ポンちゃんと森林浴 別館

ポンポコポンちゃんは、
今日も森のガーデンで のんびり森林浴。
大好きなバラとハーブに囲まれて、
種まきしたり、お昼寝したり。
ちょっと立ち寄って、一緒に遊んでみませんか?


テーマ:
時が過ぎて行きます。

なにもかもが思い出になり、

新しいアルバムにポンちゃんの姿はありません。

もう写真も撮れない。


ブログを始めるきっかけはポンタでした。

花はそれまでもやっていて、

家を建てたら猫を飼おうと決めていました。

ポンタが可愛くて。猫に庭を案内させる形でブログを始めました。

ブログの主役はポンタです。

楽天ブログからアメーバに移り、タイトルや内容がバラ中心になっても変わらずに。

これからもポンちゃんが愛した庭を

ポンちゃんの面影とともに続けていきます。

赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇

小さくなったポンちゃんのお骨を連れ帰ると、

猫たちが目を見開いて私をじっと見ていました。

その晩、眠れず。翌朝、早朝から骨壺を抱いてポンちゃんと庭をお散歩しました。

すると、翌朝からミーちゃんが私を手荒く起こすようになりました。

今まではポンちゃんが私を早朝から手荒く起こしていました。

ミーちゃんはまるでそれを引き継いだかのように、私を手荒く起こします。

ごはんの催促かとカリカリをあげても、

もともとミーちゃんはそんなにガツガツしていません。

玄関に行き、散歩の催促をします。

ポンタが亡くなった日も、翌日も、私は体調を崩しました。

ミーちゃんはその様子を見て、ボクがしっかりしなきゃとでも思ったのでしょうか。

或いはそれは、ポンタからの遺言なのかもしれません。


毎日散歩するミーちゃん。

ミーちゃんはポンちゃんと一緒に育ちました。




誰もがポンちゃんは幸せだったよと言います。

本当のことはポンちゃんに聞かなければわかりません。

ただひとつ言えるのは、私は世界一幸せでした。

離婚して、引っ越しして環境が変わったのは、ポンちゃんには負担だったと思います。

でもポンちゃんは優しくて人懐こくて。

どこへ行ってもポンちゃんが人との縁を取り持ちました。

ブログもそうです。

ポンちゃんのお陰で、たくさんのお友だちが出来ました。

私はとても幸せでした。

とても、とても幸せでした。




ポンちゃんを見送った日の庭です。

イルルージュが咲いてました。















にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「猫のこと」 の記事

テーマ:
毎日毎日、仕事が終わると急いで家に帰ります。

でもどんなに急いで帰っても、庭にいるはずのポンちゃんがいません。

家の中から出迎えてもくれません。

ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇

ポンちゃんが私と暮らすようになった初めの頃は

ほとんど寝てるか食べてるかのどちらかでした。

具合が悪いのかな、実は年寄りなのかな。だとしたらそんなに長く生きないのだと

悲しくなったりしたものです。

動物病院に行くと、高脂血症と言われ療法食を食べさせました。

それから一か月くらいしたら寝てばっかりの生活から元気になりました。


出会ったのが2005年5月13日。これが5月19日午前で、残っている最初の画像です。

テントハウスを買ってみたんだけど、ポンちゃんには小さすぎて。

ほとんどミーちゃんの遊び道具になってました。

猫グッズ買うのが楽しくて、色んなグッズを買いましたが市販のものより

ほとんどが段ボールとか紙屑丸めたものとか、そんなほうがお気に入りでした。



今見るととても痩せています。でもお腹の皮はタルンタルンだった。




6月18日でこれです。お腹に段差があります。皮が垂れ下がっていました。

若かったんだなポンちゃん。

赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇

ポンタの葬儀は翌日、5月27日にペット斎場で行いました。

亡くなった夜にいくつかの斎場を調べて電話を入れました。

ペット斎場はほとんどが24時間受付となっていました。

もう20年は昔のことですが、愛犬の葬儀をペットも受け付けるお寺で行いました。

そのときに合同火葬で火葬後にお骨を骨壺に入れてくれたのですが、

合同ですから他所様のペットのお骨が入っていてもわからない。

その苦い経験があるため、母の希望は個別火葬で立会い、お骨も自分で拾って納める

というものでした。


今はいろんなペット葬儀が行われていて、希望の葬儀が出来る様になっていました。

火葬車が自宅まで来て火葬するというもののありましたが、霊園に連れて行くことに。

斎場に予約を入れて、一晩。

ぜんぜん眠れずになんどもポンタを見ましたが、息を吹き返すことはありません。



34×55cmの段ボールに収まりきれないポンちゃん。

苦しんでる期間が短かったため、体重もほとんどかわりありませんでした。

前日まで自分でお水を飲んでいたし、ご飯も少量食べてた。

排泄もしていました。当日だってちゃんと自分で排尿していた。

ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇

翌日、お気に入りだった段ボールに入ったポンタを見送るため、

ポンタの大好きだったお花を入れました。



ポンちゃんが入っているのはこの段ボールです。寝床にしてました。



庭のお花をカットして。




お顔の周りにはポンちゃんが大好きだったキャットミントとラベンダー。

眠っているようです。


斎場の予約は12時50分でしたが、早めについたので30分には

お経をあげてもらい、葬儀が執り行われました。




カニカマ、ポンちゃん大好きだったけどずっと我慢させてあげてませんでした。

お腹が空いたらいけないから、一番好きだったカニカマも一緒です。

そっと私の髪の毛を手元に置きました。人好きなポンちゃんが寂しくないように。

天国の私の父にもお願いしました。きっとポンちゃんは人のところへ行くから。




ペット霊園は山の上でとても寂しいところです。

納骨堂やお墓もあるけれど、人がいなくて犬がいるところなんて

ポンちゃんは嫌でしょう。

小さくなったポンちゃんは私のお部屋にいます。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ポンちゃんに出会ったのは2005年5月13日金曜日でした。
日にちも曜日も覚えてるのは13日の金曜日だったからです。

私の仕事終わりが21時と遅く、お腹空いたからとちょっとコンビニに寄ったのです。
そのコンビニのゴミ箱の側でニャーン🎵と呑気におっとりと甘えて来たのがポンちゃん。

家を建てたらまずは新築を痛めないおっとりとした大人のメス猫を飼いたくて、だけどなかなか出会いがないから日曜日に譲渡会で子猫探そうとしてた矢先でした。

オス猫でデカいけど、これも縁かなと30分悩んで車に乗せて連れ帰りました。
連れ帰ると旦那にこんなデカい猫どうすんだと反対され、玄関先で口論に。ポンタはその間に家に入りゆったり寛いでイビキかいて居間で寝てしまいました。

それ以来、何より大事な私の愛猫です。

赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇

25日午後19時までは穏やかにしていたポンちゃんですが、その夜から息が荒くなりました。

初めての心臓発作と書きましたが、
今にして思えば2013年も心臓から来てたと思います。あのときだって、咳をしてハアハアと息苦しそうにしていました。

26日は仕事なため、職場から動物病院に相談。
昼間に家に電話して様子を確認すると、息はまだ荒いが少し落ち着いてるとのこと。

猫トイレは段差がキツいだろうとポンちゃん用に猫トイレを設置しましたが、ちゃんとそこで排泄してました。

18時には帰宅。また息苦しそうにしているため、動物病院に電話入れましたが木曜は午後休診です。近くの病院にも呼吸を和らげてあげたいと電話してみましたが、午後は手術が入っていて。どのみち和らげる方法はないと言われましたが。

自分なりに調べて酸素ハウスのレンタルを考えてました。それがあるのは大きな病院。明日の朝にはまた病院に行こうと決めて、状態を動画におさめて。

翌27日はroseドリームさんの里山ローズガーデンのため、休みを取っていました。
楽しみにしていたので前日までは行く気でいましたが、とても無理なので断りの電話を入れたのが20時17分。

ポンちゃんの容態は落ち着くどころか悪化して行き、肩で苦しそうに息をして。
時々苦しさから逃れるようにのたうってました。
手足が冷たくなり、鼻も舌も紫色。人で言えばチアノーゼ状態。

ここまできて無理かもと悟りました。

最後に大好きな庭に出してやろうとそっと抱き抱えて。庭に出しても息苦しさは変わらず。目は見開いていて私のほうは見ていません。

いつも可愛がってくれてるご近所さん一家に知らせると家族全員出て来てポンちゃんに声をかけてくれます。
でもポンちゃんはもう苦しくて…。

ご近所さんにさよならをして家の中へ。


怖がって腰が引けてたけど、ミーちゃんがポンちゃんに鼻をつきあわせてました。
ポンちゃんはふと目を細めてた。

苦しんで体の向きを変えたり、玄関に降りたり。突然ダダッと洗面台の下までかけあがり脚がフラッとして倒れ込みました。

なぜだか母はまだ大丈夫だとシャワーを浴びていました。
風呂場のドアの側に倒れこんだポンちゃんは、聞いたことがないような低い、ググーといううなり声を上げた後、吐血するように吐きました。

私は泣き叫んでました。ポンちゃん、ポンちゃん、ママ側にいるからね。大丈夫だからね。
心では逝かないでと叫びながら、だけどポンちゃん、もう頑張らなくていいよと口に出しました。

そうして私がポンちゃんの顔に手を添え、体を擦るなか、目を見開いて息を引き取りました。

2016年5月26日 20時43分 永眠

ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇




すぐに目を閉じてやりました。
苦しみましたが、すぐに穏やかな顔になりました。



ツラい描写になりましたが、全部忘れたくないのです。

少ししてから、すぐに翌日の葬儀の手配をしました。

きちんと家から送り出さなくては。

猫友さんに聞いて、ネットで調べて。

ペット斎場は24時間受け付けます。

ツラいですが、このblogを読んでペットの最後を考えて貰えたら幸いです。

葬儀のことも記していきます。



にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

まだ信じたくありません。

でも。

私の記憶が新しいうちに、ポンちゃんのことを記しておきたい。

前回の日記も、ただその想いだけでした。

赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇赤薔薇

5月25日、朝は何をしていただろう。

庭の手入れをしただろうか。

すでに記憶がありません。

前日の夜、私のベッドに寝ていたポンちゃん。

2回は激しく咳をしていました。

さすってやって、大丈夫かな?病院いこうかと考えてました。

翌朝はたぶん、いつもどうりに庭に出て暫くリードで繋いでたと思う。

母に「ポンちゃんは?」と聞くと、さっき二階に上がっていってたみたいと。

確認にいくと、私の部屋で口呼吸で苦しそうに倒れているポンちゃんが。

病院にいくので状態を動画におさめました。8時56分になっている。

前日は夏バテかなと思うような感じで。数日緩慢な動きだった。



23日のポンちゃん。大きな変化はなかった。

24日はバラの画像が少しあるだけ。それは私が夜勤明けだったから。

その日もいつもと特に変わらなかった。

25日、すぐに支度をして病院へ。呼吸はすぐに平常に戻っていた。

いつもの近所の病院でなく、大きな病院へ。

待ち時間が長いので車待機。母が後部座席でポンちゃんをキャリーから出して撫でてやる。



落ち着いていた。車から外を眺めて。
行き交う車を見ています。

診察の順番がきて、心電図、レントゲンを撮る。

ポンちゃんは落ち着いてる。

2013年にかなり危ない状態が2度ほどあったとき、心臓肥大がありいつ何があってもおかしくないと言われてました。
小さな腫瘍も2つ確認。
しかしその後は何事もなく過ごしてこれたのです。

病院では抗生物質と咳止めの薬が出されましたが、やはりいつ何があってもおかしくないと言われ、年齢的にあれこれ薬を出したりして無理な治療はしないほうがよいと。
先生の口ぶりからあまり期待できる状態じゃないかもと思いましたが、きっと大丈夫、まだまだ長生きできると過信していました。


帰宅したのが11時半くらいです。

美容院に行き、帰宅すると庭に出たがって。これが17時5分。



これが17時15分。しばらく庭を散歩してました。

バラ友さん宅を訪れて、帰宅。



19時8分。



抗生物質のほうは昼過ぎに飲ませていたんで、このあと咳止めを飲ませました。

その後からは時間が経つごとに息苦しそうになっていきました。




にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まだ心の整理がついてません。

ただ、今までポンちゃんを愛してくれた皆さんに。

ポンちゃん、本日20時43分に永眠しました。

心臓肥大があるとは言われてましたが、

昨日初めての心臓発作で。



昨日の夕方は落ち着いて庭を散歩したんです。

その後更に悪化して行き。

最後に庭に出してあげて、大好きなご近所さんに挨拶も済ませて。

それからすぐのことでした。

まだ眠っているようです。



ありがとう。ポンちゃん
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。