天下泰平

~「天下泰平の世(Peaceful World+)」を実現させるための真理学~

NEW !
テーマ:
image_main

Lifetune CELEBRATION 2017 〜いのちの調律のとき〜 
聖なるホワイトライオンPart2 合宿セミナー(1泊2日)

<音による気づき・目覚め・調和のための“いのちの祀り”>

最後の転換の刻(とき)といわれる2020年まであと3年。
人類の起源の秘密が明らかになりつつあり、私たちの細胞に眠る、限りない可能性が目覚めだした今、シフトの鍵は、特殊磁場体験(音・場・意識の共鳴)による、いっそうの変容を促すことです。
かつての縄文の聖地、八ヶ岳の南麓に集い、新しい“シラシメス*1”の時代の扉を、出演者、そして、参加するすべての皆さまとともに、開きます。
この日、この土地に宿泊することに意味があるセミナーです。

*1 従来の権力による“ウシハク”統治ではなく、個々が整い、自然に和合して調和に満ちた社会が“シラシメス”の時代。

特設サイト:
http://lifetune.jp/whitelion/index.php


●日時
2017年5月27日(土)
2017年5月28日(日)

●会場
ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原
(八ヶ岳南麓 甲斐小泉駅から近くの会場です。ユニヴァーサルバランスのLifetune House の近くです)

●料金
 【早割】38,000円(税込)*3月31日までのお申込が対象です。
 【通常】42,000円(税込)

*1泊2日 夕食・朝食つき(夕食は懇親会となります)
メイン会場で開催される講演会のほか、懇親会、その後の夜間プログラム
ファイヤセレモニー、交流会などすべてのプログラムへのご参加費が含まれます。

●スケジュール
5月27日(土)
 10時 地球にやさしい市場「ハーモニック・フィールド」オープン
 14時 Lifetune CELEBRATION2017 いのちの調律のとき 祭典開催
 17時30分 懇親会(全員参加)
 19時30分 ファイヤセレモニー&CE-5コンタクト
 21時 ファイヤセレモニー会場での交流会
 22時 終了

5月28日(日)
  8時 地球にやさしい市場「ハーモニック・フィールド」オープン
 13時 Lifetune CELEBRATION2017 いのちの調律のとき 祭典開催
    フィナーレ開催
 16時 終了(予定)
 
*スケジュールは変更になることがございます。

●出演者<敬称略・50音順>
リンダ・タッカー、森下敬一(スペシャルゲスト)、池田整治、グレゴリー・サリバン(CE-5コンタクト)、小林健、さとううさぶろう、白鳥哲、滝沢泰平、永伊智一、はせくらみゆき、船瀬俊介、森井啓二、増川いづみ

●特別演奏者、アーティスト<敬称略・50音順>
魂宮時(舞踏)、金子竜太郎(和太鼓)、小森繁宏、ジミー宮下、瑞慶山海、瀬川良夫、田村邦子、大由鬼山、津村和泉、中野智香子、KNOB、山中裕平、吉濱綾伽、弊社の大久保和彦

 *出演者は変更になることがございます。

●お申込は、特設サイト、または、メール、FAXでお受けします。

特設サイト:お申込はこちらより
http://lifetune.jp/whitelion/index.php


*必要記入事項が多数ございますので、特設サイトからのお申込が便利です。
特設サイトのご利用が難しい場合は、下記必要事項をご記載のうえ、メール、または、FAXにてお申込ください。

<必要事項>
(1)お名前(フリガナ含む)
(2)性別
(3)ご住所
(4)電話番号
(5)メールアドレス
*複数名でお申込みの場合は、全員の(1)〜(5)の情報をお知らせください。
*別々にお申込みをされた方との相部屋をご希望の際は、その旨をご記入ください。

image_6

2016年夏至は、2012年冬至から3年半の「夜明けの晩」であり、この大事な節目のタイミングに八ヶ岳で「よあけて であえて」という祭典を開催しました。

600名以上の方にお集まり頂き、皆様と一緒に新時代の始まりを祈り、共にお祝いすることができたと思います。

そして、新たな時代の本番となる2017年。夜明けて出逢えた多くの仲間と一緒に、再び八ヶ岳の地で祭典を開催します。

55

イベントの名前は「Lifetune CELEBRATION 2017 〜いのちの調律のとき〜」

主催&コンダクターは、八ヶ岳を代表する世界的な科学者であり、地球上の数多くの先住民族とも繋がりを持っている増川いづみ博士

22
49

国内外から総勢20名を超えるスピーカーと演者が八ヶ岳に集まり、2日間に渡って参加者と一緒に山麓の森の中で過ごします。

41

19

会場は、八ヶ岳の中心的な霊山である権現岳(イワナガヒメ)の南麓に広大な敷地を持つ「ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原」であり、ここに講演会場、出展・展示ブース、宿泊コテージ、食事会場などがすべて揃っており、集ったメンバーで2日間、つかの間の未来の村生活を体験することができます。

うさと展あり、オーガニック作物、自然食品のお店、その他にも天然素材の様々なアイテムばかりが揃っているブースがあり、主催、出演者、出店者も参加者も同じ意識を持った1つの雛形となる世界が八ヶ岳に出来上がります。

これは小さな小さな雛形かもしれませんが、こうやって現実世界に姿形ある存在として実現することが大切であり、きっとここで起こった「百匹目の猿現象」は、集合意識を通じて世界中に発信され、どこかの地域で同じような共同体が次々に生まれ、やがて社会全体もこの雛形に近い価値観が徐々に浸透していくと思います。

755d3e19

「百匹目の猿現象」
宮崎県串間市の石波海岸から200メートルほど離れたところに、「 幸島」(こうじま )と呼ばれる小さな島がある。

この島では1948年に京都大学の研究グループがニホンザルの観測を開始。52年にはサツマイモの餌付けに成功。翌53年には「イモ」と名付けられた当時1歳半のメス猿が、それまでどの猿も行わなかった「砂のついたサツマイモを川の水で洗う」という画期的な行動を発明した。

この行動はやがて少しずつ群れの中へ伝わっていく。するとある日、幸島でサツマイモを洗うニホンザルが臨界値(例として「100匹」)を超えたとき、不可思議な出来事が突然起こった。それまで数年かけて少しずつ広まっていった芋洗い行動が、この臨界値を超えた途端、まるでテレパシーでも使ったかのように幸島の群れ全体に一瞬で広まったのである。

しかも驚くべきことに、この行動は幸島から200キロ以上も離れた大分県の高崎山の猿の群れや、そのほか日本全国にあった猿の群れにも広まっていた。(空間的にも物理的にも大きな隔たりがあり、交流など全くなかったのにもかかわらず)

やつはもブース出店する予定なので、ここで近未来のテクノロジーの紹介や移住相談にも積極的に対応したいと思っています。

05

そして、今回のイベントの注目の1つは夜間プログラムにあるファイアセレモニーとCE-5コンタクト

これは、地球外知的生命体との平和的な接近遭遇を試みるものであり、このワークを主導するのは地球外知的生命体とのコンタクト専門家であるグレゴリー・サリバン(愛称:グレッグ)さん

_SX337_BO1,204,203,200_

41

本の出版からテレビなどのメディア出演も多数ある有名人であり、一方で単なるパフォーマンスではなく、本当に“彼ら”とコンタクトを取れる貴重な地球人(?)であります。

グレッグと最初に出会ったのは、もう今から4年ほど前の2013年の宇宙人関係のセミナーであり、ともに講師として出演したのが出会いのきっかけでした。

お互い存在は知っていたので、ようやく出逢えたという感じであり、また一方で初対面とは思えないほどなんとも言えない親近感があったのをよく覚えております。

すっかり打ち解けて、その後も八ヶ岳にも何度か足を運んで頂き、八ヶ岳でもCE-5をチャレンジしたことがありますが、グレッグとの印象に残るCE-5は、何と言っても2014年秋に訪れたムーの叡智が色濃く残る日本最南端の波照間島。

07

宇宙系とはあまり縁がないという長典男さんをはじめ、この時はヨガの世界ではカリスマとなっている吉川めいさんも一緒にいましたが、その場にいた全員がはっきりと巨大な円盤と遭遇したのでした。

満天の星空どころか、曇り空で雨もちらつく中でのコンタクト。

そんな絶望的な状況下の中でも、グレッグの瞑想から始める誘導によって、徐々に“彼ら”との繋がりが始まり、周囲に宇宙バードと呼ばれる謎の鳥の音が聞こえ始め、やがて本格的に彼らが姿を現したのは、上空ではなく海中からでした。

34
※写真はイメージ

周囲には島1つない水平線が広がっている闇夜の海の中から、上空に向かってパチンコ屋のサーチライトのような光が一直線に立ち上り、そしてゆっくりと球体の光源が海底から浮かび上がってきたのでした。

そのサーチライトをクルクルと回転させながら、その本体は2つに分離して、2つの球体は夜空をサーチライトで照らしながら数分間に渡って海上でショーを繰り広げて、再び闇夜へと姿を消していきました。

「Amazing・・・」

超常現象は何度か自身の体験上はありますが、すべて1人でいる時に起こっていることが多く、こうやって複数人を交えて共に体験するのは初めてでありました。

今回は数人、数十人どころか、数百人規模でのCE-5コンタクト。それも八ヶ岳で、そしてすでに宇宙人のようなメンバーが勢ぞろいの中・・・。もしかすると、参加者の中にすでに“彼ら”が紛れ込んでいるかもしれませんね。

どんな結果になるかはわかりませんが、間違いなく“彼ら”はコンタクトを感じているので、姿を現わさなくとも確実に彼らと繋がると思います。

_SX344_BO1,204,203,200_

20

さらに、今回のイベントは、普段は滅多に表舞台には出てこない八ヶ岳のヨギ、森井啓二先生も登壇する予定となっています。

八ヶ岳の聖者 : 天下泰平

他にも豪華ゲストが目白押しの一大イベントです。

部屋割りは夫婦やご家族であれば一棟利用が可能ですが、1人での参加の場合には1つのコテージに初対面の方々と複数人でのご利用となります。

これがまた今生での初対面であり、魂ではきっと以前から繋がりのある人々との出逢いが待っていると思います。

是非、同室の方々との親交はもちろん、今回参加しているメンバーの多くと交流を持って頂き、今後に繋がるご縁となればと思います。

3月末までは、早割キャンペーンをやっているようですが、募集開始から予約が殺到しているようなので、ご興味のある方は是非お早めにどうぞ。

特設サイト:お申込はこちらより
http://lifetune.jp/whitelion/index.php
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
004

魚座の新月の本日、やつはより“世界初”の新たなテクノロジーを駆使したアイテムが登場します。

それは特殊なコーティングによる鉄で作られた「天ぷら鍋」「フライパン(万能鍋)」

安全な食材や調味料に注意していても、まだまだ多くの人々の盲点となっているのがフライパンや鍋の調理器具です。

「テフロン」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは「フッ素樹脂加工」のことであり、今の調理器具のほとんどがアルミの上にテフロンが加工された器具となっています。

フッ素加工のフライパンは、すぐに400度以上の高熱になってしまい、400度を超えると加工の融解が始まって有毒ガスの発生、および食材へも有害物質が取り込まれる危険性があります。

「テフロン加工のフライパンから有毒ガスが発生して飼っていた鳥が死んだ」

そんな都市伝説のような嘘みたいな話がテフロンにはつきまとっていますが、これはどうやら事実のようで、実際にテフロンから発生するガスの危険性を行政がテストした事例もありました。

フッ素樹脂加工したフライパンのテスト(神奈川県HPより)
2)カセットコンロによりフライパンを加熱すると5分で370℃に達し、フッ素樹脂塗膜は 400℃を超えると熱分解が起こりました。

(3)フライパンの空焚きによって423℃でガスの発生が認められました。ガスの発生は目視では感知できないことが判明しました。

(4)発生したガスは以下のとおりでした。


59


空焚きをしなければ大丈夫というわけでなく、面積の小さな食材、例えばウインナーのようなものを焼いているときは、ほとんど空焚きと同じ状況であり、どんどん高熱になって毒ガス・毒素が出てしまいます。

また、テフロンが剥げた部分からはアルミニウムが溶け出して体内に蓄積し、これもまた臓器に大きな負担を与えるといいます。

安くて軽くて油も少なく便利と謳われているテフロン加工の調理器具ですが、出来れば避けた方がよく、鉄鍋や鉄のフライパン、もしくはセラミック加工のものが安全です。

今回登場する鍋&フライパンは、材質は鉄をベースとしており、サビ止めも安全なシリコン樹脂塗装となっています。

kgon_01_02

そして、世界初技術というのは「トランス脂肪酸を限りなくゼロに近づける特殊素材のコーティング」です。

アメリカでは、人体に最も有害な油分として来年までに完全撤廃に向けて動いているトランス脂肪酸

しかし、日本ではこのトランス脂肪酸の規制には一切動きがなく、今も多くの加工食品、油に添加されて知らず知らずのうちに日本人の多くがトランス脂肪酸まみれとなっています。

12

換気扇にこびりつく、あの取れない汚れた油はトランス脂肪酸ですが、人間の体内も同じ状況であり、トランス脂肪酸が体内に入ると酵素分解できず、様々な健康被害へと繋がります。

トランス脂肪酸は、海外では本当に大問題となっています。

30

トランス脂肪酸の血中濃度が高いと、乳がんリスクは75%高く、糖尿病は31%、子宮内膜症は48%、うつの症状は42%高い結果が、ハーバード大学などの研究でも出ています。

kgon_03_04

今回登場する調理器具は、このトランス脂肪酸を人体にとって有害ではない「シス構造」という形に戻し、安全なものに変えてしまいます。

食材、油にトランス脂肪酸が入っていてもお構いなしに浄化してしまうのです。

さらに、人工トランス脂肪酸を天然トランス脂肪酸へと変容させてしまい、この天然トランス脂肪酸は、旨み成分となるため、逆に料理をより美味しく健康的にしてくれます。

kgon_02_06

さらに使った油は酸化せず、いつまでも新油なみの状態が続いて繰り返し使えます。

サクッと、本当に美味しい揚げ物が誰でも簡単にできるだけでなく、料理のベテランの人が、使用後の鍋を見てもまた感動してました。

「揚げ物をした後なのにこんなに綺麗な油なんて信じられない」

揚げたカスなども残らず、また油の色もまったく変わらず、普段から料理をしている人ほど、びっくりすることだらけの鍋だと思います。

35

開発プロデュースは、水や周波数の専門家であり、栄養学でも世界的権威を持つ増川いづみ博士

増川先生は、開発の経緯について以下のように伝えております。

「とある料理協会の重鎮の方の紹介で、廃棄油の調査をしたことがあります。
廃棄油は、日本の中でもトップクラスのレストラン、料亭からいただき、調査したのですが、驚いたことに、パーセンテージは違うものの、すべての油に『トランス脂肪酸』が混入されていました。
料理人の方も、自分のお店で使っている油にトランス脂肪酸が混入されているとは思いも寄らないのだとは思いますが、食材に本当に気を使っているお店の一流の油でも、ここまでトランス脂肪酸が混入されているという事実に驚き、トランス脂肪酸を『なかったことにする』調理器具があったら・・と思うようになりました。
また、油の廃棄問題や、酸化油の健康への悪影響も気になった問題のひとつです。
調理すると油が酸化するため、どうしても『使い捨て』になるのですが、廃棄油の処理代も高いことから、なかには、流しに捨ててしまうという方もいるようで、環境を汚す原因になっています。
また、酸化した油はフリーラジカルを増やしたり、身体の老化を促進させ、血管壁や腸壁を汚し、細胞を劣化させ、免疫力を下げていきます。油の酸化を防げれば、環境問題や健康問題の解決にもつながると考え、開発のサポートをさせていただきました。」


また、周波数と食についても触れられています。

「周波数の歪みは、心身の不健康につながります。歪んだ周波数を音により正しく調整することはもちろん、私たちをとりまく『食・住・衣』、なかでも、自身の身体をつくる『食』は私たち自身の周波数を正しく整えるうえで大変重要な要素です。
食の安全を守り、私たち自身の周波数を整えるために、歪みを生む人工で不自然なトランス脂肪酸の混入や、油の酸化を防ぎ、さらには、松果体を石灰化するといわれるフッ素樹脂加工がほどこされていない『カラダごきげん美味しい鍋』をおすすめいたします。
残念なことに、日本で発売されている多くの鍋に、フッ素樹脂加工が使われており、使われていない鍋を探すのがとても大変です。
アルミ鍋も熱と液体によりアルミ成分が溶けることがはっきりわかっているにも関わらず、実際には店頭で使われたり、販売されています。
このお鍋であれば、厳選した選んだ油に万が一トランス脂肪酸が混入されていたとしても、ほぼ無害化されます。また、フッ素樹脂加工もされていません。
日々、食材や調味料にこだわるように、調理器具にもこだわりましょう。」

松果体を石灰化させるフッ素は、原子力発電所の副産物であり、廃棄物として扱うと、廃棄場所の住民から反対運動などが起こるため、鍋の加工や、歯磨き粉に利用されているそうです。

0000000002232

今回は、そんな健康や環境にもこだわっている増川先生がプロデュースした2つの鍋が発売となり、1つは炒め物を中心に幅広い料理にも対応できる万能鍋で、もう1つは揚げ物や天ぷらには欠かせない、つまりトランス脂肪酸とは切っても切れない油料理専門の鍋です。

「鉄鍋って重くて使いづらいのでしょ?」

そう思っている方も多いかもしれませんが、これは鉄が材料でも薄く丈夫に作ってあるので、女性が片手でも扱えます。

鉄フライパンは、重いタイプだと1.7kgほどあり、軽く軽量化されたものでも1.2kgほどありますが、これは1.08kgとかなり軽量化されて普通のフライパンと大きく差がありません。

汚れにくいのでお手入れも簡単であり、基本的なメンテナンスも不要で、使ったら火にかけるなどして水分を飛ばし、よく乾かせばずっと使えます。

唯一の欠点というか注意するポイントは、熱伝導率が非常に高いので、すぐに食材に熱が伝わり、普段の感覚で料理しているとうっかり焦がしてしまうこともあります。

ただ、これは慣れたらすぐに解消されますので、使い始めは焼き加減や温度にご注意くださいませ。

09

今回はセットキャンペーンを開催しており、2つの鍋を同時でご購入頂いた方は合計価格の11%オフともなっています。

安全な調理器具(フライパンや鍋)であることを基本に、安全でない食材(油)も安全なものに変える新テクノロジーの調理器具の誕生です。

毎度のことながら、生産量が少数であり、またすでにLINE@で先行販売をしており、セットも残り半分以下となっております。

どちらかが完売となった時点でセット販売は終了となりますが、万能鍋はもちろん、天ぷら鍋だけでも、十分に有効活用できると思いますので、セットが完売となった際にはどちらかだけでも是非ご活用くださいませ。

カラダごきげん美味しい鍋 【天ぷら鍋・フライパンセット】


カラダごきげん美味しい鍋 【天ぷら鍋】


カラダごきげん美味しい鍋 【フライパン】
AD
いいね!した人  |  リブログ(3)

テーマ:
February-26-2017-New-Moon

2017年2月26日23時58分より、新月となります。

今回の新月は魚座新月

12星座の最後に登場する魚座は、魂の成長プロセスにおいても様々な意味で最終段階を意味するものであり、今回の魚座新月のテーマは「浄化」の要素が強いことから、3月20日の宇宙元旦と呼ばれる春分前の最後の浄化のタイミングとなると思います。

新しい時代に入った2017年以降、もうこれ以上は引き継ぎたくないものをすべてクリーニングする締めくくりの新月となり、過去生を含め、今生における幼い頃からの感情の痛み、トラウマ、思い出したくない過去から人間関係の怒りや苦しみ、それらすべてを春分までの間に手放すと、春から心機一転、新たな展開が次々に待っていると思います。

魂や感情のデトックス期間であり、それは時には苦しいものも浮き出てくるかもしれません。

でも、デトックスは、プロセスである毒出しが終わってしまえば、その後はクリーンな状態に生まれ変わるので、これから少しの間、感情が揺さぶられたり、混乱しても慌てず自分も責めず、とにかく出せる感情などはすべて出し切ってしまった方が良いと思います。

特に今回は、通常の新月よりもパワフルで浄化力も100%となる日食(金環日食)の新月となっています。

mechanism-jp-s

太陽と月は、実際の大きさは雲泥の差であっても、距離の違いから地球から見るとほぼ同じサイズに見えます。

そして、太陽、月、地球が一直線に並ぶと太陽と月が重なって日中でも太陽にレンズの蓋がされたように光が遮断される現象が起こり、これが日食となりますが、その重なる時の地球と月の位置によって月の大きさが若干変わるため、太陽を隠しきれる時と隠しきれない時があり、太陽の方が大きくて輪郭がはみ出した時に金環日食となります。

14

これが「金の輪」と呼ばれる金環日食であり、日本から見えませんが、本日の新月がこれに当たります。

nisyoku3

20100119-01

新月も太陽、月、地球が一直線に並ぶ現象であるのは間違いありませんが、毎月「新月=日食」とならないのは、月の通り道である「白道」は、太陽の通り道である「黄道」に対して5度ほど傾いているため、完全に太陽と月と地球が綺麗に一直線に並ぶのは、年に数回しかなく、それが日食となります。月が地球の反対側にある時は月食となります。

いずれにしても、地球文明で起こる現象、人類の脳、バイオリズムから意識に至るまで惑星からの周波数にはかなり影響を受けており、惑星の直列、その中でも地球ともっとも縁が深い太陽と月の「日月(ひつき)」の直列は、地球と人類に大きな変化をもたらします。

浄化の魚座新月と日月直列の金環日食。

「位置についてヨーイ・・・」まで来た、春分前の本番スタート直前の最後の期間です。

メルマガでは、本日から新商品の発売をお伝えしてましたが、時間は夕方頃になると思います。
どうぞお楽しみに。
AD
いいね!した人  |  リブログ(8)

テーマ:
39

魂の縁がある人々が集う、八ヶ岳(小淵沢)にあった名物店「サンディア・カフェ」が、場所を移して新たな店舗となり復活。

今から6年前、東日本大震災の直後、自分が初めて八ヶ岳を訪れて、初めて入ったお店であり、ここから八ヶ岳のすべてが始まった場所でもあります。

新月ギャラリー_170123_0003

そして、ここで諏訪湖から飛び出す「龍の誕生」という白龍とも出会いました。

2017年1月28日の旧正月、新たに「レッドドラゴン」が誕生し、いよいよ統合の新しい時代が本格的に始まった今、ここ新生サンディア・カフェで新たなプロジェクトの話が着実に動き始めました。

16930484_1199463893507358_808683517_o

全国各地を飛び回り、それぞれが各分野の専門家として活躍している人々が昨晩一同八ヶ岳へと集結。

言っていること、やっていることは違えども、結局は誰もが皆、目指している方向性は同じであり、それぞれが個で動くよりも、魂の縁ある人々が今、このタイミングで繋がり、共に歩んで行くほうが、個人にとっても全体にとっても良いことです。

16936045_10155159946864040_980252717_o

今回集まった10数名だけでも、それぞれが個性豊かなスペシャリストの集まりであり、1人では出来ないことも、2人、3人、みんなが意識を合わせて繋がれば、どんな不可能も可能にしてしまいます。

普通、個性が強い人々同士では、お互いが反発したりして混じり合わないことが多いですが、ここ八ヶ岳では不思議と反発せずに調和していきます。

昨年9月9日、木星が天秤座入りしてから、個から全体への繋がりへと周波数の大きな変化があり、人と人との繋がり、パートナーシップの時代へと入っています。

16931110_10155159948279040_1032075314_o

このメンバーの繋がりが始まったのは、昨年10月上旬、イスラエルから帰国した直後であり、呼びかけたのは「龍の誕生」の産みの親であり、八ヶ岳を代表する国際アーティスト新月紫紺大先生。

そして、最初に集った場所は「諏訪湖」でした。

6年前に出会った白龍は、今もずっと導き続けてくれています。

「ミエナイものをミエル化する」ことを目的に、まもなく「八ヶ岳ライフデザイン研究所(YLDI)」という新組織が立ち上がります。

スピリチュアルな世界にも科学のメスが入り、今ではあの世のことから宇宙の真実もすべて科学によって証明されつつありますが、大事なのは中庸、統合であり、ミエナイこともミエルことも両方バランス良く知ることです。

7ffe3a10

火水(カミ)の陰陽統合の時代。

スピリチュアルに行き過ぎたムー、科学に行き過ぎたアトランティス、この2つの結(ゆい)まで、長い長い時間がかかりましたが、今これから本格的な統合・調和・融合が八ヶ岳から始まります。

自給自足の村づくり、フリーエネルギー、未来の医療や健康、政治のことまで、新たな時代にふさわしい土台作りを進めていきます。

どうぞお楽しみに。


slide3

2017年1月28日に世界初公開された赤龍(レッドドラゴン)。
大好評につき、ただいまお届けまでは1ヶ月ほどお待ち頂いておりますが、現在もご予約を承っております。

諏訪湖から生まれた白龍と赤龍(レッドドラゴン)の2枚セットをご希望の際はこちらからどうぞ。
まだ特別価格のキャンペーン中です。

「龍の誕生」「龍の誕生RED」2枚セット
いいね!した人  |  リブログ(3)

テーマ:
PIA21425_-_TRAPPIST-1_Statistics_Table

NASA、地球に似た7惑星発見 水存在の可能性
米航空宇宙局(NASA)は地球によく似た太陽系外惑星7つを39光年先の宇宙で発見した。大きさは地球とほぼ同じで、一部には海が存在する可能性がある。生命に不可欠な水が液体の状態で存在すれば、地球外生命への期待が高まりそうだ。ベルギーのリエージュ大学などとの共同研究で、論文は英科学誌ネイチャー(電子版)に23日掲載される。

 みずがめ座の方角に39光年離れた恒星「トラピスト1」の周りに、大きさが地球の0.76~1.13倍の惑星7つが見つかった。1つの恒星系で7つも見つかるのは珍しい。このうち6つは地球に似た質量で、岩石でできているとみられる。赤外線をとらえるNASAのスピッツァー宇宙望遠鏡などで観測した。

 少なくとも3つの惑星は地表に水が液体のまま存在する可能性があるという。惑星は恒星からの距離が程よく「ハビタブル(生命が住むのに適した)ゾーン」にある。水が蒸発するほど暑すぎたり、凍るほど寒すぎたりすることはない。

 トラピスト1は太陽より暗くて冷たい恒星だが、惑星はいずれも地球と太陽の距離より数十分の1の近さで周回する。惑星はちょうどよい温度を保てるという。

 ネイチャー誌は論文の内容を報じたニュース記事で、発見された惑星を「地球の7つの妹」と名付けた。トラピスト1は若い星で、太陽が数十億年後に燃え尽きても10兆年は寿命が残されているため「生命の進化に十分な時間がある」と推測する。

 NASAは2015年7月、地球から1400光年離れたところに液体の水が存在する可能性がある惑星「ケプラー452b」を発見し「地球のいとこ」と呼んだ。これに比べると今回の惑星は近いが、39光年は光の速さで移動しても39年かかる。将来、惑星を探査したり人間が移住したりするには技術革新が要る。(転載終了)

日本時間の2月23日午前3時、NASAが突然の緊急発表をするということで、いよいよ「地球外生命体の存在」に対する言及がされるかなど、世界中のオカルトファンの間で期待が高まりました。

結果的には、大方の予想通りに地球外生命体そのものの発表ではなく、太陽系以外の宇宙に地球に似た惑星が7つも見つかったことの報告でありました。

ただ、今回の発表は今までに比べるとかなり「地球外生命体」の存在について、期待を持たせる結果であったと思います。

ベルギーのリエージュ大学の天文学者ミシェル・ジリオン氏は、今回の発見についてさらに次のことを明らかにしています。

05

「生命の発展する可能性について言えば、この役割を何よりも多く主張しているのは中央部に位置する3つの惑星のdとeと特にfである。複数の研究者の見解ではf惑星とその近隣の惑星のある種の気候の特殊性はすでに数年のうちに明らかにされる可能性がある。またそこに生命体が存在するという信憑性のある報告はこれからの『10年以内』に聞くことができる。」

7つの惑星のうち、水もあり大気もあり、生命体が生存できる環境が整っている可能性が高い惑星は中央の3つで、その中でも「f惑星」は、まさに“地球の妹”と呼べるほど条件が揃っているようです。

01

確かに見た目も、地球ほど色鮮やかではありませんが、なんとなく地球に似ている雰囲気があります。

ここに生命体が存在することについては、今から10年以内には研究結果が出るということで、地球外生命体の存在が近い将来に公式に発表されるのはほぼ間違いないのかもしれません。

とはいえ、これはあくまでも“表のNASA”の情報であり、NASAには従業員も知らない表と裏の顔があります。

“裏のNASA”のメンバーは、表のNASAとは入り口も違って表のメンバーとは顔を合わせないようになっており、そこでは遥か昔から地球外生命体の研究を行っていて、そこから許可が出た情報が少しずつ表にリークされるようになっています。

あたかも新発見のような情報も、実際はかなり前から分かっていた情報であったりして、地球外生命体の存在などについても、世の中の流れに合わせてどこかでリークするようになっています。

そういった意味では、着々と「来るべき日」は近づいているようです。

39光年どころか、地球のご近所の中のご近所である月の真実が明らかにされる日も遠くないと思います。

ちなみに、現在もっとも速い人工物は1977年に打ち上げられた無人探査船ボイジャーのようですが、ボイジャーは1年で約5億km宇宙空間を進むようです。

1光年は、およそ9兆5000億kmであり、ボイジャーのスピードで計算すると1光年先に行くのには約1万9,000年かかります。

すると、今回発見された惑星は、39光年先なので、現在の宇宙テクノロジーだと、地球からは741,000年もかかることになります。

74万年となると、飛んでいる間に円盤が余裕で開発されてしまうほど途方もない時間ですが、これもまた地球製の円盤技術はすでに確立されており、ここ八ヶ岳の山腹にも基地があって研究が進められています。

そもそも戦時中に日本陸軍の研究者達は、すでにプラズマを用いた地球製の円盤を開発しており、敗戦後にアメリカにその技術を教えたのも日本人であります。

その技術を使えば、時間も空間も一定ではなく、39光年先はご近所であるのかもしれません。

いよいよ、地球と同じような惑星の発見が公式となった今、次は間違いなく地球外生命体の発見となると思います。

それは最初はアメーバのような生命体として紹介するのか、それとも、いきなり同じヒューマノイドタイプの人類の存在を明らかにしてしまうのか・・・。

もちろん、後者の“彼ら”は、太古の大昔より地球に降り立っており、その中には言い方を変えれば人類の祖先とも言える存在や神と呼ばれる存在も含まれています。

アメリカが変わり、世界全体が大きく変わっている今、様々な真実が急ピッチで明らかにされる時がやってきます。

「そんなバカな・・・」と固い頭でいると、あっという間に時代の取り残されてしまうだけでなく、今までの常識を切り替えられないと、何が現実で真実なのかわからずに混乱してしまうことにもなると思います。

少しずつ少しずつ、人々の意識変容に合わせて現実の変化も動いているので、ある日に突然、全世界がパニックになるような出来事は起こらないと思いますが、それでもこれから先は衝撃的な情報がもっと当たり前にリークされていくことでしょう。

大変化の時代、とりあえず考えすぎずに変化を楽しむのが一番ですね。
いいね!した人  |  リブログ(12)

テーマ:
gettyimages-643079450

星条旗の星の数が1つ増えた?
20日に行われたペンス米副大統領と欧州評議会のトゥスク事務総長の会合は米国とEUの双方の旗を背景に行われた。が、今回使用された米星条旗は通常の旗とは多少異なる点があった。TV画面に映し出された旗の星の数はどう数えても50個ではなく、51個だったからだ。

星条旗の星の数は米国の州の数を表している。50州を示す星は6個ずつが5列、5個ずつが4列なのが普通。ところがEUバージョンの星条旗は9個ずつが3列と、8個ずつが3列という実にオリジナリティーにあふれたものだった。

とはいえ、星条旗の横じまの本数はEUは間違えることなくちゃんと13本プリントしていた。これは英国植民地の数を示す。(転載終了)

まだ公式な声明や見解は出ていませんが、先日にベルギーで行われたアメリカ副大統領とEU事務総長との会合において、アメリカの国旗である星条旗の星の数が、通常の50個ではなく51個であったことが波紋を呼んでいます。

Flag_of_the_United_States_(Pantone)

アメリカの50州を示す星条旗。

1912年7月4日から1959年7月3日までは、星条旗の星の数は48個であり、1959年1月3日にアラスカ州が49番目の州として加入、国旗に反映されたのは1959年7月4日であり、同じく1959年8月21日にハワイ州が50番目の州として加入して、国旗に反映されたのは翌年1960年7月4日となります。

7月4日はアメリカの独立記念日であり、もしかすると今年や来年の7月4日に約60年ぶりにアメリカに新たな州が誕生することを予告しているのかもしれません。

US_flag_51_stars

1235px-US_51-star_alternate_flag

51星のアメリカ合衆国の国旗(Wikipedia)
51星のアメリカ合衆国の国旗(United States 51-star flag)とは、アメリカ合衆国の国旗改正案の一つで、アメリカ陸軍によって新たに提案された国旗のことである。
アメリカ合衆国は、現在50の州から成っているが、プエルトリコやコロンビア特別区などをアメリカ合衆国の51番目の州にする場合のことを予測して提案、民間では更に試作されていた。星が独立時と同じ円形になっている物と、縦と横に1列に星が配置されている現用に近い意匠の物の2種類が提案されている。どちらを使用するかは51番目の州が発足した際に決定される。(転載終了)

Wikipediaにも出ているように、アメリカ星条旗の51星案は以前からアメリカ陸軍によって提案されているようであり、星条旗のタイプも2パターン考案されていて、今回のEUとの会合で使われたのは現在のタイプに近いものであります。

a422cf5f

23

今のところ、51番目の星となる州の候補地として有力なのは、カリブ海の米自治領プエルトリコがあります。

2012年11月6日、プエルトリコでは米大統領選に合わせる形で米国の「51番目の州」への昇格の是非などを問う住民投票が投開票され、61%が昇格を支持したことが話題となりました。

とはいえ、この投票は法的拘束力は持っておらず、それは未だに実現していませんが、プエルトリコの人々の多くはアメリカの州に加わることを望んでいるという現状はあるようです。

washington-dc-location-map

56

もう1つ、51番目の州の候補となっているのは「コロンビア特別区」

別名「ワシントンD.C」です。

ホワイト・ハウスがあり、アメリカの首都であり政治の中枢地でありながらも、州には属されていない特殊なエリア。

935797e6-s

そこで思い出されるのが、今年に新大統領となったトランプ大統領の就任演説。

「本日の式典には、とても特別な意味があります。なぜなら、ひとつの政権から別の政権へ、または、ひとつの政党から別の政党へ、単なる政権交代をしているわけではなく、ワシントンD.C.から国民である皆さんへ、政権を取り戻しているからです。
あまりにも長い間、ワシントンにいる一部の人たちだけが、政府から利益や恩恵を受けてきました。その代償を払ったのは国民です。ワシントンは繁栄しましたが、国民はその富を共有できませんでした。政治家は潤いましたが、職は失われ、工場は閉鎖されました。権力層は自分たちを守りましたが、アメリカ市民を守りませんでした。彼らの勝利は、皆さんの勝利ではありませんでした。彼らは首都ワシントンで祝福しましたが、アメリカ全土で苦しんでいる家族への祝福は、ほとんどありませんでした。すべての変革は、この場所から始まります。」

明らかにワシントンD.Cの批判、旧アメリカに対して挑戦的なメッセージを打ち出していますが、これについては以前の記事「株式会社アメリカのワシントンD.Cから独立した新生アメリカ」でもお伝えしたとおり、ワシントンD.Cはアメリカという国ではなく、株式会社アメリカという民間会社が隠れ蓑としているアメリカ外の特殊なエリアであります。

アメリカをこれまで動かして来たのが、アメリカでもない国でもない民間会社であり、その拠点となっているのがワシントンD.C。

もし、このワシントンD.C(コロンビア特別区)が星条旗の51番目の州となるとしたら、それは、ようやくアメリカを支配していた層からアメリカを取り戻す大きな一歩となることでしょう。

果たして、今回の51星の星条旗は単なる間違いだったのか、何かのユーモアであったのでしょうか。

それとも本当に51番目の州を予告するものであり、それがプエルトリコとなるのか、コロンビア特別区となるのか・・・それとも別のエリアとなるのか。

20160218125827

昨年、国会で丸山和也議員が「日本がアメリカの51番目の州になることも選択肢」と発言して大きな問題ともなりましたが、確かに戦後の日本はすでに実質はアメリカの植民地であり、戦後教育から食育をはじめ、文化や伝統も奪われて日本人は完璧に骨抜きとされてしまいました。

とはいえ、ギリギリのところで日本は守られて来ており、この先はアメリカ自体が大きく姿を変えることから、日本もその呪縛から解き放たれる時がこれから始まるものと思います。
いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:
16836061_1270969599649519_1410093545261105580_o

昨晩(19日)、ドームハウスが突然の停電ですべての電気が使えない状態に・・・。

とりあえず主幹のブレーカが上がらない状態で「異常」の表示も出ていたので、マニュアルに書いてある通りに東電の緊急連絡へ電話。

「今から向かいますが、ちょっと遠くからなのでお待ちください」

そう言われて作業員がやってきたのは、停電から2時間後の夜中。

その2時間の間、我が家において電気がすべて使えないと何がどうなるかの異常事態を経験できました。
まず、この真冬の八ヶ岳の極寒の夜に停電となると、何はともあれ暖がとれないと生命の危険にも晒されます。

現代は、暖をとるのも電気の力が必要であり、エアコンも電気、石油ファンヒーターも電気、床暖房やホットカーペット、コタツも含めてほとんどの暖房機器は電気によって機能しています。

幸いにも、ドームには最強のストーブ「メイソンリーストーブ」があるため、停電だろうとも、これはお構いなしに煌々と燃え盛り、異常事態の間も家全体を暖かくずっと守ってくれました。

また燃え盛る炎の光は、照明代わりにもなり、すべての電気が消えてもこの自然の光がなんとも言えない安心感を与えてくれました。

それにしても、もしもエアコンと電気のストーブしかなかったらと考えるとゾッとしました。

続いて確認したのはトイレ。

「停電した時ってトイレは使えるのかな?」と思ってトイレを確認すると、ドームのトイレはすべて最新型のタンクレスのタイプで水を流すのもフックもなくリモコンのボタンのみ。

もちろんすべて停止して使えない状態でした。

とはいえ、現代は当然ながら停電時のリスクも考えて商品も作られており、トイレのサイドカバーを外すと手動で引っ張れるレバーがあって、それを30秒ほど引っ張ると水が溜まって流れるという説明書きがありました。

ところが、そのレバーを引っ張っても一向に水が動きません。

「あれ?おかしいな?もしかして・・・」

そう思って水道の蛇口をひねると水が出ない。

うちは井戸水から水をひいてますが、地中から地上までは自噴して湧き水となっているものの、その出てきた水を家の内部に送り込むのは電気のポンプを使っています。

なので、電気関係に加えて家中の水関係も使えない状態であり、トイレの手動レバーも機能せず。

とはいえ、これまた幸いにもドームハウス敷地内には、前述した自噴(ポンプなしに地下から湧き出す)している水源があるため、飲み水にしろ、トイレに水を入れるにしても、水そのものは外に出たら豊富にあるので大きくは困りませんでした。

「結局、この非常事態で機能しているのは“火”と“水”のみ」

火と水を電気なしに確保できることが、生命を守ることにもっとも必要な第一条件であり、逆にこの2つを自給できていることは、どんな環境にあっても生き延びていける絶対的な安心感があることを実感しました。

ちなみにキッチンはガスコンロですが、システムキッチンになって電気で作動するのでコンロも使えず・・・最近の電気システムは便利なようで非常に脆いものです。

結局作業員が来てチェックしたところ、キッチンの食洗機が漏電していたのが原因で、その部分だけを切り離したらすべての電気はすぐに復旧しました。

ドームハウスでは初めての停電でしたが、恐ろしいことに、停電となる1時間くらい前に「今年は電気も自給してオフグリッドにしようか」と家族で話していた矢先だったので、思わず「電気が嫉妬したのかな(笑)」と笑ってしまいました。

でも、この出来事はとても大事なメッセージであり、大きな気づきとなりました。

真っ暗闇のドームハウスからは、綺麗な満天の星空が見えており、火も水も食料も豊富にある中では星空観測の余裕もありましたが、これが都会で災害による停電や断水となると、そうは言ってられません。

水、食料の確保はもちろんですが、やはりエネルギー自給も今後は視野に入れることが大事であり、寒い地域は特に電気なしで暖を取れる状況が必須になります。

まずは今回の経験で電気エネルギー自給に向けてのスイッチが完全に入ったので、ドームハウスもオフグリッドに向けて動き出そうと思います。
いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:
23

八ヶ岳ピースファーム農場にメインの拠点となる作業スペースがほぼ完成。

59

ここがやつはグループのメンバーはもちろん、貸し農園のメンバー、自給農園講座のメンバー、やつは野菜倶楽部のメンバーが集う溜まり場となります。

と言っても枠組みと屋根だけなので、まだまだこれからですが、それでも立ち上がるとなんとなく基地っぽくなってきました。

これから壁を張る作業はセルフビルドですが、基本的には全員大工仕事はど素人。

51

そもそも、この農場は見晴らしは良い場所である反面、風が強いエリアでもあるので、壁を張ると倒れやすくなる可能性もあるし、どこか風を抜けるスペースを作るにしても、壁の上部を吹き抜けるようにするのが良いのか、下が良いのか・・・。

また、皆の要望からも炊事場が必要とのことで、どこか閉店した厨房からシンクなどを探す必要もあり、調理はガスコンロにするのか、釜戸を作るのか、そんなことも試行錯誤しながらキッチンコーナーもゆくゆくは充実させて行きたいところです。

他にもインフラ面の整備もこれからの課題です。

手作りでコンポストトイレを作る計画もあり、また雨水をろ過して生活用水として使うプランやオフグリッドでの発電も検討中です。

「あとは、風呂も欲しい!」

段々と皆好き勝手に夢や妄想が広がっていますが、いずれにしても自分たちは素人。

57

理想はたくさんありますが、極力お金もかけずにその辺に転がっているものだけで出来る範囲のことをやろうと思っており、今のところ手に入ったのは木造パレットのみ・・・。

まだまだ色々なアイテムが必要ですし、また誰かこういった拠点作りに詳しい人々のアドバイスやヘルプも必要です。

そのために、今回は「やつは野菜倶楽部」という形で、サポーターメンバーを募集しました。

http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51952936.html

野菜倶楽部メンバーの方で、住宅の設計に詳しい、DIYが得意、バイオトイレ、水のろ過システム、エネルギー関係に詳しいという方がいたら、是非とも今の段階から拠点作りに加わって欲しいものです。
(すでにお申し込みの方は近日中に登録シートが届きます)

また、野菜倶楽部は、おかげさまでご応募を多く頂いて予定の定員をオーバーし、ただいま枠数を増加して残り10名は追加募集できるようになりました。
まだご検討中の方は是非この機会にどうぞ。

やつは野菜倶楽部
http://www.yatsuha.com/shopdetail/000000000217

※ちなみに本日は春からオープンする予定のシェアハウスの打ち合わせ。シェアハウス第一弾も良い形でスタートできそうです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
38

2月18日の朝、岡山県津山市賀茂町にある「サムハラ神社奥の宮」へ参拝。

これで3度目の参拝となるサムハラ奥の宮ですが、今となっては全国各地から参拝客が多く訪れ、いつの間にか案内看板までも立っていました。

でも、津山市の地元の人々にはほとんど認知されていない神社であり、100人に聞いても1人、2人知っているかどうかのマイナーな神社となっているようです。

11

1月末からハワイへと旅たっている期間、日本全体は寒波に見舞われていたようで中国地方も大雪となり、サムハラ奥の宮へ続く道中も雪が多く積もっていました。

境内に入る道も雪に覆われているだけでなく、大雪の影響で倒木が多くあって中まで進めないようになっていましたので、仕方なく車を置いて歩いて進みました。

05

雪に覆われたサムハラ奥の宮の敷地。

左の足跡を辿ると階段があって、その上にサムハラ奥の宮がありますが、本当に大切な場所は階段の上ではなく、この階段下の広場の中にあり、このまま写真中央の木の右を正面に行った先にある結界の貼られた特殊なエリアとなります。

ここで過去2回、大事な神事をさせて頂きましたが、2回とも不思議な現象に見舞われたことがあります。

1度目は、参拝中に「バラバラバラッ」と天気でもあったのに大雨が降っているかのような“音”だけが敷地内に響き渡り、その場にいた全員がはっきり聞いていたのでビックリしました。

2度目の訪問の際は、同じく結界のスポットを参拝後、今度は風も吹かないのに大量の木の葉が回転しながら舞い降りてきて、とても幻想的であり、また祝福されているかのような現象を魅せてくれました。

15

3度目の今回。曇り空の中、静まり返った雪景色の中での静かな参拝でしたが、参拝した直後に結界エリアに雲と森の合間から光が差し込み、これまでに見たことのないほど美しい景色を魅せてくれました。

その幻想的なスポットライトの光の時間はわずかに1分か2分の間。明らかに別次元の世界に入り込んだような不思議な感覚が続いていました。

直後に別の参拝客が姿を現すと、照明が全部つけられた舞台のように光は普通の太陽の光に戻って日常の世界へ。

サムハラ奥の宮。高次元の世界の意識が、三次元の世界に出力されて出てくるゲート(出力点)となっている数少ない地球の大事な場所だけあり、やはり、とても不思議な神社です。

個人的には、ここは人が神の意識を少しだけ体験できる貴重なスポットだとも思っています。

結界の貼られたエリアは、行かれればすぐにわかると思いますが、地元の方が大切に管理されているので静かに参拝されると良いと思います。お近くに来た際には是非どうぞ。

08

サムハラ神社 奥の宮
岡山県津山市加茂町中原900−3
いいね!した人  |  リブログ(4)

テーマ:
819RkBRNToL

究極の《非効率化社会》日本の大恐慌 サラリーマンは3割減る! あなたは7割に生き残れるか?
労働人口の9割弱がサラリーマン。この国の人々を待ち受ける超ショッキングな未来とは!

「自分軸」を持たない人材にとっては、厳しい時代が到来している。
「何でもやります」のジェネラリスト(サラリーマン)の時代は終わり、
「スーパージェネラリスト(複数分野にまたがる専門家)」あるいは、「スーパースペシャリスト(プロ中のプロ)」でなければ、淘汰される時代がやってきたのだ!

人工知能(AI)の台頭、2020年の東京オリンピック以降に待ち受けている日本の大恐慌…
このまま人間は職を奪われ、コンピュータの奴隷となってしまうのか?

世界経済にしても、身近な問題にしても、大切なのは「本質(コア)を見抜く」こと。
淘汰される3割にならないために、今、何ができるのか。

予測的中率No.1の経済アナリストが教えてくれる《崩壊の中のサバイバル・テクニック》


ハワイへの旅の道中、飛行機などの時間に何冊か本をゆっくりと読む時間がありました。

その中でとても興味深かったのが、この「サラリーマンは3割減る!」という斬新なタイトルの本。

著者の塚澤健二さんは、現在最も的中する経済アナリストとして有名な方です。

過去にリーマン・ショックを1年以上も前から予測して的中、その後も数々の経済予測を的中させ、昨年2月の時点でもアメリカ大統領にトランプ氏が就任することを予測して見事に的中させました。

そんな預言者にも近い経済アナリストが予測する日本の未来は、タイトルの通り「サラリーマンは3割減る!」と本著の中で伝えています。

「やはり、大不況の時代に入って使えないサラリーマンはみんなリストラの対象となるのか・・・」

そんな風にネガティブに捉える人もいるかもしれませんが、塚澤さんの意味するサラリーマンの3割減はそういったことではなく、今の不況をはじめとする日本経済全体の低迷は、会社員として企業に勤めて働く人(サラリーマン比率)が異常に高いことが企業の非効率化の原因であり、このサラリーマン比率が70%ほどの時が、もっともサラリーマンも年収が伸びてバランスが良い時みたいです。

なので、日本経済や日本人全体としては、今よりもサラリーマンが減った方が社会も良くなるようですが、誰かがその3割の対象となって今のサラリーマンレールから外れる必要があります。

「会社に属せず、フリーでやって成功できるのは一部の人だけだ」

そう思い込んでいる人も大勢かと思いますが、今の日本社会は9割がサラリーマンであるため、独立したりフリーでやっている人は少数ですが、戦後間もない1950年代は、企業に勤めるサラリーマンは、たったの34%であり、一昔前の昭和時代は個人商店などを含め、自分で事業をやっている人の方が普通の時代でもありました。

働く=サラリーマンという常識は、ここ何十年の常識なだけであり、1955年においては、農林就業者は1700万人もいて、農家が全就業者数の4割を超えていた時代もあったようです。

もちろん、戦前にもなればもっとサラリーマンはいないですし、江戸時代、平安時代、それこそ縄文時代ともなれば、働くことは会社や国のためというより、村などの集落や家族のため、自分たちが生きるための労働という形であったと思います。

もしかすると、数十年後には「サラリーマン」という言葉すら死語となっており、企業に勤めて働くことがイレギュラーな時代となることも十分に考えられるほど、これから先の経済社会というのは大きく変化していきそうな気がします。

「それでも個人でやっていくには自信がないので、なんとか会社員として残りたい」

そう思いたい気持ちがあっても、これから先にサラリーマンとして残るのも決して容易ではなく、塚澤さんは、近未来にサラリーマンは必然的に減少していく予想をしており、その最大の理由としてはAIロボットがサラリーマンにとって変わってオフィスワークも管理するようになることを挙げています。

これは間違いなく、近い将来に起こる現実だと思います。

肉体労働を機械がとって変わってやる時代から、次は知的労働も機械が人間よりも優秀に低コストで賄ってしまう時代へと入ります。

経済社会の中で人間がどんどん必要なくなる時代は、決して働かなくて良い時代となるのではなく、一部の人々によりお金の富が集中するだけで、この資本主義経済のサバイバルに弾かれた人は、仕事もお金も失ってしまう時代となります。

独立することよりも、サラリーマンでいることの方がリスクとなる可能性も十分にあるのが、これから先の時代であります。

また、塚澤さんは、これから先に起こる出来事として、通貨の価値がなくなり、ハイパーインフレが日本でも発生する可能性があるとも伝えています。

ハイパーインフレになるとモノが買えなくなる。かつて旧ソ連が崩壊したときも、92年のロシア誕生から4年間で1800倍に物価が上昇するハイパーインフレが起きて、ルーブルが全く信用されなくなり、外貨であるドルでないとモノを買えなくなってしまった。そうすると、外貨を稼げない人たちは暮らせなくなる。ただ、旧ソ連にとって唯一救いだったのは、ロシア全世帯の4割が小さな畑付きのコテージを所有、そこで野菜や家畜を育てる自給生活が日常となっていたことである。

しかし、東京のように、食料自給率の非常に低い場所が同じ状況になると、モノが入ってこないし、食べるものもなくなるという事態になる。すなわち、人々はおのずと東京から脱出しなければいけなくなるのだ。すると今までのように東京に一極化する時代ではなくなってくる。人口に対する自給率は、北海道で200%、東京は3%で、日本全体では40%程度である。約4割の人々にしか食糧を供給できないという恐ろしい数値である。
今後、金融危機などが起こり、海外からの輸入が止まったら、今のような食料自給率では当然パニックが起こる。東日本大震災のときに、一時的にスーパーやコンビニの食料品の棚が空になるということがあったが、あのようなことがこれから先の日本でも再び起こることは十分にありえるのだ。(転載終了)

これについては、今まで何年も前からお伝えしたきたことであり、自分自身もほぼまったく同意見であるし、誰もが冷静に考えたら当たり前のことであります。

それが果たしていつ起こるのか?

塚澤さんは、2020年の東京オリンピック後に大不況がやってきて、土地の価格は暴落、人々の仕事はAIに取って代わり、紙幣は紙切れとなって食糧危機まで起こるかもしれないと予測しています。

個人的には東京オリンピックが本当に開催されるのか、その前に大きな混乱が生じてもおかしくはないと思っていますが、大事なのは、そういた事態が実際に起こってもかつての旧ソ連のように自給生活を多くの人々が心がけて、混乱を最小限に食い止めることが必要です。

だからこそ、今から同じ意識を持つ人々が繋がり、地方を中心に自給自足環境を整えて、様々なエリアで様々な人々が受け皿を構築する必要があります。

八ヶ岳のコミュニティ構想にも、もちろんこういった不測の事態に備える準備もありますが、それよりも今のような都会でのサラリーマン生活だけがすべてではなく、もっと新しい生き方や楽しい社会のあり方を実践を通して世間に伝えていけたらと思っています。

自分自身、20代で独立した人間としては、独立することやフリーでやっていくことのノウハウはたくさんあり、そんなことも八ヶ岳にお越しの方々には少しずつお伝えできればと思っています。
いいね!した人  |  リブログ(4)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。