20日午前11時10分ごろ、東京都新宿区若松町の「牛込若松町郵便局」に顔を白っぽい布で隠した男が押し入り、女性客を羽交い締めにしてカッターナイフを突きつけ、「200万円出せ」と脅迫。男は局員から差し出された現金約200万円を奪い逃走した。

 警視庁牛込署によると、数十メートル先の路上で、事件に気付いた同署警務課の男性職員が局員とともに男を取り押さえた。けが人はなかった。

 同署の調べによると、強盗の現行犯で逮捕されたのは自称、新宿区大久保の無職、石井孝和容疑者(29)。石井容疑者は容疑を認めているという。

 新宿区内では3月にも、別の郵便局に布で顔を隠した男が「200万円を出せ」と押し入り、現金約18万円が奪われる事件が発生しており、警視庁が関連を調べている。

【関連記事】
郵便局強盗をスピード逮捕 女性局員ら機敏に対応 愛知
昨秋の郵便局200万円強盗、42歳男を逮捕 京都
甲府の郵便局に強盗 刃物突きつけ100万奪い逃走
女性客に水かけ「燃やすぞ」 郵便局強盗で男を再逮捕
「金を出せ」メモで脅す 東京・江戸川で郵便局強盗
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

働く女性の7割、メタボ自覚=判断基準は「おなかの肉」-民間調査(時事通信)
<首長新党>18日旗揚げ 杉並区長が代表に(毎日新聞)
政府税調 消費増税論議始まる 集約は政治主導待ち 積極派にも溝、混迷模様(産経新聞)
足止め外国客にハンバーガー=無料シャワー券も配布-成田空港会社(時事通信)
<長妻厚生労働相>子ども手当の「バラマキ」批判にピリピリ(毎日新聞)
AD