何か、最近当たり障りのない、毒のない記事ばっかり書いてます。問題意識を持って書き上げた記事を、ネット上の知らない人に批判されるのもイヤですしね。

現実の世界はもちろん、ネットの世界でも本音を言わない/言えない雰囲気が漂い始めていますね。


デスクトップにマスコットを常駐させよう

写真のコンテストに応募してみませんか?
 

AD
2006年頃に「黎明期」と報じられたオンライン物々交換、遂に物々交換か、とかつてバーターの実店舗を 利用した事のある私は感心しきり。その店に不要の洋服などを持ち込むと、店内の品物と交換できるのだ。リサイクルショップで買取りをする店は少ないし、 あっても買い取り額が大変低く、知人などは「けっこういいコートもあったのに、12点持ち込んで2000円というから、最近ではわざわざ売りに行かずに捨 てている」と憤慨していた。

 私も、はっきり言って、よっぽどでないと買取店には持ち込まない。その点バーター店だとすっきり家が片付 き、換わりに欲しかった香水が手に入る、などというラッキーな事もあり、たまに利用していたが、引越して遠くなった。そうなると、重い衣服を担いでまで、 と億劫になり、今では全く利用していない。それがオンラインで出来るというので興味を持ち、さっそく調べてみた。

 昨年幾つかのサービス が立ち上げられ、大手ではヤフージャパンが「Yahoo!なんでも交換」のベータ版を3月26日から提供している。アクセスしてみると「あげます」「くだ さい」というコーナーがあり、「あげます」を見てみると、ストッキング、コミック、お椀、ジャンク扱いのデジカメなど、オークションに出すほどではない品 々が並んでいる。実際には「あげます」ではなく交換が多かった。交換であれば双方に送料がかかるので、それに見合うかどうかが利用応募するかどうか思案の しどころである。私がクリックした品物はいずれも「応募者なし」と寂しい状況だった。

 物々交換は思ったより多くのサイトがあるようだ で、交換できる品も様々。比較的交換しやすい、本、ゲーム、DVDでは2007年7月に開設したビブリーというウェブサイトがあり、現在の利用者は約 4000名だそうだ。運営局によると、現在無料公開しており、今後は一部機能を有料で提供する予定だという。

 そうした中で、物々交換サ イトの先駆的な役割を担ったディアログにアクセスすると「現在、アマゾンジャパンからのCDデータ提供打切りに伴い、一時閉鎖しております」という表示が 出る。このサイトは2007年1月にCD交換機能を限定公開したというが、アソシエイト・プログラムに違反しているとの理由で9月にアマゾンジャパンから ウェブサービスの契約解除通知されたという。同サイトのサービスは10月で閉鎖され、今後は代替データの提供を受けてサービスを再開できるよう努力する、 とある。オンライン物々交換が根付くまでにはまだ時間がかかりそうだ。

 そして、私はと言えば、ヤフーの靴に応募、ビブリーに本を登録してはみたが、即決はないのでまだるっこいし、よっぽどでなければあまり利用したいとは思わない。


(参考、出典サイト)

ヤフー
http://koukan.yahoo.co.jp/
ビブリー
http://www.bibuly.com
ディアログ
http://dig-log.jp/
AD
公取委から排除命令の通販「ユーコー」から届いた「シルク靴下」をチェック

「カシミアセーター」とうたっていても100%でなく10%ぐらいという場合もありますしね。
5%ならどうなんでしょう。

ガイドラインが必要かもしれませんね。





AD

米マイクロソフト社が米ヤフーに総額約446億ドルという巨額の買収額を提案
して以来、ニューヨーク・タイムズのテクノロジー欄は連日この関連ニュースで
賑わっている。


2月10日付オンライン版では、月曜(11日)には、文書でヤフーを過小評価
しているので買収提案の拒否を伝える予定だが、マイクロソフト側は交渉を続け
る見込みだと伝えている。提案からこれまでの動きを見るとヤフー側の苦悩が
浮かび上がってくる。


「ヤフーはもう手遅れか?/Too Late for Yahoo?」(ニューヨークタイムズ・
オンライン版2月8日)によると、昨年夏にジェリー・ヤン氏がヤフーのCEO
になった後、彼とトップの補佐役は、ヤフーが独立体制を維持できるかについて
熟慮した結果、答えはイエスだった。が、ヤン氏はどうやって集中し、周辺の
プロジェクトを削減し、オンライン検索と広告のダントツのグーグルに対抗する
かなど、社が直面するもっと複雑な多くの問題について説得力のある答えを見
つけるのに苦慮していると書かれている。


また「ヤフーの取り締まり役、マイクロソフトのビッドにどう対応するか議論/
Yahoo’s Directors Discuss How to Face Microsoft Bid」(ニューヨークタイ
ムズ・オンライン版2月9日)では、マイクロソフトの敵対的買収案から
1週間となる金曜日、役員会でオプションを考慮したとある。会に出席した
1人は、取締役はヤフーの経営管理側と銀行家からマイクロソフトがオファー
した額よりもっと価値があるなどといった1連のプレゼンテーションを受け、
ヤフーの独立を維持するための様々なオプションについても説明があったと
いう。ひとつの可能なオプションは、グーグルとのサーチ関連のベンチャー・
ビジネスだったという。


あわただしい動きを見せる今回の大型買収劇だが、2月3日付けのニューヨーク・

タイムズでは早くも次なる大取引についての期待が取り沙汰されていたのだから

シリコン・バレーの懐は深い。


「ヤフーの買収はビッグだが、二番手の目玉?/Yahoo Deal Is Big, but Is It the
Next Big Thing?」では、ヤフーの買収が、マイクロソフトがグーグルに追いつ
くラストチャンスと見ているが、買収のサイズと野望の大きさの割には入札は熱意
を持って迎えられなかったとある。その理由は、シリコン・バレーは買収による成
長よりもボトム・アップのイノベーションを好むからかも知れないのだという。
そしてシリコン・バレーの投機筋は次なる新規事業に目を向けており、それは
月曜にインテルが発表するローパワーのマイクロプロセッサー(コードネーム、

Silverthrone)かもしれないと明かしている。これは新しい携帯のワイヤレス・
デバイスで、ソフトウェアの革新の口火を切るのではないかと期待されている。
それとも、次に来るのは全く違うものかもしれない。それは誰にもわからないが、
未来へのギャンブルがシリコンバレーのエッセンスだと報じている。


朝日新聞2月6日付は、ヤフーの買収が長期戦になるだろうと報じているが、
大型という事では2001年の米タイムワーナーとインターネット大手のAOLと
の巨大合併があった。が、タイムワーナーは傘下のAOLのネット接続事業を
分離するなど事業再編に取り組むと報じられている(朝日新聞2月7日付)。
大型合併や買収も時が経てばこうして再編に直面する事もあるのだ。

マイクロソフトはヤフー買収を諦めるのか?グーグルの動きは?IT再編劇は
小説よりも面白い。

グルメ雑誌をぶっ飛ばせ!

テーマ:


 自称グルメ(だった)私はよくその手の雑誌を見てはおいしそうな店に出かけるのを趣味にしていた。「食べ歩き」というヤツである。ところが、雑誌の能書きを信じて出かけてみても、また行きたくなるほどの店は10軒に1軒もない。

 「ハナコ」を見て吉祥寺の絶品チャーハンを食べさせるという店に出かけた。(一体どんな味なのだろう・・)と期待に胸を膨らませ、おなかを空かせて足を運んだのに、ごはんのダマはあるし、何のことはない、自分で作る方がよっぽどマシだったのだ。それまでにも散々だまされて来たが、この時には(もー、許せない!)と、グルメ雑誌は一切買わなくなった。

 京都などに行くとガイドブックに出ていないところでも結構美味しい店があるのに、東京というところは実にまずい店が堂々と営業している。新宿のあるビルの地下の有機野菜の店、というのに入ったら百グラム70円くらいの牛のくず肉を炒め、安いサニーレタスを山と盛って千円もとる。かと思うと恵比寿の某蕎麦屋のカツ丼は、肉がロースでなく薄っぺらいバラ肉を重ねて揚げたもの。しかも古い油で揚げているのでまずいの何の。とても食べられた代物ではなかった。

 子供の頃は外食するとはプロの味が楽しめるという事だった。今は(どうかまずい物だけは出ませんように)と祈るような気持ちで暖簾をくぐる。

 という訳で最近はまずくて高い、しかもタバコの煙が漂うというので外食はほとんどしない。もっぱら自宅でカンタンな物しか作らないがこの間、家庭栽培のニラをもらったので数年ぶりに餃子を作った。そんじょそこらの餃子よりはるかに美味しい。

 結構料理はうまいのだが、実は大の料理ぎらい。材料を切ったり茹でたり焼いたりして食べた後は皿洗い。こういう一連の単純な反復作業が実に面倒くさいし空しい。男の友人が来て何かを作るのはもっとシンドイ。かつては乏しい家計をやりくりして愛する男の為に精一杯料理した時期もあるが(笑)、感謝もされず、結局は飯炊き女としていいように利用されただけとあっては、もう男のためにけなげに料理するなど考えられない。彼らにこそ料理して食べさせてもらいたいものだ。
「『脱たばこ』の旅 急加速」(SANKEI EXPRESS3月18日号)によると、東北、上越新幹線などJR東日本の新幹線と特急が18日から全面禁煙になるという。滅多に乗らない新幹線、今年1月に利用した時には禁煙車を指定した覚えはないのに禁煙だったのでとっくに全車両禁煙になっているとばかり思い込んでいた。

首都圏の小田急電鉄と東武鉄道も特急電車の喫煙車両を全廃するとあるから今までは喫煙車両があったのだ。知らなかった。また、管内のほぼすべてが禁煙となるが寝台列車は別。

健康増進法施行を受けて禁煙を進めて来たとあるが、この法律の施行は約5年前の2002年8月。あまりに遅きに失した措置ではある。禁煙の動きは西低東高らしく、JR東日本が全面禁煙に踏み切ったのに対してJR西日本の京阪神と山陰方面を結ぶ、運行時間が3時間を越える特急では喫煙車を残すそうだ。

飛行機は10時間を越えるような国際線でも全面禁煙なのに、この3時間という区切りが理解できない。ニコチン中毒者は3時間以上はタバコなしではいられないという事だろうか。

日本たばこ産業の2006年度の調査では成人の喫煙者数は26.3%に低下しているそうだが、内訳を見れば男性が41.3%、女性が12.4%で、女性が喫煙率を下げているのであって、男性に限れば中国や韓国よりは低いが先進国と比較すると非常に高い。喫煙率が過去最低と喜んでる場合じゃない。

マナーの悪い喫煙者のせいでイヤな気分になる事は多い。駅のホームの決められたところで喫煙しないし、吸殻をポイ捨てをするので掃除の手間と費用がかかる。車両内で喫煙すればヤニの汚れが付く。それでも料金が非喫煙者と一緒というのはナットクいかない。

7月に東海道、山陽新幹線に登場する新型車両は初めての全席禁煙車となるそうだが、16両編成の6ヶ所にご丁寧に喫煙ルームを設置、光触媒を使ったり、排煙装置を常時稼動させたりして「完全分煙化」を目指すという。実際に見てみないとわからないが、喫煙ルームがあるのでは全席禁煙と言ったってどこかに煙いエリアがあるのでは受動喫煙は100%防げないのではないか。

かつて禁煙化の黎明期に新幹線のグリーン車に乗ったら、禁煙席を指定したのに同じ車両内でタバコを吸っている人がいて、車掌さんに注意してくれるよう頼んだところ、車両の前3列ほどが禁煙席で、そこから後ろは喫煙席だと言われ、まるで詐欺に遭ったような気分になった。かつての国際線にしても密室の中、禁煙席と喫煙席が並存し、喫煙席のすぐ後ろの禁煙席に座らされて食事時に煙が流れて来て閉口した事もある。喫煙者サイドに立つ人々はこんな破廉恥なまやかしの論法を平気な顔で通そうとするのである。

「『脱たばこ』の旅 急加速」というタイトルは正しくない、「脱たばこの旅、ようやくエンジンかかる」ぐらいがちょうどぐらいではなかろうか。