渋い大人のビーズアクセサリー/masako

大人のビーズアクセサリーとオルネフラワーを作ってます。

ビーズ歴 15年 

ビーズアートジャパン大賞2013
審査員奨励賞(フジサンケイビジネスアイ賞)を受賞

オルネフラワー協会認定インストラクター

公益財団法人日本生涯学習協議会技能認定インストラクター




テーマは大人の女性に備わる美を追求し表現すること

ハンドメイドが大好き!細かい細工が大好き!黒が大好き!

細かい手作業で大きな作品に仕上げていく、この課程が楽しくて

常に生みの苦しみを味わうのですが、このひと時がたまらなく

私には貴重な時間なのです。

色の融合とデザインのバランスを考えクールでシックな

独自の世界をこのブログで表現しております。

テーマ:
シックな色合いでビーズアクセサリーやオルネフラワーをお披露目しております。


ラベンダーラベンダーラベンダー 畑でラベンダーが沢山咲きました。ラベンダーラベンダーラベンダー

ラベンダーでポプリを作りたくて植えたのが3年前です。

やっと、収穫してラベンダーで小物作りが出来るくらい

増えました。

もっと増やして大きなバスケットを作りたいと思ってます。

自分で栽培すると経済的だし、成長を見るのが楽しいですよ。

株もどんどん大きくなって

とても質が良く、枝も真っ直ぐで、これはスティックに最適だわ~~

作っていると、良い香りに包まれて手を動かしておりました。

調子にのって4本も作ってしまいました。(笑)

リボンがシックな色しかなくて少々地味ですが

次回は明るいリボンを購入して作ろうと思います。

お部屋が良い香りがしてこの梅雨の季節には最適ですね。

リフレッシュします。

ラベンダーラベンダー リボンを茎の間に編み込む技法です。 ラベンダーラベンダー
     玄関やお手洗いに置く予定です。

DSC00156

オルゴナイトなどでディスプレイしてみました。
バラのケース(ピンクとベージュ)にはポプリが入ってます。
レジンで作ったオブジェを入れております。
DSC00150 (1)


もう少し大きく撮ってみました。
透明感のあるリボンで編んでみました。

DSC00153


ブログをお読みいただき有難うございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
シックな色合いでビーズアクセサリーやオルネフラワーをお披露目しております。


パーツ作りに興味があり今回はポーセラーツとレジンを使って
カボションを作りました。

ポーセラーツとは磁器に転写紙を貼って電気炉で焼いて作ります。

デザインするのがとても面白いし、楽しいですよ。」
ベースは白と黒です。

大きなカボションを作りたかったんですよ。

あえてこだわり、細かく転写紙を切って貼りつけていきました。

ソータッシュやステッチの技法を使ってデザインを考慮中です。

レジンも華やかにラメを重ねてデザインしました。

留具も自分で作り、完成させる予定です。


サイズは縦5㎝横4㎝です。

黒はあらかじめ先生が焼いて下さいました。
ベースが黒で金のみでデザインしました。
DSC00130 (1)

少し違うデザインです。

DSC00142

オパール加工したベースに黒模様の転写紙を貼りました。
DSC00137

 

こちらは花のプリントを2枚重ねて小さいパーツを切り取りデザイン
しました。
華やかな感じにデザインします。
DSC00147

こちらはペンダントトップで使います。
お花型のチェーンで可愛く仕上げようかと思ってます。
DSC00133 (1)

こちらは小さなボタンに螺鈿(らでん)細工の小さなものを入れてます。
貝殻なので虹色の光沢が綺麗に出ます。
これはどのように使おうかなぁ~~~?
考え中です。
DSC00144


教えて下さいました和田先生のブログです。
素晴らしいアートなアクセサリーを作っておられます。
どうぞご訪問下さいませ。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

ブログをお読みいただき有難うございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
シックな色合いでビーズアクセサリーやオルネフラワーをお披露目しております。


シュタイナーの12感覚論を学び
そしてシュタイナー教育の中にライアーを使って
学ぶという課程があります。
ライアーは古代ギリシャの時代に作られてます。
優しい音色に癒されて体に置いて響かせるととても
心地よいので治療器にも現代は使用されております。

耳をすまして音を聴く能力を養い内なる自分の声を聞く姿勢を
養うことができるそうです。
聴覚とは魂のレベルを超えた霊的社会的レベルだそうです。

臨終間近の人間に最後に残るのは聴覚と言われております。

ライアーで音の質を探ってみようと思います。


私はシュタイナーの感覚論を学び作りたくなりました。
偶然にも作るワークとご縁ができ
この4日間、朝から晩まで、みのと石鎚を使いひたすら
木を削っておりました。

地道な作業ですが、木の表情が変化しそして丸みをおびていく
変化に楽しんでおりました。

手は痛くて指に豆が出来て自分で力を調整しながら
なんとか削り終えることが出来ました。

なんせ、すべて初めての体験で興味津々でした(笑)

ご指導いただいたのは鬼塚先生で
自然の中で暮らし、自然を愛し、木と対話なさっている
素晴らしい感性の持ち主でした。


作ったライアーです。
ムクの木です。
とても大きな木で老齢の木です。
固くて削るのに苦労しました。
初心者泣かせの木でした(笑)

DSC00086


ワンドとスマッシングフェザーを飾ってみました。

DSC00103

 とてもクリアーな綺麗な音色を奏でてくれます。
これから練習して使いこなします。

 

DSC00101

ブログをお読みいただき有難うございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。