六甲山高山植物園(神戸市灘区)で、「クリンソウ」が見ごろを迎え、さわやかな新緑の中に、濃淡ピンクの“絨毯(じゅうたん)”を描いている。

 クリンソウは山あいの湿地に群生するサクラソウ科の多年草。一本の茎に輪状に複数の花を次々とつけていくことから、寺社の塔の九輪になぞらえて命名されたという。

 同園では、300平方メートルに約5千株が群生。今年は例年より一週間ほど開花が遅く、6月上旬まで楽しめるという。

 友人と4人で訪れた同市垂水区の主婦、都賀由記子さん(60)は「初夏の空気を感じながら、お花を楽しむことができました」と話していた。

【関連記事】
六甲高山植物園でミズバショウ見ごろ
六甲山がミュージアムに 大自然と現代美術味わって
阪急沿線のジオラマ…開業100周年、本社1階に
夜景も自然も堪能 六甲山に新展望台「六甲ガーデンテラス」
「六甲山氷の祭典」開幕 幻想的な美しさ
中国が優等生路線に?

口蹄疫被害で首相、1000億円投入を指示(読売新聞)
「すき家」に果物ナイフ強盗、32万円奪う(読売新聞)
<もんじゅ>「検証指示した」文科相(毎日新聞)
「1億円金塊」を返還=ふるさと創生活用、兵庫・淡路市(時事通信)
<重過失致死>パチンコ店駐車場に乳児放置容疑…母親を逮捕(毎日新聞)
AD