「簡単に自殺なんてしない。学校やクラスに何かあったのだと思う」

 自殺した東京都清瀬市の市立中学2年の女子生徒の両親は3日、取材に応じ、市教委や学校に真相究明を求めた。

 両親によると、女子生徒の言動に変わった様子はなかったという。自殺直前の週末も家族とバンクーバー五輪をテレビ観戦した。女子生徒は「モーグルをやってみたい」などと楽しげに話していたという。

 “予兆”がない中で自ら命を絶った愛娘。父親(52)は当初、「家庭が原因で自殺してしまったのかと思った」と自責の念にかられた。だが、自殺から約1週間が経ち、遺品の中から見つかった遺書には、いじめをほのめかす内容がつづられていた。

 絵が好きで「将来は絵の勉強をしたい」と両親に夢を語っていたという。遺書の裏にも、マンガのイラストが書き込まれていた。

 手書きの遺書は読み取るのが難しいほど小さな文字だった。母親(53)は「文字が縮こまって…。絶望しているように見える」と言葉を詰まらせた。

【関連記事】
「学校行きたくない…皆が敵に見える」いじめほのめかし中2女子生徒が自殺
神戸大法科大学院でネットいじめ、処分検討 掲示板に実名「自殺に追い込め」
性的接待強要 自殺の韓国タレントがメモ
二所ノ関部屋マネジャー、首つり自殺か…
神戸高専で生徒飛び降り、自殺か 期末試験の答案返却日
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

野口飛行士 宇宙で絵本を読み聞かせ 都内の児童に(毎日新聞)
岩手で推定1.9メートルの津波=入り組んだ地形影響-気象台調査(時事通信)
新任教員の免職取り消し確定=京都市の上告退ける-最高裁(時事通信)
<非正規労働者>失職5867人増 2月調査(毎日新聞)
普天間移設、3月中に政府案決定…首相明言(読売新聞)
AD