2016年01月22日

僕が1人で乗り降り出来る、唯一の電車

テーマ:バリアフリー
都営大江戸線は、駅員さんの手を借りずに一人でキャスター上げをせず、安全に乗車降車が出来る唯一の電車です。

僕の障害は頚椎損傷C6完全で、右は障害レベルが重く、自走車椅子で1人で外出出来るギリギリのレベルだと自負しています。

僕のレベルでも電動車椅子や簡易電動車椅子を使って移動している方が多いですが、僕は自分のプライドで手動車椅子を使って移動すると決めています。

普段の車椅子移動で人の手を借りるのは、電車乗車降車時だけです。

この問題点は車椅子生活になってからずっと抱えていた問題でしたが、唯一、駅員さんの手を借りずに電車の乗車降車が出来るのが大江戸線です。

大江戸線はチェアウォーカーになった13年前から変わらず、ホームと車両の間隔が狭く、高さも乗れる範囲です。

{75637DC5-168F-4289-88BB-D6F134AD01AB:01}

何故、13年前にこのような素晴らしい電車が出来ていたのに、それ以降継続がされないのでしょう?

都営大江戸線の場合、車両もホームの高さが一新され、何処の駅に停車しても、ホームとの幅も、高さもほぼ同じです。

最近は色々な電車の乗り入れがあり、鉄道会社によって扉の位置が違うことや、コーナーにホームがあることで直線の車両は曲線のホームではホームと車両の間隔が広くなければぶつかってしまい、ホームと車両の距離が出来てしまっています。
新型車両になって、ホームと車両の高さが出てしまうとこもあります。

点字ブロックも、大江戸線の点字ブロックはガタガタ身体に優しくて、これで問題ないのであれば統一して欲しいです。


あと約4年で東京オリンピックパラリンピックが開催されます。

大江戸線のように1人で移動出来る電車がどれだけ増えてくれるかにも期待しています。
僕が出来ることは協力していきたいと思っています。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
長屋宏和 内閣総理大臣奨励賞受賞さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

4 ■Re:メトロに伝えていくことが必要ですね

>oeuf durさん
こんにちは。
東京オリンピックパラリンピックのバリアフリーワーキングチームに参加させて頂いているので、この点は何とか改善できるよう頑張りたいです。多くの皆さんからの意見が一番必要で、皆さんと共に取り組んでいきたいです。

3 ■メトロに伝えていくことが必要ですね

長屋さん、こんにちは。
この記事で初めて都営とメトロの違いに気づきました。

大江戸線は、都営の最新路線です。
都営地下鉄は、大江戸線が最新で、しかも他社との乗り入れがありませんから、理想形ができたのでしょう。

でも、東京メトロ(旧営団)は民営だから、利益とか他社とかとの乗り入れによる車両の違いとかが優先されて、難しいのでしょうね。

大江戸線を理想形として、何か、団体として、他社(都営、メトロに乗り入れしている全線)に働きかけをしてみてはどうでしょうか。

政治にかかわる人に相談するのもひとつの方法かもしれません。

2 ■Re:無題

>Mayumiさん
今できてしまっているものを作り変えることは凄く大変なことだと思います。
この電車の問題点だけでなく、建物のバリアフリーなど、何を優先して作り上げていくかが一番重要だと思います。日本のバリアフリーに足りていないのは、実際に使うチェアウォーカー目線ではないことです。

1 ■無題

確かにホームと車両の隙間はコワイな~と感じることが多いですね。つくり手には目線の位置を変えて取り組むことを願います。工事工事。。。改善されるといいですね。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み