アスリートのための“トレーナールーム”プラストレーナーズのブログ

治療院とスポーツジムで別々に行われていたリハビリやストレッチなどコンディショニングと体幹や肩甲骨、股関節を中心に鍛えるトレーニングをリハビリのプロである理学療法士とトレーニングのプロであるトレーナーがサポートします。

◆◇ Conditioning & Training PlusTRAINERS
コンディショニング&トレーニング プラストレーナーズ

日々のコンディショニング&トレーニング内容やスポーツ障害からの競技復帰、スポーツパフォーマンスアップのためのマメ知識などを書いています

分からないことや疑問点などあればお気軽にコメントください!

プラストレーナーズ代表 伊藤のTwitter フォローお願いします!
NEW !
テーマ:

シンスプリントとは正式には「脛骨疲労性骨膜炎」といい、スネの骨(脛骨)に起こる炎症のことで、脛骨内側の筋肉の痛みも含めてシンスプリントと呼びます。

 

疲労性骨膜炎の名前の通り、練習量(特にランニングメニューやジャンプ系のメニュー)が多いと発症しやすく、急激に運動量が増える中学1年生や高校1年生に起こりやすいとされています。

 

もっともメインの原因は練習量の過多(オーバーユース)ですが、ただそれだけではなく「扁平足」や「ハイアーチ」などアライメントの問題や「足趾機能不全(足の指が上手く使えない)」、「足関節可動域制限(足首が硬い)」、「股関節機能不全(股関節が硬い、筋力が弱い)」などもシンスプリント発生の背景として考えられます。

 

 

 

リハビリや治療としては、安静を取ることが一番です。

 

しかしなかなか練習を休めない選手もいると思いますので、そういった選手は、患部(痛みのある部位)には練習後のアイシングや消炎鎮痛剤(シップやゲル)などが有効で、オーバーユース以外の患部外の問題点の解決に努めることが大切になります。

 

 

患部外の問題点に対するアプローチとしては以下を参考にしてください。

 

「扁平足」「ハイアーチ」→インソールを使用する

「足趾機能不全」→足の裏をほぐし足指のトレーニングをする

「足関節可動域制限」→ストレッチ

「股関節機能不全」→ストレッチとトレーニング

 

 

特に患部に直接関連する筋肉のストレッチは重要で、いわゆる「アキレス腱伸ばし」のストレッチで筋肉を伸ばすことができます。

 

以下のような形のストレッチも有効です。

 

シンスプリントは練習を休んで安静をとれば比較的予後がいいスポーツ障害ですが、オーバーユース以外の患部外の問題が残っているとスポーツ活動の再開し運動量が増えると再発をしてしまうケースも多く、痛みを我慢して練習を続けていると疲労骨折に繋がることも少なくないので注意が必要です。

 

 

 

プラストレーナーズ

伊藤孝信

 

LINEでのお問い合わせも

受け付けております

友だち追加数

1:1トークで

お気軽にお問い合わせください 

 

$パーソナルトレーニングと野球肩肘などスポーツ障害のリハビリ治療ならお任せ!プラストレーナーズ

 

 

アスリートのための

トレーナールーム

プラストレーナーズ

 

名古屋市天白区島田5-501-4

ハイネス津久紫1階(駐車場完備)

 052-842-8499

 

Facebookページ↓↓↓

$パーソナルトレーニングと野球肩肘などスポーツ障害のリハビリ治療ならお任せ!プラストレーナーズ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。