Welcome to KOTETSU Official Blog !
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Thu, February 23, 2017 13:53:46

NY研修旅行

テーマ:Diary

先日、ニューヨークから帰ってきました!!

 

備忘録として、今回の滞在を振り返って書いてみようかと。。(なので、日頃全く書けていないブログを久々に活用。。笑)

 

今回は、母校であり、今自分が講師もしている洗足学園音大ジャズコースが二年に一度企画する、学生の為のニューヨーク研修旅行の引率としての旅に参加。

 

留学中にライブしに来た時以来なので、実に6年強ぶりのニューヨークでした。

 

実は、昨年の11月頃から、教授、学校の事務方の皆さま、現地のコーディネーターさん、そして参加学生と少しずつ準備を始めていて、今年に入ってからは、かなり忙しく色々と奔走していました。 

と言うのも、この研修旅行、現地のコーディネーターさん達と連携して、ワークショップを講師の先生、会場のブッキングと0から企画していくツアー。

学生達の学びを最優先に考えてスケジュールを組んで頂く中 、ニューヨークが世界に誇るトップ中のトップに立つ指導陣に来て頂ける事になり、それに従い、"その先生方に何を習うのか"という点において学生と議論を重ね、こちらからの要望をまとめる。

レジェンド級のミュージシャンライブが日常で聴けるのも、ジャズのメッカであるニューヨークならではなので、ライブやミュージカルも観に行くスケジュールを練るのも必要なこと。

その他にも、渡航に関する色々な事について、学生にリサーチさせながら、アドバイス。。

正直、ただでさえ色々とこなせていない毎日なのに、なんでこんな事しなきゃいけないんだ~!!と思ったりしてしまいましたが、出国する時には、すごいスケジュールが組み上がりました。

 

移動日もあるので、フルに使える日程は丸5日。

 

以下の通り。

 

------------------------------------------------------------------------------

1日目

 

午前

Jim McNeely ワークショップ 

(今日ニューヨークを代表するジャズの作編曲家、Thad Jones/Mel Lewis Jazz Orchestraでキャリアをスタート、Stan GetzやPhil Woodsなど著名なミュージシャンのピアニストを歴任し、自身の作品でグラミーノミネート、名門Vangard Jazz Orchestraの作編曲、ピアニストとしても活躍。)

 

午後

Steve Willson ワークショップ 

(Lionel Hampton、Dave Hollandなどバンドメンバーを歴任、Chick Corea’sのバンドメンバーとして、グラミー賞を受賞。ジュリアード音楽院講師)

 

 

●Keith Jarrett ソロコンサート@Carnegie Hall

 

 

二日目

 

午前

Ryan Truesdell ワークショップ 

(ジャズコンポーズ、アレンジの巨匠、bob brookmeyerの弟子であり、Maria Schneiderの右腕としてキャリアをスタート、2013年には、Gill Evansの未発表作品を自身の監修の元にレコーディングした作品でグラミー賞受賞。)

 

 

午後

Quees College訪問 
    ・Antonio Hart アンサンブルクラス参加  

    ・  David Berkman ミニワークショップ、アンサンブルクラス見学 

 

●【Live】Ralph Towner Solo Live @Jazz Standard

 

 

三日目

 

午前

松本直子さん

 アレキサンダーテクニック講習

 

午後

New York University 訪問

 

Douglas Purviance ワークショップ

(Bass Trombone奏者。スタン・ケントン楽団、スライド・ハンプトン,ディジー・ガレスピーらの楽団、ミンガス・ビッグバンド など多数のアンサンブルバンドに参加している。カーネギーホール・ジャズ・バンドの創立メンバーでもあり、ジャズ・アット・リンカーン・センター・オーケストラ、ミシェル・カミロ、クリスチャン・マクブライド、ロン・カーターのビッグバンド等、多数のビッグバンドにて演奏、録音。

1978年よりサド・ジョーンズ=メル・ルイス・ジャズ・オーケストラ(後にメル・ルイス・ジャズ・オーケストラ、現:ヴァンガード・ジャズ・オーケストラ)に参加。近年はヴァンガード・ジャズ・オーケストラのCD制作においてプロデューサーを務め、手がけた6作品全てでグラミー賞にノミネートされている。)

 

 夜

●【Live】Ingrid and Christine Jensen with Ben Monder @Jazz Gallery

 

 

四日目

 

午前

Mike Moreno ワークショップ

(言わずと知れた、今日のジャズシーンを牽引するギタリストの一人。主な参加ユニット、共演者は、Joshua Redman Elastic Band, Lizz Wright Band, Nicholas Payton Quartet, Stefon Harris Sonic Creed, Me'Shell N'Degeocello, Jason Moran, Terence Blanchard, Robert Glasper, Ambrose Akinmusire, Gretchen Parlato, Aaron Parks,など。)

 

午後

Josh Popeno ワークショップ 

(16年間日本に居住した経験を生かし、ポペノ・メソッドという実用的かつ効果的なアメリカ英語の発音矯正コースを開発。)

 

●ブロードウェイミュージカル”Wickit”鑑賞

 

 

五日目

午前

Times square church ゴスペル鑑賞

 

 

午後

Chrenee Wade ワークショップ

(2010年セロニアスモンク・コンペティション2位、世界のジャズのトップシーンで活躍しながら、Aaron Copland School of Music, City College, Queens College等で教鞭をとる教育者でもある。2015年にリリースした"Offering" The Music of Gil Scott-Heron & Brian Jacksonはジャズ界に一石を投じる作品。)

 

 

反省会

 

------------------------------------------------------------------------------

 

以上の通り。

 

毎日朝から晩までフル稼働で、何人かの学生は体調も崩してしまう程、、。

 

大変ではありましたが、その甲斐もあり、とても大きい学びがありました。

 

 

”ジャズという音楽”、”歌”の本質や、ミュージシャンとして生きていく事、ニューヨークという街の凄さ。 

 

今回出会ったすべての人達が、すごい濃度で語りかけてくれた一言一言が、胸に突き刺さる感じ。。

 

学生にとって素晴らしい時間になったのは言うまでも無いが、プロのフィールドで活動を始めてしまっている自分にとって、色々な意味でとても意味のある時間に。。

 

一言で語り尽す事は不可能だけど、今回触れる事が出来たもの、蒔いた種に、毎日水を絶やさず、芽が出て、花開く様、、。邁進するしか無いんだと思えました。いつだって新しいスタートはきれる。

人生って面白いなぁ。

 

一緒に旅をした学生達も、日に日に眼を見張るほどの成長ぶりで、教育の機会の重要性を痛感させられ、現地コーディネーターの宮嶋みぎわさん、阿部大輔さんのお二人には、ミュージシャンとして、社会人として、また教育者としての仕事への取り組み方と言う面で素晴らしいお手本を示して頂きました。

 

一生懸命準備して本当に良かった。

 

時間はかかってもいいので、ジャズに限らず、きっと本物の音楽を奏でる事が出来る音楽家になろうと思います。

 

最後に一部ですが、少し写真でも紹介。

 

{F3E9EA62-482B-42CC-83DE-414B5C4594F2}

宿泊していたTimes Square。 学生のみんなと阿部さんと。

 
{89EF766A-527B-47A8-A115-184C8F9CD87D}
キースジャレットのソロコンサート@カーネギーホール。すご過ぎた。
 
 
{1A6A9DB2-03CE-4833-8177-7917C0F7E9E7}
Mike Moreno、とにかく上手いし、音楽への妥協の無さに脱帽。
 
{602BCE35-8607-448E-90A9-6552EB34D5F3}
Jim McNeelyの作曲、アレンジのクラス。曲の本質を見抜くスピードが尋常じゃなかった。
 
{0B301722-1AD2-4649-95DD-4FDB66E124A5}
Douglas Purviance この人に会えた事がこの旅一番の収穫だったかもしれないと思えるほど。ミュージシャンとして、人間として、すごいパワーを持っている人でした。
 
{369A7501-9AAD-444A-8CA7-08B6F1488968}
Chrenee Wade、個人的に今のジャズシーンにおいて絶対に、チェックしたいボーカリストの一人!学生のためのワークショップでしたが、無理やり僕の歌も聴いてもらう事が出来ました。めちゃめちゃ勉強になりました。教育者としてのスキルも素晴らしい。
 
 
{E151EACC-F74E-45AB-BE10-149753AB213F}
Antonio Hartアンサンブルクラスに参加 @Queens College  素晴らしいプレイヤー。ジャズの楽しさ、そして厳しさを肌で体感。

 
{9789F97A-8C5B-4E6A-B637-56856A462BBB}
最後にこの旅の現地でのすべてのコーディネートしてくれた、宮嶋みぎわさん阿部大輔さん。お二人ともそもそも、素晴らしいミュージシャン。忙しい中を全力で頑張って頂き、心から感謝。あまりに濃密な5日間だったので、とっても仲良くなれました!
 
 
 
最後に
{AE5FBE5C-99B5-4C0A-83D7-D1E472233899}
肉も忘れずに。。。笑
 
 
 
また行きたいなぁ!ニューヨーク!!
 
 
以上でした。
 
 
Kenya "KOTETSU" Shirani

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。