2017年08月01日(火)

8~9月発売予定のCD

テーマ:News
Gear Fabの新譜は、主にアマチュアの録音によるカスタムメイドのレコードを制作していた、RPCという東海岸のレーベルからリリースされた2タイトルの再発。どちらも似たような、青空に雲のジャケットデザインですが、これらはレーベルが用意したテンプレートで、他のアーティストにも使い回しされています。

Daybreak -Reissue-
Daybreak
Daybreak

DaybreakはPearl River(NY)の5人組ハイスクールバンド。町の古い教会で5時間で録音されたという本作は、1971年に400枚のみプレスされています。音はMystic Sivaなんかに通じるような、オルガン入りのローファイ&ピュア系ガレージサイケ(演奏自体は結構しっかりしている)。オリジナルが3曲にカバーが4曲。Neil Youngの"Down By the River"、 Moody Bluesの"Nights in White Satin"、Steppenwolfの"Monster / Suicide / America"メドレー。そして、「なんでこれを入れた!」とサイケファンが頭を抱えそうな、Bill Haley & the Cometsの"Rock Around the Clock"。ハイスクールのプロムでやってそうな(サックス入り)懐メロアレンジがほほえましい。




Backbone of the Nation
Drywater
Backbone of the Nation

Pennsylvaniaの4人組、Drywaterの"Backbone of the Nation" (1973) のオリジナルRPC盤はさらに激レアで、(メンバーの証言によると)わずか25枚しかプレスされませんでした。今回の再発CDには2曲のボーナスが収録されますが、これは数年前にTime-Lagから500枚限定でLP再発された際に付属していた、7インチのノンLPシングルの2曲と思われます。ちなみに、"Southpaw" (1974) のDryewaterとは別のバンドです。





Road Trips Vol. 4 No. 4 - Spectrum 4-6-82
Grateful Dead
Road Trips Vol. 4 No. 4 - Spectrum 4-6-82

Real Gone Musicからの"Road Trips"再発シリーズ(最終巻からの逆順)の第二弾は、1982年4月6日のPhiladelphia Spectrum公演を完全収録したCD3枚組。CD2とCD3の後半にはフィラーとして、同地での4月5日の演奏が収録されています。

Disc 1:
4/6/82
1. Cold Rain and Snow
2. Promised Land
3. Candyman
4. C.C. Rider
5. Brown-Eyed Women
6. Mama Tried
7. Mexicali Blues
8. Big Railroad Blues
9. Looks Like Rain
10. Jack-A-Roe
11. It's All Over Now
12. Might as Well

Disc 2:
4/6/82
1. Shakedown Street
2. Lost Sailor
3. Saint of Circumstance
4. Terrapin Station
5. Rhythm Devils
6. Space
4/5/82
7. Deep Elem Blues
8. Althea
9. Man Smart, Woman Smarter

Disc 3:
4/6/82
1. Truckin'
2. The Other One
3. Morning Dew
4. Sugar Magnolia
5. It's All Over Now, Baby Blue
4/5/82
6. Bertha
7. Playing in the Band
8. Ship of Fools
9. Playing in the Band

Musicians:
Jerry Garcia - lead guitar, vocals
Bob Weir - rhythm guitar, vocals
Phil Lesh - bass, vocals
Bill Kreutzmann - drums
Mickey Hart - drums
Brent Mydland - keyboards, vocals



THE ELEKTRA ALBUMS
JUDY HENSKE
THE ELEKTRA ALBUMS

サイケファンにはご主人のJerry Yesterとの共作、"Farewell Aldebaran" (1969) でお馴染みのJudy Henske。彼女がElektraからリリースした2作、"Judy Henske" (1963) と"High Flying Bird" (1964) をカップリングした2on1がAce Recordsから発売されます。スタジオライブ作である前者を聴くと、音楽のみならずショーの進め方なども、Mama Cass Elliotが彼女から大きな影響を受けていることが分かります。ちなみに、Jefferson Airplaneらのカバーで知られる"High Flying Bird"は、Judyのバージョンがオリジナル(作者はBilly Edd Wheeler)。トラックリストおよび試聴はこちら





NOTHING BUT THE TRUTH: 3 MOTOWN ALBUMS ON 2 CDs PLUS BONUS TRACKS
THE UNDISPUTED TRUTH
NOTHING BUT THE TRUTH: 3 MOTOWN ALBUMS ON 2 CDs PLUS BONUS TRACKS

レココレ・サイケ号の「サイケデリックの周辺 ブルース/ソウルへの影響」で紹介されていた男女混声サイケデリック・ソウルグループ、Undisputed Truth。彼らがMotown傘下のGordyレーベルからリリースした3枚のアルバム、"The Undisputed Truth" (1971 1st), "Law of the Land" (1973 3rd), "Down to Earth" (1974 4th) を2枚のCDに収録した3on2が、Kent (Ace) から発売されます(シングルバージョンなどのボーナストラック入り)。

Undisputed Truthの黒幕は、Temptationsをサイケ化させて世間を驚かせた、プロデューサー/ソングライターのNorman Whitfield。彼はこのグループを、「表」のテンプスをプロデュースする「裏」の実験場とも考えていたようで、たとえば、テンプスで全米No.1ヒットした"Papa Was a Rolling Stone"は、もともとはUndisputed Truthのシングルリリース(63位)がオリジナルです。

Disc 1:
01 You Got The Love I Need
02 Save My Love For A Rainy Day
03 California Soul
04 Aquarius
05 Ball Of Confusion (That's What The World Is Today)
06 Smiling Faces Sometimes
07 We've Got A Way Out Love
08 Since I've Lost You
09 Ain't No Sun Since You've Been Gone
10 I Heard It Through The Grapevine
11 Like A Rolling Stone
12 Law Of The Land
13 Papa Was A Rolling Stone
14 Girl You're Alright
15 Killing Me Softly With His Song
16 Just My Imagination (Running Away With Me)
17 This Child Needs Its Father

Disc 2:
01 Mama I Gotta Brand New Thing (Don't Say No)
02 Feelin' Alright?
03 Love And Happiness
04 With A Little Help From My Friends
05 If I Die
06 Walk On By
07 Help Yourself
08 Big John Is My Name
09 Brother Louie
10 I'm A Fool For You
11 Our Day Will Come
12 Just You 'N' Me
13 The Girl's Alright With Me
14 Let's Go Back To Day One
15 What It Is (Single version)
16 What's Going On (Single edit)
17 You Make Your Own Heaven And Hell Right Here On Earth (Single edit)
18 Gonna Keep On Tryin' Till I Win Your Love
19 Law Of The Land (Single version)





Let the Electric Children Play
Various Artists
Let the Electric Children Play

「英国ロックの深い森」に棲息する数多のアンダーグラウンドなアーティストを擁したTransatlantic Records。そのレーベルコンピが、"The Underground Story of Transatlantic Records 1968-1976"というサブタイトルで、Esotericからリリースされます(CD3枚組)。

DISC ONE:
1. WE CAN SWING TOGETHER - Alan Hull
2. II B.S. - Circus
3. MIDSUMMER NIGHT'S HAPPENING- The Sallyangie
4. LIGHT FLIGHT - Pentangle
5. BILLY THE MONSTER - The Deviants
6. PAINT IT BLACK - Jody Grind
7. NORWEGIAN WOOD - Circus
8. OBADIAH'S GRAVE - Alan Hull
9. LUCIFER'S CAGE - Gordon Giltrap
10. ONCE I HAD A SWEETHEART - Pentangle
11. METAMORPHOSIS EXPLOSION - The Deviants
12. SATURDAY ROUNDABOUT SUNDAY (SINGLE VERSION) - The Humblebums
13. MAKIN' TIME - Little Free Rock
14. MONA (A FRAGMENT) - Mick Farren
15. PLASTIC SHIT - Jody Grind

DISC TWO:
1. ALL IN YOUR MIND - Stray
2. BORN TO BE FREE - Marsupilami
3. WE'VE HAD IT - Jody Grind
4. MICE AND RATS IN THE LOFT - Jan Dukes De Grey
5. HOMAGE TO THE GOD OF LIGHT - Peter Bardens
6. AROUND THE WORLD IN 80 DAYS - Stray
7. MENDLE - Mr. Fox
8. PRELUDE TO THE ARENA - Marsupilami
9. DON'T EVER GIVE UP TRYING - Unicorn
10. REFLECTION - Pentangle
11. SKIN VALLEY SERENADE - Skin Alley

DISC THREE:
1. TEAR DOWN THE WALL - Peter Bardens
2. SON OF THE FATHER - Stray
3. DON'T COUNT ME OUT - Gerry Rafferty
4. NICK'S SEVEN - Skin Alley
5. SONG FROM THE 4th ERA - CMU
6. A DISTANT THOUGHT, A POINT OF LIGHT - CMU
7. THE UNGODLY - Decameron
8. FAIR FORTUNE'S STAR - Carolanne Pegg
9. MOVE IT (SINGLE VERSION) - Stray
10. SHELTER - Renia
11. OPENING MOVE - Gryphon
12. JOURNEY'S END - Decameron
13. CRIMINAL WORLD - Metro

AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。