒みを一瞬で無くしてしまうほどです。

殺菌効果やリラックス効果もありますね。

マヌカハニーは、殺菌効果が有名ですが、このクレンジングに関しては、保湿にも大きく貢献していると思います。

ここに、このクレンジングの驚くほど「滑らかになる効果」の秘密があります。

それは、もはや落としているのではなく、「マヌカハニーで保湿している」という感じ。

スキンケアの効果を得ることが可能なクレンジング、その代表とも言えるプロダクトがこの「クリアクレンジングクリーム」なのです。


使い方


今日は、キャロルプリーストの公式様とは少し違う使い方を提案させていただきます。

基本は、乾いた手のひらに適量とり、馴染ませてからフェイスに広げ、途中でぬるま湯を足して柔らかく伸ばし馴染ませて、最後に流してオフ。

でも、落ちやすいオーガニックコスメアイテムでメイクされているならば、最初に手を濡らした状態でクリームをのせ、少し柔らかい状態からクレンジングしても良いと思います。

最初から柔らかくするメリットは、摩擦を軽減できることです。
また、少量でクレンジングが可能になります。

あくまでも、オーガニックコスメで軽めのメイクの場合です。
または、朝の洗顔も、このやり方で良いと思います。

基本の量は、写真くらいでしょうか。
少ないと、摩擦で肌負担がかかりますから、注意してくださいね、

*****

キャロルプリーストを使うコツ


キャロルのコツというか、オーガニックコスメ全てのコツなのですが、やはり『ライン使い』なんです。

でも、特にキャロルプリーストはラインで使うことに深い意味を感じます。

スキンケアの間間にトナーをサンドして使うこと、最近はこれに更なる効果を感じていたところ、最近あるオーガニックコスメのスタッフさんから、これがやはり非常に効果的であるという話を伺いました。

間間のトナーだからこそ、ライン使いがまた更に良いという訳です。

トナーのミルフィーユ使い←sae*kiri命名😆
これについては、近いうちにキャロルの「ローズトナー」に再度焦点を当て、取り上げたいと思います!

なぜキャロルはいいのか


これは、ズバリ
ハーブが良いから です。
オセアニア地域の土壌が良いから、そこで育つハーブも上質ということになります。

拘る企業であれば、更にその中からハーブを選びぬき作る訳です。

ニュージーランドにもたった1店舗しかないオーガニックコスメがキャロルプリースト。

保存は冷蔵庫で、6ヶ月。
湿気の多い日本なら、3ヶ月以内が理想です。

そんな扱いも気を遣うアイテムだからこそ、大切に大切に使いたいと思います。


キャロルプリーストはどこで買えるの?


最後に、これは、敢えて書かせていただけますね。
(何となくポチるのはなるべく避けていただきたいからです。)

代々木にある直営店、もしくは、ベルナチュレールの限られた店舗でのみ販売されています。

できれば、実店舗でテスターを試してから是非ご検討ください。

当たり前のことですが、「私に合うもの」は「誰にでも合うもの」ではありません。
皆さま違うお肌、違う好みをお持ちです。

選んだり見つけることを楽しんで、また選んだものとはじっくり向き合っていただきたいな…と願っています。

寒い日が続きますが、お肌も温めてあげてください。
全てのスキンケアの浸透が良くなります。

スチームタオル、手で温めてから使う、ハンドプレス。
これらは、すべて温めることに繋がります。




END


via sae*kiri's LOHAS
Your own website,
Ameba Ownd
AD