アフリカゾウ・チーター 写真&CG日記

いつも心に、アフリカの風と動物あり。アフリカゾウとチーターの美しい姿を、

写真とCGでタップリお楽しみください!


テーマ:

頭部の芯を2mmのアルミ線で組み立てます。

 

 

幅は約60mm。 完成時の顔の幅は約90mmになる見込みです。

 

 

第二段階。 ロフト側のフレームを追加して、形状を安定させます。

 

 

 

今回はアゴを開閉式にします。

 

このフレーム形状だけ見ていると、まるでT-REXのようですね!

どちらも強力な食肉獣同士、求められる頭部のl基本構造には共通点が多いことが分かります。

 

 

ポージングも進めておきましょう。 新聞紙でプロップを作成してみて、必要な材料やボリュームを検討します。

このサイズでは発泡スチロールの心材だとやや心細い感じ。 土台としての強度を考えると、木材などの使用も有りかもしれませんね。

にほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

2016年10月19日、カイ・カケルと富士サファリのナガト・ムツの間にBLが実施されました。

 

突然のことで驚いています・・・カイ・カケルはずっと多摩に居てくれると信じていましたから。

 

でも富士サファリなら東京から日帰りで会いに行けるので、あえて送る言葉は控えたいと思います。

 

一方、多摩へ来園の運びとなったナガト・ムツ。

まず、そのあまりにも重厚な名前に圧倒されますね!(ノ゚ο゚)ノ

スタッドブックを参照しますと・・この兄弟にはもう一頭、妹がいます。名前はイズモ。

 

イズモは2013年9月にすでに出産を経験。

ナガト・ムツも2013年1月相互に50%の確率で父親になっています。(兄弟一緒にお見合いしたのでしょうか)

 

そういった意味では繁殖力の強い血統といえそうですね。

それもそのはず、ナガト・ムツの父親はあのキリムの同腹の兄弟・ロッキー。

 

つまりカンガとは従兄弟同士の関係になるわけですね。

当然、キング遺伝子も受け継いでいる可能性が考えられます。

 

多摩ではデュラ・シュパーブが当面のお見合い相手となるのかも知れませんね。

他の園から招いた個体同士を引き合わせるというのも、興味深い試みになりそうです。

 

もちろん、リリーやナデシコの出番も期待したいところですね~(^ ^)

 

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

幅45cm以上、高さ30cm以上という基準で型紙を作成したところ、期せずして実物の1/3スケールになりました。

 

鼻先からお尻まで(尻尾を含まない)の長さが550mm、肩の高さが300mmです。

なお、この型紙は修正前のもので、実際は脊椎の第10肋骨付け根から腸骨稜の間で約3cm短く修正した物を使用しています。

 

正面向きも用意します。

頭の横幅は約90mm。肩先の横幅は後ろ足よりずっと広いため、脚は隠れてしまいます。

 

型紙を元に、2mmのアルミ線で基礎骨格を組み立てます。

この大きさのモデルになると、製作途中でプロポーションを変更するのは難しくなりますから、

最初に出来るだけ正確な比率で全身を構成しておくことが望ましいです。

 

次に、型紙を元に発泡スチロールでポーズ用のおおまかな仮り芯を作成します。

これは骨格や筋肉そのものの形状ではなく、部位ごとのボリュームと位置を表しており、ポーズ検討の土台として使用します。

ポーズ決定後は、そのまま芯材となって大型モデル全体の軽量化に役立ちます。

 

切り出した発泡スチロールのパーツに、ピンバイスで真っ直ぐ穴を通します。

 

アルミ線の骨格に、発泡スチロールの各パーツを組み込みました。

 

肩の先から尻尾の付け根まで360mm、肩の横幅は120mm、後ろ脚の横幅は約80mmです。

 

この後ポーズ付けへと進みますが、頭部はスカルピーで作成(高温で加熱)するため芯材を発泡スチロールではなくアルミ線で作成する予定です。

 

にほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、来期の展示に向けた製作に入るにあたって、展示内容を検討していきたいと思います。

 

今回は、空間的・感覚的な状況にふさわしい作品提示を行いたいと考え、まずはサイズ感の設定から入ります!

大型の動物モデルを想定した時、まず頭に浮かんだのはラガーの事でした。

 

ラガーの、野武士のような雄姿を見ごたえのあるサイズで再現したい。

なによりもまず、自分の目でそのフィギュアを見てみたいと思ったのです。

 

必要なサイズは、「大人の両手に余る大きさ」・・・幅45cm以上、高さ30cm以上が基準になります。

容積はちょうど60cm水槽と同じくらいでしょうか。

オープンスペースでの展示としてはこれでも十分とはいえない(できれば幅90cm以上が望ましい)のですが、

そこは複数作品によって空間的な演出を考えて行く事になるわけですね。

 

次はもう一つのテーマ、「群れ」についての考察です。(つづく)

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

BABYMETAL”来日記念盤”が届きました(笑)

9月19・20日の東京ドーム2days公演を記念して発売された、初回限定版の「リイシュー」版になります。
(内容は紙ジャケット仕様やファーストのDVDの収録内容など一部異なるので、購入をお考えの方は事前にご確認を。)

 

ワタシの場合はMETAL RESISTANCEに同梱の、「東京メトロポリタン・ロックフェスティバル2015」での

BABYMETALのステージを収めたDVDが目的での購入です。

会場の一体感を含め、BABYMETALのパフォーマンスの中でも最高の一つと言われている、

伝説のステージ(全7曲)が収録されています。(^_^)v


さて、BABYMETALの最近の話題の中でも、最も驚かされたのは

ロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)との共演↓ですね!

特に「Pain Killer」は、CDが擦り切れるほど聞き込んだ曲なので、この歴史的なステージを

生中継で体験出来たのは本当に鳥肌モノでした!!ヽ(゚∀゚ヽ 

 

(APMAs公式動画)

 

 

この共演で、YUIMETAL&MOAMETALの二人がギターを披露したのも大きな話題でしたね。

youtubeのコメントでも、「エアギターじゃないの?(笑)」と言う声が少なからず聞かれました。
2012年の「イジメ・ダメ・ゼッタイ」のPVの中で、二人はエアプレイを演じていましたからね。

まあ本当のところは分かりませんし、実際に音を流していたかどうかも判りませんが、

サプライズ感とステージ映えは最高でしたね!


神バンド(白装束・白塗りのバックバンド)の皆さんはプレイヤーとしてはもちろん、
講師としても日本屈指の方たちなので、

こんな方たちに囲まれていたら上達も早そうですねー。(^∇^)

 

12月にはレッド・ホット・チリペッパーズのUKツアーへ帯同することが決定するなど、
今後の更なる活躍が期待されるBABYMETALから目が離せませんね!!
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。