気づいたこと。

テーマ:

前々回に「人材育成」→「編集マンの問題」と予告しましたが

人材育成問題について触れる前に、最近…というか

数年前から気になっていたことを書かせて下さい。

 

それは、自主製作映画の画一的編集の問題です。

 

ここ数年で本業の映画・映像編集以外にワークショップに講師として参加したり

劇場公開すらされない、自主製作映画を観る機会が増えてきました。

全ての自主製作映画に当てはまるワケではないのですが、

カット割り・編集がかなりの確率で画一的なパターンに陥っています。

 

どれもこれも、取り敢えず芝居を「引き」で通して撮影して

「寄り」を素材として同じく通して撮影し、後は編集で考える

というパターン。

 

特に会話中心のシーンに顕著です。

 

おそらくプロの良くない部分を見習っているのではないかと。

これを「ハリウッド式」などと抜かすアホウもいらっしゃりますが

ハリウッドの映画は芝居やシチュエーションに応じて

しっかりとアングルは計算されているし

何度も同じ演技をすることに馴れている俳優さんも多いし

膨大に撮影してきた素材を精査し、編集する時間も潤沢にあります。

 

日本映画の一部スタッフが勘違いしているのは

ただ、「引き」と「寄り」を撮ってきて

素材があるから編集で後はよろしく!とか

これだけ撮ってきたから、いかようにも編集できるでしょ的な

計算度外視でイケイケドンドンで撮るだけスタイルで満足しているところ。

 

勿論、すべての日本映画がそうではないですが

観終わった後に、すぐに忘れてしまうような

特徴のない映画はこういったスタイルのシーンが多く含まれます。

 

力のある、心に刻まれるような、眼に心に焼き付けられるような

印象的な「画」は、こういったマインドでは撮ることができないし

後は編集でよろしく!で作り上げることは出来ません。

 

 

もっと、もっと、作品のことを考えて

シーンのことを考えて

これから映画を作る若い人たちには撮ってもらいたいです。

 

 

そして、こんなモンでそれっぽく見えるでしょ的な編集は

本当に、本当にクソみたいな編集なので

死ぬほど考えていただきたい。

 

 

自主製作映画の良いところは、ハリウッド映画と同じく

時間だけは潤沢にあるのですから。

 

AD