private-line

渋谷の携帯電話屋店長のブログ

NEW !
テーマ:

壱番屋、廃棄カツ横流しの業者提訴へ 自主回収費用求め

朝日新聞デジタル 1/23(月) 11:41配信

 カレーチェーン「CoCo(ココ)壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)が廃棄委託した冷凍カツが不正に横流しされた事件にからみ、壱番屋は、廃棄処理で追加費用が生じたなどとして、産業廃棄物処理業者「ダイコー」(同県稲沢市)=罰金50万円の判決が確定=側に損害賠償を求めて提訴する方針を固めた。壱番屋への取材でわかった。

 同社によると、問題発覚後、ダイコーの敷地内に放置されていた自社廃棄物約5・7トンを自主回収し、三十数万円の費用がかかった。また、一連の問題で信用を傷つけられたとして賠償を求めていくという。

 壱番屋の担当者は「ダイコーは食品リサイクルの優良業者に認定され、信用していたのに裏切られた。行政も含め何が問題だったのか、民事訴訟を通して明らかにしたい」という。

 ダイコーの大西一幸会長(76)は約6万枚の廃棄カツを食品関連会社「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)に無許可で販売し、処分費用約28万円を壱番屋からだまし取ったとして廃棄物処理法違反や詐欺の罪に問われた。懲役3年執行猶予4年、罰金100万円の名古屋地裁判決が確定している。

朝日新聞社

最終更新:1/23(月) 11:41

朝日新聞デジタル







格安IP電話・レンタル携帯・逆転送

業界最安値を目指すプライベートライン

03-4329-2589

    





差出人「葉山ゆい」とは何者? 架空の社長誕生会で協賛金詐取、“犯人捜し”過熱

産経新聞 1/23(月) 15:02配信

 「葉山ゆい」を名乗る人物が実在する複数の企業の社員をかたって「社長のサプライズ誕生日会」をでっち上げ、各企業の取引先から協賛金をだまし取る事件が大阪を中心に相次いでいる。大阪府警は昨年12月に数十社に招待状が届いたことを確認。ほとんどの取引先は「怪文書」に近い招待状の軽薄さに疑問を持って被害を免れたが、うち4社は計18万円分をまんまとだまし取られた。「葉山ゆい」とは何者なのか。ネットでは“犯人捜し”が過熱している。

 「初めまして!○○社の葉山ゆいと申します!(写真には何もツッコまないでください!)笑。一応自己紹介に。。」

 「決めポーズ」の美形女性の写真の横につづられた「葉山ゆい」による軽いノリのあいさつ文だ。「社長のサプライズ誕生日会」の紹介は、およそ企業間のやり取りでは考えられない文面で始まった。大阪府警によると、昨年12月、封書2枚が大阪府内を中心に数十社に届いた。発信元の企業名や社長名はそれぞれの取引先で異なっていたが、その他の内容は全て同じ。大阪や東京に本社を置く商社、ゲーム制作会社などが招待状の発信元に悪用されていた。

 「葉山ゆい」は文面で、自らの勤務先の社長のサプライズ誕生日会を1月中旬、大阪市内の有名ホテルを会場に300人規模で実施し、余興で催すビンゴ大会の景品代として、インターネット通販大手「アマゾン」のギフト券(電子マネー)を協賛金として要求。自転車やゲーム機の写真を掲載したうえで、土下座姿で「お願いします!」と訴えている。

 招待状の送付先企業の男性担当者をひきつけるためなのか、虚言は封書の2枚目でさらにエスカレート。当日は「葉山ゆい」を中心とする「おもてなし女子チーム」が手作り料理を振る舞い、女子社員によるショーを楽しめるなどとした。

 協賛金を詐取するための手口は単純だ。コード番号さえ分かればネット上で商品購入が可能なアマゾンギフト券のシステムを悪用。招待状の送付先企業にギフト券の利用権を購入させ、コード番号を指定のフリーメールアドレスへ送信するよう求めた。

 府警が確認した招待状の送付先数十社のうち、ほとんどはだまされることなく警察などに相談した。それでも4社が2万~10万円分のギフト券のコード番号を送信して利用権を詐取され、12月中の被害総額は計18万円に上った。

 発信元として記載された企業に確認を取れば、即座に誕生日会は虚偽であることが判明するはずだ。また、誕生日会場として記され、問い合わせがあったホテルの広報担当者は「誕生日会の予定がないことを伝えた」といい、ホームページ上で注意喚起を掲載したという。にもかかわらず、被害は続いた。

 招待状の文面に繰り返し登場する「サプライズ」の文言が巧妙なだましのからくりだった。文面で「葉山ゆい」はサプライズで社長の誕生日を祝うため、「代表(社長)にはまだ内密にお願いします」と求めていた。捜査関係者は「発信元と実際に取引があった企業だから、誕生日会が現段階では極秘であるとの記述に配慮し、発信元などに確認しないまま協賛金を支払ったのではないか」とみる。

 一方、発信元とされた兵庫県内のメーカーの担当者は「取引先から問い合わせを受け、誕生日会の主催者側をかたられたことを知った。ホームページ上でも注意喚起をしたが大変遺憾」と怒り心頭だ。

 ネット上には「謎の正体・葉山ゆいとは一体誰・何者だ」と題したブログが立ち上がるなど、波紋を広げている。ネットで「葉山ゆい」を検索すると、風俗嬢やレースクイーン、札幌のホステスなど、いずれ劣らぬ美形の女性ばかりが出てくることも想像をかき立てて“犯人捜し”は過熱気味だ。

 同様の被害については、容疑者側が警戒感を強めたためか、1月以降、沈静化しつつあるが、府警幹部は「犯人は何らかの方法で発信元とされた企業の取引先リストを入手したとも考えられる。今後も同じような不審な封書などが届いた場合にはすぐに信用せず、警察に連絡してもらいたい」と注意を呼びかけている。

    最終更新:1/23(月) 15:56

    産経新聞







    格安IP電話・レンタル携帯・逆転送

    業界最安値を目指すプライベートライン

    03-4329-2589

        





    「金の延べ棒購入で利益」と偽り詐取容疑 被害6億円か

    朝日新聞デジタル 1/19(木) 12:45配信

     金の投資契約と偽り、高齢者らから現金をだまし取ったとして、兵庫県警は19日、大阪市中央区の貴金属販売会社「エコライフプロモーション」(事実上閉鎖)の社長平田秀明容疑者(47)=大阪府=と、前社長石綿正孝容疑者(53)=東京都=ら男6人を詐欺の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

     県警は押収した資料などから、同社が2011年7月以降、西日本を中心に約260人から6億円余りを集めていたとみている。

     捜査関係者によると、平田容疑者らは12~13年、金地金(延べ棒)を分割前払いで購入する契約を結べば、利益を得られるなどと偽り、兵庫県内などの高齢者ら3人から、頭金や購入手数料などの名目で計約700万円をだまし取った疑いが持たれている。

     法人登記簿によると、エコライフプロモーションは10年4月に設立され、資本金600万円。県警は昨年2月、大阪・ミナミのオフィスビルに入る同社など数カ所を家宅捜索した。


    ■投資トラブルの相談相次ぐ

     捜査関係者によると、エコライフプロモーションの販売員は主に高齢者の自宅を訪れ、「金の相場は今が底」「相場が上昇すれば、途中解約しても、支払時より多い返金が受けられる」などと繰り返し誘っていたという。

     契約後、金価格が上がると「買い足せば、もっと利益が出る」と追加購入を勧誘。一方、価格が下がると「これ以上の損失を減らすため、売却した方がよい」と解約を促し、相手に損失を認めさせていたという。

     国民生活センターによると、金の高い信頼性を悪用したとみられる投資トラブルの相談が全国で相次ぐ。「解約を申し出たら、多額の手数料を求められた」などの被害相談は、2013年度に最多の190件に達した。今年度も50件(今月17日時点)の相談が寄せられているという。

     兵庫県警は昨年7月にも、金地金契約をめぐって現金をだまし取ったとして、大阪市中央区内にあった別の貴金属販売会社「ジェーシーアイ」の社長を詐欺容疑で逮捕した。社長は同罪で起訴され、公判中。エコライフプロモーションの平田容疑者とこの社長は、大阪市内にあった投資会社の元同僚。ジェ社の捜査を進める中でエコ社が浮上したという。

    朝日新聞社

      最終更新:1/19(木) 12:45

      朝日新聞デジタル







      格安IP電話・レンタル携帯・逆転送

      業界最安値を目指すプライベートライン

      03-4329-2589

          





      加古川女性殺害 被告に懲役27年求刑「冷酷で残忍」、26日に判決宣告

      産経新聞 1/20(金) 14:52配信

       兵庫県加古川市の加古川で平成27年12月、大阪府吹田市のアルバイト、大山真白(ましろ)さん=当時(20)=が遺体で見つかった事件で、殺人と詐欺の罪に問われた無職、礒野和晃被告(22)の裁判員裁判の論告求刑公判が20日、神戸地裁姫路支部(木山暢郎裁判長)で開かれた。検察側は「冷酷で残忍な犯行」として懲役27年を求刑。弁護側は懲役18年が相当と主張し、結審した。判決は26日に言い渡される。

       検察側は論告で「被害者から現金を詐取したことを友人に知られないように口封じのために殺害した。動機は身勝手きわまりない」と指弾。一方、弁護側は最終弁論で「凶器の金づちは護身用として所持していたもので、初めから殺すつもりはなかった」と犯行の計画性を否定した。礒野被告は最終意見陳述で「大山さんがいつも見ていると思って、二度と人を傷つけないように生きていきたい」と述べた。

       起訴状によると、礒野被告は27年11月17日~12月上旬、大山さんに「現金が倍になる」と嘘のもうけ話を持ちかけて現金を要求。12月7日午前2時ごろ、大山さんから約120万円を受け取り、直後に加古川の中州付近で頭部を金づちで殴って殺害したとしている。

        最終更新:1/20(金) 15:06

        産経新聞







        格安IP電話・レンタル携帯・逆転送

        業界最安値を目指すプライベートライン

        03-4329-2589

            




        AD
        いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

        AD

        Ameba人気のブログ

        Amebaトピックス

            ランキング

            • 総合
            • 新登場
            • 急上昇
            • トレンド

            ブログをはじめる

            たくさんの芸能人・有名人が
            書いているAmebaブログを
            無料で簡単にはじめることができます。

            公式トップブロガーへ応募

            多くの方にご紹介したいブログを
            執筆する方を「公式トップブロガー」
            として認定しております。

            芸能人・有名人ブログを開設

            Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
            ご希望される著名人の方/事務所様を
            随時募集しております。