北極星

外遊びが好きなおやじです。今は自転車が中心。年がら年中、鼻をかんでいるハナカミオヤジです。


テーマ:

2016/8/23(火

 

1800より新橋にて会社時代の同期会。

飲むだけのために、東京往復はもったいないので、

国立博物館に寄ってから飲み会会場へ。

 

 

初めての青春18きっぷ。5420円の得。

 

 

藤枝は0902発。

 

熱海で上野東京ラインに乗り換えて、上野駅には1244の着。

 

 

またまた「ぶんか亭」で昼飯。

 

 

ミニ天丼だと3回連続になってしまうので、今回は、唐揚げ。

 

腹を満たしたら、国立博物館へ。ますは、古代ギリシャ展(平成館)。

2時間ぐらい見たかな。

次は本館で、日本。

 

営業時間は1700まで。

東洋館は時間切れで見れず。次回の宿題。

 

上野から新橋へ移動。

 

会場です。

 

ビルの谷間。

 

乾杯で飲みの開始。

 

参加者のなかで引退したのは、2名。私とこの方。歩く、ロック。

ギターたくさん所有。マンションの36階に居住。

最近、ハーレー(1700CC)に乗っとる。

 

2000に終了。

2次会には参加せず、東京2026発の新幹線こたまで静岡まで。

藤枝には22時半過ぎに到着。

家で、泡レギュラー2缶。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016/8/19(金



写真クラブの暑気払いが1800から静岡市であるので、参加。



午前中はダラダラ過ごして、午後筋トレ。

シャワー後、静岡市へ。



会場です。




屋上ビアガーデン。今回の会場ではないが、

3回目? の暑気払いの会場候補なので

下見。






今回の会場はここ。



飲みのスタート。


生ビールを8杯ぐらい飲んだところで、時間。


二次会はなさそうなので、帰宅。


帰宅して、ロング缶1本。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016/8/18(木



午前の中途半端な時刻からライド。


蔵田~清笹峠~宇津ノ谷~、と考えていたが、

脚が回らない。


で、蔵田から伊久美方面に進路を変更。


結果として、

自宅~蔵田~伊久美~川口~相賀~滝沢~自宅

のルートとなった。


この時季は、いつも水遊びしている人を

うらやましく思いながらのライドとなるが・・・



午後2時ごろに、寺島の水遊びポイントに来ると、

消防車が2台。この時点では、訓練か?


公園内にも2台。



少し下流には、ヘリと消防車。




上の場所を位置を変えて撮影。

救急車も来ている。



振り返って、公園の方角。



パトカーが到着(2台)。



救急車がサイレンを鳴らしながら、出ていく。



夜のマスコミ報道によると、子供が一人、亡くなったとのこと。


夏になると、多くの家族連れなどが水遊びに来るポイント。


ネットで検索すると、2007年にも事故があったらしい。


外遊びでの事故は、他人事ではない。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016/8/13(土


カメラを持って焼津の荒まつりを撮りにいってきた。

近寄れないと思い、APS+70-200(換算112-320)の機材。


神輿の順路図を印刷したが、持ち忘れたので適当に追ったり先回りしたり。



スタートは焼津神社。



社殿から神輿を降ろしている。



担ぐ前のお祓いでしょうか。



数メートルのクレーンの先に動画用カメラ。



担ぎが始まる。砂塵が巻きあがる。



少し移動して、「御沓脱」。その前であおられる神輿。



一旦離脱して、「なみ花」でかつ丼定食。



昼食後、再合流。




青峰プール横の、「南御旅所」。

2台の神輿。


神事が始まる。


ひろみっちゃん市長。



巫女さんの舞。



再出発の準備。

神輿は、台・本体・屋根の部分を綱で固定している。

綱の張りを確認し、締めなおしているようだ。



時刻は14時半をまわったころだが、疲れたので、

ここで帰宅した。


祭りガールは撮れなかった。

APSでは、少し望遠過ぎたかも。

フルサイズでよかったかな。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016/8/10(水)の午前中は、入江橋から朝比奈川沿いに

入り、たまゆら・入野・西方・石仏トンネル・瀬戸谷のコース。


入江橋の少し上流で遭遇したのは、キジ。

朝比奈川沿いでキジをよく見るのは、

岡部中学あたりだが、入江橋近くで

見るのは初めて。





2016/8/11(木)の午後、蔵田まで。

帰路、同級生のH君がちょうど家に帰った

ところだった。


お誘いを受けて、ノンアルをごちそうになる。

たぶん、奥さん用の在庫。



しょっぱなから同級生の訃報の話。


劇団「竹蜻蛉」の話もあり。(Hは団員だった)


あとは、大学教員がらみの話題や学会の話かな。

私は聞き役。でも、学会って自腹なんだね、初耳。


少し長居して、おいとました。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

尾瀬歩きで気が付いたことをメモしておく。


1)大清水から一ノ瀬・三平峠方面へのルート。

  ①旧道でも行けるような案内だが、間違いやすいので
   幅広の林道を使うべき。
  ②一ノ瀬までは、シャトルが出ているので、
   シャトルを使うほうが良いかも。(5時から営業)


2)鳩待峠から戸倉への交通手段について
  時刻の明確なバス以外に、満席出発のシャトルがある。
  このシャトルは戸倉だけでなく大清水にも行ってくれる。

  *大清水に行く人が多かったが、
    ①大清水発の沼田行バスに乗る
  ②車を大清水の駐車場に置いてある
  ③大清水発の高速バスに乗る
  などのパターンが想定される。


    ★鳩待峠からのシャトルが大清水まで行く、

   との記述がネットを調べてもなかなか見つからない。

 


3)戸倉から沼田駅までの路線バスは空いていた。これは意外だった。
  ①この路線バス+JR の組み合わせは高くつくので敬遠されたか
  ②尾瀬号のような高速バスの利用客が多いのか
  


4)至仏山登山について
  山の鼻から登り、鳩待峠へくだったが、1.5Lぐらいの水が必要か。

  (気温にもよるが)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016/8/7(日


尾瀬二日目の8/7は4時起き。

前日に受け取った弁当形式(にぎりめし)の朝食を

食べ、身支度をすませて、5時過ぎに山の鼻に向けて

スタート。



朝霞の尾瀬ヶ原。



振り返ると燧ヶ岳。

日の出を期待しているのか、カメラを持った人が多数。



気温が上がり霞が取れてくると、向かう先に

不思議なアーチ。


至仏山も姿を現す。今日も天気は良さそう。


池塘。



池塘の逆さ燧ヶ岳。



山の鼻に7時過ぎに到着。ここで、水を調達し、至仏山へ向かう。



階段や削られた岩肌の登山道を休憩を入れながら

登っていく。


高度を稼ぐと、燧ケ岳と尾瀬ヶ原の全容を見ることができる。



眼下には山の鼻地区の小屋も。


大分バテタところで、なんとか頂上。


頂上からの燧ヶ岳と尾瀬ヶ原。


頂上はそう広くなく、登山客で大変混んでいる。

小至仏山で昼食ということで、早々に出発。


が、岩主体の登山道、暑い、疲れた、腹減った

などにより、至仏山と小至仏山の中間の

最低鞍部で昼食とする。


先に来ていた3人のグループは合計年齢が

220歳以上とのことだった。大分山慣れた

先輩だ。



補給後、少しで小至仏山。

ここも、狭く混んでいる。



残り少ない水を気にしながら、バテバテで

鳩待ち峠に12時半過ぎに到着。


1245発の戸倉行のバスにはタッチの差で

乗れなかったが、後続のシャトルで戸倉まで

移動。(実は、このシャトルは大清水まで

行ってくれる)



戸倉で水分調達し、1330発の沼田駅行の

路線バスに乗る。このバスは混雑を予想して

いたが、戸倉で乗ったのは4名だった。



15時前に沼田駅に到着。

沼田駅前の「おみやげの店想いで」で

ドリンク・つまみを調達し、店内の休憩

コーナーで飲みながら時間をつぶす。



ヤマドリの出発時刻1625が近くなってきた

ところで更に、社内用に調達して、



お約束の画像。これに、氷1kgも調達し、

冷却・氷割りに使用。


途中、人身事故で1時間ほど停車したが、

その際にさらに1缶調達。


東京から新幹線に乗り換えて、23時に帰宅。


充実した尾瀬歩きだった。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016/8/6(土



尾瀬号は大清水に4時前に着。

身支度と朝食を済ませ、4時半ごろにスタート。



大清水休憩所。出発するごろに照明が照らされた。



未舗装の林道を約1時間で一ノ瀬休憩所。

ここまでシャトルタクシー?で来る人がほとんど。

シャトルタクシーは5時スタート。



一ノ瀬から本格的な登り。最初は沢沿いの道を行く。



寝不足で脚が重い。


一ノ瀬から約70分で、

本日の最高地点の三平峠1760mに到着。

(一ノ瀬から三平峠の道は、30年以上前より

すごく整備された印象)



三平下に下る途中からの尾瀬沼。



三平下からの燧ヶ岳と尾瀬沼。





元山小屋?



尾瀬沼ビジターセンター付近からの景色。





尾瀬沼を反時計まわりのルートで歩く。





沼尻で休憩。





山椒魚と思ったが、アカハライモリらしい。

(山椒魚は池塘ではなく、流れのある水に棲む)



沼尻から見晴までは、2時間20分のコースだが、

アップダウンがあり、寝不足の体に意外と堪える。



イヨドマリ沢? の流れ。



大清水から約7時間の11時35分に、

本日の宿である第二長蔵小屋に到着。



第二長蔵小屋の向かいにある原の小屋休憩所で、

喉を潤す。



が、こうなってしまい、今日の行動はここまで。

三条の滝往復(約3時間)は無しとなった。


早目だが、宿にチェックイン。

6畳+2段ベッドのマックス8人部屋を3人で使用。

くつろぐ、ラルゴさんと焼津のMさん。


風呂(4時から)まで時間があるので、尾瀬ヶ原方面など

を撮影。



燧ケ岳と弥四郎小屋。



白樺と第二長蔵小屋。



4時に風呂でざっと汗を流し、さらにブラブラして

6時前に夕食。


8時ごろ床につく。






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016/8/5(金



尾瀬へは新宿バスタ発2200の尾瀬号を利用する。



出発時刻より大分早目の1805に新宿につき、

飲みに入る。





8時過ぎまで飲んで、2時間近くを排泄に費やす。



そう、尾瀬号にはトイレがないのだ。

途中2回のトイレ休憩があるのみ。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016/8/4(木



カメラ・レンズを保管している防湿箱の湿度計が

どうもおかしい。



これがそれ。61%ぐらいを示している。



試しに、湿度計つきのデジタル時計を防湿箱に入れると、

52%。



で、電気屋さんに行って湿度計をみてきた。

デジタル時計についている湿度計の値は

製品毎・個体毎にバラバラで、最大で10%ぐらいの

差があった。



で、アナログ表示のこれは、ほぼ中央値を示しており、

値段も一番安い。



購入後、自宅で試してみる。温度・湿度ともに、

左の時計とほぼ同じ値。右の時計の湿度計は、

壊れているかも。

(防湿箱付属の湿度計も試してみればよかった)


とりあえず、使って様子見。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。