1 | 2 次ページ >> ▼ /
2009年03月30日(月)

Past&Presentから新譜コンピx2

テーマ:News
Mind Expanders, Vol. 1
Various Artists
Mind Expanders, Vol. 1

ガレージコンピ"Mindrocker"の13枚組CD再発などで知られるPast & Presentから、以前アナログLPでリリースされたものの未CD化だったガレージコンピシリーズの2タイトルがCD再発されます(4月14日発売予定)。

"Mind Expanders"は、英・米・独・仏・スペイン・ベルギーなど、60~70sの世界中のレアでグルーヴィなインストナンバーを集めたコンピレーション。シタールありのファズギターありの電子楽器ありの、モンドでチープなグルーヴを堪能させてくれます("Raga Rock"や"Astro-Sounds from Beyond the Year 2000"などのエクスプロイト系、いわゆる「企画もの」的味わいのみならず、かなり変態っぽい趣味が入ってるのも特徴)。

これには続編の"Vol.2"があって、そちらもなかなか強力です。今回はVol.1のみの再発のようですがVol.2もまた近いうちに出してくれるでしょう。

Track Listing:
1. Los Diablos - 21-7-69
2. Jokers - Baia
3. Jim Sullivan Sound - She Walks Through The Fair
4. Dave Myers Effect - Silent Screamer (下の動画)
5. Guy Pedersen & Son Grand Orchestre - We Love You
6. Blue Phantom - Distillation
7. Emmanuel Brun - La Voix Psychedelique
8. Crazy Elephant - Space Buggy
9. Sound Of Lane - Tracks To Your Mind
10. Morgans - Rasal
11. Horror Charly - Horror Horror Dance Part 2
12. Le Apollo & La Danse Cosmique - Cosmonautic Blues
13. Rowdies - Kafka
14. Sun Rock Rodeo Roundup - Afternoon Breakdown
15. Lord Sitar - Have You Seen Your Mother Baby
16. Clubman - Vacances



Off the Wall, Vol. 1 & 2: Off the Wall and Skeletons in the Closet
Various Artists
Off the Wall, Vol. 1 & 2: Off the Wall and Skeletons in the Closet

こちらは、80年代前半にLPがリリースされたUSガレージコンピの"Off the Wall" と、その続編である"Off the Wall Vol.2: Skeletons in the Closet"をカップリングしたCD(2枚組)。Fuzz, Acid & Flowersなんかでもよく言及されているタイトルです。

以下はアナログ盤のトラックリスト。NuggetsやPebblesなど、ほかのコンピCDとカブってる曲もチラホラ見受けられますが、ここでしか聴けないっぽいのも結構あるみたいですね(この手のコンピは星の数ほど出ているので、知らないうちにCD化されているかも・・・)。

"Off the Wall Vol.1" (1982)
The Magic Plants - I'm A Nothing
The Drones - I'm Down Today
The Shademen - That's Tuff
The Untamed - Someday Baby
Peter and The Wolves - Hey Mama
Peter and The Wolves - Only Everything
Society's Children - Mr. Genie Man
The Heathens - The Other Way Around
Legends - Alright
The Undertakers - Unchain My Heart
The Opposite Six - I'll Be Gone
The Purple Underground - Count Back
Trees - Don't Miss The Turn
Ray Columbus and The Art Collection - Kick Me
The E-Types - Put The Clock Back On The Wall
The Bad Seeds - All Night Long
The Del-Vetts - Last Time Around
The Grains Of Sand - She Needs Me

"Off the Wall Vol.2: Skeletons in the Closet" (1983)
M.G. and The Escorts - A Someday Fool (Canada)
The Wrong Numbers - I'm Gonna Go Now
The Glas Menagerie - Mod Threads
The Cave Men - It's Trash
The Treez - You Lied To Me Before
The 3rd Evolution - Don't Play With Me
Kinetics - I'm Blue
The Fallen Angels - Bad Woman
Powered By Love - Powered By Love (下の動画)
The Liverpool Set - Seventeen Tears To The End (Canada)
The Triumphs - Lovin' Cup
The Little Boy Blues - The Great Train Robbery
The Little Boy Blues - I'm Ready
The Sound Barrier - Hey Hey
The Deverons - On The Road Again
The Omens - Searching
The Deepest Blue - Pretty Little Thing
The Decades - I'm Gonna Dance


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009年03月28日(土)

“Woodstock”40周年記念DVD&Blu-ray発売

テーマ:News
Woodstock (3pc) (Ws Aniv Dir Rmst Rstr Sub Ult) [DVD] [Import]
Warner Home Video (2009-06-09)
Woodstock (3pc) (Ws Aniv Dir Rmst Rstr Sub Ult) [DVD] [Import]

昨年からリリースが噂されていた、映画「ウッドストック」の40周年記念エディション。輸入盤がひと足先に予約受付中になっています(6月9日発売予定)。正式なタイトルは"Woodstock: 3 Days of Peace & Music, Director's Cut 40th Anniversary Ultimate Collector's Edition"。(50周年記念はどんなタイトルになるんだろう?)

DVD(上)は3枚組、Blu-ray(下)は2枚組で、約4時間の本編(リマスタ映像&5.1mix、英語字幕入)に加え、新たに掘り起こされたパフォーマンスを含む約3時間の特典映像付き。また、LIFE誌の「ウッドストック特集号」(1969年)のリプリント(60頁)、チケットのレプリカ、アイロンパッチ(ワッペン)などの付録も多数封入されているとのことです。(日本盤は7月発売予定。)

以下は特典に含まれるパフォーマンス。

Joan Baez: One Day at a Time
Country Joe McDonald: Flying High
Santana: Evil Ways
Canned Heat: I'm Her Man, On the Road Again
Mountain: Beside the Sea, Southbound Train
Grateful Dead: Turn On Your Love Light
CCR: Born on the Bayou, I Put a Spell on You, Keep on Chooglin'
The Who: We're Not Gonna Take It, My Generation
Jefferson Airplane: 3/5 of a Mile in 10 Seconds
Joe Cocker: Something's Coming On
Johnny Winter: Mean Town Blues
Paul Butterfield: Morning Sunrise
Sha Na Na: Teen Angel

Woodstock (2pc) (Ws Aniv Dir Rmst Rstr Sub Ult) [Blu-ray] [Import]
Warner Home Video (2009-06-09)
Woodstock (2pc) (Ws Aniv Dir Rmst Rstr Sub Ult) [Blu-ray] [Import]

Woodstock


AD
2009年03月27日(金)

ジミヘンのSHM-CDが価格改定で再発

テーマ:News
アー・ユー・エクスペリエンスト?
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス
アー・ユー・エクスペリエンスト?

昨年リリースされたジミヘンのSHM-CDが2000円に価格を下げて限定再発されます(6月24日発売予定)。タイトルは"Are You Experienced"と"Electric Ladyland"とベスト盤の"Experience Hendrix"の三作で、なぜか"Axis: Bold As Love"は入っていないようです。

エレクトリック・レディランド
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス
エレクトリック・レディランド

エクスペリエンス・ヘンドリックス~ベスト
ジミ・ヘンドリックス
エクスペリエンス・ヘンドリックス~ベスト


AD
2009年03月25日(水)

第63回 Whistler, Chaucer, Detroit & Greenhill

テーマ:無人島サイケ
The Unwritten Works of Geoffrey, Etc.
Whistler, Chaucer, Detroit & Greenhill
The Unwritten Works of Geoffrey, Etc.

ひさびさのこのテーマ。最初は「サイケデリック」テーマの「レココレ・サイケ号に載ってなかったシリーズ」の記事にするつもりが、いや、やはりこれは「無人島サイケ」にふさわしい、と思い直した次第です。先日話題になったMojo Magazineによる"The Greatest Albums of All Time"にも選ばれていたという、隠れた名盤。

タイプとしては、Moby Grape~Buffalo Springfieldあたりに連なるような、カントリーフレイバーのサイケフォークロックでしょうか。いわゆる「どサイケ」ではなくて、ダウナー系のユルいサイケグルーヴが、聴いているうちにジワジワと効いてくるタイプ。Charlatansみたいなルーツ系サイケがお好きな方は、きっとハマると思います。(私は初めて聴いた時、思わず3回くらい繰り返してリプレイしてしまいました。)

1968年にUNIからリリースされたの唯一のアルバムである"The Unwritten Works of Geoffrey, etc."は、バンドというよりスタジオプロジェクト的な作品で、グループ名はメンバーの本名ではなくて偽名です。出身はテキサスで、メンバーのScott FraserとEddie LivelyはThe Modsというバンドで1966年にシングルを一枚出しています(その"It's for You"と"Days Mind the Time"は、"Cicadelic 60s"など複数のガレージコンピに収録されている)。

プロデュースは、のちにグラミーを受賞する名プロデューサー(&アーティスト)のT-Bone Burnettで、全11曲中4曲のソングライティングも手がけています。ルーツ系というだけでは語れないようなバロックポップ風の曲もあって、才能と可能性を感じさせてくれます。これ一枚で終わってしまったのが残念!
(試聴はこちら。)

ちなみに、Scott Fraserを含む3人のメンバーは、その後Space Operaというバンドを結成し、1972年にカナダのEpicからセルフタイトルのアルバムをリリースしています(Collectors' ChoiceからCD化)。こちらは、ちょっと初期のSteely Danを思わせるようなところもある「プログレッシブ」な感じのフォークロックなんですが、60s直系の、まんまByrdsな12弦ギター(&ファズギター)のサイケチューンがあったりして、これも素晴らしい内容です。

Space Opera
Space Opera
Space Opera

2009年03月23日(月)

ディスクガイド#37 ACID FOLK

テーマ:News
ディスク・ガイド・シリーズ アシッド・フォーク (ディスク・ガイド・シリーズ NO. 37)
シンコーミュージック・エンタテイメント
ディスク・ガイド・シリーズ アシッド・フォーク (ディスク・ガイド・シリーズ NO. 37)

昨秋の発売予定が延び延びになっていたシンコーのディスクガイドシリーズ「アシッドフォーク」が、amazonで発売開始されています。60~70年代を中心に、80~90年代から現在のアーティストまで網羅されているとのこと。サイケ編のディスクガイドは出ないのでしょうか?

2009年03月21日(土)

QMSのレア音源集発売

テーマ:News
Castles in the Sand
Quicksilver Messenger Service
Castles in the Sand

Quicksilver Messenger Serviceの、1969年末~1970年はじめに録音されたセッション音源を収録したコンピが、英Charly/Snapperからリリースされます(4月20日発売予定)。

時期としては"Shady Grove"の録音が終わり、Dino Valenteが合流して、次の"Just for Love"と"What About Me"制作に向けてセッションをしていた頃と思われます。メンバーは、Dino Valente, John Cipollina, David Freiberg, Greg Elmore, Nicky Hopkins(リリースアナウンスにはGary Duncanの名前はない)。

トラックリストを見ると、以前Charly/Snapperからリリースされた"At The Kabuki Theatre"のボーナストラックとして収録されていた4曲のスタジオリハーサル音源とカブっています(たぶん同じソースでしょう)。

Tracks:
Senor Blues
Subway
I Know You Rider #1
I Know You Rider #2
Walk In Jerusalem
Castles In the Sand
May You Never Be Alone
Warm Red Wine
Look Over Yonder Wall / State Farm
Wake Up, Dead Man (Part 1)
Wake Up, Dead Man (Part 2)
The Fool

サイケデリック漂流記

2009年03月19日(木)

Mojo 4月号の付録はUSサイケコンピ

テーマ:
Mojo Magazine 2009 April


英国のロック誌、Mojo Music Magazine 2009年4月号の付録はUS 60sサイケのコンピCD。本誌特集記事の"A to Z of US Psych"に連動したもので、13th Floor Elevators, Music Machine, Bubble Puppy, Lost & Found, Chocolate Watch Band, Golden Dawnなど、全15曲が収録されています。

"I Can See for Miles: Lost Tracks from America's Psychedelic Underground"
01. First Crew to the Moon - The Sun Lights Up the Shadows of Your Mind
02. Mystery Trend - Johnny Was a Good Boy
03. Terry Manning - Guess Things Happen that Way
04. 13th Floor Elevators - Levitation
05. Red Crayola - Hurricane Fighter Pilot
06. Bubble Puppy - Days of Our Time
07. Balloon Farm - A Question of Temperature
08. Music Machine - The People in Me
09. Chocolate Watch Band - Are You Gonna Be There
10. Ashes - Let's Take Our Love
11. Lost and Found - Don't Fall Down
12. Free Spirits - I'm Gonna Be Free
13. Golden Dawn - Starvation
14. Endle St. Cloud - Come Through
15. 13th Floor Elevators - You Don't Know (Live at the Avalon Ballroom)

この特集は、6月にリリースが予定されている13th Floor Elevatorsの10枚組ボックスセット"Sign of the Three-Eyed Men"にちなんだものでもあるとのこと。amazonでは取り扱っていないようなので、下にディスクユニオンさんのリンクを載せておきます。残り少ないかもしれないので、お早めにどうぞ。ちなみに、本誌の表紙はピート・タウンゼントのものとロジャー・ダルトリーのものの2種類があります。
http://diskunion.net/rock/ct/detail/04IA17470

また、Mojoのサイトに、これに関連した動画がリンクされています。どれもサイケファンにとっては「永久保存もの」ばかり。(動画の保存にはこちらのサイトが便利です。)

2009年03月18日(水)

サイケ期Shondellsのコンピ発売

テーマ:News
Crystal Blues Symphonies
Tommy James & the Shondells
Crystal Blues Symphonies: The Psychedelic Years

Rev-Olaから、サブタイトルに"The Psychedelic Years"と銘打たれたTommy James & the Shondellsのコンピ、"Crystal Blues Symphonies"が発売されます。これは、全米アルバムチャートで8位を記録したヒット作の"Crimson and Clover"(1968)と、その次の実験的名作"Cellophane Symphony"(1969)をカップリングしたもの。以前Rhinoなどから出ていて現在廃盤となっていた2on1の、タイトルを変えての再発ということだと思います。5月26日発売予定。

Track Listing
1. CRIMSON & CLOVER (シングル1位)
2. KATHLEEN MCARTHUR
3. I AM A TANGERINE
4. DO SOMETHING TO ME (シングル38位)
5. CRYSTAL BLUE PERSUASION (シングル2位)
6. SUGAR ON SUNDAY
7. BREAKAWAY
8. SMOKEY ROADS
9. I'M ALIVE
10. CRIMSON & CLOVER (REPRISE)

11. CELLOPHANE SYMPHONY
12. MAKIN' GOOD TIME
13. EVERGREEN
14. SWEET CHERRY WINE (シングル7位)
15. PAPA ROLLED HIS OWN
16. CHANGES
17. LOVED ONE
18. I KNOW WHO I AM
19. LOVE OF A WOMAN
20. ON BEHALF OF THE ENTIRE STAFF & MANAGEMENT

サイケデリック漂流記


2009年03月15日(日)

牛心隊長、紙ジャケで再発

テーマ:News
セイフ・アズ・ミルク(紙ジャケット仕様)
キャプテン・ビーフハート&ヒズ・マジック・バンド
セイフ・アズ・ミルク(紙ジャケット仕様)

先ごろRev-OlaからリイシューされたばかりのCaptain Beefheartのブッダからのデビュー作が、今度はBMGジャパンから紙ジャケで再発されます。収録曲は旧盤と同じ7曲のボーナストラック入りの模様。また、同時に1999年リリースのコンピレーション、"The Mirror Man Sessions"も紙ジャケで再発されます。

後者はちょっとややこしいんですが、もともとはブッダからLP2枚組の2ndアルバム"It Comes to You in a Plain Brown Wrapper"としてリリースするつもりで1967年に録音した音源が元になっています。結局このアルバムはブッダにボツにされてしまったのですが、その時のセッションはのちに再録音され、ブルーサムからシングルアルバムとしてリリースされます。これがセカンドアルバムの"Strictly Personal"(1968)です。

また、1967年の音源自体は4曲の長尺セッションを収録したアルバム"Mirror Man"として、1971年にブッダからリリースされます(1965年録音と表記されているのは誤り)。そして、この4曲に、のちに"Strictly Personal"に収録されることになる楽曲を中心とした5曲を追加し、曲順を入れ替えたものが、"The Mirror Man Sessions"というわけです。

ミラー・マン・セッションズ(紙ジャケット仕様)
キャプテン・ビーフハート&ヒズ・マジック・バンド
ミラー・マン・セッションズ(紙ジャケット仕様)

(ジャケ画像は旧盤のものです。)

サイケデリック漂流記

2009年03月13日(金)

Erica Pomerance再発

テーマ:News
You Used to Think (Dig)
Erica Pomerance
You Used to Think

こちらもレココレのサイケ特集号で紹介されていたErica Pomeranceの"You Used to Think"が再発されます(4月28日発売予定)。これは、以前ESP-Diskからリリースされ廃盤になっていたCDの再プレスではないかと思われます。

エリカ・ポメランスはカナダの映像作家&詩人。本作はNYのESPレーベルから1968年にリリースされた、彼女の唯一の作品です。フリージャズとアシッドフォークとトライバル・グルーヴが渾然一体となったような強烈な個性を放つアルバムで、まるでESPレーベルのカラーをひとりで体現したかのよう。

シタールが入っていたり延々とインプロビゼーションが続いたりするんですが、いわゆる「まったりサイケ」とは対極的なイメージの、「とんがった」ような印象が強い。かなりフリーキーな、いわゆるエキセントリック系なので、好き嫌いが分かれるかもしれません。でも、レココレの特集では、フォーク系ジャンルの二番目(Dino Valenteの次)に取り上げられていたという重要作!

ちなみに、バックの演奏には、同じESPから1969年にレコードを出すOctopusのメンバーが参加しています。試聴はこちら
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。