1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年02月19日(日)

デッドのCornell 5/8/77が公式発売

テーマ:News
Cornell 5/8/77
Grateful Dead
Cornell 5/8/77 (アナログLPはこちら

公演からちょうど40周年となるこの5月に、Grateful Deadが1977年5月初旬に行った4つのショーを完全収録したCD11枚組ボックスセット、 "MAY 1977: GET SHOWN THE LIGHT"がリリースされますが、そのなかでも名演中の名演として語り継がれる、5/8/77 Barton Hall, Cornell Universityが、独立してCD3枚組およびLP5枚組でRhinoから5月5日に発売されます。

NYのコーネル大学の室内競技場で開催されたこの5月8日の公演は、デッドヘッズによる「マイフェイバリットショー」投票でトップランキングの常連となっている伝説のステージ。演奏、楽器の音色、インスピレーション、ファーアウトなインプロと、どれもが素晴らしい。まるでバンドと観客が霊的につながっていて、何も語らずに淡々と進行していく、というような印象なのですが、静かな中にも神がかり的な瞬間が何度もあって、ゾクゾクと鳥肌が立ちます。これはデッドでしかなしえないサイケデリックの境地といえるかもしれません。

Disc 1
1. New Minglewood Blues
2. Loser
3. El Paso
4. They Love Each Other
5. Jack Straw
6. Deal
7. Lazy Lightning >
8. Supplication
9. Brown-Eyed Women
10. Mama Tried
11. Row Jimmy

Disc 2
1. Dancing In The Street
2. Scarlet Begonias >
3. Fire On The Mountain
4. Estimated Prophet

Disc 3
1. St. Stephen >
2. Not Fade Away >
3. St. Stephen >
4. Morning Dew
5. One More Saturday Night





ところで、話は変わりますが、いま話題のVR(バーチャルリアリティ)。先日、海外のバンドのライブ演奏をVRヘッドセットで体験する機会があったのですが、想像していた以上にリアルで驚きました。ほんとに現実にコンサート会場の客席にいるのと変わらない感覚。上を向くとホールの天井があり、後ろを振り向くとステージを見ている観客がいて、となりを見ればスマホでバンドを撮影したりコーラを飲んでいる人に触れそうな感じ。これはいままでの3Dとは文字通り次元が違うなと思いました。SF少年だった私がかつて読んでいたP.K.ディックの小説に登場するような、擬似現実の世界が「リアル」になってきたのです。

初代ファミコンの時代から、新しいゲーム機が登場するたびにヘッドセットを利用する3Dゲームが発売されたり、テレビや映画でもずっと3Dのソフトが作られてきましたが、これまでついに主流になることはありませんでした。でも、これからは、ゲームや音楽ライブやお笑いや演劇、野球やサッカーなどのスポーツ観戦から、世界遺産や観光地や宇宙空間への擬似訪問、ビジネスや教育からセクシャル方面、擬似サイケデリックトリップ?まで、ありとあらゆるジャンルでVRがパソコンやスマホと同じようなポピュラーな存在になるような予感がします。千円前後の簡易ゴーグル+スマホ+無料アプリ(またはYouTubeの対応動画)でも、けっこう楽しめるので一度お試しを。

Habor 3D VRカードボード ゴーグル 3D体験組み立て式メガネ タッチボタン付き 3.5~5.5インチのiPhone/Androidスマホに対応 ベルト付き
Habor
Habor 3D VRカードボード ゴーグル 3D体験組み立て式メガネ タッチボタン付き 3.5~5.5インチのiPhone/Androidスマホに対応 ベルト付き



VR Moon Walk 3D



AD
2017年01月30日(月)

2~3月発売予定のCD

テーマ:News
ジ・エンライトニング・ビーム・オブ・アクソンダ (生産限定紙ジャケット仕様)
ボビー・ブラウン
ジ・エンライトニング・ビーム・オブ・アクソンダ (生産限定紙ジャケット仕様)

サイケ本「サイケデリック・ムーズ」や、シンコーのディスクガイド「アシッドフォーク」で紹介されていた、Bobby Brownの"The Enlightening Beam of Axonda" (1972) が紙ジャケで再発。以前AkarmaからCDが出ていましたが、現在では入手が難しくなっていたようです。

西海岸出身のボビーは自ら「ひとりオーケストラ」と名乗り、自作や改造による数十種類の楽器をジャケ画のようなユニットにして、6オクターブといわれる歌声も楽器のように使いながら、楽園系のアシッドフォークを奏でます。私が最初に聴いたときに連想したのはブローティガンの小説でした。田園のいなたいレイドバック感と、宇宙的(またはミクロ的)なサイケデリック感覚が同居している感じ。これを聴きながらヒッピー文学の金字塔「アメリカの鱒釣り」を読むとハマります。





ハヴ・ユー・シーン・ザ・ライト (生産限定紙ジャケット仕様)
ハロー・ピープル
ハヴ・ユー・シーン・ザ・ライト (生産限定紙ジャケット仕様)

Hello Peopleは、60年代後半からNYのグリニッチビレッジなどで活動していたグループ。顔を白塗りにしてパントマイムを交えたりするユニークなステージで話題になりましたが、音楽自体はいわゆる演劇系ではなく、ポップで聴きやすいソフトロックがメインです。

本作"Have You Seen the Light"は1971年リリースのサードアルバムで、おそらくこれが初CD化。サイケ度は高くないですが、フルートをフィーチャーしたメロウチューンなども健在です。このあともTodd Rundgrenのツアーバンドをつとめたりしながら、ABC Dunhillなどから数枚のアルバムをリリースしています。





Complete Singles A's & B's
Rascals
Complete Singles A's & B's

Real Gone MusicからはRascalsのCD2枚組シングルコレクション。AtlanticとColumbiaの両レーベルにまたがるシングルAB面、全47曲が収録されています(そのうち前期の28曲はオリジナルモノミックス)。

Disc 1:
1. I Ain't Gonna Eat Out My Heart Anymore
2. Slow Down
3. Good Lovin'
4. Mustang Sally
5. You Better Run
6. Love Is a Beautiful Thing
7. Come On Up
8. What Is the Reason
9. I've Been Lonely Too Long
10. If You Knew
11. Groovin'
12. Sueno
13. A Girl Like You
14. It's Love
15. Groovin'
16. Groovin'
17. How Can I Be Sure
18. I'm So Happy Now
19. It's Wonderful
20. Of Course
21. A Beautiful Morning
22. Rainy Day
23. People Got to Be Free
24. My World
25. A Ray of Hope
26. Any Dance'll Do

Disc 2:
1. Heaven
2. Baby I'm Blue
3. See
4. Away Away
5. Carry Me Back
6. Real Thing
7. Hold On
8. I Believe
9. Glory Glory
10. You Don't Know
11. Right On
12. Almost Home
13. Love Me
14. Happy Song
15. Lucky Day
16. Love Letter
17. Brother Tree
18. Saga of New York
19. Hummin' Song
20. Echoes
21. Jungle Walk



All That May Do My Rhyme
Roky Erickson
All That May Do My Rhyme

"All That May Do My Rhyme"は1995年にインディーズレーベル(Trance Syndicate)からリリースされたRoky Ericksonのソロ(スタジオ)アルバム。90年代半ばといえば、弟のSumnerによって母親から引き離されて回復に向かう以前の、かなり精神状態が悪化していた時期だと思うんですが、アルバムはあっけらかんと明るい印象。もっとも、半分くらいは80年代半ばのレコーディングのリミックスのようです。試聴はこちら。ちなみに、オリジナル盤(ジャケ違い)の最後には隠しトラックとして、The Spades(Rokyのデビューバンド)の"We Sell Soul" (Elevatorsの"Don't Fall Down"の原形)が収録されていたのですが、今回もトラックリストには載ってないので、入ってるかどうかは不明です。

1. I'm Gonna Free Her 3:03
2. Starry Eyes 3:38
3. You Don't Love Me Yet 4:24
4. Please Judge 4:28
5. Don't Slander Me 4:15
6. We Are Never Talking 3:46
7. For You (I'd Do Anything) 2:16
8. For You 3:01
9. Clear Night For Love 2:47
10. Haunt 3:40
11. Starry Eyes 3:10





Buried Alive! Demented Teenage
Various Artists
Buried Alive! Demented Teenage

Particlesからは、"Demented Teenage Fuzz From Down Under 1965-1970"というサブタイトルのCD6枚組ボックス、"Buried Alive!!"。オーストラリアの"150 Rare and Previously Unreleased R&B Psyche Punk Cuts!!!"が収録されています(80頁フルカラーブックレット付属)。トラックリストはこちら



Take a Mind Excursion
Various Artists
Take a Mind Excursion

オーストラリアのTeensville Recordsによるマイナーソフトロックコンピ、"Take a Mind Excursion"。サブタイトルは、"32 Pop Gems: From Sunshine To Soft / 1966-1972"。

1. Mind Excursion - Bob Dileo
2. Stop - Paul Vigrass
3. Let's Be More Than Friends Tonight - Pebbles and Shells
4. The Dawn And My Love - Sundae
5. Oh, Don't Come Crying Back To Me - Something Young
6. The Merry Go Round Is Slowing You Down - The Surprise Package
7. Heard You Went Away - Proctor Amusement Company
8. Show Me The World Of Wonder - The Bottom Line
9. Every Groovy Day - The Roman Rebellion
10. Soraya - Chris Simmons
11. Get Around Downtown Girl - Johnny Garrett & The Rising Signs
12. What Is Happy Baby - The Californians
13. Hold Back The Sun - The Scarecrow
14. Band In Boston - Bob Dileo
15. A New Man - Paul Vigrass
16. Suzanne - The Montanas
17. When Love Begins To Look Like You - The Game
18. It's Better This Way - Sundae
19. Turning Round - Wishful Thinking
20. The Girl I Wanna Bring Home - The Four-Evers
21. It's A Sunny Day - Johnny Young
22. When I Was King - The Bottom Line
23. Good People - Johnny Garrett & The Rising Signs
24. Dear Emily - The Golden Horizon
25. You, Baby, You - Tartans Of Lavender Lane
26. Alice In Wonderland - The Central Nervous System
27. Take Her Back - Gemini
28. Let's Give It A Try - Pebbles and Shells
29. Curly - Paul Vigrass
30. Rahni - Bob Dileo
31. Together Forever - The War Babies
32. Maybe Tomorrow - Free For



AD
2017年01月30日(月)

発売中・発売予定のアナログLP(覚書)

テーマ:News
AD
2017年01月07日(土)

1~2月発売予定のCD

テーマ:News
ザ・フラタニティ・オブ・マン
ザ・フラタニティ・オブ・マン
ザ・フラタニティ・オブ・マン

LAの5人組、Fraternity of Manのデビューアルバム(1968)がVivid Soundから国内仕様の紙ジャケで再発。Fraternity of Manといえば、映画「イージー・ライダー」で使われた、ユルいカントリーチューンの "Don't Bogart Me"が有名ですが、アルバムはQMSやKakにつながるようなヘヴィサイケ作品です。バンドについての詳細は過去記事をご覧ください。





Dirty Water
Standells
Dirty Water (アナログLPはこちら

Sundazedからは、Standellsが1966~67年にリリースした3枚のアルバムがCDおよびLPで再発。1966年の全米11位ヒットシングル "Dirty Water"が、ボストン・レッドソックスが勝ったときに球場で流れることで、日本でも知られるようになりましたが、彼ら自身は西海岸(LA)のバンドです。ちなみに、これらが何枚目のアルバムなのか、ややこしくて私はいまだに把握できていません。

Why Pick on Me
Standells
Why Pick on Me (アナログLPはこちら

Try It
Standells
Try It (アナログLPはこちら





ERASMO CARLOS E OS TREMENDOES
ERASMO CARLOS
ERASMO CARLOS E OS TREMENDOES
(アナログLPはこちら。試聴はこちら

75歳の今も第一線で活躍するブラジル・ポップス/ロック界の大御所、エラスモ・カルロス。彼が1970~72年にリリースしたアルバム3作が、Light in the AtticからCDおよびLPで再発されます。これらはトロピカリズモ(ブラジル版フラワームーブメント)の流れを汲むもので、サイケファンにもアピールする内容となっています。

CARLOS, ERASMO...
ERASMO CARLOS
CARLOS, ERASMO...
(アナログLPはこちら。試聴はこちら

SONHOS E MEMORIAS 1941-1972
ERASMO CARLOS
SONHOS E MEMORIAS 1941-1972
(アナログLPはこちら。試聴はこちら



2017年01月01日(日)

明けましておめでとうございます

テーマ:News


2016年12月24日(土)

クリスチャンサイケの新譜コンピ発売

テーマ:News
Lysergic Saviours
Various Artists
Lysergic Saviours

最近元気なParticlesから、"A Psychedelic Prophecy! The Holy Grail of Xian Acid Fuzz 1968-1974"というサブタイトルの新譜コンピ、 "Lysergic Saviours"がリリースされます。タイトルが語りつくしている感じですが、クリスチャンサイケナンバーばかりを集めた、ファズ度の高い内容になっています。

イエスキリストや天国のことを真摯に歌えば歌うほどサイケに聴こえてくる、というのはサイケデリアの本質の一端を突いていると思うので、かなりマニアックな満足感を味わえるのではないかと期待しています。1月27日発売予定。

1. OUR GENERATION - Praise (1972)
2. THE NEW FOLK - L:ove Comes Down (1968)
3. NEW DAWN - Dark Thoughts (1970)
4. SEARCH PARTY - The News Is You (1969)
5. CONCRETE RUBBER BAND - What Shall We Do? (1974)
6. THE ACCOMPANY - Beside The Still Waters (1974)
7. NEW DAWN - I See A Day (1970)
8. WHISPERS OF TRUTH - Reality (1969)
9. AZITIS - Creation, Lord I See You Cry (1971)
10. MIND GARAGE - There Was A Time (1969)
11. KOINONIA - Won't You Join Me (1970)
12. EDEN - Shady Day (1973)
13. MIND GARAGE - Communion (Water) (1970)
14. EARTHEN VESSEL - You Can (1971)
15. OUT OF DARKNESS - On Solid Rock (1970)
16. EXKURSIONS - It's Been Sent Down (1971)
17. THE SHEEP - Where Do We Go From Here (1973)
18. SEARCH PARTY - You And I (1969)
19. AGAPE - Rejoice (1971)

2016年12月13日(火)

12~2月発売予定のCD

テーマ:News
3 Part Inventions
Mandrake Memorial
3 Part Inventions

Mandrake Memorialは1968~70年にフィラデルフィアをベースに活動した4人組。2枚のアルバムを発表後、トリオ編成となった1969年に英国に渡って、The WhoやKinksを手がけたShel Talmyのプロデュースのもとにアルバムを制作するも、"too un-commercial"という理由でお蔵入りとなってしまいます。

今回リリースされる"3 Part Inventions"は、そのとき録音された未発表音源に、2曲+ラジオインタビューのボーナストラックを追加した新譜コンピレーション。トラックリストを見ると、このあと、メロウ&ミステリアスでサイケ度の高い傑作サードアルバム、"Puzzle"(1970、レココレ・サイケ号の巻頭カラー頁にジャケが載っていた)で再録されるナンバーが目立ちます。

1. The Puzzle
2. Ocean's Daughter
3. Tadpole
4. Part Of My Dreams
5. Wouldn't You Like It?
6. Bucket Of Air
7. Witness The End
Bonus tracks:
8. Cassandra
9. The 12th Brigade
10. Rock Star interview





The Grateful Dead
Grateful Dead
The Grateful Dead

Grateful Deadのデビューアルバム(1967)が、50周年記念のデラックスエディションとしてCD2枚組で再発。1月20日発売予定。

Disc 1: Original Album Remastered
1. The Golden Road (To Unlimited Devotion) [2:12]
2. Beat It On Down The Line [2:33]
3. Good Morning Little School Girl [5:50]
4. Cold Rain & Snow [2:31]
5. Sitting On Top Of The World [2:08]
6. Cream Puff War [2:31]
7. Morning Dew [5:09]
8. New, New Minglewood Blues [2:37]
9. Viola Lee Blues [10:16]

Disc 2: Live at P.N.E. Garden Auditorium, Vancouver, BC, Canada
7/29/66
1. Standing On The Corner [3:23]
2. I Know You Rider [3:14]
3. Next Time You See Me [3:37]
4. Sitting On Top of The World [3:47]
5. You Don't Have To Ask [5:14]
6. Big Boss Man [4:16]
7. Stealin' [3:37]
8. Cardboard Cowboy [2:56]
9. It's All Over Now, Baby Blue [5:23]
10. Cream Puff War [7:52]
11. Viola Lee Blues [10:03]
12. Beat It On Down The Line [2:47]
13. Good Morning Little Schoolgirl [5:47]
7/30/66
14. Cold Rain and Snow [3:14]
15. One Kind Favor [4:23]
16. Hey Little One [5:39]
17. New, New Minglewood Blues [3:23]



13
Lee Hazlewood
13 (アナログLPはこちら

Light in the Atticからは、先月再発された"Cowboy in Sweden"に続いて、Lee Hazlewoodのスウェーデン時代のアルバム、"13"(1972)が1月13日に発売予定。トラックリストに13曲あるからタイトルが"13"というわけではなくて、オリジナルは9曲で、4曲は今回のリリースで追加されたボーナスです。

本作はもともとは、Gene ClarkやFlying Burrito Brothersを手がけたA&Mのスタッフ・プロデューサー、Larry Marksのソロアルバムとなるはずだった作品。コンセプトは「Leeの楽曲をソウル/R&B風味に料理する」というもので、バッキングトラックはそのままに、LarryのボーカルパートのみをLeeの歌に差し替えてリリースされました。ということで、これまでの作とはちょっと変わった味わいがあります(ピッチの高いLarryのキーのまま、Leeはそのオクターブ下や元の高さを行き来して歌ってたりする)。試聴はこちら

1. You Look Like A Lady
2. Tulsa Sunday
3. Ten Or 11 Towns Ago
4. Toocie And The River
5. She Comes Running
6. Rosacoke Street
7. I Move Around
8. And I Loved You Then
9. Hej, Me I'm Riding
Bonus tracks:
10. Cold Hard Times
11. Drums
12. The Start
13. Suzie





Fapardokly
Fapardokly
Fapardokly

Gear Fabの新譜は、Merrell FankhauserがMUの前にリリースした二作、"Fapardokly" (1967) と H.M.S. Bountyの"Things" (1968) 。この二作を続けて聴くと、サーフ~ガレージからフォークロック~ポップサイケを経てMUのサイケデリアに至る進化の過程が辿れて興味深い。どちらもサイケ本「サイケデリク・ムーズ」で紹介されていた基本アイテムです。

Things
H.M.S. Bounty
Things







Curiosities From The San Francisco Underground 1965-1971 Volumes 1, 2 & 3 (9CD)
Various Artists
Curiosities From The San Francisco Underground 1965-1971 Volumes 1, 2 & 3 (9CD)

こちらは、サンフランシスコのボールルームやレコーディングスタジオで録音されたアーカイブ音源によるコンピシリーズ、"Curiosities from the San Francisco Underground 1965-1971"の1~3巻をセットにした廉価ボックス(CD9枚組)。

2016年10月31日(月)

11~12月発売予定のCD

テーマ:News
Nothing in Particular
Jefferson Airplane
Nothing in Particular

Jefferson Airplaneが1968年8~9月にDoorsとともに行ったヨーロッパツアーから、9月15日のアムステルダム公演の模様を収録したアーカイブライブ。私はこの音源を持っていますが、FM放送がソースなので音質は悪くないです。今回のリリースには、ボーナスとして米TV番組のSmother Brothersショーでのパフォーマンス3曲が追加されています。

ちなみに、"Plastic Fantastic Lover"(下の動画)でJim Morrison's dance云々の言及があるのは、伝説となっている「ジム・モリソン昏倒事件」のことと思われます。この日のJAのファーストショーで、ドラッグでラリパッパ状態のジムが飛び入りでステージに上がり、ひとしきり踊りまくったあげくにぶっ倒れて病院送りになって、そのあとのDoorsのショーでは代わりにRay Manzarekが全曲ボーカルをつとめたという逸話が残っています。

1. Won't You Try/Saturday Afternoon 5:23
2. Rock Me Baby 9:40
3. If You Feel Like China Breaking 4:42
4. Crown Of Creation 3:36
5. Today 3:42
6. Somebody To Love 3:45
7. Plastic Fantastic Lover 4:33
8. Nothing In Particular Jam 10:44
9. In Time 4:27
10. The Ballad Of You & Me & Pooneil 7:38
Bonus Tracks:
11. White Rabbit 2:40
12. Somebody To Love 3:06
13. Crown Of Creation 2:53





Iguanas
Iguanas
Iguanas

Iguanasは、Iggy PopことJim Osterbergがティーン時代にドラマーとして参加していた5人組。1963年にミシガン州アナーバーで結成され、1965年にForte(おそらくプライベートレーベル)からシングル"Mona / I Don't Know Why"をリリースしています。

1. Mona
2. I Don't Know Why
3. Again And Again
4. Out Of Limits
5. California Sun
6. Twist And Shout
7. Walk Don't Run
8. Things We Said Today
9. Surfin' Bird
10. Louie Louie
11. Wild Weekend
12. Tell Me
13. Slow Down
14. Johnny B. Goode
15. Tequila
16. I Feel Fine
17. Pipeline
18. If I Had A Hammer





Wings: the Complete Singles 19
Tim Buckley
Wings: the Complete Singles 1966-1974

OmnivoreからはTim Buckleyのシングルコレクションが発売。USおよびUKの全シングルAB面+未発となった1967年のシングル"Once Upon a Time / Lady, Give Me Your Key"が収録されています。

1. Wings
2. Grief In My Soul
3. Aren't You The Girl
4. Strange Street Affair Under Blue
5. Once Upon A Time
6. Lady, Give Me Your Key
7. Morning Glory
8. Knight-Errant
9. Once I Was
10. Pleasant Street
11. Carnival Song
12. Happy Time
13. So Lonely
14. Move With Me
15. Nighthawkin'
16. Quicksand
17. Stone In Love
18. Dolphins
19. Honey Man
20. Wanda Lu
21. Who Could Deny You





Circus Days Vol 1
Various Artists
Circus Days Vol 1-6

オブスキュア・ポップサイケ・コンピ、"Circus Days"のVol.1~6を収録したCD6枚組ボックスセットが、Particlesからお手ごろ価格で再発。

Volume 1
1. Clover - Ice Cream Man
2. Los Brincos - Nobody Wants You Now
3. Rhubarb Rhubarb - Moneylender
4. Peter Cook & Dudley Moore - Bedazzled
5. Lomax All-Stars - Honey Machine
6. Stars - Auntie Annie's Place
7. Head West - Someday
8. Waterloo - Why May I Not Know?
9. Johnny Burton - Polevault Man
10. Tandem - Shapes & Shadows
11. The Penny Peeps - I See The Morning
12. Jon Plum - Alice
13. Nick Garrie - Wheel Of Fortune
14. Dry Ice - Running To The Convent
15. Arzachel - Garden Of Earthly Delights
16. Vashti Bunyan - I'd Like To Walk Around In Your Mind
17. Mystery Track #1

Volume 2
1. Alex Harvey - Dance Of The Green Scarab
2. The Fruit Machine - Follow Me
3. Orange Peel - I Got No Time
4. The Smoke - Dreams Of Dreams
5. Nimrod - The Bird
6. The Fingers - Circus With A Female Clown
7. Blonde On Blonde - Castles In The Sky
8. The Wire Machine - The Doves
9. The Eggy - You're Still Mine
10. Blonde On Blonde - Circles
11. Fruit Machine - I'm Alone Today
12. The Green Scarab - Asariah's Dance
13. Cirkus - Amsterdam
14. Tamara Koran and Perception - Veils Of Mourning Lace
15. Rhubarb Rhubarb - Rainmaker
16. The Wire Machine - Mind Fascination
17. Mystery Track #2

Volume 3
1. Hat & Tie - Finding It Rough
2. The Actress - Good Job With Prospects
3. Shy Limbs - Reputation
4. The Churchills - Too Much In Love To Hear
5. The Lovin' - Do It Again
6. The Summer Set - It's A Dream
7. Thane Russal - Drop Everything And Run
8. The Mirage - Tomorrow Never Knows
9. Shy Limbs - Love
10. Earth - Resurrection City
11. Druid Chase - Take Me In Your Garden
12. The Mirage - And Life Goes On
13. The Marianne - You Had Better Change Your Evil Ways
14. The Fenmen - Rejected
15. The Living Daylights - Jane
16. The Mirage - My Door
17. The Medium - Edward Never Lies
18. Mystery Track #3

Volume 4
1. Cat's Pyjamas - Virginia Water
2. Jerusalem - Kamakazi Moth
3. Kate - Shout It
4. Opus - Baby, Come On
5. Andromeda - Go Your Way
6. Bent Frame - Fairylights
7. The Answers - Tawney Wood
8. Juan & Junior - To Girls
9. Cardboard Orchestra - Yes I Heard A Little Bird
10. Broken Toys - Broken Toys
11. Shubert - Until The Rains Come
12. Temple Row - King & Queen
13. Jon Isherwood - Apple Pie
14. Peter & The Wolves - Little Girl Lost And Found
15. Peter Janes - Go Home Ulla
16. The Cortinas - Phoebe's Flower Shop
17. Tuesday's Children - She
18. Mystery Track #4

Volume 5
1. Tomorrow's Thoughts - Night Is Like Day
2. Rainbows - Rainbows
3. The Worrying Kynde - Sand & Water
4. Clover - Ice Cream Man (psychedelic version)
5. The Secrets - I Think I Need The Cash
6. Threshold Of Pleasure - Rain, Rain, Rain
7. Peter & The Wolves - Lantern Light
8. David Copperfield Style - I've Been Wrong, I've Been Right
9. Jason Crest - Juliano The Bull
10. Blue Yoghurt - Lydia
11. Clover - Dream Dream Dream
12. The Sweetshop - Barefoot & Tiptoe
13. Dave Justin - You Outside
14. Cecil McCartney - Liquid Blue
15. Pattern People - Take A Walk In The Sun
16. Juice - The Elastic Band
17. Mystery Track #5

Volume 6
1. The Scots Of St. James - Eiderdown Clown
2. Together - Memories Of Melinda
3. Price & Sheridan - Tracy Smith
4. The Cymbaline - Fire
5. Timothy Grass Second Glance
6. Queen Flora's Recollections - Red Brick House
7. Motivation - Little Man
8. Leze Majesty - Regency Gardens
9. Sparrow - Dream Song
10. Kate - Don't Make A Sound
11. The Idle Hands - Remember
12. Green Pavane - The Nymphs Of Untwalumi Wood
13. The Amelia Smile - Father Good's Space Flight
14. The Factory - Red Chalk Hill
15. The Essence - Call Me A Friend
16. Peter & The Wolves - Smokey Wood
17. The Majamood - 200 Million Red Ants
18. Mystery Track #6


同じくParticlesからは、レア英国ビートコンピ"Beatfreak!"の第四弾と、世界各地のガレージビート/サイケポップを集めた"Cornflake Zoo"の第五弾がまもなくリリースされます。

Beatfreak! Vol 4
Various Artists
Beatfreak! Vol 4

1. IVANS MEADS - A Little Sympathy (1965)
2. BARRON KNIGHTS - Comin Home Baby (1964)
3. KEVIN KING LEAR - Mr. Pearly (1968)
4. JOHN SMITH AND THE NEW SOUND - Girls In Love (1968)
5. THE BLUES COUNCIL - Baby Don't Look Down (1965)
6. JIMMY NICOL - Don't Come Back (1964)
7. SANDY SARJEANT - Can't Stop The Want (I Got For You Babe) (1967)
8. GEORGE BEAN - Er-Um-Er (1964)
9. THE SOUND OF JIMMY NICOL - Clementine (1965)
10. THE PEDDLERS - Song For The Blues (1965)
11. ANITA HARRIS - Lies (1964)
12. LIVERPOOL FIVE - The Snake (1966)
13. MARK LEEMAN FIVE - Portland Town (1965)
14. WEST FIVE - She's Mine (1965)
15. BILLY FURY - Bye, Bye (1969)
16. THE NOCTURNS - Carryin On (1964)
17. THE ANGLIANS - Daytime Lover (1967)
18. BILLY J. KRAMER & THE DAKOTAS - We're Doing Fine (1966)
19. PADDY, KLAUS & GIBSON - I Tried (1965)
20. THE KINGBEES - My Little Red Book (1966)


Cornflake Zoo Episode Five
Various Artists
Cornflake Zoo Episode Five

1. LOS SHAKERS - Higher Than A Tower (1968)
2. THE LORDS - The World Is Falling Down (1969)
3. THE WHISKERS - Morning Dew (1968)
4. RO-D-YS - Easy Come, Easy Go (1968)
5. SLAM CREEPERS - Living With Lies (1968)
6. THE COOPERS - Leave This Man Alone (1968)
7. STOKE SECT - Flower Children (1967)
8. THE NEWCOMERS - Have You Seen My Baby Comin (1968)
9. THE LOLLIPOPS - On My Way (1969)
10. TEST - If I Were A King (1968)
11. HAPPIE - Mary-Ann (1968)
12. LOS PASOS - I Was The Best (1968)
13. AFTER TEA - Lemon Coloured Honey Tree (1967)
14. LES BAROQUES - Love Is The Sun (1967)
15. LES SINNERS - Devoir Partir (1968)
16. BOJOURA - Looking For The Land (1968)
17. THE LOLLIPOPS - Naked When You Come (1966)
18. THE SHOES - Listen To The Lyrics Of This Song (1967)
19. THE RIVETS - Wade In The Water (1966)
20. JOHN PHILIPP - Living In Our Part Of Time (1972)



ロジャー・ニコルス・トレジャリー[デモ&CMトラックス]
ロジャー・ニコルズ
ロジャー・ニコルス・トレジャリー[デモ&CMトラックス]

ビクターエンタテインメントからは、日本独自企画のロジャー・ニコルズ発掘音源集。企画から22年、音源発掘作業に5年を要したという壮大なプロジェクトがついに陽の目を見ます。CD2枚組で12月21日発売予定。

Disc 1 デモ音源集/全33曲予定
Disc 2 アメリカのCM&TV番組用音源や最近の未発表音源/全38曲予定
企画・監修:濱田高志

2016年10月14日(金)

10~12月発売予定のCD その3

テーマ:News
Cowboy in Sweden
Lee Hazlewood
Cowboy in Sweden (アナログLPはこちら

Light in the Atticからは、Lee Hazlewoodの"Cowboy in Sweden" (1970) の再発。本作はLeeがスウェーデンに移り住んで、当地のテレビ用に制作したフィルム(→YouTube)に伴ってリリースされたもの。時代や場所が移っても、女性ボーカル(Nina Lizell, Suzi Jane Hokom)を引き連れたスタイルや、あの独特の雰囲気は変っていません。というか、クオリティはむしろ向上していて、メランコリックなムードが通底するメロウサイケ作品としても楽しめます。個人的には彼のソロタイトルの中でも最高峰の一枚だと思います。以前に出ていたCDは(ビニール起こしの)音質が良くないものだったので、オリジナル・マスターテープからリマスターされるという今回の再発が楽しみです。3曲のボーナストラック入りで11月25日発売予定。試聴はこちら

1. Pray Them Bars Away
2. Leather and Lace
3. Forget Marie
4. Cold Hard Times
5. The Night Before
6. Hey Cowboy
7. No Train To Stockholm
8. For A Day Like Today
9. Easy and Me
10. What's More I Don't Need Her
11. Vem Kan Segla (I Can Sail Without the Wind)
Bonus Tracks:
12. Me and the Wine and the City Lights (Outtake)
13. Easy and Me (alternate version)
14. Pray Them Bars Away (alternate version)





Rush Job
Fusion Farm
Rush Job

Shadoksからは、先にリリースされたアナログLPに続いて、英国アンダーグラウンドの激レアアイテム、Fusion Farmの"Rush Job" (1971) がCD再発。デトロイトのプロトパンクを思わせるガレージパンカーからドリーミーチューンまで、手書きスプレーペインティングのジャケとあわせて地下ムードいっぱい。ボーナス2曲入りで11月11日発売予定。





ファースト・アルバム(紙ジャケット仕様)
ブルー・チアー
ファースト・アルバム(紙ジャケット仕様)

ユニバーサル・ミュージック・ジャパンの「プレミアム紙ジャケフェア」第三弾から、Blue Cheerのオリジナルスタジオアルバム6作が一挙再発。米国初回盤LP+日本初回盤LP帯を再現した紙ジャケに、2016年最新リマスター音源採用のSHM-CD仕様で12月14日発売予定(ジャケ画像は仮のものです)。

アウトサイド・インサイド(紙ジャケット仕様)
アウトサイド・インサイド(紙ジャケット仕様)

ニュー!インプルーヴド!(紙ジャケット仕様)
ブルー・チアー
ニュー!インプルーヴド!(紙ジャケット仕様)

ブルー・チアー(紙ジャケット仕様)
ブルー・チアー
ブルー・チアー(紙ジャケット仕様)

ジ・オリジナル・ヒューマン・ビーイング(紙ジャケット仕様)
ブルー・チアー
ジ・オリジナル・ヒューマン・ビーイング(紙ジャケット仕様)

オー!プレザント・ホープ(紙ジャケット仕様)
ブルー・チアー
オー!プレザント・ホープ(紙ジャケット仕様)

2016年10月12日(水)

10~12月発売予定のCD その2

テーマ:News
Everyone's Gonna Wonder: Compl
Avengers
Everyone's Gonna Wonder: Complete Singles...PLUS

ニュージーランドの人気ポップサイケ4人組、Avengersの新譜コンピがRPMから11月25日に発売予定。1967~69年にリリースされた8枚のシングル(そのうち5曲がベスト10ヒット)からの15曲を中心に、すべてオリジナルテープからリマスターされています。

1. EVERYONE'S GONNA WONDER
2. MIDNIGHT VISITATION
3. SUMMER SET MORNING
4. SUNSHINE LADY
5. LOVE, HATE, REVENGE
6. DAYS OF PEARLY SPENCER
7. 1941
8. DANIEL THE POSTMAN
9. YOU DON'T UNDERSTAND
10. WATERPIPE
11. ONLY ONCE IN MY LIFE
12. I WOULDN'T DO THAT
13. NIGHT TIME
14. FISHERWOMAN
15. TAKE MY HAND
16. YOU BETTER COME HOME
17. NIGHT IN THE CITY
18. SALLY
19. SEPTEMBER WINDS
20. ONLY LAST YEAR
21. WHAT PRICE LOVE
22. FLOWER GIRL
23. OUT OF SIGHT, OUT OF MIND
24. LOVE IS A ONE WAY TICKET
25. TOP 20 (RADIO SPOT)
26. TOP 20 TIME CHECK (RADIO SPOT)
27. THIS SHOW IS GROOVY (RADIO SPOT)





Chocolate Soup for Diabetics V
Various Artists
Chocolate Soup for Diabetics V

英国サイケの老舗コンピ、"Chocolate Soup for Diabetics"のVol.1~5を収録したCD5枚組ボックスセットが、Particlesからお手ごろ価格で再発(11月11日発売予定)。

Volume 1:
1. THE VOICE / The Train To Disaster
2. NUCHEZ'S / Open Up Your Mind
3. TINTERN ABBEY / Vacuum Cleaner
4. ONE IN A MILLION / Double Sight
5. THE MISUNDERSTOOD / Children Of The Sun
6. DANTALIAN'S CHARIOT / The Madman Running Through The Fields
7. NUCHEZ'S / B.G.'s One Eye
8. THE FLIES / I'm Not You Stepping Stone
9. ONE IN A MILLION / Fredereek Hernando
10. THE FIRE / Father's Name Is Dad
11. TINTERN ABBEY / Beeside
12. THE FRESH WINDOWS / Fashion Conscious
13. APPLE / The Otherside
14. THE UNEXPLAINED / A Walk Down Emily Lane

Volume 2:
1. MIKE STUART SPAN / Children Of Tomorrow
2. WIMPLE WINCH / Rumble On Mersey Square South
3. FLEUR DE LYS / Circles
4. CRAIG / I Must Be Mad
5. APPLE / Buffalo Billy Can
6. THE SCORE / Please Please Me
7. WINSTON'S FUMBS / Snow White
8. HIM & THE OTHERS / She's Got Eyes That Tell Lies
9. BIG BOY PETE / Cold Turkey
10. THE HUSH / Grey
11. THE TICKLE / Subway (Smokey Pokey World)
12. THE SYN / 14 Hour Technicolour Dream
13. STATE OF MICKEY & TOMMY / With Love From 1 to 5
14. PAPER BLITZ TISSUE / Boy Meets Girl

Volume 3:
1. THE FACTORY / Path Through The Forest
2. FELIUS ANDROMEDA / Meditations
3. WIMPLE WINCH / Save My Soul
4. FLEUR DE LYS / Mud In Your Eye
5. THE AUSTRALIAN PLAYBOYS / Sad
6. GRADED GRAINS / Animal Magic
7. THE ACCENT / Red Sky At Night
8. CHAPTER FOUR / In My Life
9. THE POETS / Wooden Spoon
10. THE SMOKE / Have Some More Tea
11. THE GAME / Help Me, Mummy's Gone
12. GRADED GRAINS / Lucifer Sam

Volume 4:
1. CHORDS FIVE / Universal Vagrant
2. THE ANTEEEKS / I Don't Want You
3. THE PERISHERS / How Does It Feel?
4. THE EXCEPTIONS / The Eagle Flies On Friday
5. THE REBEL ROUSERS / As I Look
6. ALAN AVON & THE TOY SHOP / Night To Remember
7. THE DODOS / I Made Up My Mind
8. ROGER YOUNG / It's Been Nice
9. THE ANSWERS / Just A Fear
10. FORCE FIVE / Don't Know Which Way To Turn
11. THE DARWINS THEORY / Hosanna
12. THE TRANSATLANTICS / Look Before You Leap
13. THE LONGBOATMEN / Take Her Anytime
14. LINDA VAN DYCK / Stengun
15. GARY WALKER / You Don't Love Me
16. CALEB / Woman Of Distinction
17. THE TREND / Shot On Sight
18. FAMILY / Scene Through The Eye Of A Lens
19. STEVE ALDO / You're Absolutely Right
20. THE PEASANTS / Let's Get Together
21. THE ORIGINAL ROADRUNNERS / Waterloo Man

Volume 5:
1. THE QUOTATIONS / Cool It
2. THE TRANSATLANTICS / Don't Fight It
3. THE LONGBOATMEN / Only In Her Hometown
4. THE WAYS AND MEANS / Breaking Up A Dream
5. CHORDS FIVE / I Am Only Dreaming
6. THE MOVING FINGER / Shake & Finger Pop
7. THE AUTHENTICS / Climbing Through
8. THE MICKEY FINN / Garden Of My Mind
9. FORCE FIVE / Baby Let Your Hair Down
10. ST. LOUIS UNION / English Tea
11. THE MAGIC LANTERNS / I Stumbled
12. THE BAD BOYS / She's A Breakaway
13. THE SONS OF FRED / Baby What You Want Me To Do
14. BOO & THE BOO-BOOS / Oriental Boo
15. MIKE RABIN / Head Over Heals
16. CALEB / Baby Your Phrasing Is Bad
17. WAYNE GIBSON / Baby Baby Baby Pity Me
18. THE PETARDS / Tartarex
19. THE J&B / Wow! Wow! Wow!
20. KING SIZE TAYLOR / Thinkin'
21. THE FOUR SQUARES / Don't You Know I Love You



ナゲッツ Vol.2
オムニバス
ナゲッツ Vol.2

9月20日の記事でお知らせしたワーナーミュージック・ジャパンからの「オリジナル・ナゲッツ」の再発(11月16日)と同時に、日本編集による「ナゲッツ Vol.2~4」も発売されます。リリースノートをそのまま引用すると、「1972年リリースの古典『ナゲッツ』のスピリットを継承した日本編集による第2弾! 米国ガレージ・パンクの無名ながらも現代でも鑑賞に値するタイムレスな名作の嵐が吹き荒れる。日本・世界初CD化曲満載。」とのこと(ジャケ画像は仮のものです)。なお、同社から10月26日にリリースが予定されていたCD4枚組ボックスセット、"Come to the Sunshine: All About 60s Soft Rock ソフト・ロック大全集"は発売中止になったという噂が・・・。

01. The Knight Riders / I 6/1965(3:21)
02. The Tikis / Pay Attention To Me 8/1965(2:02)
03. The Mojo Men / She's My Baby 12/1965(2:55)
04. The Groupies / Primitive 1/1966(3:10)
05. Plymouth Rockers / Don't Say Why 2/1966(2:27)
06. The Great!! Society!! / Someone To Love 2/1966(2:01)
07. The Myddle Class / Don't Let Me Sleep Too Long 6/1966(3:30)
08. Things To Come / I'm Not Talkin' 7/1966(2:12)
09. The Magic Mushroom / I'm Gone 8/1966(2:35)
10. The Del-Vetts / Last Time Around 8/1966(2:39)
11. The Off-Set / Xanthia(Lisa) 9/1966(3:00)
12. The Allies / I'll Sell My Soul 9/1966(2:40)
13. The Warner Brothers / Lonely I 9/1966(2:12)
14. Saturday's Children / You Don't Know Better 10/1966(2:28)
15. The Choir / I'm Going Home(2:34)
16. The Knaves / Leave Me Alone 10/1966(2:32)
17. The Little Boy Blues / The Great Train Robbery 3/1967(2:38)
18. The Peanut Butter Conspiracy / Time Is After You 5/1967(2:35)
19. The Ballroom / Baby, Please Don't Go 5/1967(3:06)
20. The Stillroven / Hey Joe 5/1967 6/1967(2:32)
21. The Third Bardo / Rainbow Life [Roulette R-4742] 5/1967(2:30)
22. Chylds / Hay Girl 7/1967(2:25)
23. The Vagrants / A Sunny Summer Rain 8/1967(2:47)
24. The Spirit / No Time To Rhyme 10/1967(2:40)
25. The Bougalieu / Let's Do Wrong 11/1967(1:45)
26. Clear Light / She's Ready To Be Free 11/1967(1:55)
27. The Music Machine / You'll Love Me Again 5/1968(1:48)
28. The World Column / Lantern Gospel 7/1968(3:26)
29. Aorta / Shape Of Things To Come 8/1968(2:15)
30. White Lightning / William


ナゲッツ Vol.3
オムニバス
ナゲッツ Vol.3

01. The Vejtables / Anything 8/1965(2:22)
02. Chosen Few / Nobody But Me 11/1965(2:12)
03. The Charlatans / Number One 8/1965(4:07)
04. Ognir And The Nite People / I Found A New Love 1/1966(2:12)
05. The Grains Of Sand / She Needs Me 2/1966(2:33)
06. The Luv'd Ones / I'm Leaving You 5/1966(2:03)
07. Love / 7 And 7 Is 7/1966(2:15)
08. The Rovin' Kind / Right On Time 7/1966(2:46)
09. The Banshees / Project Blue 8/1966(2:30)
10. Lee Mallory / That's The Way It's Gonna Be 9/1966(2:52)
11. The Bare Facts / Bad Part Of Town 9/1966(2:04)
12. The Squires / Going All The Way 9/1966(2:18)
13. The West Coast Branch / Spoonful 9/1966(2:35)
14. Adrian Pride / Her Name Is Melody 10/1966(2:55)
15. The Beaten Path / Doctor Stone 12/1966(2:04)
16. Sounds Unlimited / Gotta Get Away 1966(2:26)
17. The Flower Pot / Wantin' Ain't Gettin' 2/1967(2:02)
18. Kim Fowley / Strangers From The Sky 3/1967(2:58)
19. The Ashes / Dark On You Now 3/1967(3:55)
20. The Pride And Joy / If You're Ready 5/1967(2:18)
21. The Third Bardo / I'm Five Years Ahead Of My Time 5/1967(2:12)
22. The Mauds / Searchin' 1967(2:51)
23. The Misty Wizards / It's Love 7/1967(2:13)
24. First Crow To The Moon / Spend Yur Life 10/1967(2:15)
25. The Elastik Band / Spazz 11/1967(2:45)
26. The Fallen Angels / Hello Girl 12/1967(2:20)
27. Things To Come / Come Alive 1/1968(3:00)
28. 20th Century Zoo / Rainbow 8/1968(2:48)
29. The West Coast Pop Art Experimental Band / Smell Of Incense 10/1968(2:23)
30. The Free /(Day Of)Decision For Lost Soul Blue 3/1969(3:30)
[Bonus Track]
31. The Shadows Of Knight / Interview + Potato Chip 1967(3:30)


ナゲッツ Vol.4
オムニバス
ナゲッツ Vol.4

01. The Outlaws / Shake With Me 4/1964(2:30)
02. The Cheynes / Down And Out 1/1965(2:02)
03. David John And The Mood / I Love To See You Strut 3/1965(2:11)
04. The Fairies / Get Yourself Home 3/1965(2:28)
05. Mickey Finn / Night Comes Down 3/1965(2:18)
06. The In Crowd / Things She Says 4/1965(1:45)
07. Davy Jones / You've Got A Habit Of Leaving 8/1965(2:30)
08. The Syndicats / Crawdaddy Simone 9/1965(3:17)
09. The Image / I Hear Your Voice Again 10/1965(2:12)
10. Miller / Baby I Got News For You 10/1965(2:57)
11. The Wheels / Bad Little Woman 2/1966(2:48)
12. The Answers / Just A Fear 2/1966(3:17)
13. The Buzz / You're Holding Me Down 4/1966(3:06)
14. The Luvvers / Most Unlovely 6/1966(2:30)
15. Downliners Sect / Glendora 6/1966(2:47)
16. Force Five / Baby Let Your Hair Down 6/1966(2:15)
17. M.I. Five / Only Time Will Tell 7/1966(2:15)
18. The Southern Sound / Just The Same As You 8/1966(1:50)
19. The Koobas / Face 8/1966(2:42)
20. Him And The Others / She's Got Eyes That Tell Lies 10/1966(2:44)
21. The Wolves / Lust For Life 10/1966(3:00)
22. Allen Pound's Get Rich / Searchin' In The Wilderness 11/1966(3:18)
23. The N' Betweens / You Better Run 12/1966(2:36)
24. The Smoke / My Friend Jack 2/1967(3:05)
25. The Artwoods / In The Deep End 4/1967(3:04)
26. Rupert's People / Hold On 7/1967(3:33)
27. Dantalian's Chariot / Madman Running Through The Fields 9/1967(4:10)
28. The Family / Gypsy Woman 10/1967(3:31)
29. The Pretty Things / Defecting Grey 11/1967(4:31)
30. The Penny Peeps / Model Village 2/1968(2:53)



スパンキー&アワ・ギャング(ステレオ+モノ)+2
スパンキー・アンド・アワ・ギャング
スパンキー&アワ・ギャング(ステレオ+モノ)+2

ユニバーサルミュージックの名盤発見伝シリーズからは、Spanky & Our Gang(シカゴの男女混声サンシャインポップグループ)が1967~69年にMercuryからリリースした全3作のスタジオアルバムの再発。ボーナストラック入り、2016年最新リマスター音源を採用したSHM-CD仕様で10月26日発売予定。

ライク・トゥ・ゲット・トゥ・ノウ・ユー+5
スパンキー・アンド・アワ・ギャング
ライク・トゥ・ゲット・トゥ・ノウ・ユー+5

エニシング・ユー・チューズ B/W ウィザウト・ライム・オア・リーズン+7
スパンキー・アンド・アワ・ギャング
エニシング・ユー・チューズ B/W ウィザウト・ライム・オア・リーズン+7





ディジー
トミー・ロウ
ディジー

同じくユニバーサルの名盤発見伝シリーズから、全米1位ヒットの"Dizzy"をタイトルにしたTommy Roeの1969年のアルバムが初CD化(ボーナスは入ってない模様)。11月23日発売予定です。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。