private-line

渋谷の携帯電話屋店長のブログ

NEW !
テーマ:

保険金詐欺に手染めた男性が心境「バイト感覚だった」

福井新聞ONLINE 5/26(金) 8:19配信

 

 

保険金不正請求ホットラインのチラシ

 

 交通事故による治療費名目の保険金を保険会社に水増し請求するなどしたとして、福井県敦賀市の男性柔道整復師らが詐欺容疑などで逮捕された事件で、関与した3被告の判決公判が24日までに福井地裁であり、全員に有罪判決が言い渡された。通院日数を実際より多くする今回の手口のほか、自動車保険などを悪用した詐欺は全国で多発しており、「福井県内も氷山の一角」との声が上がる。不正請求対策に力を入れている保険業界は、事件摘発が抑止力になればと期待している。

 「書類を作成するなど犯行に必要不可欠で重要な役割を積極的に果たした。強い非難は免れない」

 24日、福井地裁で柔道整復師(57)に懲役3年、執行猶予4年の判決を言い渡した熊谷大輔裁判官はこう断じた。

 判決などによると柔道整復師は2016年6~10月、交通事故に遭った5人の治療費を保険会社に水増し請求し、保険金をだまし取った。このうち1人は1日しか治療していないのに、通院日数を55日と偽っていた。だまし取られた保険金は合計約187万円にも上る。

 熊谷裁判官は「共犯者間で水増しした通院日を連絡し合うなど計画的で巧妙、悪質。保険業の適正な運用に与えた悪影響も軽視できない」と指摘。柔道整復師は姿勢を正し、耳を傾けていた。

  ■   ■   ■

 「正直ドキッとした」。過去に保険金詐欺に手を染めた県内の30代男性は福井新聞の取材に対し、敦賀の逮捕記事を新聞で見つけたときの心境を語った。

 10年以上前、腰を痛めるけがをしたときのことだ。友人から紹介された「いい医院」で、「犯罪の片棒を担いでしまった」という。

 通院したのは週1、2回だったにもかかわらず、毎日通院したことになっている診断書を出され、保険金を請求した。院長からは▽旅行などで県外に出ていた日はなかったか▽終日会議の日はなかったか-などを聞かれた。「まさにアリバイ工作。手慣れていて初めてじゃないと感じた」と振り返る。

 本人も罪悪感は薄く「バイト感覚だった」。

  ■   ■   ■

 日本損害保険協会は2013年、「不正請求ホットライン」を開設し、情報収集に努めている。通報件数は13年度の約280件から年々増加し、16年度は700件(速報値)に達した。車の盗難を偽ったり、2人で自動車事故を偽装したりする事例があるという。実名を知らせる通報も少なくなく、その契約者から請求があったときには、不審な点がないか厳しく目を光らせる。

 不正請求を見過ごすことは保険会社の損益に関わり、長期的には保険料アップにつながる悪影響も懸念される。

 損保協会北陸支部の長崎達事務局長は「あらゆる不正は断固排除するという毅然(きぜん)とした態度が重要」と各県の保険会社に繰り返し啓発しているという。

 業界関係者の間で「敦賀の事件は氷山の一角」とみる向きは強い。ある関係者は「今回の事件を聞いて背筋が凍る思いをしている人間がいるのではないか。長期通院による保険金の請求申請が急に止まった例もある」と打ち明けた。

 

福井新聞社

 

最終更新:5/26(金) 9:54

 

福井新聞ONLINE

 

 

 

格安IP電話・レンタル携帯・逆転送

業界最安値を目指すプライベートライン

 

03-4329-2589

    

 

 

 

特殊詐欺、高額被害相次ぐ 巧妙手口、高齢者への対策急務 新潟

産経新聞 5/26(金) 7:55配信

 

 オレオレ詐欺など特殊詐欺の被害に遭うケースが後を絶たず、県内では今月中旬以降、60~70代の高齢者が数百万円単位で現金をだまし取られるケースが相次いだ。首都圏に呼び出す「上京型」など犯人側が現金を直接受け取るパターンが目立つ。県内の信用金庫がATM(現金自動預払機)を使った振り込みの制限に乗り出すなど、強化が進む「振り込め詐欺」対策に対抗するかのように犯行の手口は巧妙化しつつある。県警は高齢者らに警戒を呼び掛けている。(太田泰、村山雅弥)

                    ◇

 今月17日、長岡市の70代男性の自宅に息子だという男から「株式投資で会社のお金を使い込んでしまった。現金を貸してほしい」と電話があった。男性は翌18日、指定された埼玉県のJR大宮駅付近で弁護士を名乗る男に現金500万円を手渡した。その後、息子に確認したところ、詐欺だったことが分かった。

 長岡署によると、同署の管内で17~23日に不審な電話が9件確認された。

 ◆警察をかたる電話

 南魚沼市の70代女性も上京型の被害に遭った。18日、息子だと話す男から携帯電話に「株をやらないかと誘われ250万円をだまし取られた。その人は逮捕されたが、警察からお金を返してもらうまで250万円を貸してほしい」と連絡があった。女性は東京都内の指定場所に出向き、現れた弁護士を名乗る男に現金を手渡した。翌日、だまされたことが分かった。電話の男は「風邪をひいて声が変わった」と偽っていた。

 一方、長岡市では60代の男性が現金800万円をだまし取られる被害に遭った。柏崎署によると、22日に警察官を名乗る男から 「金融機関が暴力団とつながっている。捜査協力のためお金を下ろして預からせてほしい」と電話があり、市内の駅で金融機関の職員を名乗る男に現金300万円を手渡し、翌23日にも現金500万円を渡した。

 ◆年代上がるほど“自信”

 県内では昨年、特殊詐欺の認知件数は前年より4割近く減って182件にとどまり、被害額も約4割少ない約4億6千万円だった。ただ、県警によると高齢者らにかかってきた不審な電話は今年4月に前年並みの件数が確認されており、新潟市内で今月11日に開かれた県特殊詐欺撲滅対策推進協議会で、県警の山岸直人本部長は「認知件数は今後反転する可能性が高く、極めて悪質な犯罪の防止にこれまで以上に取り組む」と危機感をあらわにした。

 内閣府が1月に実施した全国調査では「被害に遭わないと思う」と回答した人の割合が30代は3割弱だったのに対し、70代以上は全体の約5割を占め、年代が上がるほど自信過剰になる傾向があると分かった。

 こうした事情を踏まえ、三条信用金庫はATMでキャッシュカードを使った振り込みの限度額を「0円」に制限し、職員がいる窓口に誘導する対策を4月から始めた。ATMでの振り込みを過去3年間していない70歳以上の人が対象で、振り込み詐欺などの被害防止が狙いだ。県信用金庫協会によると、同金庫を含め同協会に加盟する9信用金庫全てが、今夏ごろまでには同様の対策を順次始める予定という。

 

最終更新:5/26(金) 7:55

 

産経新聞

 

 

 

格安IP電話・レンタル携帯・逆転送

業界最安値を目指すプライベートライン

 

03-4329-2589

    

 

 

 

電話詐欺 「アポ電」倍増 5月まで被害事前連絡…家族や職員装う 山梨

産経新聞 5/26(金) 7:55配信

 

 県警は25日、「オレオレ詐欺」「還付金詐欺」など電話詐欺の今年1月~5月21日の被害状況を発表した。件数、被害金額ともに前年同期を下回ったが、年配者らを標的に事前に連絡を入れ、警察官や金融機関職員をかたって信用させる「アポ電」の手口が大きく増加したのが特徴だ。犯人に手渡しで現金を渡すケースが多いことから、県警は「多額の現金は自宅で保管せず金融機関に預けてほしい」と呼びかけている。

 県警によると、21日までの被害件数は25件、被害金額は約4322万円。いずれも前年同期(34件、約5593万円)を下回った。一方、金融機関職員などの機転で46件(前年同期比12件減)、約1億1387万円(同約4160万円増)の被害が阻止された。

 水際阻止への犯人側の対抗策として増えたのが「アポ電」。1029件(同467件増)と倍増し、手口も巧妙になっている。

 アポ電のうち、約7割の711件が、家族や金融機関職員、警察官などを装って現金やキャッシュカードなどをだまし取るオレオレ詐欺だった。

 オレオレ詐欺による被害も16件(同3件増)と増えている。

 このうち、甲府市内の80代女性は、自宅に警察官をかたる犯人が訪問。「金融機関に振り込め詐欺の一団がいる。現金を下ろした方がいい」という指示に従い、1010万円をだまし取られた。

 同市の70代女性も、「キャッシュカードが指紋認証になる。変更が必要」と金融機関職員を装って訪れた犯人に指摘され、カード3枚を手渡し、暗証番号も教えた結果、約103万円を詐取された。

 生活安全部の鶴田孝一部長は「アポ電を犯行の前日にかけるケースが前年同期の1件から4件に急増した。“信頼性”をより高めようとしている」と指摘する。

 一方、前年同期は12件だった還付金詐欺の被害は5件(被害額498万円)と減少した。県警は「だまし取ることができる金額がオレオレ詐欺より小さいからでは」(幹部)と分析。高額の詐欺を狙う手口の増加を懸念している。

 

最終更新:5/26(金) 7:55

 

産経新聞

 

 

 

格安IP電話・レンタル携帯・逆転送

業界最安値を目指すプライベートライン

 

03-4329-2589

    

 

 

 

孫装い400万円詐取の疑い、バイク便会社社長ら逮捕

TBS系(JNN) 5/26(金) 6:47配信

 

 孫を装い、80代の女性から現金400万円をだまし取ったとして、バイク便会社の社長の男ら3人が警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは、東京・足立区にあるバイク便会社「T&D」の社長・中村大輔容疑者(34)ら3人です。3人は、今年2月、八王子市に住む80代の女性に対し、孫を装い、「バイク便が現金を受け取りに行く」などとうその電話をかけ、現金400万円をだまし取った疑いが持たれています。

 3人は詐欺グループで現金を受け取る、いわゆる「受け子」で、現金を受け取るため、バイク便会社を立ち上げたとみられています。

 取り調べに対し、中村容疑者は容疑を否認しています。

 警視庁は、中村容疑者らがおよそ20件、合わせて6000万円をだまし取っていたとみて、裏付けを進めています。(26日00:25)

 

最終更新:5/26(金) 7:40

 

TBS News i

 

 

 

格安IP電話・レンタル携帯・逆転送

業界最安値を目指すプライベートライン

 

03-4329-2589

    

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。