Sat, May 25, 2013 08:26:51

Verizon向けMOTOROLA X Phone XT1060がFCC通過

テーマ:Android関連
Motorola Mobility製のLTE/CDMA2000/W-CDMA/GSM端末「XT1060」が2013年5月24日付けでFCCを通過した。

FCCIDはIHDT56PB1。

XT1060は下記の周波数でFCCを通過している。

782.0 MHz:LTE 700(B13) MHz
1712.5~1752.5 MHz:LTE 1700(B4) MHz
1715.0~1750.0 MHz:LTE 1700(B4) MHz
1717.5~1747.5 MHz:LTE 1700(B4) MHz
1720.0~1745.0 MHz:LTE 1700(B4) MHz
824.7~848.31 MHz:CDMA2000 800(BC0) MHz
1851.25~1908.75 MHz:CDMA2000 1900(BC1) MHz
826.4~846.6 MHz:W-CDMA 850(V) MHz
1852.4~1907.6 MHz:W-CDMA 1900(II) MHz
824.2~848.8 MHz:GSM 850 MHz
1850.2~1909.8 MHz:GSM 1900 MHz
2402.0~2480.0 MHz:Bluetooth
2412.0~2462.0 MHz:Wireless LAN IEEE 802.11 b/g/n
5180.0~5240.0 MHz:Wireless LAN IEEE 802.11 a/n
5190.0~5230.0 MHz:Wireless LAN IEEE 802.11 n
5210.0 MHz:Wireless LAN IEEE 802.11 ac
5745.0~5825.0 MHz:Wireless LAN IEEE 802.11 a/n
5755.0~5815.0 MHz:Wireless LAN IEEE 802.11 n
5775.0~5795.0 MHz:Wireless LAN IEEE 802.11 ac
13.56 MHz:RFID

モバイルネットワークはLTE 1700(B4)/700(B13) MHz, CDMA2000 1900(BC1)/800(BC0) MHz, W-CDMA 1900(II)/850(V) MHz, GSM 1900/850 MHzで通過している。

FCCの資料にはLTE 1700(B4)/700(B13) MHz, CDMA2000 1900(BC1)/800(BC0) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/900(VIII)/850(V) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応すると記載されている。

Bluetoothや無線LANの周波数でも通過している。

無線LAN通信はIEEE 802.11 a/b/g/n/acに対応している。

IEEE 802.11 acでは80MHz幅において最大433.3Mbpsで認証を受けている。

2.4GHz帯に加えて5.xGHz帯での無線LAN通信も可能である。

RFIDの周波数でも通過しており、NFCに対応していることが分かる。

XT1060は未発表端末の型番(モデル番号)である。

OSにはAndroid 4.2.2 Jelly Bean Versionを採用している。

チップセットはQualcomm Snapdragon 600 (APQ8064T)を搭載する。

CPUはクアッドコアで動作周波数が1.7GHzとなる。

ディスプレイは解像度がHD(720*1280)となることが分かっている。

コードネームがGhostとして知られていたスマートフォンに該当し、X Phoneとして発表されると言われている。

米国の移動体通信事業者であるVerizon Wirelessに投入される予定である。

FCCではラベルや端末背面図が公開されている。

$Blog of Mobile!!~最新ケータイ情報~

・FCC (MOTOROLA XT1060)
https://apps.fcc.gov/oetcf/eas/reports/ViewExhibitReport.cfm?mode=Exhibits&RequestTimeout=500&calledFromFrame=N&application_id=627824&fcc_id=IHDT56PB1
PR

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード