• 24 Feb
    • 富士山の日

      平日朝から御殿場へ。 雨だから、と、いつもより早めに出たのにもかかわらず、 自宅から2キロですでに事故渋滞。 すぐに迂回して、東名高速にのるも、雨で速度規制。 かまわず走っていたけど、牧之原あたりでかなりの大雨で、視界もかすみ、減速。 と、静岡手前で事故渋滞の表示。 やれやれと思ってたら、いきなり、前の車が急ブレーキ!   生まれて初めて、高速道路で急ブレーキ踏んだよー。 しかも大雨の中。 前に一度、ハイドロプレーニンク現象起こしたことがあって、 またか?と、ハンドル握りしめて足踏ん張った。   ギリギリぶつからずにすんだけど、 危なかったよー(T_T)   右車線に停車してる車があったんだよーo(`^´*) ビックリだよー。   事故渋滞とは関係ないとこで、だよー。 やれやれ。   で、そのあと、まんまと渋滞抜けるのに40分。   病院に遅刻の連絡して、なんとかしてもらいました。 (なんとかしていただき、感謝。)         さてさて。   そんな思いをして駆けつけたのに、今回のリハビリは、たった30分ほどで終了。 膝裏、腸脛靱帯の張りは、先週とうってかわって激減。 ほぐしてもらっても、なーんにも痛くない。 「ここばっかり使わなくなってきましたね」 と、ほめてもらう。   フロントブリッジで、しっかり背骨を下げてることを確認。 サイドブリッジも、なんとか合格。 四つんばいのラン動作。まだちょっと左右差があるか。   衝撃的だったのは、アンクルホップ。 「爪先で跳ねるのではなくて、土踏まずで地面をとらえて」 これが、できない。 見本見せてもらって、 両肩を押さえられて。   「しっかり腹に入っていれば身体全体であがってく。 爪先で跳ねると、腹に入らないでしょ?」 うーむ。 その通り。 いつもは、腹が揺れる(笑)。   脇から下を締めるイメージで跳ぶと、 足裏全体でもなんとかできるようになる。   「随分と背中が後ろにあるものなんですね~」と、言うと 「やっとわかってもらえましたか? 今までのDさんは、前に突っ込みすぎて、腰がひけてしまってる。 爪先ではなく、真ん中でとらえて」   その感覚を大事に、ランフォームへ。   「だいぶ良くなりましたね。この調子なら、3月中にリハビリは終了できそうですね」   嬉しいような、寂しいような・・・(笑)。     雨が上がることを期待して、病院を出て移動。 予定通り、温泉の駐車場に着くと晴れてきた。   走ります!   リハビリ室で言われたこと、確認しながら。   自衛隊の演習場の間の舗装されてない道。   S嬢や ひさやんとも 走ったことあったなー。 適度なアップダウンがあって、走りよい。   キロ7分半から、最後6分半。 16キロ、気持ちよく走れました。 途中、雲の切れた富士山仰ぎながら。 下り坂も、今まで前のめりだったことが、よーくわかった。 腹斜筋効かせることが、脇から走るってことなんだね。   休憩挟んだら、一瞬 かたまりそうになったけど、 アンクルホップの感覚思い出して、脇腹締めたら、 しっかり足裏にのれた!!     走り終わった後の、右足のもっさり感もない。 階段も下れる~!!     やった~!!         膝が変形してるおかげで、ほんとに正しいポジションでないと走れなくなった。 だからこそ、ここまでして、正しいポジション作りを指導してもらえる。   有難いです。   自分のものにしなくてはね。

      2
      テーマ:
  • 19 Feb
    • 御殿場フルコース

      御殿場の病院で ドクターの診察 理学療法士のリハビリ アスレティックトレーナーのパーソナルトレーニング ぜんぶ予約を入れてしまった1日。 大忙しです。 早めにジムに入って、自主トレ。 先週来の宿題エクセサイズに取り組みます。 ATさんとスタジオでラン動作の復習。 ドクターからは・・・・。 みっちり1時間。診察室で「ニュートラルポジション」の確認。 セルフイメージは、ずいぶん前よりだった。 そんなにのめり込むと、お尻がひけちゃう。 中足部の上に腰をしっかりのせる。 小指と親指に効いている。 その状態で、逆足は前後に自由に動けば、重心が安定してる。 かなり不安定だった右脚。方向が見えてきました。 さらに、右の肩甲骨回りの可動制限も 自分で動かして、肩の髙さを揃えてから 各エクセサイズに入るように、と。 ワイド(バレエ)スクワットでのポジション確認も 今までのやり方では 腹筋が効いてなかったことを指摘される。 下腹はずいぶんと意識できるようになってきたけど、 みぞおち部分がまだまだ効いてない。 「中丹田」 もうちょっと 意識していかないとね。 そして。 リハビリ室では、さらに負荷の髙いエクセサイズが待ってました~。 右の膝裏 ゆるめて整えてもらったあと、 まるで いじめか、と思えるような(笑) きつ~いエクセサイズがつぎつぎと。 1. 仰向けバタ足は、前回より、さらにバージョンアップ。 首の下に組んでいた両手を まっすぐバンザイ! 広背筋を効かせた状態で、腹筋きつくしめてのバタ足! 20秒×5セット。 これですでに死にそう。。。。 2。 サイドブリッジは、下の足を直角に浮かすバージョン。 10秒がマックス。左右5セット。 3. 壁ドン片足グッドモーニング(・・・とDはよんでいる) とにかく、右足で立つと、外側にのちゃうので、 しっかりと内側からハムと尻を効かせられるように、 壁に両手をついて、右足軸での片足グッドモーニング。 左脚を水平に後ろに上げていくのだけど、骨盤を水平に保つのが難しい。 5秒かけてポジションをつくったら、3秒キープ。 それを10セット。むちゃくちゃきつい。 4。 アンクルホップからの縄跳びポップ(・・とDはよんでいる) 膝を曲げずに、垂直ジャンプ。 続いて、縄跳びするときみたいに、肩の動きを推進力にして、 前へジャンプしながら進んでいく。 「ジャンプする力の6割は上半身」と PTさん。 なかなか くたくたになって 1日の病院内ツアーを終えました。 課題はたくさん。 「大丈夫!上向きだから、一喜一憂しないで」 と PTさんの言葉。 「ボクもこのニュートラルポジションがくるって、去年1年間は苦労したんですよ」 ・・・と、自らアスリートでもある ドクターの言葉。 4年も担当してくださっていたATさんとは、この春でお別れになってしまいますが、 振り返ると、何よりもメンタルを支えていただいてたなあ、と しみじみ・・・です。 大丈夫!大丈夫! と、自分で自分に声掛けしてあげながら、 今日もエクセサイズ がんばりま~す。 ぽれぽれ。  

      1
      テーマ:
  • 10 Feb
    • またまた・・・ふり幅大きすぎ??

      調子に乗って、エクセサイズ頑張っておりましたら・・・。 ははは。 もうちょっとで、ギックリ腰になるところだったわ。。。。 はぁ~っ。。。。 腹筋締めて、骨盤立てる・・・・と、 気をつけないと、反り腰になってしまうからね。 昨日、職場で 半日 台所仕事していたら、 午後に、ピキッときそうになりました。 あぶない、あぶない。。。 すぐに足裏からほぐして、腰回りを伸ばしておきましたが。 しばらくなかった、右のスネにも、打撃痛が走ったり。 右外側の張りが 抜けないのかな。。。。 ほどほどの加減を 自分でみつけていかないとね。 やれやれ。  

      1
      テーマ:
  • 09 Feb
    • トレーニングの効果

      ランのためのリハビリで 取り組んでいるトレーニング。   その成果を実感したのが、昨夜の合氣道の稽古でした。     少し時間があったので、稽古場へ向かう前に、 更衣室のカーペットの上で、宿題をすませます。     1 胸郭をポジティブストレッチでほぐす。   2 四つん這いになって、肩甲骨の下をしっかり押し込む。 ついでに、股関節を折りたたむ。   3 フロントブリッジ しっかりと 胸を落とす。腹筋締める。(めっちゃきつい)   4 サイドブリッジ 前かがみにならないように、胸を張る。(めっちゃきつい!!)   5 仰向けバタ足 下腹で 足を動かす。(きついきつい!!)   6 四つん這いで、片足を後ろに突き出す。 (体全体を一直線にしたまま動くことを 体に覚えさせる・・・らしい)   ふ~っ。。。     これをやっておくと、胸がいつもより前に出る。 ・・・というか、肩甲骨の下あたりが、しっかりと押し込められる。   腹筋をしっかり締めていないと、腹が突き出てしまうし、反り腰になってしまうので、 常に腹筋を意識してないと この姿勢は保てない。   でも、す~っと 肩が落ちると、すごく いい感じ。     朝の呼吸を繰り返して、丹田に気を集めてくると、 肩が下がってくるのがわかるけど、 その感覚かな。   しっかりと胸を張れてる状態で、舟漕ぎ運動や体裁きをすると、 脚に負担なく、身体を動かすことができる。   不思議だ~。       昨夜の稽古は、先週に引き続き、「足捌き」がメインだったから、 ちょうど良かった。   腰を落として、上下動しないで、 送り足。 継脚。 歩み脚。   うん。先週よりも 楽にできてる。     正座ができないので、いつも 膝立ちしてるのですが、 このときも PTさんの 「くの字にならない!」の声をリフレインさせて、 しっかり胸を張って、腰を入れて、腹を締めて・・・と。   ほぉ~。。。 なるほど。 膝への荷重をさほど感じないのに、前体重で安定する。   いつもは、腰がひけたまま、スネで踏ん張っていたから、 その姿勢からでも すぐには立ち上がれなかった。   うん。膝が 軽い。         上体が安定してくると、こんなにも膝の負担が軽くなるのかあ。。。   想像以上です。   トレーニングの効果を こんなところで感じとれるとは。     身体の軸が安定する・・・ことは、ランにも合氣道にも 日常生活にも とっても大事。   しっかり 頑張っていきましょう。        

      テーマ:
  • 07 Feb
    • 体幹を鍛えよ!

      御殿場リハビリへ。 日曜日にハーフマラソンを 時間内完走できとこと。 痛みの出た個所を 報告。 「Dさんは、調子が上がってから、少しずつ走ろう、という感じにはできないんですか~」とあきれられながら、 「だって・・・半年前にエントリーしちゃってたし・・・」と 小声でぶつぶつと 言いかえしつつ、しおらしく(?) 膝をみてもらう。 痛みの再現性がないので、はっきりした原因はわからない、と言いながらも、 たぶん、重心移動がしっかりできてなくて、膝でなんとかしようとしてたから なのでは、と。 リハビリ室の中で ランフォームチェック。 ベッド上で いくつかエクセサイズをして、体幹をしめたあと、 室内ジョグすると、 最初はガクガクしてた 左膝に、怖さがなくなっている。 「膝を伸ばそうとか、前重心になろうとか、頭で考えて テクニックでなんとかしようとしてるから、膝にきちゃうんじゃないですか」 「Dさんの膝は 曲がってしまってるから、そんなごまかしでは対応しきれないでしょう」 「自然な重心移動ができてくれば、膝には こない」 「そんなカラダに 変えます!」 いつものように、かなり強気なPTさん。 言い切ってくれるところが 頼もしい。 今回いただいた、体幹強化のエクセサイズ。 いつもやってた フロントブリッジ。 「はい。できてませんね」 「ほら、「く」の字になってる。 もっと、胸郭下げて! 腹!締めて! ケツ!締めて!」 ・・・容赦ないわ。 さらに、サイドブリッジ。 「ほらね。また、くの字ですね!」 「はい、腹!」 ぐぐぐ。。。 げげげ・・・ 絶対できそうにない 腹筋だけでやる 腹筋。 見本みせてくれたけど・・・・。 絶対無理だわ。。。(笑) 御殿場の夜、寒いのに、リハビリ室の 屋外の廊下で ランチェック。 腕振りと、腿上げと 重心移動。 何度も繰り返し、その度に 脚が軽くなってくるのがわかる。 「Dさんは、走りながら調整していった方がいいみたいですね」と、 お許し(?)いただき、 宿題たくさん出されて、今回のリハも終了。 走っている時に、身体が一直線になるように。 上半身の使い方が大事。 胸郭をやわらかく使って、 腹筋でカラダの中心を保つこと。 こうやって、文字に書くと ずっとずっと言われ続けてることではあるけど、 自分の身を以て、「わかる」までには、ほんとに時間がかかる。 「セルフイメージが違ってる」との指摘通り。 できてると思ってた フロントブリッジ。 「くの字になる、この姿勢が正しいと 自分の中でイメージされてしまってる」 ほんとに その通りだ・・。 修正して、繰り返して。 諦めないぞ~~!!  

      テーマ:
    • 森町ハーフ 完走できました~!!

      日曜日のことですが。 森町ハーフマラソン、なんとか 時間内完走ができました!! 2週間前の一色ハーフでは、10キロの関門にさえ間に合わなかったし、 そのあとの15キロ走でも、キロ7分半で精一杯だったから、 今回の 「制限時間2時間30分」・・・ちょっと難しいかも、と 正直思っておりました。 この1週間、調子は上向きだけど、 練習で走っても、3キロで沈没・・・って日もあったし、 まあ、走ってみないとわからない・・・という。。。 早めに会場入りして、入念にウォーミングアップ。 上半身の位置を正して、腰から前に出ることができるように エクセサイズを繰り返しておく。 いい感じ・・・で、スタートしました。 走りだして・・・ うん、いい感じ。 ひとり ぽつん、と最後尾・・・だった 一色の時とはちがって、 まあまあ、お尻の方のグループの波にのれてます。 ・・・が、それも3キロまで。 しゅるるるる~・・・・っと ペースが落ちて、 しまいには、左膝が痛くなってきた。 踏み込んだときに、支えられずに、皿の下にくる。 う~ん。。。。 5キロくらい走って。 これ、練習だったら、もうあきらめて歩いてるね。 右脚にもうまく「のらない」し。 あれやこれや、考えるのは 逆効果だとわかっていたから、 とにかく 気を紛らわそう。 幸いなことに、この大会は、もう15年くらいで続けているけど、 沿道の応援が ものすごく暖かくて、自然に笑顔になれるのです。 今回も できるだけ、沿道の方々とおしゃべりしながら(笑)行くことに。 意識していいのは、腹を締めることと、口角を上げること。 それだけ。 アクティ森までのゆるやかな上り坂で、 あまりに痛みが消えなくて、何度か立ち止まってしまったけれど、 「きっと、そのうち、良くなる。しっかり乗って走れるようになるから。」 「我慢、我慢!」と 唱え続けていく。 と、トップランナーが もう折り返してきた~!! 思わず 「ふぁいと~!」と 声をかけている。 つ、つい・・・クセで。。。 あ、次々、ランナーが来た~!! 「ファイト!」 「ナイスラン!!」 ・・・と、続けていたら、なんだか 気が紛れる・・・というか、 気分が前向きになってきた。 調子に乗って、どんどん声をかけ続けていく。 なんてったって、心肺機能には、まったく負荷がかかってないからね(笑)。。 そうしていたら、ご褒美のように、知り合いのランナーさんが Dのことを見つけてくれて、 次々 声をかけてくれた。 ブラインドランナーのNさん 高速ランナーの 池さん、Yさん。 小笠山の面々。 ワッキーも 「足だいじょうぶ~??」と声掛けしてくれて、 そのときは、にっこり 「うん!」と言えた。 「背中を押して」くれるはずの 山草人さんは、 すれ違いのときに しっかり「完走しろよ!」と ハッパかけてくれた。 M塚さんや、GAKUさんや、うっちゃんや いつものみんなに出会えて、ものすごく気持ちよくなる。 なんだか、このまま行けちゃうんじゃないだろうか。 やっぱり、さっき、あきらめなくてよかった~。 と、いい感じで、折り返しへ。 ここから下り基調だから、さらに調子が上がるかな、と思いきや、 こんな下りでも、足がついてこない。 およよ。。。。 もう、すれ違うひともいないから、さびしい一人旅。 後ろには・・・ お二人くらい? 遙か前の方に、4~5人走ってらっしゃるか?? ペースをさらに落として、とにかく ゆっくりでもいいから、 「走る」。 時計は 壊れたまんま、つけてない。 無い方がいい。 へたに、タイムをおいかけて、無理をするのは良くない。 アクティ森までの 長~い ゆるやかな 下り坂。 試練のランでした。 これが、ウルトラだったら、絶対あきらめんだろう?? そう思いながら、 でも、「無理はしちゃいかんから、痛くない程度にゆっくりと」と言い聞かせ。 ほんとに、ゴールまで たどりつけるんだろうか?? 途中で拾ってもらった方がいいんじゃないだろうか? ちらちらと、そんなことも頭をかすめてたら・・・。 アクティ森近辺で、 沿道の方々が、 雨が本降りで 寒い中、最終ランナーをちゃんと待ってて下さっていて、 私(たち)の姿が見えると、大声と笑顔で 精一杯の声援を送ってくださる。 も~。。。まいっちゃいます。 笑顔でこたえるしか、ないでしょ~。 その後も・・・・。 コース誘導のスタッフの方々も、 ほんとに寒さに固まりながら、「がんばって!」と声掛けしてくださるし、 「あれ?まだ走ってる人いたの?」って雰囲気もあったけど(笑) みんなみんな「待ってるよ」って感じで。。。。 だから、森町のレース、やめられません! 時間がどんなんだか さっぱりわからないけど、 途中関門がないので、時間外でも、とりあえず、ゴールまでは行かせてもらえる。 まあ、結果はどうであれ、私は 今の私の 精一杯で この声援に応えなくちゃね。 不思議なことに、15キロを過ぎたあたりから、 また、だんだんと 身体が「乗ってくる」ようになった。 いつもだったら、ラストスパートで快調にとばす 川沿いの小道。 いつもの民家の方々が「今年も走ってくれてありがとね」と。 いつものように「来年もよろしくお願いします」とお伝えする。 森の街中の 角々で、まだまだ応援の人が立っててくださる。 ここを、ともかく 今、痛みなく走れることに感謝して、 もう、笑顔がとまらない。 足も、快調!! 最後のエイド。 スルーして、この調子で行ってしまおうか、と思ったら。。 カッパをきた ずぶぬれの高校生たちが、 「がんばってくださ~い!」 「どうぞ~!」と ずら~っと並んで 紙コップを出してくれるので、 思わず、近寄って、 いちばん、大きな声で、とっても素敵な笑顔で迎えてくれた女の子から 紙コップ 受け取りました。 思わず 「キミの笑顔に カンパイ!」な~んて声かけたら、 ウケてくれて・・・ありがたかったわ。。。。 残り2キロくらいのところで、走路脇にあった店頭の時計をみたら、 11時48分くらいだった。 あ!もしかして、制限時間に 間に合うかも?? とはいっても、これ以上、ペースを上げるのもしんどいので、 「腹!腹!」と言い聞かせながら、しっかり腕を振って、ゴールに向かいます。 最後の直線で、山草人さんが 「よし!時間内完走だな!」と 声をかけてくださいました。 ・・・これが、野辺山だったら・・・と、思い描きながら。 これが、ともかく、今できること。 できたこと。 この成果を大事にしよう。 笑顔いっぱいで ゴ~~~ル!! タイムは、2時間26分台でした。 間にあった~!! 振り返って、おじぎしてたら、 うるうる・・・・。 なんだかこみあげてきてしまいました。 走らせてもらえたこと。 走りきったこと。 よくやった! 完走賞をいただいて、ずぶぬれで歩いてたら、 とっくの前にゴールしてた うっちゃんと SPさんが 雨の中、傘さして出迎えてくれました。 「よかったね~!!」と声かけてもらえて、 またまた うるうる。。。。 うっちゃんも SPさんも 走れないときを経験してる方々だから、 どんなタイムであれ、「走りきれた」ことに 一緒に祝福を贈ってくださってるのが、しみじみ伝わって、 雨の中、ほんとに冷たい雨の下、とっても幸せな気分でした。 もういちど、走ることの楽しさ、教えてもらった気がします。 みなさま、ほんとに 感謝です。  

      2
      テーマ:
  • 03 Feb
    • クロストレーナーで1時間

      昨夜、ジムにて。 いつものエクセサイズのあと、またまた クロストレーナーへ。 ま、20分くらいでいいかな~と乗ったのですが、 テレビみながら、くすくす笑いながらペダルを踏んでいたら、 1時間! たっていました。 スピードどうやって計算してるのか??? 上下動があるから、トレッドミルよりも、負荷は少なく感じるんだけど、 ペースは上がってることになってる。 一応、マシン上では、1時間で10キロ弱・・・らしい。 ほんまかなあ? 前体重が、しっくりしてきました。 股関節から下、すごく動かしてるんだけど、 横のガラス窓に映るのを見てると、上半身の上下動は、ほとんど なし。 いいのかな? レッグプレスで、片足ずつ15キロ。 右がやっぱりきついのですが、それでもなんとか お尻を使って押せるようになりました。 森町でキロ6分半・・・・いけるのか??? ま、無理せず無理せず。 ぽれぽれ。  

      1
      テーマ:
  • 30 Jan
    • やっと15キロ。

      なんとか、15キロまできました~。 ひとりで(笑) 走れる距離。 2時間かかったので・・・ キロ7分半。 これじゃあ、また ハーフの関門にひっかかちゃうけどね(笑)。 痛みなく、変な負荷なく、へこたれず、走り終えました。 よくやった。よくできた! 今回の不調は、なかなかの底辺まで落ちたので、 こうやって、浮上している感じ、素直に喜べます。 去年だったら 「たった15キロしか まだ走れない」てなふうに 思ってただろうね。。。。 今日は、ジョグでも しっかり「乗れた」し。 走ったあとの クールダウンに、いつものエクセサイズもう一回やって、 リセットしたし。 腰と、膝周りの どよ~んとしたものが ない!! あと1週間。 森町のハーフは、なんとか完走したいもんなあ。  

      2
      テーマ:
    • 仙骨と骨盤

      雨の休日。 外に走りに出られないので、部屋でトレーニング。 今日、明確にわかったのは、 「仙骨(の少し上)を 前に突き出す」 ・・のと 「骨盤を前傾させる」 ・・ の違い。 2年ほど前に、ドクターから 「厳密にいうと、違うんだけどね」 と、何度か言われてました。 ずっと・・・よくわからないままいました。 今日、課題のエクセサイズやりながら、 ああ~・・なるほど~・・・ ・・・・まあまあ、身体で理解するのに、2年かかるのね、アタシ。。。。(笑) ずっと、「骨盤の前傾」を頑張ってた頃、とっても「反り腰」でした。 腰にばかり負担が入ってしまってた。 腹筋が まるで効いていなかったのも 一因。 別の表現で 「丹田を意識する」 って、よく使いますが。 この「丹田」の位置が まずもって、よくわかってなかったっけね。 今は、なんとなく、臍下と仙骨の真中に まあるい球体があって、 それをぎゅ~っと 挟み込みながら 押し包むようなイメージ ・・・ 持てますけど、 以前は 単に、臍の少し下だけを意識するだけで、仙骨側が効いてなかった。 座位でも 寝てる骨盤を起こして、仙骨をちょちょいと押し込む。 この感覚、わかるようになってきました。 Dの場合 「骨盤を前傾」のイメージで動くと、腰全体が前に出てしまって、 上半身で支えられない。 腹筋では抑えきれない。 「仙骨」なら、骨盤の中で、腹筋で締められる・・・・そんな感じかな? 思い出すと・・・・。 これ。 2年半前の伊豆トレイルの前日。 修善寺から松崎の移動バスの中で、補助席しか空いてなくて、 しかも 背もたれが壊れてて、背中を預けられなかった。 2時間も乗車してるのに、きついなあ、と思いながらも、 そのとき、ドクターに教わったばかりの「仙骨のちょっと上を前に押し込む」 を意識して、ず~と頑張ってたんだね~。 そのときは、我ながら、馬鹿だねえ、くらいに思ってたけど。 その翌日の 本番では、痛み止めを服用していたせいもあるけれど、 股関節がしっかりとたためているのが、よ~くわかりました。 下り階段が ず~っと続くようなトレイルでも リズミカルに股関節回して、体幹しめて・・・って イメージ通り、身体が動いていた。 あの動きができたのは、痛み止めのおかげだと・・・ずっと思っていましたが、 そうではなかったのかも。 だから、ダメージ大きいはずだったのに、翌月の奥j熊野の100キロも 完走できたのかもね。 できてたことを「痛みどめ」のおかげだと勘違いしてた?? 少しずつ、復習しながら、自分の身体に落とし込んでいきましょう。 ぽれぽれ。  

      テーマ:
  • 29 Jan
    • 考えすぎないようにするには・・・。

      え~。。。 Dのトレーニングランの テーマが 「考えすぎないこと」 もう、大分前から、ことあるごとに、いろんな方々 (ドクター、PTさん、ATさん、治療家の方々、 ラン仲間、etc...)から 言われ続けていました。 でもさ~。 うまく走れないとき、なんでかな? って思っちゃうし。 「こうしたら、もっとうまく走れるか?」とか 「ここの筋肉使わなくちゃ」とか、ねえ。 意識すると、そこの筋肉が働き過ぎたり、 周辺筋膜が固くなって、いい結果にはならない・・・と わかってはいるんだけど。 そんなとき。 合氣道の稽古をしていて、思いました。 あ! 三昧だ! 合氣道の稽古に 「三昧稽古」というのがあります。 めったにやらないけれど、 同じ技や 同じ動きを、延々と繰り返すもの。 頭が空っぽになって、身体が自動的に動くまで! そんな状態になればいいんだ!! で。昨日、試してみました。 自宅でウォーミングアップがてら、一通りのエクセサイズすませて、 さあ! と、走りだしたら、う~んん。。。。 右膝裏も 左膝小僧下も 痛くて走れない。。。 15キロ、無心で走るつもりが、3キロで撃沈。 とぼとぼと歩いて帰ってきました。 思いのほか、筋肉疲労があるのか、 うまくいかない理由をあれこれ考えてしまってるのか。。。。 さて。 今日、再び、そのリベンジです。 今日の、秘策は! ワッキーを呼んじゃいました~(笑)。 やっぱ、誰かとしゃべってないと、だめだわ~(笑)。 ひとりでウォーミングアップをすませたあと、 片道4キロのコースを往復。 たった8キロですが。 キロ7分強のペースですが。 ひさしぶりに、練習でしっかり走れました。 それでも まだ、一色のレースで感じた、 あの 「のってる」感がありません。 あの感覚を しっかりと身に付けないとね。 それにしても。 感謝です。ワッキー。 高速ランナーさんに、こんなゆっくりジョグ お付き合いさせてしまって。。。 ありがと~!!  

      テーマ:
    • 陥入爪を自分で治す【完結編】

      数か月前に、右足の陥入爪について書きましたが。 以前の記事は、こちら。 その1 その2. 最近・・・・はい。 治りました~!!! まだちょっと爪の先っちょが でこぼこしていますが、 肉につっこんでいる部分は はい。 ありません! どうだ!! あの形成外科のドクター 言ったわよね。。。 「切って生えてこないようにしたらどうですか?」 ・・・しなくてよかったよ~~~。 ポイントは。 糸ようじ(の後ろのとんがってる部分)で、ちょいちょい ピンピンとひっかけること。 根気よく、自分でやれば、治ります! よ!  

      テーマ:
  • 28 Jan
    • 上半身のバランス。

      プチ登山のあと、一路 御殿場へ!   いつものリハビリ室にて、 「少し上向いてきてると思います」と報告。   ハーフマラソンは、10キロの関門にひっかかってしまったことも(笑)。。。   「痛くて走れなかったのではなく、時間が足りなかったなら、オッケーですね」と言ってもらえて、その気になる(笑)。   さっそく、ランフォームチェック。   下半身のバランスは、ずいぶんよくなってきているとのこと。 左足にも乗るようになってきてると。   「左は膝小僧の下が、右は膝裏が痛いんですけど」と伝えると、 「左右の働きが逆転してきた証拠だから、大丈夫」とのこと。   さあ。 次の課題です。   左の腰の可動域が狭いので、これを改善すること。   前回からストレッチは続けてきましたが、 さらに、もうひとつ、お尻に直に効くストレッチを追加。   右は 腸脛が張っているので、これは、ゆるめるように、と。   何度も確認したけど、   右は 「張ってる」。 左は 「カタい」。 まったく違うそうです。   ははは。   ずっと右を問題視してきたけど、左の方がカタかったのね。。。   で、右がカタいのは、背中から肩。   右腕を後ろに振っても、体幹と連動してこない。   ということで、背骨の脇の筋肉を動かすエクセサイズ追加。   これは、右だけやると また極端に偏ってしまうのが予想されるので、 左右均等に、との指示。   はあ~。   どうも、やりすぎる傾向にあるのを 見透かされてる。   長いお付き合いだからね。。。。       ずっとずっと、「課題」は課題のまんま 持ち越していたのですが、 今回のリハビリで、 着実に1こずつ、つぶしていってる感じがあります。   あれやこれや、頭ではわかっていても、身体を修正していくことは どこから始めていいかわからないまま・・・って感じだったのかな。   ランには なかなか反映されなくて、もどかしい気分もあるものの、 焦らず、無理せず、言い聞かせるのみです。   で、今回も、釘をさされました~。 「意識してポイントを強化するのは、エクセサイズをやるとき。 走るときは、余計なことを考えずに、リラックスしてくださいね」   ははは。 難しい宿題だあ。。。。   ぽれぽれ。  

      1
      テーマ:
    • 満観峰ぷちぷち登山

      平日休みに、またまた ひさやんとの ぷち登山。   ってか、お手軽ハイキングですが。   今回は、焼津の満観峰。   2年ほど前に、ふたりで行った時には、静岡側から縦走したのですが、 今回は、プチで行きたかったので、花沢の里からのピストンです。   日本坂峠を経由して、山頂まで1時間半ほど。 ゆっくりゆっくり登りました。   今回も、お天気に恵まれて!   風もなくおだやかで、山頂からの景色もすばらしい!     さっそく、山ごはんです。 (メインはこれ!)   今回のメニューは、餃子鍋。     適当に切ってきた野菜と餃子と、適当にミックスしてきたスープの素を投入!     鍋いっぱいに、野菜たっぷりのお鍋。   〆は、お結び2個を投入して、雑炊に。   お結びにまいていた、舞阪ぶち海苔が じつに美味しかったわ~。   で、ゆっくり下山して、花沢の里の 古民家カフェでまったり。       ジャスミンティーとネーブルケーキをワンコインでいただきました。 とっても美味でした。   存分に満喫して、14時には解散。   今日は、下山で少し右足が固まった。。。。   さあ。御殿場へ向かわなくては!    

      1
      テーマ:
  • 24 Jan
    • クロストレーナー

      ジムにて。 トレッドミルとか、有酸素系のマシン・・・ 嫌いです(笑)。 屋外を1~2時間 ・・・走るのは (痛みがなければ) なんにも苦にならないのですが、 ジムで 淡々と 黙々と マシンの上で走ったり、 ペダルをこいだり・・・ まったく 苦手です。 だから、あんまり トレッドミルでは 走らないのですが・・・。 最近、クロストレーナーに 少し乗ってみることがありました。 前後 上下に ペダルが動くやつ。 ず~っと・・・・ なんで、このマシン、取っ手の部分、こ~んなに前にあるんだろう??? ・・・と 思ってました。 うんと手を伸ばさないと、届かないんだもん。 2週間ほど前に、御殿場のジムで、これ、やってたとき、 はた、と気づきました。 あ! アタシが 後ろに居るのか?? そんだけ、後ろ重心だった・・・って ことです。 ジムの担当トレーナーさんと リハビリ室の担当PTさんに そう報告したら、 ふたりともに 笑われてしまいましたっけ。。。 で、今日は、リベンジです! 股関節の動きを確認したあと、いざ! 最初は、取っ手にもたれかかるような勢いで 前重心に。 お尻を意識して、股関節を回転させて。 あ~。。。やっぱり。 これだけ、取っ手の上の部分、持てるようになるんだわ~。(笑。。。) まだまだ 右脚の足裏が しっかりしませんが、 重心位置だけは 修正できたかも。 それと。 今日、気がついたのは。 今まで、PTさんから 「右のお尻が ぷりっぷりと外に突き出して歩いてる」と言われてました。 でも、先日の一色ハーフでは、足元の影を見ると、 左の腰が ぷりっぷりしてたんですよ~。 おっかしいな~?? で、今日のジムで 検証。 は~。。。なるほど~。 右の股関節 回そうとすると、左が突き出ちゃうのか。 つまり、右は仙腸関節の中で動いてるのではなく、 骨盤で回してしまってる、ってことか。 う~む。。。。 まだまだだなあ。。。。 だから、昨日の接骨院で 「左の大腿前と付け根が張っている」と いうことになっちゃったのかな??? まあ、2週間で獲得できるようなら、3年も苦労しないよね。 地道に コツコツいきましょう。 ぽれぽれ。  

      3
      テーマ:
  • 22 Jan
    • 一色ハーフ「参加」してきました(苦笑)。。。

      なんとか10キロは走れるようになったばかりなのに。 今日は ハーフマラソンの大会にエントリーしてた。。。(汗。。) 仕方ない。ま、行ってくるか(笑)。 万が一、調子がよくて 完走できるかもしれないし?   足の調子は・・・・。 金曜の夜の 合氣道の師範稽古が かなり効いていて、大腿と下腿に うっすら筋肉痛。 筋肉張ると、膝がこわばってくるのが、Dのパターンです。 土曜日の朝、10キロラン・・・してみたけど、足が重くて思うように動かず、7キロで撃沈。あとは歩いて帰ってきたっけ。   で、今朝も やっぱりこわばりはあったけど(特に左ひざ!)早めに会場入りして、ウォーミングアップのエクセサイズをひととおりやっておく。 股関節は、まあまあ、動くから、なんとかなるか?? アップで少し走ってみるけど、左ひざが がっくがくだあ。。。  少し気分が上がったのが、靴をはいたときかな。 いったんはいてみて、右足がやっぱり緩いので、紐を締めなおし。 しっかり踵をホールドさせるように、きっちり履く。 うん。バッチリはまってる。いい感じ。  高いお金出して 習ってきた「靴の履き方」。実は、しっかり履くのって、かなり難しい。 今日は、できた感ありました! 実際・・・・最後まで、ぶれることなくフィットしてました。いつも、右の踵の外側にできる靴ずれも、まったくなし。   さてさて。 ランの方ですが・・・・。 走り出しから、すぐに最後尾です。。。。 3キロくらい、まったく走れる感じなく、ごまかしごまかし。。。。 4キロのエイドで すでにトップランナーが帰ってきた。 げげげ! ここ、復路は10キロ地点。 私が4キロ走る間に、10キロ走ってきた人たち・・・・ どっちがすごいのか?? 土手に上がって、少し向かい風を受けながら、淡々と進みます。 2000人くらい走ってるはずなんだけど、ほとんど ぼっちラン(笑)。 でも、1キロごとに、地元の女子高生(中学生??)が、黄色い声でむちゃくちゃ応援してくれるので、テンションさがることなく、行けます。 ありがたいわ~。 土手を下りてから、やっと調子が出てきたような。ウォーミングアップ長すぎ~。。。 とりあえず、10キロまでは、無理せず行こう、とのんびりしてたら・・・・10キロエイドに到着したら「残念でしたね。関門です」だって。 ありゃりゃ。。。。 10キロ関門が、1時間15分。2分間に合わなかった。。。。 そりゃそうだ。キロ7分半で走れてるわけないもんね。。。。 でも、とっても元気だったので、チップ外して渡しながら「まだ行ってもいいですか?」と確認。「どうぞどうぞ。でも、規制解除するので、気を付けて」と言ってもらえる。 よし! 皮肉なことに、そこからペースアップ。 歩道を走ってると、もうだいぶ前にゴールした人たちが、駐車場に向けて反対から歩いてくる。かきわけかきわけ・・・。 それでも、なんとか、最後尾のランナーに追いついちゃった(笑)。 チップははずしたけど、ゼッケンはつけたままだったので、沿道の方々も 私がリタイアランナーだとは気づかなくて、懸命に応援してくださる。 たぶん、次の関門にも とても間に合わないだろうから、ゴールは17キロ地点だと思うと、気も楽になって、ちょっと加速。 不思議なことに、このあたりがイチバン走れたかな~。 股関節よく動いてたし、前半、あんなに乗らなかった荷重位置、ぴたっと決まってる感がある。 腰が落ちてるのがずっと気になってて、もっとハムとお尻を鍛えないと無理かな、と思ってたのに、荷重位置が決まると、腰もすっとのってくる。 肩の力も抜けてる。 すんごい、いい感じ! そのままの勢いで、17.5キロの関門まで 走り切りました。(関門時間に5分足りず) 結局、この7.5キロを 48分。 まだまだ元気だったけど、気が抜けたのか・・・・。関門エイドで少し食べてたら、左足が固まった。。。(笑) あれ?うまくニュートラルポジションに乗らない。。。。 仕方なく、ショートカットして歩いてく。 おかしいな、おかしいな、と思いつつ、最後の500メートルくらい、ちょっとスキップいれてみたら、もう一度、すっと乗れました。 う~ん。。 ピンポイントで 「ここだ!」というところで 着地していかないと、左ひざのセンサーが すぐに感知してくれるみたいだ。 いいだか悪いだか・・・・。 ゴールの裏手から会場に戻って、今日のランはおしまい。 完走証はもらえなかったけど、ちゃんと走れた、という手ごたえがあったので、終始笑顔でのランでした。   股関節を動かすこと。とくに、右。しっかり股関節を引き寄せておくこと。(伸びたままだから、腸腰筋がどんどん効かなくなってくるみたいだ) でも、左も思ったよりも足りないから、こっちもしっかりと。 コマネチラインを意識すると、自然に腕も振れてくる。 着地をつかむのは、足裏中足部。そこに腰をのせる。 足指は パー。しっかり中足部に乗ると、重心が 小指から親指へ何もしなくても送られてくるのがわかる。 これを・・・・ ほんの5キロではなく、100キロ!続けられる体にしていかなくては。  とりあえず、来月あたまの 森町ハーフ。 今度は、きっちり完走したい!      

      2
      テーマ:
  • 17 Jan
    • 10キロ走れるようになった~!!

      今日の課題は、10キロ! ウォーミングアップとして・・・ この3週間に教わったこと PTさん、ATさん、ドクター、インソールマスター・・・ み~んなやってみた(笑)。 特に、やりにくくて、やった感があったのは、ドクターの講習会でやったばっかりの 骨盤動かし。 正確には、骨盤ではないのかな?(骨盤の中で、仙腸関節を動かす??) だいたいが、まず、座位で骨盤を立てられないもんね。 そこからスタートだよ。 最近、腹筋(といっても、いちばん負荷の少ないクランチだが・・・)を毎日やってるせいか、腹筋はすぐにいれられるようになってきた。 しっかりと骨盤を立てて(仙骨のすぐ上をぐっと前に突き出して、腹筋で締める)スタートポジション! 長座位から このポジションで、骨盤ウォーク。 右のお尻が ゴリゴリ鳴るし。。。。 で、体育座りからの、腹斜筋ねじっての同じ動き。ダイナミックに。 これも、右を前にすると、できない。 でもでも。 何度もやっているうちに、だんだんそれらしくなってくる。 左の腹斜筋のストレッチ。 右のお尻に 負荷を入れて。 バックランジで 股関節の折りたたみ方を学習させて。 外に出てからは、片足スキップ。 で、よし!  なんとか、10キロ、痛みなく、力脱けなく、へこたれ感もなく、無事に走り終えました~!! 走っているうちに、だんだんと身体も温まってきて、後半の方が走り良かったかも。 アームラインを意識するのも やってみました。 外側にする(小指を手のひらに寄せて、肩甲骨はクロールの動きをイメージ)と・・・最初は腕の振りに違和感があったけど、うん、なんとなく推進力が出る感じ。 で、アームラインを内側にする(握りこぶし状に握って、腕をまっすぐ後ろに引き、内側に戻す感じ)と、重心が後ろに残って腰が落ちてくる。 ふむふむ。。。。  いろいろ意識すると また固くなるので、今日はこのくらい。 今のDの課題は。 1 右のお尻を機能させる。2 普段の姿勢から、骨盤を寝かせないように心がける。3 左右ともに、腹斜筋をもっと使えるようにする。4 右の股関節をしっかり稼働させる。 そうすると、たぶん、もう、スネには入らなくなってくるはず。 その上で、ドクターとT平さんが言っていた、小指球に荷重ポイントを置くことを意識していくといいのかな。 1年くらい前に、この話を聞いたときには、外側着地=外側荷重を善しとしてしまって、外側ばっかり使ってしまうクセを 増長させてきたんだと思う。 その前の1年くらいは、しきりに 親指側にはいらない!、と親指に無茶苦茶 チカラ入れてたしなあ。。。。(何度も爪をはがした・・・) 小指側から親指へと 流れていくラインができてきてはじめて小指荷重ができるんじゃないかな、と思う。    以下、余談。 合氣道の「朝の呼吸」。踵をつけた状態で、吸ってつま先立ち。吐きながら 戻る、というもの。 これを しばらく親指で立とうと懸命にやってきたけど、このラインは ふくらはぎを酷使しすぎてたんだね。 しっかりと小指を機能させて パーで踏んばる方がより安定するように思う。 T平さんが、「走るときの足指は パー」と言ってたのが、ついこの間まで、まったく理解できなかった。私は、ずっと ぐーだったから!この感覚が そうなのかもね。。  まあ。。。。 年単位で トライ&エラーしてるけど。どんな失敗も ぜんぶ自分の経験になってるし、自分で考えて、間違えて、身体がうまく動かなくて、また修正して、を繰り返してるから、わかることも 少しずつ増えてきた。 焦らず、焦らず。。。 ぽれぽれ。  

      1
      テーマ:
  • 15 Jan
    • スポーツ整形Drによる「ウォーキング・ランニング」講習会

      御殿場の病院のジムを会場にして、スポーツ整形のドクターによる「ウォーキング・ランニング講習会」に参加してきました。 Mドクターに診てもらって、もうすぐ 丸4年です。 ず~っと 同じことを言われ続けている(と思う)のですが、ず~っと トライ&エラー ・・・えらー。。。 持ち帰って実践するのは、難しい。 今日は、同じく3年以上お世話になっている インソールマスターのTさんの実習もセットだったので、内容は とっても濃くて充実していました。 私と同じ立場の「患者さん」も多数参加されていて、みなさん、試行錯誤しながら、少しでも良くなりたい、という意欲は共感できて、思わず、3年前の 初めてのワークショップを思い出してしまいました。 さて。今日の、講習会の内容といえば。 肝心なことは、2つ。 ○正しい姿勢=ニュートラルポジションを常にとっていること。○スムーズな重心移動を獲得すること。 ・・・ニュートラルポジションがすでに崩れていたDですから、スムーズな重心移動・・・まったくできてませんでしたね。 足関節の細かな働きについては、まだまだついていけないところはあるのですが、 着地する際の「踵」=踵骨=は、その上にのっかっている 大きな「脛骨」より少し外側にずれていて、だから、踵のやや外側に重心を感じることが、正しい位置なのだと。 だから、荷重軸は、外側にある。 拇指球でジャンプするのではなく、小指球で。 マイケルジョーダンも ボルトも 小指側に重心をのせている、と。 実際に、やってみる。拇指球重心で後ろに下がると、お尻が突き出る。小指側にのせると、安定して、上半身もしっかり保てる。 その前提として大事なのが、股関節の可動域。しっかりと外旋・内旋ができないと、動きを伝えられない。 実際にやってみる。「コマネチ」ラインを意識して、股関節をたたむ(引き込む)ようにして、外旋動作を生み出す。 Dは、これ、右側ができない。 地道にやっていくと できるようになります、と Tさんに励ましていただく。 最後に、歩くときと走るときの アームラインの違いを体感。 これは、合氣道でいう、「腕の外側」を使う、というのと一緒だ。(と、あとで、Tさんと確認) すでに、6月にTさんから教わっていた内容でしたが、こうやって、同じ立場の方々とご一緒すると、お互いに刺激し合って、理解が深まるような気がします。 そして、この半年。 意識しすぎて、過剰な動きになっていたことが、今の不調にもつながっていることを再確認。 またまた 再修正かけてるわけですが・・・・。 まあ、仕方ない。Dのことだから、身体でわかるのに、人の3倍時間がかかるのよ。。。  股関節の引き込み方は、今、リハビリでやっていることだし、 その動きを出すために、足りないのがお尻の力で、それを発揮させるのが、今の課題。 道筋が見えてきました。自分の身体でも実感できるのが うれしいです。   今日は、講習会前に、ジムで5キロ走れたし。 少しずつ、少しずつ・・・です。  ぽれぽれ。   

      1
      テーマ:
  • 12 Jan
    • 「光が見えてきましたね」

      リハビリ登山のあとは、その足で、御殿場へ。 夕方から病院でリハビリ。 この1週間の報告をします。 疲れは残るものの、着実に動ける距離と時間が伸びてきていることを確認。 リハビリ室で、歩行とランフォームチェック。 「いいですね。だいぶよくなりました」 PTのSさんがおっしゃるには、Dの歩き方・・・ 右足が外へ外へと傾いていくから、常に腸脛とスネが張ってくる。 左足は、それを支えようと、内側に寄ってくる。 腰がくっと右に突き出しながら、右足を振り回して歩いてるのね。 先週までは、着地の重心位置を修正したから、今日の課題は、股関節の動き方を 左右逆転させること。 ふむふむ。 左の腰回りの可動域を広げるために、調整してもらったあと、右は、お尻にしっかりと入るようなエクセサイズ。 ベッドに上半身だけうつ伏せになって、骨盤から下は、床に。肩の力ぬいて、息を吐きながら 右足だけ後ろにあげてきます。 お尻の内側にむちゃくちゃ効く。 それやったあと、歩くと、なんだか ふわふわして、今までの歩き方とは まるで違う感じです。 「いいですね! 新しいDさんが生まれたって感じでしょ?」 今日のSさんは、やたらと 「GOOD!」 「いいね!」と言って下さるので、こちらもテンションあがっちゃいます(笑)。 最後に、バックランジで 右の股関節をたたんだ感じを確認。 「3つのエクセサイズ、宿題です」といただいて、 あっという間にリハビリ終了。 「これで、右足が外を回らずに最短距離で送り出せるようになればあとは、徐々に距離を伸ばして、持久力を付けていくようにしましょう!」 おお~。いい感じです。 最後に、今日の質問!合氣道の膝立ちで、やたらスネが疲れることを報告して、もっと前重心になった方がよいのか、聞いてみました。 すると、意外な答えが。 「Dさん、重心が右足にのってますから、もっと左。」 え? そんなに左によせると、ものすごく左足ばかりに乗ってる感じなんだけど。 自分の感覚と、まっすぐな重心、こんなにずれてるのか。。。。 さらに。 「はい。お腹締めて。腰も突き出さないように。ここが真ん中」 ・・・と、Sさんが教えてくれたのが、まさに そう。 丹田 です。 おおおお。。。。このポジションかあ。。。。 今回も ルンルンで リハビリを終えました。 来週のハーフまでに、20キロ走れるようになるかなあ。。。。 まあ、無理せず、です。 ぽれぽれ。  

      1
      テーマ:
    • 「平治の段」登ってきました。

       平日休みに、ラン仲間のひさやんと示し合わせて 「どっか、低山ハイクしよう!」と。 選んだのが、興津川上流にあたる 「平治の段」。 富士山の眺めがすばらしい!と書いてあったから。 しかも、登り1時間半のピストンで行ける。半分は林道。 リハビリハイクにはもってこいです。 興津駅あたりから車で40分くらいかな。 バス停の終点からさらに奥。林道沿に車をとめて、かすかな矢印看板のある登山道から歩き始めます。 立派な林道が続きます。  途中、杉の木の伐採作業中で、トラックやらきゃたびらやら行きかってます(笑)。 伐採中なのか、ときどき、倒木が道をふさいでいたり。  キャタビラ車が雨上がりの林道を掘り返して、ドロドロになってる道を悪戦苦闘しながら歩いていきます。 地図みながら、「なかなか尾根の分岐に出ないね」などと言いながら、おしゃべりに夢中になってたら、いきなり「平治の段 あと15分」。 あれ? いつの間に? このあたりから、雪!  てっぺんは 993m。 さすがに1000m近くなると、こんなに市街地に近い山でも雪があるのね~。 ほんの200mくらいの急坂を上って、あっという間に てっぺん到着! 南に開けた 広いスペースがあって、目の前に どん! と富士山! 思わず歓声をあげてしまいます。  目を転じると、伊豆半島から、駿河湾が一望できます。 すご~い眺め! こんなにお手軽に、この眺めを占領できるなんて! しかも、富士山を目の前に、ベンチがわりの丸太が置いてあるの。  最高の 山ごはんシートですね。  さあ。 山ごはん!! 今日のメニューは、「チーズクリームパスタ」!! 自宅で、適当に野菜を刻んで、ベーコンと黒コショウも一緒にパックして。 早ゆでのスパゲティをパキっとふたつに折って、二人分。 鍋にお湯を沸かしたら、全部投入! そろそろパスタや茹であがる、という頃に、「チーズポタージュスープ」の素 顆粒タイプを投入。 煮詰めていくと、ちょうどいい感じに、クリームパスタの出来上がり~!!  お手軽で、アツアツで、美味しかったぞ~。   ひさやんも 手作りのお汁粉をもってきてくれて、お餅も入れたから、それだけでおなか一杯でした。  ぽかぽかと 日の当たる山頂は、居心地がよくて、1時間ほど、まったり過ごしました。 下山も、らくらく林道だったから、ほんとにいいリハビリハイクでした。 おっと。 伐採作業の人に、下山中ルートを確認してたら、実は、この日歩いた道は、登山ガイドに出てる道とは違うものでした(笑)。 ま、ちゃんと登れたからいいか~。 ぽれぽれ。      

      1
      テーマ:
  • 09 Jan
    • 湖西連峰トレイルに とりあえず(?)参加してきました。

      毎年 できるだけ 欠かさず 参加している ヒロボーさんの呼びかけ大会の 新春第一弾「湖西連峰トレイルラン」に 今年も参加してきました。 今年は、キャンセル待ちの人もいるって、200人超え! すごいトレイル人気です。 トレイルがいい、というのもあるけど、そのあとの宴会が楽しみ・・・・て人も多いみたいですね。 私もそのひとり。 で、参加者の顔ぶれが、年々様変わりしてきて、今じゃあ、地元の若いトレイルランナーさんがいっぱい! いつものヒロボーさんの大会とは、また違う雰囲気になってきました。 Dなんて「古参のランナー」とか言われちゃうし(笑)。  さてさて。 楽しみにしていたトレイルではありますが、まだまだ 脚は本調子ではなく、リハビリは進んでいるものの、24キロのトレイルを走りきるのはま~ やめておきましょう、と。最初からショートカットするつもりでいましたが、雨が降ってきたこともあり、当初の予定より、さらに縮めて(笑) 12~3キロ???ほとんど山歩き、という状態でした。 それでも、最初の5キロくらいは、上りもぐいぐいあがれたし、下りもゆっくり走れました。 とにかく、右足の内側広筋を意識して、そこを使って山登り。 下りは、足を前に出さないように心がけたら、ああ、これで前重心になるんだ、と、初めてわかりました。 でも、1時間半ほどで、もう、足があがらなくなるし、右脚 曲がらなくなるし。 カレーのエイドで休憩したあとは、ひたすら林道を歩いて、ゴールへと向かいました。 後半は、地元の女性ランナーさんに励ましていただきながら、おしゃべりで気が紛れて、助かりました。 元気をあげられない時には、誰かがくれるものなんですね。 こんな出会いに、ほんとに感謝。 4時間半ほどでゴールしたあと、温泉に浸かって、本番!の大宴会も大盛り上がり! 楽しい楽しい1日でした。 「Dさんは、リハビリ中でもぜんぜんめげないね」と誰かに言われたっけなあ。。。 はい。大丈夫よ~。 今年は、無理をせず、って決めたから。 少しずつ、頑張っていきま~す!  

      1
      4
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。