福島県飯舘村(菅野典雄村長)は7月から、公用車として導入する電気自動車を村民に1回500円で貸し出す。村は「低料金で乗り心地を体験してもらい、二酸化炭素(CO2)排出削減など地球温暖化防止の意識を高めてほしい」と話している。

 村は阿武隈山地の自然に囲まれた人口約6000人の小村。「一歩一歩」「あせらず」という意味の方言「までい」の精神を基本に、村内企業とカーボンオフセット契約を結んだり、村施設にバイオマスボイラーを設置するなど、温暖化対策に積極的だ。

 貸し出す車は、7月1日からリース契約(5年間で360万円)する三菱自動車製「アイ・ミーブ」1台。平日は村職員が公務で使い、同17日から11年3月27日までの土・日曜日午前9時~午後4時は村民に貸し出す。

 同村伊丹沢の村宿泊施設「までいな暮らし普及センター」発着で、1回の充電で走行可能な約90キロ以内なら行き先は問わない。センター利用者は村外の人でも30分間無料の試乗もできる。

 村は、まだ高価だと購入を控えている人らから、予約が殺到するのではと期待している。問い合わせ先は同センター(0244・68・2850)。【神保圭作】

【関連ニュース】
日産:EV「リーフ」試作車公開 接近知らせる装置も搭載
日産:EV「リーフ」、米国でも人気 予約1万3千台超
中電グループ:EV用充電スタンドを発売
中国:EVに最高80万円補助 環境対応車の普及促進で
トヨタ:EV市場でも主導権を 米テスラと提携

JR西、第三者機関設置の方向=賠償交渉で遺族要求―福知山線事故(時事通信)
地球帰還へエンジン最終噴射=13日夜、カプセルが豪州落下へ-探査機はやぶさ(時事通信)
民主党 政調「衣替え」着手 政府と党の共催案など浮上(毎日新聞)
武蔵大入試でミス、追加合格者におわび20万円(読売新聞)
<コンビニ強盗>出頭の17歳少年を逮捕 山口(毎日新聞)
AD