2014年11月20日(木)

CROSSBEAT最新号はサイケポップ特集

テーマ:News
CROSSBEAT Presents サイケ・ポップ (シンコー・ミュージックMOOK)
CROSSBEAT Presents サイケ・ポップ (シンコー・ミュージックMOOK)

11月29日発売のシンコーのムック、CROSSBEATのテーマは「サイケ・ポップ」。1966~67年のサイケポップの誕生から2000年以降の新世代のアーティストまでを網羅。フレーミング・リップスが「サージェント・ペパーズとサイケポップの魅力」を語る巻頭インタビューをはじめ、クリス・ヒルマン、リッチー・フューレイ、ポール・カントナー、ゾンビーズのメンバーら、多数のインタビューが掲載されているとのことです。

特集記事は20年ぶりの新譜「永遠(TOWA)」がリリースされたばかりのピンク・フロイドで、サイケポップの名盤選や対談なども収録されています。内容は以下のとおり。

【CONTENTS】
THE FLAMING LIPS
巻頭ロング・インタビュー
「サージェント・ペパーズ」とサイケ・ポップの魅力

Part 1
1960's : The Dawn Of Psyche Pop
US / UK サイケ・ポップの出発点

US SCENE
サイケ・ポップの誕生からブーム終焉まで
THE BYRDS
JEFFERSON AIRPLANE
BUFFALO SPRINGFIELD
LOVE
THE ELECTRIC PRUNES
LA サイケ・ポップの仕掛け人たち
US サイケ・ポップ シングル名盤50選

UK SCENE
PINK FLOYD
特集:最終作から遡る47年の旅程
バンドを「永遠(TOWA)」へと導いたリック・ライトの〈不在〉
対談:岡井大二(四人囃子)×保科好宏
「永遠(TOWA)」アルバム・レビュー
ピーター・ペレットが語るシド在籍時のピンク・フロイド

THE ZOMBIES
TWINK
編集盤が加速させた英国サイケ/フリークビート再評価
UKサイケ・ポップ/フリークビート シングル名盤50選

Part 2
1980's - 1990's : Post-Punk / Alternative
ポストパンク以降の展開と進化

ポストパンク/ニュー・ウェイヴ勢のサイケ・ポップ観
THE DUKES OF STRATOSPHEAR
ペイズリー・アンダーグラウンドって何?

THE THREE O'CLOCK
C86以降のUK インディー勢
THE JESUS AND MARY CHAIN
SONIC BOOM (SPACEMEN 3, SPECTRUM, etc)
SUPER FURRY ANIMALS
再考:エレファント6 の功績
80~90年代のアルバム30選

Part 3
2000's - 2010's : Descendants Of Psyche Pop
サイケ・ポップの精神を受け継ぐ末裔たち

00年代以降のサイケ・ポップ
THE HORRORS
PANDA BEAR
ARIEL PINK
TEMPLES
MGMT
HAPPY
00~10年代のアルバム30選
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014年11月17日(月)

Dick's Picks Vol.13 再発

テーマ:News
Dick's Picks 13: Nassau Coliseum Uniondale Ny
Grateful Dead
Dick's Picks 13: Nassau Coliseum Uniondale NY

Grateful DeadのDick's Picks再発シリーズ、第13巻は1981年5月6日のNassau Coliseum (NY)公演をCD3枚組に完全収録したもの。ディスク2のフィラーに、隠しトラックとして、79年11月1日の同地のショーから "Scarlet Begonias > Fire on the Mountain"のメドレー(約35分の素晴らしいジャム)が収録されています。1月6日発売予定。

Disc One:
Set One
1. Alabama Getaway
2. Greatest Story Ever Told
3. They Love Each Other
4. Cassidy
5. Jack-A-Roe
6. Little Red Rooster
7. Dire Wolf
8. Looks Like Rain
9. Big Railroad Blues
10. Let It Grow
11. Deal

Disc Two:
Set Two
1. New Minglewood Blues
2. High Time
3. Lost Sailor
4. Saint of Circumstance
Hidden Tracks:
Scarlet Begonias
Fire on the Mountain

Disc Three:
Set Two (Cont.)
1. He's Gone
2. Caution/Spanish Jam
3. Drums
4. Jam
5. The Other One
6. Goin' Down the Road Feeling Bad
7. Wharf Rat
8. Good Lovin'
9. Don't Ease Me In

Musicians:
Jerry Garcia - lead guitar, vocals
Bob Weir - rhythm guitar, vocals
Phil Lesh - bass
Bill Kreutzmann - drums
Mickey Hart - drums
Brent Mydland - keyboards, vocals
AD
2014年11月07日(金)

Aboriginal Folk, Rock & Country 1966-1985

テーマ:YouTube

北アメリカ(カナダ~米国北部)の先住民によるフォーク(ロック)を収録したLight in the AtticのCD2枚組コンピレーション、"Native North America (Vol. 1): Aboriginal Folk, Rock, and Country 1966-1985" (11月25日発売予定)のプロモーション動画がYouTubeにアップされています。アボリジニ(aborigine)って、オーストラリアの先住民のことだと思ってましたが、英語には一般的な「原住民」の意味もあるんですね。


Native North America 1: Aboriginal Folk Rock
Various Artists
Native North America 1: Aboriginal Folk Rock

1. Willie Dunn - "I Pity the Country"
2. John Angaiak - "I'll Rock You to the Rhythm of the Ocean"
3. Sugluk - "Fall Away"
4. Sikumiut - "Sikumiut"
5. Willie Thrasher - "Spirit Child"
6. Willy Mitchell - "Call of the Moose"
7. Lloyd Cheechoo - "James Bay"
8. Alexis Utatnaq - "Maqaivvigivalauqtavut"
9. Brian Davey - "Dreams of Ways"
10. Morley Loon - "N'Doheeno"
11. Peter Frank - "Little Feather"
12. Ernest Monias - "Tormented Soul"
13. Eric Landry - "Out of the Blue"
14. David Campbell - "Sky-Man and the Moon"
15. Willie Dunn - "Son of the Sun"
16. Shingoose (poetry by Duke Redbird) - "Silver River"
17. Willy Mitchell and Desert River Band - "Kill'n Your Mind"
18. Philippe McKenzie - "Mistashipu"
19. Willie Thrasher - "Old Man Carver"
20. Lloyd Cheechoo - "Winds of Change"
21. The Chieftones (Canada's All Indian Band) - "I Shouldn't Have Did What I Done"
22. Sugluk - "I Didn't Know"
23. Lawrence Martin - "I Got My Music"
24. Gordon Dick - "Siwash Rock"
25. Willy Mitchell and Desert River Band - "Birchbark Letter"
26. William Tagoona - "Anaanaga"
27. Leland Bell - "Messenger"
28. Saddle Lake Drifting Cowboys - "Modern Rock"
29. Willie Thrasher - "We Got to Take You Higher"
30. Sikumiut - "Utirumavunga"
31. Sugluk - "Ajuinnarasuarsunga"
32. John Angaiak - "Hey, Hey, Hey, Brother"
33. Groupe Folklorique Montagnais - "Tshekuan Mak Tshetutamak"
34. Willie Dunn (featuring Jerry Saddleback) - "Peruvian Dream"
AD
2014年11月05日(水)

Shadoksから11月発売予定のCD

テーマ:News
Culpeppers Orchard
Culpeper's Orchard
Culpeper's Orchard

Culpeper's Orchardはデンマークの4人組で、本作は1971年にPolydorからリリースされたファーストアルバム。米西海岸のヒッピー~フォークロックとともに、英国ハード~プログレからの影響もうかがえる、かなりハイレベルな演奏・楽曲を聴かせてくれます(サイケなエフェクトやアシッドロックなインプロ、メロウチューンもあり)。



Cherry Garden of Jimi Hendrix
Yury Morozov
Cherry Garden of Jimi Hendrix

2006年に57歳で亡くなったYury Morozovは、ロシアン・アンダーグラウンド・ロック界の伝説的人物。ソビエト連邦時代はレコードが発禁状態だったようで、インタビューで「アルバムは何枚くらいレコーディングしましたか?」という質問に、「14,7キロ!」と答えたとか。これはテープの重さで、アルバムにすると45枚分に相当するらしい。

この1973年の"Cherry Garden of Jimi Hendrix"は、自作の機材を用いて彼がほとんどの楽器を演奏しているそうです。のちにはロンドンに赴いてアビーロードスタジオでレコーディングしたりして、英国のミュージシャンとも親しくなり、ポール・マッカートニーが録音に参加したことがあるとの噂も・・・。





2014年11月02日(日)

Salvo/Rhinoから11月発売のCD

テーマ:News
Love Songs
Love
Love Songs

Arthur Lee & LoveがElektraからリリースした4作、"Love" (1966), "Da Capo" (1966), "Forever Changes" (1967), "Four Sail" (1969) から選んだ曲を主にした37曲をCD2枚組に収録したコンピレーション。名盤"Forever Changes"はまるまる全曲が収められています。

CD1:
1. My Little Red Book
2. Can't Explain
3. A Message To Pretty
4. My Flash On You
5. Softly To Me
6. No Matter What You Do
7. You I'll Be Following
8. Hey Joe
9. Signed D.C.
10. Colored Balls Falling
11. Mushroom Clouds
12. Number 14
13. Stephanie Knows Who
14. Orange Skies
15. Que Vida!
16. Seven And Seven Is
17. The Castle
18. She Comes In Colours
19. The Everlasting First

CD2:
1. Alone Again Or
2. A House Is Not A Motel
3. Andmoreagain
4. The Daily Planet
5. Old Man
6. The Red Telephone
7. Maybe The People Would Be The Times Or Between Clark And Hilldale
8. Live And Let Live
9. The Good Humour Man He Sees Everything Like This
10. Bummer In The Summer
11. You Set The Scene
12. Wonder People (I Do Wonder) (Album Outtake)
13. Your Mind And We Belong Together
14. Laughing Stock
15. August
16. Singing Cowboy
17. Robert Montgomery
18. Always See Your Face



In-a-Gadda-Da-Vida
Iron Butterfly
In-a-Gadda-Da-Vida

当ブログでは常連のヘヴィサイケ「基本アイテム」のひとつ、Iron Butterflyの"In-A-Gadda-Da-Vida" (1968)。LPのB面を占める約17分のタイトル曲が売り物ですが、ちょっとベタな感じの前半も最高です。シングルバージョンのボーナス4曲収録。

1. Most Anything You Want
2. Flowers and Beads
3. My Mirage
4. Termination
5. Are You Happy
6. In-A-Gadda-Da-Vida
Bonus Tracks:
7. In-A-Gadda-Da-Vida (Single A-Side)
8. In-A-Gadda-Da-Vida (French B-Side Live Edit)
9. Iron Butterfly Theme (7" Version)
10. Soul Experience (7" Version)





AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。