藤波直子のブログ

愛は自分の中に、あります。

心のアロマを使って、
生きているよろこびを感じると、
人生が変わります。

みなさまアロハ!!!

あいしあってます???


NEW !
テーマ:
みなさまこんにちはバラ




愛しあってますかWハートWハート








昨日の続き、になるのですが。





生き延びるのに

大変な思いをしてきた

宇宙人の方々ですが

もっとも大変なのは

その親子関係においてです。






宇宙人側からすると

両親の言動にぼっこぼこに

されたように感じるのですが

両親は両親で

その子の感受性が人の100倍

あることを決して理解できませんので

なんでこの子は人と違うんだろう

と悩んでいるのです。




ここに

宇宙人とそうではない親の間の

わかりあえない悲劇が存在しますが

うまく客観視できれば

悲劇は喜劇に転じます。

そしてそれはこの瞬間でも

可能なことです。




基本的に子供は親を愛していますので

親の期待通りにがんばろうとしますが

宇宙人たちは出来ることと

出来ないことがはっきりしていますので

期待通りにできない自分を責め

そのまま大人になります。

そして同じように社会の期待通り

仕事をしようとして失敗します。

なんとかうまくやろうとしても

いずれ苦しくなっていき

どこにも承認欲求を

得られないまま絶望します。




そんな時は

子ども時代の自分に

「そのままでいいよ」

と言ってあげる必要があります。







あなたがあなたを承認するのです。








実際のところ

スーパー繊細な子供の親は

その親の価値観に基づいて

ではありますが

ベストを尽くしています。

しかしあまりにも

親子間の知覚が違いすぎるので

コミュニケーション方法が

わからないだけだと思います。




親はなんでこの子は

普通と違うんだろうと思い

宇宙人子どもは

社会に合わせないで

私を見て、

否定しないで、

と思っています。





わたくしは昨日、

「親にわかってもらおうとしないこと」

と宇宙人受講生のみなさまに

お伝えしましたが

もしブログ読者の方が

親の立場でしたら

是非見方を変えることを

お勧めします。

その子は

社会に合わせすぎなあなたに

もっと自分らしくていいと

教えにやってきているのです。

その子のキラキラを保つのが

あなたの役割です。




子ども側の読者のみなさまは

自分の中の子どもを

抱きしめてあげてください。

親は決してあなたの感受性を

理解しませんでしたが

彼らなりに精一杯

あなたを育てたのです。

思うように愛されなかったから

といって

被害者意識に陥るのは

もったいないのです。




中には

ご両親に問題があったご家庭の

方もいらっしゃいますが

過去に意識を向けても

なんのトクにもなりません。

今この瞬間にできることは

その時傷ついたまま

凍っている子どものエネルギーを

温めてあげることです。




「自分はどうせ愛されない」

とすねている子どものエネルギーを

保持したまま大人になった人は

プライベートな関係もなかなか

うまくいきません。






宇宙人のみなさまに、

わたくしは活躍してほしいと

思っています。

自分の感受性を信じることが

出来始めた方は

次に、自分の中の子どもの

エネルギーを愛してあげてください。

そして一番最後に

可能ならば

あなたを理解できなかった

ご両親を許してあげてください。








人は理解しあえなくても

愛しあうことが可能です。

そのエネルギーを広げていかないと

いつまでたってもこの地球上は

宗教間の争いが絶えません。





地球の平和と調和を求めるならば

まず自分からなのです。

そしてわたくしは

宇宙人の方は

地球平和、宇宙平和という言葉に

弱いということも知っています(^^)

あなたが調和を実現した分だけ

周囲との調和も現実化します。








どうぞその個性を

この地球のために

使っていただけたらと

思います
ハート
























無料マハロめるまがご登録はこちら









いいね!(17)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「インナーチャイルド」 の記事