幸せになる方法、続き

テーマ:
こんばんみ!





結局、

幸せになる方法を

書いているわけでは

ないのですが^ ^;





いつだったか、

「これがハイヤーセルフの声?」

っていうものが聞こえてから

少しずつですが

自分が変わってきているのです。





みんなに、

この世のみんなに

ハイヤーセルフはいるんですよね?





でも助言が聞こえないから

ずっと苦しむんです。

私一人だと思っていますし。





ここのブログは

私の愚痴をぶつけるところとしても

知られていますが、

その愚痴が昔より

少なくなってきました。





苦しくなったり

助けて欲しいと思うと

私は北海道神宮や

出雲大社へ行きましたが、

家に帰ってくると

やっぱり小さな幸せに

気付けない生活が始まりました。





ですが、昨日

別に苦しい感情はないのに

急に北海道神宮へ行きたくなり

一人で歩いて行くことに。





神宮に着くと

七五三のお子様が

何人もいました。





私の心はほんわかしました。

可愛いですね^ ^





そして中へ中へ進み

お賽銭箱の近くまで来ると

中では結婚式が行われていました!





初めて見ました!

素敵ですね、白無垢のお嫁さん^ ^





今日は神様に初めて

お願い事ではなく、

「ありがとうございます」

だけを言いに来ました。





母さんはまだ入院中ですが、

お陰様で生きていますので

そのお礼も言いたかったのです。




急に後ろから

「◯◯ちゃん、こっち」

とお賽銭箱近くにいた

小学生を

お父さんが呼びました。




◯◯ちゃんとは

私の大好きな姪っ子と

同じ名前だったので

その名前が聞こえただけでも

笑みがでます。





そしてふと、

今日は22日だな。

その◯◯ちゃんも22日生まれ。




小さな偶然を見付けては

幸せな気分になります。




帰りに判官様(おもち)を食べようと

六花亭さんを覗くと

人が並んでいたので

帰ることにしました。




ずっと歩いていると、

急に私の目の前を

リスが通りかかり、

すぐ横の木へ登って行きました!




わーびっくり!

でもなんだか嬉しい!




そういえばフィンランドでは

野生のリスが

私の体へ登ってきたことが

ありました(≧∇≦)

木と間違えるほどの

どっしり感だったでしょうか^ ^;




そしてまた少し歩いて

以前から気になっていた

和風カフェに

立ち寄ることにしました。




古い建物のカフェ、

とっても素敵な空間^ ^

お客様は誰もいませんでした。




メニュー見ると

とっても美味しそうな

タマゴサンド!!

しかも厚焼き卵のサンド^ ^




優しい笑顔の素敵な店員さんが

厚焼き卵のサンドを

持ってきてくれました。




ほんのりあったかい

厚焼き卵のサンド、

卵の黄色といい

なんだか幸せな気分になる

サンドイッチ。




そして物凄く美味しい!




食べながらメニューを

振り返ります。




出雲大社近くの和風カフェを

思い出しておりましたら、

そのメニューの後半に

出雲大社のことが書かれており

このタイミングにびっくり!




出雲大社の近くに

住めたらいいな〜なんて

考えていた時期もありますが、

今の札幌の住まいでも

参拝して喫茶店に寄る、、、

ことが出来るとわかり

とんでもない幸せ気分に!




そのあとお客様が

どんどん増えてきたので

帰ることに。




レジに行くと

さっきと違う店員さん、




「タマゴサンド

とっても美味しかったです」

と伝えました。




本当は始めの店員さんに

伝えたかったな、、、




そう思いながら

玄関のガラス扉を締めると

ガラス越しにあの店員さんが

こちらをちらっと見て

お辞儀をしてくれました。




わーーー(≧∇≦)

ここは天国か!!




なんとも言えない

癒しをもらいました。




そして「商い」に

必要なことを知った気がします。




そして母さんの病院へ行くのに

どうしても地下鉄が面倒臭く、

タクシーに乗ろうと。




一台目は

手を挙げるタイミング合わず、

二台目にはよく利用する

タクシー会社さんが

見えてきました。

※そこのスタンプカードを

集めているので。




乗ってから運転手さんに、

今日、偶然に神宮で見た結婚式と

七五三の話をしました。




すると運転手さんは




「ああ、そういえば

神宮の結婚式に出る方を

今日乗せたんですよ」




へえぇ、偶然だな〜(≧∇≦)




「しかも七五三のお子様も

乗せましたよー」




へえぇ、、、(≧∇≦)




「不思議だったのは

結婚式の方を乗せた時、

神宮の中の駐車場はきっと

満車だから、

中までは乗せられませんね。

と伝えて神宮着いたら

一台も車がいなかったんですよ!

だから神宮の中まで

乗せて行くことができたんです。

不思議だなー」




駐車場のことはわからないけど

運転手さんが言うから

やっぱり不思議なんだろう。




そして私は◯◯ちゃんの

出来事を話しましたら、




「あらー!

うちのかわいいビーグル犬と

同じ名前だよー!」




偶然続きに

運転手さんと笑いました。




「うちのビーグル犬は

死にそうになったことがあって、

小さな獣医では対応できないと、

北大病院の獣医にかかって

それから助かったんだよ」




うちの母さんも北大病院に

入院しているけど、

獣医があるなんて

知りませんでした!!




そんな偶然が連鎖するような

一日でした。




このタクシー会社の運転手さん、

もう何人も見ていますが

数年前までは

私の泣き声ばかりを聞いていた人が

ほとんどだったと思います。




母さんが今日死ぬんじゃないか、

と毎日思いながら通っていたので。




運転手さんに

優しく声をかけてもらえただけで

おいおい泣いていました。




あれ、

今日は何を書きたかったんだべ。




とにかく最近の自分は

小さな幸せに気付けるようになり、

これが「幸せな人生」なのかなと

少しずつですが、

思えるようになったことです。




そのきっかけの一つに

神宮で神様に触れることは

意味があるのだと

と思いました。




※子供の作文のように

なってしまいました_φ( ̄ー ̄ ;)




AD