ハワイの元気が出るブログ!お笑い一家のマウイ生活「かなる食堂」

テニスの松岡修造さんより熱い女・2児の母「かなる母ちゃん」がハワイよりお笑い話やマウイ情報をお届け!


ようこそ「かなる食堂」へ

松岡修造さんより熱い女「かなる母ちゃん」が
HAWAIIマウイ島よりほぼ毎日発信しとりますで!

かなる食堂マウイ生活ブログ
くだらない話満載よ!暇つぶしに読むのにぴったり(笑)

かなる母ちゃん男子2人育児中。2003年生まれのキッキと2009生まれの大福。
ぷらす、馬鹿旦那1名で、手を焼いているわぃ(笑)
ドタバタかなる一家の笑い話、バトル話、時に真面目話にホッコリ話。
「かなる食堂」の喜怒哀楽激しすぎる日常!とにかく為にならない話がいっぱいよ!(笑)
元気をお届けするつもりで書いとります!


かなるバワー全開!かなる節でお届けするわ!
一緒に笑って、泣いて、怒ってちょーだい!



▶初めての方へ  ▶全部一気読み  ▶年月別で読む

「かなる食堂」名物記事(なのか?)はこちらから>> CLICK!


かなる母ちゃんが厳選したわ!おすすめ記事!
☆夏だ!プールだ!飛ぶ大福だ! | ☆チャッキー目撃?! | ☆これおすすめ!それだけかい!(笑)
☆おならで台無しよ。 | ☆バカダンがわかる!苺ミルク事件 | ☆ウンコネタは欠かせない!うんこ足。ペチャ!
☆消えたキャロットケーキ | ☆おならプ~で笑い転げたクリスマス。
☆キッキがわかる!毎回よ!7歳児に手を洗ってきて!の巻 | ☆鬼嫁度がわかる!馬鹿旦那に平手打ち食らわせてやったわっ!




それじゃ、いくわよ!!(笑)


NEW !
テーマ:
先に言っておくわ。


何気に書きはじめた話だったんだけど…


熱中しすぎて、
かなり長くなりました!(笑)


いいこと書いてるし、
「気づき」はいっぱいだけどね…

長い!!!!!(笑)


暇な時にじっくり読んでね♪
いいお話よ!
(↑自分でいうな!笑)

心が汚れてる、
臍が曲がってる、
捻くれもんには
特におすすめよ!


ーーーーーーーーーーー


ママ会と優しさ。かなる食堂のお話

明後日の金曜日は、
日本でいうママ会の日じゃ。


あーーーーーーー
行きたいような、
行きたくないような!


シャイな母ちゃんは
ただでさえママ会とか不得意なのに、
とにかく肌がいまいちで
気分がいまいち盛り上がらないー!

せっかく出かけるなら、
うっふ~ん!決まったぜ~!ってな
気持ちで出かけたい…。


っつうわけでね…
一昨日だかの夜にガッツリと
クレンジングしてしまいました…。


そしたら更に肌荒れ!!!ううっ...


そうなることは
わかっていたのに!

それでも肌のパリパリに
ザラザラにポツポツに
耐えきれんかったーーーーー。

でもここ2ヶ月、
結構頑張ったからさ
洗顔の後にクリームは少しだけ
塗ってあげようかなーっと
思ったのであります。

乾燥がかなり酷くなってきたし、
もうザラザラ感に耐えられない!!

クリームを塗ると
乾燥のヒリヒリも落ち着くし、
ザラザラ感も少し良くなる。

外に出る時は一応
ミネラルパウダーだけは使うから、
そのノリもクリームをつけると
よくなるからね。


肌断食で肌をリセットする。


今、三十代半ばにはいって
いい選択だ、とは思うけど
本当、その過程で気分が下がって
鬱に陥っちまってはイカンだろ?

だから完全肌断食は週末だけ、
平日は水洗顔後にクリームを少し
お肌に与えてあげることにしました。


だもんで、
今日は少しだけ肌の調子が良くて
少し気分が良いのであります!


でさでさ、
ここ数日、こんな状態だから
ママ会参加はどうしようかなーっと
他のママたちにグズグズいっていた
母ちゃん。


こんな母ちゃんに
他のママしゃんたちは、
この石けんがいいよ、だの
このクリームもいいよ、って
いろいろ助けようとしてくれてさ、

そんなに肌荒れてないよ!とか、
肌なんて気にするな~!とか…



本当に優しい!




金曜日、絶対来てよ!とか
来なきゃ承知せんよ!とか、

肌なんてどーでもいいんよ、
来てくれさえしたらええんよー!って

皆言ってくれる…。


母ちゃんは、
やっぱり甘ったれでさ、
そういう風に言ってもらいたくて
グズグズ言ってんのか、オマエ?って
自分に問いかけてみたりしとる…



たぶん…


そうなんだろうね…(笑)




この甘ったれめ!
ウザイわ!!!

(笑)





嫌になっちまうわ!!!

本当、成長しないなー
ワタチ!!!


どうせママ会はじまっちまえば、
イエェェーーーイ!って一人
飛ばすくせにさ…

どんなイベントでも
参加前に躊躇しちゃうんだよね…


こういうところ、
小さい頃から全然変わらない。



でさ、
母ちゃんは思うのよ、
優しいママしゃんたちを見て…



人は皆
こんなに優しいもんなんですか?




いーっつも思うことなんだけどさ、
母ちゃんはネクラでネチネチ女、
考えすぎで、なんでも批判的で、
皮肉ばっかり言ってるような
いや~な人間だからさ、

例えば、
嫌なものは嫌だ!なタイプだし、
可愛くない赤ん坊みて、
可愛いー♡とか言いたくない!って
思ってるタイプ。


でも女子は皆そういうのが
上手じゃない?


キャー!可愛いー!とか
すごーい!!!とか
本当に思ってる?って
聞きたくなるような発言が出ると
母ちゃんは咄嗟に引いてしまう(笑)


でも、やはり
自分に対しては、
そういうキャーキャーした
女子力高い声と発言が出た時
嫌な気分はしない。

ってかむしろ、
欲しい…(笑)


優しくして欲しいって
思うわけよね…

それがウソであってもね…。


だったら、
自分もそうしないのは
やっぱり不平等なんじゃないか?
ずるいんじゃないか?って
思うわけよ…(笑)


もちろん本気ですごい!って
思う時は、躊躇なく褒める。

育児に関しても
そういうスタンスできてるから、
あんまりすごくないことは
必要以上に褒めない。

けなさないようにも気をつけてるけど、
だいたいGood job!みたいな
軽い言葉だけを投げる。

でも本当にすごいことは
必要以上に褒める。

だってすごいんだから、
すごいじゃない!!!(笑)



でもね、
バカダンや彼の家族を見てると
気づかされるんだけど、

本気で思ってもいないことを
平気で褒めたり、笑ったり、
喜んだり、驚いたりするってのが
習慣になっちゃってるんだよね。

プリテンド、
「ふり」をすることが当たり前に
なってるっていうのかな?


母ちゃんは、
家族間でのそれが
なんか嘘っぱちな気がして、
馬鹿にされてる気がして、
どうも納得がいかない。

例えば、
バカダンの鼻毛が出てたら、
絶対に言ってあげたい。(笑)

だって、
母ちゃんしかいないじゃない!
そんなの言ってあげられるのは!

でも、バカダンは多分
気を遣って母ちゃんの鼻毛は
見て見ぬ振りをするのよね。

そんな状態で母ちゃんを
外出させたりするんだと思う。

バカダンが言いにくいことを
言わないで済むなら、
母ちゃんが外で笑われてても
いいってことだよね、きっと。

バカダンのパパママも
そういう感じ。

特にママは絶対にパパに
本音を言わない。

いつもパパの前でフリばかりして、
本当のことを正直に
言ったりしないのよね。

争いごとも嫌いだし、
嫌な思いをしたり、
傷つくのを極力さける。

すっごくバカダンと似てるのよ。


でも、
それってずるくない?
それって家族?って
思うわけですわぃ。



でも、
この肌断食で肌がボロボロで
本当にいけてない日でも、

バカダンは、

そんなに悪くないよ!

って
言ってくれたりする。


この2ヶ月、
どんなに酷い日でも
酷いねっと言われたりしたことは
一度もない。


母ちゃんは、
バカダンのそういう優しい発言が
彼の正直な意見でないことは
ちゃーんとわかってるのに、

でも、

少し救われた気持ちに
なってしまう、ってのも
ウソじゃない。




母ちゃんは
矛盾しすぎとるわぃ!!!


本当に矛盾してる!



そこが大きなポイントだと思う、
幸せと不幸せの!


母ちゃんは
もっといい位置に
辿り着けるんじゃないかなーって
思うんよ、

その矛盾をどうにかして、
ちゃんとした大人になることができたらさっ!


人に優しくしてもらいたいなら、
人に優しくしていかなくちゃ
いけないと思う。

もちろん、
今も人には優しくしてると思うんよ。

でも、時々、その裏で
相手の本性について考えてたり、
自分の利益だの、潜む人間関係だの
いろいろ考えちまってたりすると
思うんだよね。


母ちゃんのキーワード
Genuine


直訳は
感情とかが、心からの、本当の、
偽りのない、だったり、
正真正銘の、とか、純粋なってな
感じだと思うんだけど、


できることなら、
自分の言葉や態度が
感情とマッチしていたいんだよね、
やっぱり。


だから、
やっぱりフリはしたくないんだと思うんよ。


っつことは…
矛盾をなくすには、
フリではなく、
本当に優しい人にならないかん
ってことでは?っと
思うわけですわぃ。


(あーややこしくなってきたー!!!

ええぞ、ええぞー!かなる食堂っぽい!笑)




でも、
本当の優しい人、って
何だよ???


っつうことは、
やっぱりそのフリってなやつを
本物に感じるように、
バカダン一家と同じように
習慣にしなくてはいかんのか?

感じない、考えない人に
なれってことか???


いや、それとも、
自分の自信のなさなんかを
きっちり治して、

他の人を褒めても、
悔しくならないように
気持ちの特訓を重ねるべきなのか?


ん?
それどっちも
同じことなんじゃないかぃ?(笑)



本当は可愛いとか
言いたくないのに、
言わなくちゃいけないから言う…

っていう風に
頭の中で思ってしまうのではなく、

ただ可愛いという言葉が
自然にでて言えるように…

そういう褒め言葉を出して、
くやしい、バカらしい、
っと感じないように、
自分の頭をトレーニングすることが
大事なのかなーっと…
思うわけですわぃ。


その反対もそうよ。


褒め言葉をもらって、
長々と謙遜しようと返事をするより、

ありがとー!!!っと
一言返した方が気持ちいい。

それを、相手に、
褒め言葉を間に受けやがって
アホか!っと思われようと、
ダラダラと謙遜しようと、
言い訳みたいな言葉を返しても
それまた面倒じゃない?!

皆、時間がない生活を
送っているわけだし。


で、そんな風に努力しようと
思うこと自体、
また無駄なのかー?っと
思ったりもする(笑)


母ちゃんは
「言葉」に真摯さを
いつも求めようとしているから
難しくなるんだよね、きっと。


全てが難しくなる。


でも生活、生きることって、
実はそんなに難しいことではないはず。



「相手の言葉を流す」



これ、今の社会に
すごく必要な要素な気がする。

もしかしたら、
自分の言葉も流す、ってなことも
必要なのかもしれない。

いつも常に、
自分の言葉が真摯である必要も
ないのかもしれんね…


そういう意味で
母ちゃんはやっぱり
不器用なのかもしれんよ…。



最近自分によく
言い聞かせること。



Be more insensitive!

もっと鈍感になりんしゃい!




例えば、あの友達に、
ムカつくことを言われた!
私のことなんて知らないくせに!だの、

姑がこういった、
裏があるに違いない!
イヤミに違いない!とか

どうも深読みしすぎる。


なんかさ、
考えても相手の真意ってのは
絶対に読めないわけじゃない?


その相手自身、
感情と言葉がマッチしていない
可能性だってあるわけよね。


母ちゃんの名言集のなかに
(↑いつの間にか勝手に名言になっとる!笑)



We don't know the whole story.

全てを知っているわけじゃない。




って、
あるじゃない?


そう。
相手の生活の全てを
知っているわけじゃない。

だから、発言にも気をつけたい、
ってなことから出た
一言なんだけど、

その考え方で、
相手を思いやると同時に、

相手を既に赦すことができたら
楽なんじゃないかなーっと
思うわけです。


相手が私のすべてを
知っているわけじゃない、

だからそんな偉そうで
ムカつく発言が
出たりもするわけだな、

でもま、知らないんだから
仕方がないじゃないか!
赦してやろう、流してやろう!
ってね。


ま、知らないんだから
口挟むな!って言いたくなるのは
自然なことだけど、

その一歩先をいってさ、
勝手に言わしておきゃーいい、って

私や家族は本当のことをわかって、
理解し合えているという自信、

そういう場所があるんだから、
世間の全ての人に
理解してもらえなくてもいい、
っと思えるようになったら
素敵かなと思うわけです。


ま、それにゃー
ちゃんとした努力が
家族間でなされてなきゃーいかん
ってな話ですけどね。

バカダン相手ニャ
絶対的な努力を惜しまない、っつうね。

バカダンだけだもの、
母ちゃんの飾りのない
本当の気持ちを知ってる、
そして、知っているべきなのは。


労力はそこだけに費やせば
ええんやないかな、っと
思うわけです。


皆が皆、
母ちゃんの生活や気持ちや努力を
知っていてくれているわけじゃない。

それを期待するのは、
やっぱり甘えってもんだと
思いますわぃ。


母ちゃんだって人の全てを
知っているわけじゃない。


想像することしかできないし、
それは正解からはほど遠いもの
だろうこともわかってるし、
ま、事細かに想像する時間もない。


そうなんよね!

世間は皆結構忙しい!


母ちゃんのことなんて
考えてる人なんて
そういないわけよ!!!


だから、言葉だって、
ぽろっと流れで出ちまうものばかり。

母ちゃんだって、
歳を重ねるにつれ
そういう「ぽろっと考えずに出ちまった」
っつう発言が増えていくものね。


だから、やっぱり、
相手に「それは失礼じゃん!」って
相手の配慮を求めて怒るってのは
どこかお門違いな気がするわけよ。


徒競走に順位をつけない、
失礼なことを言った相手が悪い、
イジメッ子が悪い、

そういう…

こう強いものが罰せられる
そういう社会になっている気がする。


でも母ちゃんは、
弱いものがもっと強くなって欲しい、
そう思います。


自分自身にもそういきかせて、
甘ったれた自分にカツを入れてます。


あんなこと言われて傷ついた、
それをいう方が悪い?

いうのは相手の自由。
その捉え方とリスポンスは
母ちゃんの自由。



Stop stressing over things you can't control.

自分にコントロールできないことに
メソメソしてても仕方がない。




母ちゃんがメソメソ
傷ついたと泣いてても
世間はどんどん前に進んでいってしまう。

床にへばりついて泣いてる母ちゃんは
置いてきぼり。


そのへんは育児に置いても
キッキには特に厳しくしてきたと思う。
悲劇のヒロインしてんじゃねー!って(笑)

(↑自分がまさに悲劇のヒロインなくせにね!笑)


守って欲しい、
助けて欲しい、
母ちゃんもそう思うさ。

でも、世間は優しいようでも、
みんな時間がない。

母ちゃんのグズグズ、
ウダウダに付き合って、
例えば、電話してくれたり、
慰めてくれたり、

そんな余裕がある人は
そんなにいないじゃろ?


もう中学生じゃないんだしさ!


強く、鈍感に生きな
あきませんがな!!


ムカつくー!ってなことも
はいはい!って流せるようになったら、
母ちゃんの勝ちだよな~




とにかく、
色んな人と接してみて、
グダグダと人の悪口をいう関係、
例えば、他のママの悪口を言って
自分の居場所を確保するっていう

そういうやり方は
違うんじゃないかなーって
思うされるわけです。



正直、母ちゃんは
そういう感じで育ってきたと
思うんだよね。


自分という存在が
不安定でいつもグラついているから、
自分は自分!ってよりも、

周りを蹴落として、
自分の居場所を確保しなくちゃって
焦って生きてきたと思う。

育児を通して、
自分より大事な人を
世間にどう扱って欲しいか、っと
考えるようになって初めて、

あーネガティブで繋がって
依存して、安心する関係は
あまり素敵でないなーっと
思うようになったわけですわぃ。


自分は自分で、常に、
自分 vs. 周りでなく、
自分 vs. 自分っという感じで
いなくちゃ素敵な場所には
辿り着けないんだなって
気がついたわけよね。


それも、あれも、
どれも、すべて、
答えは…


自尊心



イジメも虐待も、
嫁姑問題も、差別も
何もかも…

答えは自尊心に隠れてる
気がするよ。



誰かを蹴落としたりして、
自分の居場所を確保したい、
他の人より認めてもらいたい、
愛されたい…

それは誰にしもある感情だと思うけど、
それと上手に付き合えている人と、
そうでない人とでは、
人生の質に差がでるんじゃ
ないかねー?っと
母ちゃんは考えるのですわぃ。


自分が自分と対決して
自分を高めて行った結果、
相手よりも優れていた、という方が
きれいな勝ち、じゃない?


だって、自分が辛いよね。


周りと比べて、
いつも焦って、不安でって
大変なことだと思う。


相手にどう思われてるのかなー?ばっかりで
心配や不安の中にいると、
やっぱり汚い感情は
どんどん生まれてくる…

不安と比例して
汚物チャンも増える…



相手を赦すには
自分を赦すしかなくて…



難しいな。



やっぱり母ちゃんは
はやくおばあちゃんになりたい。

(えーそんな結論???笑)



競争もなく、
嫉妬もない、

若い子に
「最近の若いのはー」って
批判するんじゃなくて、

えらいねー可愛いねーって
ただ言ってあげられるような、

そういう器の大きくて
ゆったりとしたおばあちゃんになりたいよ。


どんどんと邪念を捨てていきたい。


欲だよね。
欲がなくなって欲しいさ。

もうこれでいいや、って
満足できたら、
周りの世界にも
自然と優しくなれるんじゃ
ないかなって思います。


あーなんか
仏教の悟りみたいになってきた!(笑)


でもやっぱり人道、
辿り着くべき場所は
そういうところなんだろうね。


根性ひん曲がったババアより、
やっぱり素敵なおばあちゃんに
なりたいもんね!


キッキや大福が嫁連れてきて、
意地悪でコントロールフリークな
姑にはなりたくない!


バカらしいことを
バカらしいと感じない、

「感じない」という努力が
多感な母ちゃんには
必要なのかもしれませんわぃ。



やっぱりキーワードは、
鈍感か!!!!!



あーーーーーーやっぱり!!!



どうしてもさ…
何か気がつくたびに…


バカダンに近づいていっている
気がしてならない!!!(笑)



おいっ!!!



幸せの答えは…




バカダンなのか?(笑)




あんなにバカで鈍感で
フリが上手で計画性のない男…

そ、その全てが
幸せの秘訣なのか?!


そーだったら、
悔しい!!!



でも、そーな気がする…(笑)



ま、いいや。


イメージはさっ、
縁側ですべてを悟った顔して
お茶を啜る婆ちゃんだ!


そのイメージを常に頭に置いて
「バカらしい」日常や
社会生活、集団生活に
対応してみたらええ!


バカらしいことに
愛を持てるように。


もっと心がきれいな人に
なりたいもんね。

子供たちには
優しい言葉かけたり、
褒め言葉を与えたり、
嫌な気持ちなく
できるようになってるじゃない!

自分の子供だから
できるわけじゃないと思う。

現にキッキが小さかった頃は
それが上手にできないことも
あったもの。


下らない、悔しいとかいう
感情が常に心にあったし、
特にバカダンが
キッキを褒めてたりすると、
チッ!って思うこともあった(笑)

こういうところに
虐待とか、子供を愛せない状況の
ヒントが隠れてる気がするで。

子供にまで対抗しちまう。
それはやっぱり自尊心が低いからよね…



あ、また長くなりそうだ!(笑)
この辺でやめておこう♪



よっしゃ!!!!!



今日も色々と「気づいた」ぞ!
糞詰まり解消!




スパパパパーン!
(笑)



澱みのない
綺麗な心を育成しよう。


それにはまず、
自分を赦して、
自分を愛さねばね。




愛は世界を救う!




いいシメだ!!!パチパチ(笑)



「かなる食堂」
 ハワイの元気が出るブログ!かなる食堂



クリックで応援、ヨロシク頼んます♪
クリックするとランキング順位に反映する仕組みになっとります。いつもありがとうございます!


今日もおーねーがぁぁーいよぉ♡
うっふーんおっぱい(笑)
軽快な連続スリークリックを見せてちょーだい!(笑)
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
クリっ!
今日もクリックお願いね!
クリっ!!!





かなる食堂読者登録はこちら
「かなる食堂」の更新情報が欲しいと言って♡
 読者登録、お待ちしておりまっせ!



最近のかなる記事一覧
大丈夫け?見逃してないけ?
★今朝の大福さん。
★アメリカの定番ベークセール~完成品
★アメリカ定番のベイクセールだよ~準備
★Duke's で朝食デート♡
★キッキと大福へ「ありがとう」
★ちょっこり早い五月病だな。
★かなる遠足:⑥そして事件です…
★読者登録ありがとうございました!
★やっと学校にいったよ~!
★マインクラフトのペーパークラフト
★かなる遠足:⑤ツインフォールズ・マウイ
★しんみりした気持ちになったな。
★大福さんとの夜
★かなる遠足:④ツインフォールズで水戸黄門
★LEGO MOVIE レゴムービー観たで!
★かなる遠足:③ツインフォールズを歩く
★かなる遠足:②ツインフォールズ到着
★かなる遠足:①マウイドライブ
★春休み終了!今朝の大福さん…うぅっ…
★肌断食しとりますが…

アイコンママブロネタ「日々のできごと」からの投稿


いいね!した人  |  コメント(0)
PR
同じテーマ 「├かなる戯言」 の記事

[PR]気になるキーワード