健康スポーツビジネス創造・支援グループ

 $presidents voice                         


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-30 11:00:00

ポジティブシンキングだけでは 2015.3.03

テーマ:過去ブログ

私は、学生時代から自己啓発本だけで

300冊以上読んでいると思います。

 

啓発本では成功のための方法として

2つの共通したメッセージがあります。

「イメージング」と「ポジティブシンキング」です。

 

これらの手法をアスリートが活用し発達させてきました。

オリンピック選手であれば100%行っている手法です。

 

これらの手法を人生で活用することは本当に効果がある

と私自身経験をして確信しています。

 

ただし、一つだけ気になるのが

「常にポジティブでいなさい」ということ。

これはちょっと違うような気がします。

 

勘違いされるのは、「ポジティブシンキング

でいれば危機は乗り越えられる」というもの。

 

それは絶対にない。「ポジティブシンキング」

をしているだけでは問題は解決されないです。

 

ポジティブシンキングだけで、綱渡りをすれば

間違いなく落ちてしまいます。

 

綱渡りをしているときは、常に万が一に備えて

準備を整え、最新の注意を払って一歩一歩前進する。

 

何が起きるかわからないのが未来です。

最悪の事態が起きても大丈夫のようにリスクマネジメント

として準備を整え、日々危機感の中、手探り状態で

前に進むしかないのだと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-04-29 11:00:00

固定概念のこわさ 2015.3.5

テーマ:過去ブログ

またまた、固定概念を持っていた

自分を発見して呆れました。

 

今回のは、5年以上も疑いなく考えていたことでした。

 

しかし、先週末に別な角度から観たときに、

矛盾が出てきて「もしかしたら、根本の考え方が違ったのかも?」

と思い”これは固定概念に縛られていたんだ”

と気づき唖然としてしまった。

 

業界に深入りすると業界の固定概念に知らずに縛られて、

イノベーションを起こせなくなるから距離を置こうと

常々考えているのに、気づいたら縛られている。

 

そんな自分を発見して、まだまだ物事を

観る視点が低い事を突き付けられました。

 

これも日々のトレーニングだと思います。

意識しないとすぐに視線は下がってしまうもの。

 

だから日々、考える時間をつくるのは

大切なことだとあらためて思いました。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-04-25 07:12:00

トップの視点が事業を制限する

テーマ:リーダーシップ

昨日の部長会議を聞いて

「リーダーの視野が事業規模を制限している」

ことを強く感じました。

 

そして、私はグループ代表として

グループ内の誰よりも視野を広く

持たなければならない。と思いました。

 

何故ならば、トップである私の視点よりも

高い視点をもった社員が出てくることは

まずないと思うからです。

 

したがって、私の視点が低ければ

このグループの個々の視点もまた

低いということになります。

 

個々の事業部のリーダーも同様に

視点を高く保つことを心がけましょう。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-04-23 11:00:00

時間給で成果を図れない時代へ 2015.3.6

テーマ:過去ブログ

以前は、一人の従業員が1時間当たりいくつの

製品を作れるかで容易に成果を計ることができました。

 

しかし、知識労働者が仕事の大半を占めることになり

時間給で仕事の成果を計れなくなってきました。

 

もっとすごい事に、人により成果に大きな

開きが出るようになりました。

 

例えば、素晴らしいイノベーションで

1日で何億円も稼ぐ人がいる一方で

1日数千円~数万円の成果しか出せない

ままで終わる人も出てきます。

 

以前の肉体労働での生産効率は人により

2倍も違うことはありませんでした。

 

しかし知識労働者時代は、人によって生産効率が

2倍どころか10倍、100倍、1千倍以上の違いが出ます。

 

よって、長時間労働が生産力を上げるという

常識は崩れ始めています。

 

これからは、短い労働時間で高い成果を上げ

プライベート、リフレッシュ、体調管理や遊びの

時間を多く取れるビジネスパーソンがカッコいい

生き方として評価される時代になってきます。

 

そして、リフレッシュ、体調管理、遊びなどの

余暇の充実により、より一層の生産力向上が

起こる時代です。

 

肉体に汗をかくよりも、脳ミソに汗をかく

人間がカッコいい。そんな時代です。

 

しかし、この脳ミソに汗をかける人って

学歴とは関係ないように思えるのだが。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-04-22 11:00:00

メディテーションブーム 2015.3.11

テーマ:過去ブログ

先日、社員とお弁当を買ってきて

社内でランチミーティングをしました。

 

その時に、盛り上がったのが「メディテーション」

に関してです。(まあ、私が一人でしゃべっていましたが)

 

二人とも20代ですが、メディテーション特に禅に興味が

あるようで、「仕事のためにもメディテーションを覚えたい」。

と言っていました。

 

情報社会の中で、静かに座り内面と対話することは

ビジネスパーソンにとってとても大切な時間になっています。

 

40代以上の人であれば、禅に興味を持ちだしても

不思議じゃないと思うのですが、20代から禅に

興味を持ち始めているということは、今後日本でも

ブームになるかもしれません。

 

既に、アメリカのエグゼクティブはストレスリリース

のため、そしてグローバルIT企業の社員クリエイティブな

仕事のために当たり前のようにメディテーションを行っています。

 

身体と精神の調整、管理ということで

フィットネスとメディテーションは相性がいいと思います。

 

今後が楽しみです。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-04-21 07:14:00

会社規模と社会貢献度は比例

テーマ:ビジョン

今後、社会に貢献する事業が本業の

会社は大きく伸びるということです。

 

新しい事業モデルで社会に喜ばれる

を第一義と考えるような仕事です。

 

昔のような利益第一主義の発想をしている

企業はこれからますます淘汰されていき、

代わって社会貢献度により利益を

増やそうとする企業が増えていきます。

 

したがって、社会貢献度が高いことで

企業は大きく成長していくことができます。

 

社会から喜ばれるから、大きなニーズが

生まれ会社規模が大きくなるという流れです。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-04-20 07:22:00

可能性を制限しているモノ

テーマ:人財育成

本人の可能性を制限しているのは

才能では決してないと思います。

 

本人の可能性を制限しているのは

思考パターンです。

 

自分の才能の有無ではなくて

「そのくらいできる!」という

自分自身のことをどう思っているのかが

可能性の幅を決めています。

 

「自分なら、これくらいはできるだろうな~」

 

と考えるのか

 

「自分はこれは無理だわ」

 

と考えるかで結果はまったく違ってきます。

 

可能性を制限しているのは、才能ではなく

自分自身の思考であるとみなが気づけば

もっともっと大きなことができるのだと思います。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-04-18 07:21:00

健康リテラシーの向上

テーマ:ビジョン

PCが世界に広がった大きな要因は

コンピューターリテラシーが高まったからです。

 

同様に、健康に関するリテラシーが高まれば

もっと多くの国民が、健康に関する知識と

行動を起こせるようになると私は考えています。

 

今は、まだ、国民一人ひとりの健康に対する

知識が十分でない、もしくは断片的なので

適切な健康維持はできていないと感じますが

あるタイミングで大きく健康リテラシーが高まると

感じます。

 

ヘルスケア&スポーツ街づくりEXPO 2017年

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-04-16 11:00:00

組織の成長曲線 2015.3.12

テーマ:過去ブログ

成長曲線は4つの時期に分けられます。

「導入期」、「成長期」、「成熟期」、「衰退期」です。

 

「導入期」はなかなか成果が見えない時期

「成長期」は急激な成果が出て成長が見える時期

「成熟期」は一定の安定した成果が予想できる時期

「衰退期」は何をやっても成果が出なくなる時期

 

と私は解釈しています。

 

そして、これを今のSDBGの組織に当てはめると

導入期から成長期に入り始めた頃ではないかと思っています。

 

今迄は私や役員が「これこれを考えてほしい」と指示して

会議を行っていましたが最近は、それぞれの部署の

リーダーが独自に社員を集めて会議をしています。

 

その内容も、事業部内に留まらず会社全体のこと、

将来の事業に関して意見を交わしているようです。

 

「全員起業家経営」とは、すべてのスタッフが

当事者意識を持ち、会社全体と担当部署の

トップとして物事を捉えていくことです。

 

社員自ら、会社の将来、事業の将来を考え話し合い

実行し始めた組織を感じて成長期に入ってきたかもしれない。

 

そう感じたので書いてみました。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-04-15 11:00:00

成長曲線から未来を準備する 2015.3.13

テーマ:過去ブログ

成長期が過ぎれば、成熟期が来ます。

 

この成熟期にいち早くイノベーションを行い

次の成長曲線を描けるような戦略をたてて

衰退期を脱していかなければ企業の継続はないです。

 

これからの会社経営は商品力だけでは

経営できない時代になってきました。

 

商品力だけで経営していれば必ず成長曲線の

パターンと会社の成長曲線が一致してしまい

衰退期が来て会社組織はなくってしまいます。

 

そういう成長曲線という法則があるから先を見通せる。

だから今から準備を進めて衰退期の前に次の成長曲線を

つくれる組織にしていかなければなりません。

 

難しのはわかっています。しかし、できるかできないかは

社員一人ひとりの意識にかかっています。

 

予想してそれに準備する。

 

それも時間軸で視点が高いことを示します。

それはリーダーにとって一番大切な能力かもしれません。

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。