「明るくひょうきん」「秀才だがガリ勉じゃない」。泥だらけで遊んだ幼少期や、理想を抱いて選挙応援に明け暮れた青年時代の菅直人さん(63)を知る人たちは、庶民派の新首相を歓迎した。
 「勉強はできたが、おっちょこちょいでひょうきん」。菅さんが東京の高校に転校するまで、幼稚園から同じ学校だった山口県宇部市の自営業女性(63)は懐かしむ。
 小学6年生の時、どぶ川に落ちたが皆で泥だらけになって騒ぎ、笑っていた姿が今も印象的だ。「『イラ菅』とか言われているけど、そんなイメージはない」
 卒業アルバムに「総理大臣になりたい」と寄せ書きし、中学の生徒会役員に立候補したが落選。国政でも初当選までに3回落選しており、女性は「挫折を味わった人が大変な時代にはちょうどよい」とみる。世襲の首相が続いたこともあり、「菅さんはサラリーマンの息子。庶民の気持ちが分かるはず」と期待する。
 小学校から高校まで一緒だった同市の嘱託職員吉田優さん(64)は、野球のバットが当たってけがしたところを機敏に手当てしてくれた「菅君」の姿が忘れられない。「こんなに立派になるとは思わなかった」としみじみ振り返り、「難儀な時期だけど、国民の目線で頑張って」と励ました。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相が退陣~
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
消費増税を模索=今月中に「中期フレーム」策定
口蹄疫対策に万全を=菅新首相誕生で

社民党、連立離脱を正式決定(産経新聞)
<雑記帳>東尾さんらに ベスト・ファーザーin関西授賞式(毎日新聞)
<鳩山首相>続投に意欲 「しっかりとした政治を取り戻す」(毎日新聞)
「菅首相」午後誕生へ=民主代表に選出―仙谷幹事長、枝野官房長官浮上(時事通信)
首相退陣論が拡大=小沢氏、進退に言及―民主(時事通信)
AD