1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年07月20日(水)

「レッキング・クルー」の日本盤DVD発売

テーマ:News
レッキング・クルー ~伝説のミュージシャンたち~ [DVD]
レッキング・クルー ~伝説のミュージシャンたち~ [DVD]
(Blu-rayはこちら

映画「レッキング・クルー:伝説のミュージシャンたち」の日本盤DVD/Blu-rayが発売されます。本作は、Wrecking Crew(LAの伝説的なセッション集団)の一員だった名ギタリスト、Tommy Tedescoの息子のデニー・テデスコが監督した音楽ドキュメンタリー。制作が開始されたのは90年代後半で、約10年をかけて2008年に完成。しかし、映画で使われた130曲におよぶ名曲群の楽曲使用料をクリアするのに時間がかかり、ようやく2015年に全米公開にこぎつけることができたのでした。劇場未公開の特典映像(楽曲・アーティスト・演奏パート等に分類された膨大なインタビュー集など)がついて10月5日発売予定。




レッキング・クルーの詳細については、こちらの本をどうぞ。

レッキング・クルーのいい仕事 (P-Vine Books)
レッキング・クルーのいい仕事 (P-Vine Books)

AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年06月26日(日)

7~8月発売予定のCD

テーマ:News
Thousand Trees
Bleu Forest
Thousand Trees

Gear Fabの新譜はいわゆる発掘物。Bleu Forestはカリフォルニア州ベンチュラの5人組で、1968年に録音された本作は少し前にポルトガルのGolden Pavilionからアナログリリースされるまで未発表でした。ジャケは地味な感じですが、数曲試聴(→YouTube)した限りでは、チープオルガン+ファズギターで「ど真ん中」っぽいです。



The Complete Albums Collection
Archies
The Complete Albums Collection

Archiesはひとことでいうと「アニメ版モンキーズ」。モンキーズの黒幕、ドン・カーシュナーによって1968年に制作開始されたTVアニメシリーズです。ということで、バンドの実体はなく、音楽はロン・ダンテのボーカルとスタジオミュージシャンによって演奏されています。ジャンルとしてはバブルガム・ポップで、1969年のシングル"Sugar, Sugar" (→YouTube)は全米1位ヒットを記録しています。

Archiesのコンピは怪しげな非公式盤を含めて、たくさんの種類が出ていますが、正規タイトルを持ってる人って意外に少ないんじゃないでしょうか? 今回Cleopatraからリリースされるのは、"The Archies" (1968), "Everything's Archie" (1969), "Jingle Jangle" (1969), "Sunshine" (1970), "This Is Love" (1971)の全5枚のオリジナルアルバムをすべて収録した、CD5枚組ボックスセット(トラックリストはこちら)。



Live Across America 1967-1977
Quicksilver Messenger Service
Live Across America 1967-1977

こちらもCleopatra(Purple Pyramid)から、Quicksilver Messenger ServiceのアーカイブライブCD5枚組ボックス(限定1000セット)。

DISC 1: Fillmore Auditorium, San Francisco, CA - February 6, 1967
1. You Don't Love Me
2. All Night Worker
3. Gold And Silver
4. Hey Mama
5. Walkin' Blues
6. Year Of The Outrage
7. I Hear You Knocking
8. A Fool For You
9. I Can't Believe It

DISC 2: Red Vest Inn, Oahu, HI - June 13, 1970
1. Fresh Air
2. The Warm Red Wine
3. Subway
4. Pride Of Man
5. Baby Baby
6. The Hat
7. Edward
8. The Truth
9. Freeway Flyer
10. Mojo

DISC 3: My Father's Place, Roslyn, NY - January 31, 1976
1. Fresh Air
2. Dr. Feelgood
3. The Truth
4. Cowboy On The Run
5. Bittersweet Love
6. The Hat
7. They Don't Know
8. What About Me

DISC 4: Quarter Note, New Orleans, LA - July 26, 1977
1. Fresh Air
2. Doctor Boogie
3. I Just Can't Have You
4. Mona
5. Play My Guitar
6. Jump Back To Me
7. Cowboy On The Run
8. Bittersweet Love
9. What About Me?
10. Freeway Flyer
11. I Want To Fly
12. Just A Country Boy
13. Baby Baby
14. Who Do You Love?

BONUS DISC 5: Opalua Lodge, Haleiwa, HI - Rehearsal June 4, 1970
1. Cobra
2. Guitar Jam
3. Won't Kill Me
4. Cobra (Acoustic)
5. Good Old Rock N' Roll
6. Drums
7. Just For Love



Tank Tracks
Circulation
Tank Tracks

Circulationは、ロンドン郊外(ピーターズフィールド)のパブリックスクールに通っていた学生が60年代後半に結成した、4人組ティーンガレージバンド。発売元のShadoksのリリースノートには「VUのような」という形容があったりしますが、そんな上等なものではなくて、ピュア&イノセントなアマチュアリズムを求めている人向けの内容です。オリジナルは1969年に50枚のみデモプレスされた激レア盤(→YouTube)。



Rock Machine
Blueset
Rock Machine

こちらもShadoksから、1974年スウェーデン産ハードロック~ヘヴィサイケのレアアイテム(→YouTube)。ボーナス1曲入り。

AD
2016年06月04日(土)

シスコ物コンピ新シリーズ 第二弾発売

テーマ:News
Curiosities from the San Franc
Various Artists
Curiosities From The San Francisco Underground 1965-1971 Vol 2

サンフランシスコのボールルームやレコーディングスタジオで録音されたアーカイブ音源による新コンピシリーズ、"Curiosities from the San Francisco Underground 1965-1971"の第二弾がリリースされます。CD3枚組で7月1日発売予定。

ちなみに、Final Solutionは1965~67年に活動した4人組で、二代目のドラマーとして、Great Society解散後のJerry Slick(Grace Slickの旦那)が参加していました。


Disc 1.
[Youngbloods - Avalon 3/30/69]
Ride the Wind
Sugar Babe
Four in the Morning
Too Much Monkey Busine ss
Bananas Tune
Dolphins
The Wine Song
Darkness Darkness
Beautiful

[Garcia, Weir, Cipollina, Champlin - Pacific High '70]
The Race is On
Silver Threads in Golden Needles
Let Me In
Dark Hollow


Disc 2.
[New Riders of the Purple Sage/w Jerry Garcia - Boston Music Hall '71]
Working Man Blues
Rainbow
Swinging Doors
I Don't Know You
Henry
Dirty Business
Hello Mary Lou
Only Daddy That Will Walk The Line
Glendale Train
Portland Woman
Fair Chance To Know
Sweet Lovin One
Louisiana Lady
Willy & The Hand Jive


Disc 3.
[Country Joe & The Fish - Avalon '67]
Flying High
Thought Dream
H Bomb Song

[Final Solution - Matrix '66]
Tell Me Again
Bleeding Rose
If You Want
Say You Love Me/Got My Mojo Working
Time is Here & Now
Bo Diddley Meets Sandy Nelson
Truck Drivin Son of a Gun
Just Like Gold
Misty Mind
So Long Goodbye/America the Beautiful

[Jefferson Airplane - Calliope Warehouse '65]
It's No Secret
Tobacco Road
Running Round This World





AD
2016年05月25日(水)

6月発売予定のCD(続)

テーマ:News
Cornflake Zoo Episode One
Various Artists
Cornflake Zoo Episode One

英国(Casey Jones & The Governors)、ドイツ(The Toxic)、オランダ(Jay Jays, Motions, Roeks Family, Ro-d-ys, Boudewijn de Groot)、フランス(Octopus 4)、ベルギー(Wallace Collection)、スペイン(Los Iberos)、フィンランド(Blues Section)、スウェーデン(Tages)、米国(Hearts & Flowers)、カナダ(David)など、世界各地のガレージビート~サイケポップを集めたParticlesのコンピ。

1. CASEY JONES and THE GOVERNORS - Zebedy Zak (1969)
2. DAVID - Please Mr. Policeman (1969)
3. BABY PY GRANDMOTHER - Single Girl (1967)
4. JAY JAYS - I Know In My Mind (1968)
5. THE TOXIC - Horse and Director (1968)
6. BLUES SECTION - End Of A Poem (1967)
7. JOHN WINFIELDS - You Know You Go (1971)
8. LOS IBEROS - Night Time (1969)
9. HEARTS & FLOWERS - Tin Angel, Will You Ever Come Down (1968)
10. JUAN And JUNIOR - Nothing (1967)
11. WALLACE COLLECTION - Hello Suzannah (1969)
12. THE MOTIONS - Nightmare (1968)
13. THE TOXIC - Einmal (1968)
14. TAGES - Like A Woman (1968)
15. CASEY JONES & THE GOVERNORS - Beechwood Park (1968)
16. OCTOPUS 4 - Walking On The Waves (1969)
17. RO-D-YS - Sleep, Sleep, Sleep (1968)
18. THE KLAN - Melody Maker (1967)
19. BOUDEWIJN DE GROOT - When The Smoke Around Your Eyes Has Cleared (1967)
20. ROEKS FAMILY - Get Yourself A Ticket (1968)



Beatfreak! Volume Two
Various Artists
Beatfreak! Volume Two

同じくParticlesから、先ごろリリースされたレア英国ビートコンピ "Beatfreak Vol. 1"に続く第二弾。

1. Lloyd Alexander Real Estate - Gonna Live Again (1967)
2. The Moquettes - Right String Baby, But The Wrong Yo-Yo (1964)
3. The All - I Don't Go Back (1967)
4. Phase 4 - Listen To The Blues (1966)
5. The Pentad - Don't Throw It All Away (1965)
6. Bad Boys - That's What We'll All Do (1966)
7. Billy J. Kramer & The Dakotas - Forgive Me (1966)
8. Force Five - I Want You Babe (1965)
9. Billy J. Kramer & The Dakotas - Chinese Girl (1967)
10. Alex Harvey - Curtains For My Baby (1967)
11. Dick Jordan - Progress (1966)
12. The Pentad - Silver Dagger (1965)
13. The Trekkas - Please Go (1966)
14. Profile - Got To Find A Way (1966)
15. Marjorine - Loving Shrine (1969)
16. Red Squares - Along Comes Mary (1967)
17. The Cherokees - I Will Never Turn My Back On You (1965)
18. The Frame - I Can't Go On (1967)
19. Split Image - Don't Go Away (1966)
20. New Breed - Unto Us (1965)

2016年05月23日(月)

6月発売予定のCD

テーマ:News
サンデイ・ファニーズ (生産限定紙ジャケット仕様)
サンデイ・ファニーズ
サンデイ・ファニーズ (生産限定紙ジャケット仕様)

Sunday Funniesはデトロイト出身の4人組。本作はAndrew Oldhamのプロデュースのもと、Motown傘下のRare Earthレーベルから1971年に発表されたデビュー作です(アルバムは翌年にもう一枚リリース)。

黒っぽいファンキーチューンと、ポップサイケ風味のソフトな曲、ハモンドオルガンをフィーチャーしたプロコルハルム~ヴァニラファッジ系統のアートロックナンバーなんかが入り混じる。おそらく、オリジナル発売時には、もはや時代遅れとなっていた音ではないでしょうか。でも、「あまのじゃく」なファンには「3年遅れてきたサイケアルバム」みたいなのも、きっと美味しいネタのはず。ちなみに、Pebbles収録の"A Pindaric Ode"のSunday Funniesとは別バンドです。



ワン・マンズ・クイーン・イズ・アナザー・マンズ・スウィート・ホッグ
ウエイト
ワン・マンズ・クイーン・イズ・アナザー・マンズ・スウィート・ホッグ

西海岸にも同名グループがありますが、こちらのWeightはNY出身?の4人組。"One Man's Queen Is Another Man's Sweat Hog"は、1970年にAvco Embassyからリリースされた唯一のアルバムです。

バンド名や一部の楽曲からするとThe Bandを意識したルーツロックを指向しているようですが、60年代西海岸サイケデリアからの影響(というかモロ引用)、たとえばデッドの"Born Cross-Eyed"そっくりなフレーズが飛び出してきたり、QMSやらCountry Joeを思わせるギターやボーカルワーク、ジャム演奏が登場したりするので油断できません。こちらもハモンドオルガン入り。



The Beat of the Earth
The Beat of the Earth
The Beat of the Earth

このあと"Electronic Hole" (1970)、"Relatively Clean Rivers" (1976)へとつながる、Phil Pearlmanによるサイケプロジェクトの出発点にしてサイケ基本アイテムのひとつ、"The Beat of the Earth" (1967)。以前Radioactiveから非正規にCD再発されていましたが、今回は新規リマスターによる初の正規リイシューです(詳細ライナー、インタビュー、レアな写真入りのブックレット付属)。オリジナルはLPの両サイドに20分強の長尺曲が1曲ずつという構成で、ドローン系まったりサイケジャムが堪能できます。



Purple Image
Purple Image
Purple Image

以前ヘヴィサイケ特集で取り上げたことがある、クリーヴランド出身の黒人7人組(うちひとりは女性)。本作は、TradewindsのAnders & Ponciaによるレーベル、Map Cityから1970年にリリースされた唯一のアルバムです。

いわゆる「黒人ヘヴィサイケファンク」系では、初期Funkadelicも真っ青な強力盤。ソフトなソウルバラードもありますが、ファズ&ワウまみれのジミヘンフォロワーなギターが活躍する曲がエグい。ラストの15分に及ぶ長尺ジャムナンバーは聴きものです。サイケなエフェクトも満載。こちらも新規リマスターによる初の正規CD再発です(詳細ライナー、レアな写真入りのブックレット付属)。










2016年04月19日(火)

Blues Magoosのシングルコレクション発売

テーマ:News
Mercury Singles
Blues Magoos
Mercury Singles

Blues Magoosは1966~68年にMercuryから8枚のシングルをリリースしていますが、そのAB面の全16曲をオリジナルモノミックスで収録したコンピCDが5月20日にSundazedから発売されます(アナログLPはこちら)。Sundazedのページで試聴できます。

1. Tobacco Road
2. Sometimes I Think About
3. (We Ain't Got) Nothin' Yet
4. Gotta Get Away
5. Pipe Dream
6. There's A Chance We Can Make It
7. One By One
8. Dante's Inferno
9. I Wanna Be There
10. Summer Is The Man
11. There She Goes
12. Life Is Just A Cher O'Bowlies
13. Jingle Bells
14. Santa Claus Is Coming To Town
15. I Can Hear The Grass Grow
16. Yellow Rose
2016年04月17日(日)

Janis: Little Girl Blue

テーマ:News
Janis: Little Girl Blue [DVD] [Import]
Janis: Little Girl Blue [DVD] [Import]

2015年に米国で劇場公開されたJanis Joplinの新作ドキュメンタリー、"Janis: Little Girl Blue"の海外版DVD(amazon表記ではリージョン1)がまもなくリリースされます。Special Director's EditionのDVD&Blu-rayもあり。サントラ("Piece of My Heart"の未発表ヴァージョン収録)はSony/Legacyからすでに発売中です。

Janis: Little Girl Blue - Special Director's Ed [DVD] [Import]
Janis: Little Girl Blue - Special Director's Ed [DVD] [Import] (Blu-rayはこちら

Ost: Little Girl Blue
Janis Joplin
Ost: Little Girl Blue






2016年04月15日(金)

英国ガールポップの新譜コンピ発売(続)

テーマ:News
Scratch My Back! Pye Beat Girl
Various Artists
Scratch My Back! Pye Beat Girls 1963-1968

Deccaの60sガールポップを集めたコンピCD、"Love Hit Me! Decca Beat Girls 1962-1970"に続いて、Pye/Piccadilly編がリリースされます(Ace Recordsから5月6日発売予定。試聴はこちら)。詳細なライナーノーツの対訳付き日本盤(MSIミュージックシーン)はこちら

当時このジャンルでライバル同士だったというDeccaとPye。二編を聴き比べてみると、バッキングアレンジの特徴などがわかって面白いかもしれません。

01. Scratch My Back - Jan Panter
02. Ev'ry Day - Billie Davis
03. Come On Baby - Kim D
04. Now That You've Made Up Your Mind - Val McKenna
05. He Doesn't Love Me - The Breakaways
06. Heart - Petula Clark
07. It's Hard To Believe It - Glenda Collins
08. Run - Sandie Shaw
09. Something To Give - Nita Rossi
10. Da-Di-Da-Da - The Satin Bells
11. We Were Lovers (When The Party Began) - Sandra Barry
12. I Got A Feeling - Tawny Reed
13. Why Don't I Run Away From You - Antoinette
14. Nobody Knows What's Goin' On (In My Mind But Me) - Tammy St John
15. Incense - Sheila Carter & Episode Six
16. Pay You Back With Interest - Dana Gillespie
17. Well How Does It Feel - Barbara Ruskin
18. I've Found Love - Sharon Tandy
19. It's So Fine - Dee King
20. He Knows I Love Him Too Much - Glo Macari
21. He's No Good - The Baker Twins
22. Don't Lie To Me - Jeannie & The Big Guys
23. I Only Care About You - Julie Grant
24. Hippy, Hippy Shake - Pat Harris & The Blackjacks




2016年04月09日(土)

"Brown Acid"の続編発売

テーマ:News
Brown Acid: The Second Trip
Various Artists
Brown Acid: The Second Trip

2015年にRidingEasy Recordsからリリースされた、レアUSヘヴィロックコンピ、"Brown Acid"の第二弾がまもなく発売されます。前作は、フラワーパワー以後・パンク以前の「谷間の時代」にあって、これまでガレージコンピから無視されてきた、ストーナーロック系のレアなトラック(1969~79年の11曲)が収録されていて、60sヘヴィサイケファンにもアピールする内容となっていました。梶芽衣子のジャケが怪しげですが、前作はレア&マイナーというだけではなく、楽曲・演奏ともに驚くほどハイレベルだったので、今回も期待できるのではないかと思います。

1. ASH - MIDNIGHT WITCH
2. SWEET CRYSTAL - WARLORDS
3. RAVING MANIAC - ROCK N ROLL MAN
4. CROSSFIELD - TAKE IT!
5. SPINY NORMAN - BELL PARK LOON
6. GLASS SUN - SILENCE OF THE MORNING
7. VOLT RUSH BAND - LOVE TO YOU
8. BUCK - LONG HOT HIGHWAY
9. IRON KNOWLEDGE - SHOW STOPPER
10. SONNY HUGG - DAYBREAK








以下は既発の"The First Trip"

Brown Acid
Various Artists
Brown Acid: The First Trip

1. Zekes - Box (1970)
2. Snow - Sunflower (1969)
3. Tour - One Of The Bad Guys (1979)
4. Zebra - Wasted (1971)
5. Bob Goodsite - Faze 1 (1972)
6. Raw Meat - Stand By Girl (1969)
7. Punch - Deathhead (1970)
8. Bacchus - Carry My Lead (1969)
9. Lenny Drake - Love Eyes (Cast Your Spell On Me) (1970)
10. The Todd - Mystifying Me (1974)
11. Josefus - Hard Luck (1979)




2016年03月29日(火)

5月発売予定のCD

テーマ:News
Triangle/ Bradley's Barn
The Beau Brummels
Triangle/ Bradley's Barn

Beau Brummels後期の名作、"Triangle" (1967) と "Bradley's Barn" (1968) をカップリングしたCDがReal Gone Musicからリリースされます。この二作は、彼らが所属していたサンフランシスコのAutumn RecordsがWarnerに買収されたのち、Lenny Waronkerのプロデュースのもと、いわゆるバーバンクサウンドの一端として制作されたアルバム。とはいっても、同僚のHarpers Bizarreほどバーバンクっぽくなくて、(デッドよりも早く)時代を先取りしたようなルーツ系フォークロックの傑作となっています。サイケな味わいの"Triangle"も、カントリーロック色を強めた"Bradley's Barn"(同じナッシュビル録音のByrdsの "Sweetheart of the Rodeo"に数か月遅れて発表された)も、どちらも素晴らしい。

Triangle:
1. Are You Happy?
2. Only Dreaming Now
3. Painter of Women
4. The Keeper of Time
5. It Won't Get Better
6. Nine Pound Hammer
7. Magic Hollow
8. And I've Seen Her
9. Triangle
10. The Wolf of Velvet Fortune
11. Old Kentucky Home
Bradley's Barn:
12. Turn Around
13. An Added Attraction (Come and See Me)
14. Deep Water
15. Long Walking Down to Misery
16. Little Bird
17. Cherokee Girl
18. I'm a Sleeper
19. The Loneliest Man in Town
20. Love Can Fall a Long Way Down
21. Jessica
22. Bless You California



Dick's Picks Vol. 1. Tampa, Florida
Grateful Dead
Dick's Picks Vol. 1. Tampa, Florida

Vol.36から逆順にリリースされてきたReal Gone MusicからのDick's Picks再発シリーズ、これがラストとなる第1巻のリイシューです。オリジナルは1993年に発売されたCD2枚組で、1973年12月19日のフロリダ州タンパ公演から、演奏された約半数の曲を編集したもの。Disc 2はセット2の後半を(アンコールを除いて)演奏順に収録していますが、Disc 1は両セットからバラバラに採られていて、のちに確立されるDPのイメージとはかなり違っています。演奏メンバーは最少の5人で、参加していなかったDonnaのクレジットがgiving birth(出産)となっているのが面白い。

CD One:
1. Here Comes Sunshine - 14:13
2. Big River - 5:23
3. Mississippi Half-Step - 7:29
4. Weather Report Suite - 15:56
5. Big Railroad Blues - 4:06
6. Playing in the Band - 21:11

CD Two:
1. He's Gone > - 10:48
2. Truckin' > - 9:18
3. Nobody's Fault but Mine > - 5:53
4. Jam > - 8:11
5. Other One > - 1:57
6. Jam > - 6:12
7. Stella Blue - 8:45
8. Around and Around - 5:37

Musicians:
Jerry Garcia - lead guitar, vocals
Bob Weir - guitar, vocals
Phil Lesh - bass, vocals
Bill Kreutzmann - drums
Keith Godchaux - keyboards
Donna Jean Godchaux - giving birth



Red Rocks Amphitheatre, Morris
Grateful Dead
Red Rocks Amphitheatre, Morrison, CO 7-8-78

1978年7月にデッドが開催した5つのショーを完全収録したCD12枚組ボックスセット、"July 1978: The Complete Recordings"が5月にリリースされますが、これはその中でも名演として知られる7月8日のRed Rocks(コロラド)公演のみを抜き出したCD3枚組。

Disc 1
1. Bertha> [6:43]
2. Good Lovin' [6:52]
3. Dire Wolf [4:07]
4. El Paso [4:24]
5. It Must Have Been The Roses [7:16]
6. New Minglewood Blues [6:09]
7. Ramble On Rose [8:34]
8. Promised Land [4:37]
9. Deal> [6:26]
10. Samson and Delilah [7:44]
11. Ship Of Fools [7:45]

Disc 2
1. Estimated Prophet> [12:44]
2. The Other One> [8:51]
3. Eyes Of The World> [10:34]
4. Rhythm Devils> [11:34]
5. Space> [4:22]
6. Wharf Rat> [8:43]
7. Franklin's Tower [10:38]
8. Sugar Magnolia [9:40]

Disc 3
1. Terrapin Station> [10:48]
2. One More Saturday Night [5:13]
3. Werewolves Of London [6:44]



DAY OF THE DEAD
Various Artists
DAY OF THE DEAD

"Day of the Dead"は、米インディロックバンドThe NathinalのAaron & Bryce Dessner兄弟が中心となって企画した、Grateful Deadトリビュートプロジェクト。デッドの楽曲の素晴らしさを若い世代に伝えようという目的で制作されました。約5時間におよぶ全59曲を収録(CDは5枚組。LPボックスも発売予定)。試聴およびトラックリストはこちら

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。