ハロウィンとお盆。

テーマ:
ここ日本でも

ハロウィンが

大騒ぎされるようになって久しいですね。

仕事であるレッスンでは

クリスマスと

ハロウィンには

『衣装』を着て登場しちゃうのも定番です。

でも、、

わたしなんてついこの間まで

イースターとハロウィンがごちゃまぜになっていました。

イースターはキリストの復活祭。

中学の頃の英会話の先生が

熱心なクリスチャンで

その話は聞いたことがありました。

そういえばそれは確か、、、

日本の春分の日の頃ですよね。

あれ?ハロウィンは10月31日。

違うのかーー口笛

笑。

それでも、中身の違いがよくわからないでいたら、

先日ラジオで詳しくお話ししていました。

そもそも、ハロウィンはキリスト教とは

関係がないらしくアセアセ

発祥はアイルランド。

もともとは、あの世に逝ってしまった方たちの霊が

この世に戻ってくるとき。

そう、日本のお盆と同じことらしいです。

自分の家のご先祖様を迎え入れるのに、

悪霊までが一緒についてこないように

家の前にろうそくを立てた

しゃれこうべ(頭蓋骨!!)を置いたのが

はじまりだそうだけど、

もちろん、そうそうしゃれこうべを用意できるわけもなく

そのうち野菜の『かぶ』を

頭蓋骨に見立てて彫刻したのだとか。

長い時期を経て、

アメリカに渡ったアイルランド移民たちの

文化が根付いたときに

かぶよりかぼちゃのほうが彫りやすいじゃん!

みたいなノリで今のかぼちゃになったのだとか。

そして、ハロウィンの仮装は

その時期、その辺にいるであろう

悪霊に取り付かれないための

脅しのための衣装なんですって。

だから、なんだか

怖いものが多いんですね。

納得〜〜〜。

それにしても、、、

遠く離れた、日本とアイルランド。

同じように、

霊魂を信じ、

祖先を愛し、

年に一度のお迎えをしていただなんて

そっちにびっくりしちゃったびっくり

{4DB5BEDC-AEEE-4F88-9CA0-C35BE61E8EB3}


















AD

合掌

テーマ:
7月の末に、大好きな叔母が

急逝し、

心の準備もないままの葬儀、

お別れでした。

そして、

生前からのお約束の通り

散骨式を行いました。

{68EB12AB-AA3E-46A6-9354-0DC7F93F58B1}

親族だけの

貸切の船で

叔母が生まれ育った横浜の海に

、、、、、。

晴れ女だったはずの叔母なのに

その時には大雨。

勝ち気に見えて

本当は

甘えん坊で

泣き虫で

とっても

人に気遣いをしていた

叔母の人柄通り。

あまりの船の揺れでわたしは泣く暇もなく

船酔いしたよ。

おばちゃん。


絶対忘れないから。

ありがとう。
AD

仏眼

テーマ:
親指の、第一関節のところにある

シワ(?)が

こんな風になっているのを

{91FC4FF0-CC47-4785-ACC0-87DD529DD2C8}

仏眼

っていうんですって。

特に左手は

生まれ持った宿命を表す手相なので、

左の親指に仏眼を見つけたら、

自分の『直感力』を信じていいのだそう。

どちらかというと理屈を並べて納得する方だから

直感にあまり自信はなかったけれど、

信じていいというなら

信じてみようかな。。

そういえば、

これは頑張るべき!!、とか、

あんまりここには来たくない、、とか、

今会っておくべき!!とか、

そんな漠然とした何かを感じることはよくあって

そしてそれは往々にして

そうしてよかった。

ってことにつながっているかもしれないです。

ウインク




AD