いざ、大海原へ

テーマ:
宣言します。

今回のブログは長いよwww



さて、時は過ぎ、2020年。


日本は東京オリンピック・パラリンピック競技大会に沸いていて。日本


東京は世界中から注目を浴び、各国からたくさんの訪日外国人がいらして。アメリカ韓国フランスイギリス中国ブラジルドイツイタリアカナダ地球


すこーし景気が良くなっていたりして¥
たくさんの笑顔が溢れる年になるのかなぁカナヘイうさぎ


え?何を唐突にって?


もちろん、決まってるじゃないですか。









未来の自分達を描く妄想w












でもね。未来のことを妄想するのって、大切なことだと思うんだ。


2020年は3年後。
長いようで、あっという間の3年後。


Power of Smileは結成4年。


ほらね、あっという間。
すぐおっきくなっちゃうw


僕らPower of Smileは決して若くはない。


若くはないから、時間を大切に大切に使わなくてはならないんだ。


3年後、僕らは、何処で何をしているんだろう?


って考えがちだけど、それは違う。「何処で、何をしていたいか」だ。


少し、未来の自分達に想いを馳せてみよう。


I owe many things to your love
(私はあなたの愛情に支えられているのです)



これは、僕らが僕らであり続ける理由だ。とある、ファンの方から気づかせていただいた、僕らの存在意義。


だから、僕らは、この愛情にお応えするため、ありがとうの花束を届ける旅に出ることを決めた。


僕らの魂を込めた楽曲が風に乗って旅立ち、何処かの誰かの下へ届き、その人の心に寄り添うことができたなら、僕らにとって、こんなに幸せなことはない。


なら、ありがとうの想いが、すーっごく大きな花束になったら、とっても素敵じゃないですか?


よし。3年後、大きな会場でありがとうの想いを込めたライブが実現できることを、一つ目の目標としよう!カナヘイハート それには素敵な楽曲を製作して、たくさん風に乗せなきゃっ✉️ 風に乗せるとすると…ほら、3年間でやることが見えてきたよっ。


何をは決まったから、次は「何処で」だ。
ここで言う「何処で」はライブ会場の話ではなく、僕らの立ち位置のお話。


もちろん僕らのフィールドは、ここまで育ててくれた、Pure Wings Labelの力。
でも、その力をいただいてるだけでは、今と何も変わらない。


僕らPower of Smileは、現在もこれからもPWLを牽引する存在であり続けたいと思っている。


僕らはPWLのアーティストであり、スタッフでもある。


PWLを加速的飛躍に導くには、アーティストとしての成長だけではなく、Power of Smileがスタッフとしても成長していかなくては!


PWL 押田じゅんこ代表の志を、信念を、そして想いを学び、そして自分達の魂へと変える、これを二つ目の目標としようっカナヘイハートそうすると、3年間でやることは…



パワスマの戦略ってね、いつもこうやって妄想から描いてるんですw


大切なこと。

それは、


「なし得たいことを言葉にすること。」
「なりたい自分を強烈にイメージすること。」


なりたい自分達にしかなれないんだから。
そう教えてもらったから。僕ら頑張るんだ。


いざ、大海原へ。 
よっつの掌で、
しっかりとオールを握って。


大丈夫。
未来の扉への道は、
きっと光で照らされているから。

Power of Smileだから出来る。
2人で信じているから、出来るんだ。

{B338B13D-6543-47AE-B3BF-0749DAD7D638}


AD