美容外科医のノート  室 孝明(東京&福岡 ヴェリテクリニック)

ツイッター
twitter.com/murology

- CONTENTS -
・其の一、 いつもキレイでいたい
・其の二、 最新治療&学会情報
・其の三、 ヴェリテお得情報
・其の四、 上手に手術を受けるコツ
・其の五、 お薦めDr.
・其の六、 私のこだわり

NEW !
テーマ:
英国のEU離脱により世界的に株価が暴落
しています。『英国ショック』と名付けられた今回の歴史的騒動。

人間はナショナリズムをかざされると扇動されやすい生き物であることを世界的に示した事件とも言えます。

そして72%という投票率(投票率80%での最終予想では残留派優位でした)はEU残留派の多い若者たちが悪天候のために投票に行かなかったことを示していたそうです。

{1DDD6C73-99A7-468C-939C-2746F6695530}

{1F913C4C-6AA2-43B0-911F-5491AD17CCE2}

様々な人が様々なことを言います。

リーマンショック以上の世界的不況が来ると不安を煽る人もいれば

私たちには関係ない話だと耳をふさぐ人もいます。


真実は何か、見極めるのはとても難しいと思いますが、日本ほど世界情勢に右往左往する国は他にありません。英国ショックで日本ほど株価が下落した国は今の所ありません。

これには円という通貨が安全資産と世界的に思われていることが根底にあります。そして円高⇨株安の構図が海外投資家たちの中で作られてしまっていることも問題です。

今の日本に対して、『なんか私たち損してない?』と思っている方は少なくないと思います。そしておそらくその方々は実際損をしています。

では損をしないようにするにはどうすればよいか。


それは選挙に行くことでしか解決できません。私1人の一票なんて、という人が何百万人もいるわけですから、皆が政治経済に関心を持つことが結果的に自分たちにとって損をしない結果を生み出すのです。

EU離脱の是非を問う投票に行かなかった若者はきっと後悔しているでしょう(またはこれから後悔する)。

国民投票の恐ろしいところはまさに時の運に左右されかねないところにあります。



日本でも改憲の是非を問う国民投票があるかもしれません。誰かの意見で自分の人生や取り巻く環境が全く変わってしまうリスク。せめて主張しないと損をしますよ。


まずは選挙に行きましょうね~












本美容外科医のノート本

おしまい

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)