体験から言えば、TVや新聞などの大メディアがいつでも間違いなく正しい情報を与えてくれるとはゆめ、思わない方がいい。日経新聞の記事を頼りにニューヨークの消防署を見つけようとした事があるが、名称が中途半端だったので散々聞きまわったがわからず、最後は写真が決め手になってようやくわかった。もし名前だけをメモして持って行ったのであれば絶対に見つからなかったところだ。全くいい加減だと腹が立った。

TVのニュース番組も当てにならない。覆面チェッカーというのか、レストランで食事をし、味や雰囲気、従業員の態度などをひそかにチェックしてレポートを書くという仕事があるとニュースで知った。取材に応じた主婦チェッカーは「楽しいですよ」と答えていたし、レポーターは「1万円ぐらいの収入になる」というのでグルメ志向ではあるがお金のない私は(これだ!)とさっそくインターネットで検索し、いくつかヒットしたサイトのうち、登録料のないところに応募した。

めでたく会員になり、毎月更新されるレストランから自分の行きたい店を探し、誰と行くか、そこを選んだ理由は何か、などを記入して応募する。募集人員が5人とか6人のところに100人ぐらいの応募はざらで、なかなか当選しないのではないかと思ったら、すぐにあるカジュアルレストランに当選した。喜び勇んで妹と2人で出かけた後、レポートを提出したが、結構大変だとわかった。

入店の日時はともかく、時間まで指定される。食事代は自分が立て替えなければいけない。月末には振り込まれるのだが、万一レポートの提出期限が過ぎてしまったり、利用金額が指定の金額に達しなかったりすると支払われない。というので飲食をしながら代金の合計金額を確かめたり、従業員の応対をチェックしたりとおちおち食事などできない。

会社のサポートもあまり親切ではなかった。レポート提出の説明も悪く、私はメールで送ってホッと安堵していたら、「期限が迫っています、早く提出してください」というメールが来て慌てた。メールではなく、ウェブ上に書き込むのだとは知らず危うくお金が支払われないところだった。その記入がまた、チェック項目が多く、記述形式のところもあって、考え考え小1時間もかかった。レポート提出がもたもたしたのがマイナス要因だったのか、その後4、5回応募したが全く依頼が来なくなり、時間のムダなので応募もしなくなった。

大体振り込まれる金額というのが自分が支払った金額ギリギリ、交通費も出ない。1万円の収入になどならない。それどころか足が出る可能性も大いにある。利用金額が3万円ぐらいと高いところもあって、もし何か不備があってそれが支払われないとなると収入どころか大損である。

大げさに報道すれば視聴率が稼げるのだろうが、実際には足が出る可能性もあるのに、あたかも美味しい物を食べた上にお金まで稼げると文字通り「美味しい話」で視聴者をたぶらかすとは何事か、と腹立たしかった。やらせは論外だが、もう少し正確を期して欲しいものだ。

AD

演歌をかける銭湯が近所にある。演歌が好きではない私には非常に苦痛である。たかが音楽と侮ってもらっては困る。音は拷問にも使われるほど、強力なツールなのだ。


「米軍,イラク捕虜にメタリカをヘビーローテーション」という記事が出たのは3年前。(参考サイトhttp://x51.org/x/03/05/2012.php  )


米軍がイラクの捕虜にヘビーメタルバンドのメタリカなどを聞かせていたというのは笑っていいのか、憤慨すべきなのか困った覚えがある。イラク軍の捕虜にヘビメタのファンはいなかっただろうからさぞかしつらかっただろう。わたしも、メタリカは30秒聞かされただけで具合が悪くなる。音楽に関して大変神経質なので、音楽の趣味の異なる友人とは仲良くなれない。その人の部屋に行ったり、車に乗ったりすれば苦手な音楽を聴かされるだろう事が容易に察しがつく。それはもう拷問に近い。


ご存知「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ではマイケルJフォックスが自分の若き父親に未来からのお告げをする時にハードロックのバン・ヘイレンの曲を使っていた。父親は聞いた事のない大音声に恐れおののき、マイケルのいいなりになるという筋書きだった。


音楽にはたくさんのジャンルがある。好みもさまざまで、「これを聞け」と聴きたくない音楽を押し付けられない限りは構わない。好みでない音楽は聴かなければいい事だ。 演歌の流れる銭湯はイヤでイヤでたまらないが、一番近いので仕方なく行っている。
防水のMP3プレーヤーがあれば、それを買って持って行くとか何か対策を考えなくてはいけない。1度イージーリスニングがかかっていたので(ああ、ようやく客の好みも取り入れて演歌は止めにしたのか)とホッとしたがそれは1回限りだった。店主が
ファンなのだろう、日頃から無愛想で感じが悪く、客のニーズなど知ったことじゃないとばかりに気が滅入る暗い演歌をかけつづけている。


また、ある牛丼屋はかなり年配の男性が店主である。美味しいので数度行ったが、ここのBGMもまた演歌なのである。まあ、牛丼を食べる間だけのことだからとガマンしていたが、ある時、私が食べている最中に氷川きよしのやだねったらやだね、という当時流行りの曲がかかった。すると、急にいそいそと、「ちょっと失礼、この曲を練習してますもんで」などと言ってマイクを握り、うっとりと薄目になって首を振って歌いはじめたのである。その下手なこと。聞くに堪えない。急に食欲を失って、早々に食べ終えて、出てしまい、以後一度も行かなかった。


牛丼屋といい、風呂屋といい、経営者たる者、自分の趣味を客に押し付けるのでなく、客が好む音楽を流すべきである。近所の「吉野家」はJポップをかけている。甲高い声の女性ボーカルにがなり立てられては牛丼も喉を通らない。食欲をジャマしない音楽をかけるべきなのにどうしてこう人は音楽に無神経なのかと首をかしげずにはいられない。


パソコンを使い始めの頃はメールマガジンの解除といった単純なことですらなかなか出来なかったものだ。それから7年、初めはちんぷんかんぷんだったパソコン用語なども苦労の甲斐あっていつの間にかかなりわかるようになり、先日出掛けたブロードバンドの勧誘会では「いやー、お客さんはわかってるのでこちらも楽ですよ」と営業マンがまんざらお世辞でもなく言ってくれたもの
だ。ところが、最近の企業のメールマガジンの中には解除がかなり面倒なものがある。まずサイトにIDとパスワードを使ってログインして、自分の登録状況のページから削除の手続きをしなくてはいけない。パスワードをすっかり忘れていたので問い合わせてから解除の手続きをしたのだが、今度はいつまで経ってもメールが来る。企業に止めるようにとメールを出すとようやく届かなく
なった。

ヤフーの広告で「●ットペッパー」というフリーペーパーの懸賞を見つけ、軽い気持ちで応募しようとしたら、サイト内をぐるぐる探し回って応募に必要な「バッジ」を見つけなければいけないという。すぐには見つからず、そのうち(どうせ当たりゃしないのに、こんな事に貴重な時間を費やしてしまった!)とハッと我に返って応募は取りやめた。企業は何とかサイトを隅々まで見て欲しいのでこんなトリックを使うのだ。クイズの答えをサイト中探し回って見つからず、あまりに腹が立ったので「こんなに答えがわからないようなクイズは止めるべきだ」と苦情を言った事がある。

「●ットペーパー」は実に人集めが巧みで、東京の国際フォーラムというところに「プレゼントがたくさんもらえます」という謳い文句で読者をたくさん集めた事がある。私も引き寄せられた1人である。当日は若い女性がわんさと詰めかけ、入場制限をかけるほどの盛況だった。

が、終わってみれば何のことはない、企業のブースを回ってアンケートに答えさせられるだけのイベントなのだ。交通費をかけて半日潰したのに、謝礼は缶ジュースや化粧品のサンプルなど、あってもなくてもいい物ばかり。それだけの為にあれだけたくさんの女性が集まるという事にびっくりした。よほどテクニックに長けた企業なのだろう。今でもこうして自社のウェブサイトに人を巧
みに誘い込み、時間を浪費させている。

この企業だけに限らない。あちらこちらから電話がかかって来て、やれ、こういうサービスがお得だから今すぐ申し込めなどと消費者を撹乱させ、時間を無駄にさせる企業の何と多い事か。お得なら申し込まなくちゃと思ってしまう私の浅はかさもいけないが、消費者を急かせて契約を取る行為はは止めるべきだ。最後に、どうせ当たりっこない懸賞サイトは、いちいち住所、氏名、電話
番号、年齢などを書かずともメールアドレスのみで応募させて欲しい。時間も無駄になるし、昨今の情報漏えい事件のニュースを見るにつけ、個人情報に関してはもっと慎重になるべきだと思う。