KhonKaen徒然日記

少々早めのリタイヤを決断。タイ人女房とのイサーンの日常をお伝え出来ればと思います。


テーマ:

 

サワディクラップ!!

 

本日もKAZのブログにお越し下さいまして有難う御座います!!

 

さて、昨年の記事の通り(その時の記事は その1 その2)スマホは女房のお下がりの「iPhone6Plus」を使っていました。

 

「いました」と言いますのは・・・・実は・・・・

 

 

 

先日の事、女房が不注意により自分のiPadを落としてしまいディスプレーのガラスが破損。

 

それを修理に出しましたところ1時間ほどで修理が完了するとの事。

 

待っている間に・・・・まあ~ウィンドウショッピングとか?(笑)

 

 

 

冷やかしついでにKAZの「iPhone6Plus」をいくらで下取りしてくれるのか聞いたところ、これが自分でも驚くほど高額な金額を提示されました(汗)

 

特に買い替えのつもりは無かったのですが・・・・

 

「いや、売れる時に売ってしまうのが吉」かな~なんて(笑)

 

それで・・・・iPadの修理が終わる頃には・・・・

 

 

 

このようなモノが手許に・・・・(滝汗)

 

 

 

以前にも何度か使った事がある「ASUS」の新製品!!

 

「ZenPone3 Ultra」です!!

 

iPhone7Plusよりも更に一回り大きな画面は6.8型とiPhoe7PlusとiPad-Miniとの中間サイズです(汗)

 

追い金約4千THBで新製品を手に入れられました(嬉)

(と言いましてもタイではアンドロイド機はあまり人気が無く次回の下取りの際には二束三文となるので徳をしたのか?と言われれば微妙なのですが・・・汗)

 

久し振りのアンドロイド機、やっとアプリも入れ終わって使い易くなってきた処です。

 

もう少し使い込んだら使用感レポートなどもUPしたいと思います!!

 

 

それでは表題の件です!!

 

古都バゴーから2時間半、バスに揺られて着いた処は有名なゴールデン・ロック、チャイティヨーパゴダへの登山口となる街「キンブン」です。

 

着いた時間は・・・・

 

 

もう夕暮れが迫る午後5時近く・・・・

 

まずは・・・・

 

 

記念撮影!!(爆笑)

 

此処で・・・・

 

 

このような山登り専用トラックに乗り換えてチャイティヨーパゴダに向かいます。

 

しかし・・・夕暮れ迫る時間だと言うのにこれから同じ処に向かう人達で大混雑!!

 

そのトラックへの待ち時間に見掛けた超~恐ろしい乗り物!!(怖)

 

 

 

 

絶対に乗りたくないですよね~~(滝汗)

 

やっと我々の順番が来ましてトラックへ乗り込みます!!

 

 

 

 

トラックの荷台に板が渡してあってそこに座るのですが驚いた事にシートベルトが有りましたよ~!!(笑)

 

 

 

屋根の幌の隙間から目的地「チャイティヨー」のゴールデンロックが見えたかと思いましたらこれは観光用のコピーだとか(笑)

 

本物はもっともっと山深い奥のほうでトラックで小一時間掛かるとか・・・(滝汗)

 

トラックに乗り込みましていざ出発!!・・・・かと思ったら何やら民家の庭先に入っていく。

 

え~っこの狭い道を進んで行くのか~?・・・と思ったら・・・・

 

 

 

 

ハイ!!燃料補給でした(汗)

 

日本ならお客さんを乗せる前に燃料を入れてくると思うのですが・・・・(爆笑)

 

気を取り直して「さあ~出発!!」なのですが・・・いや~いきなりの山道を全開で登って行きます!!

 

 

道は決して広くは無いのですがちょっとでも遅いトラックが居ればガンガン追い抜く!!

 

 

 

 

 

 

こんな感じですから~~

 

しっかり手摺に摑まっていないと振り落とされそうな勢い!!

 

これを小一時間ですよ~~(滝汗)

 

みんな山頂へ着く頃にはグッタリ気分です(笑)

 

 

 

チャイティーヨー山頂からの落日。

 

此処からは徒歩で今夜の宿へ向かいます。

 

 

 

各自、自分の荷物は自分で・・・・と思ったら・・・・

 

 

 

日本で言えば「担ぎ屋さん」ですかね?

 

5~6個の荷物を籠に入れて運んでくれます(驚)

 

更には・・・・・

 

 

 

人間を載せて運んでくれる輿?まで居ました!!

 

 

いよいよ夕闇が迫り来る午後6時過ぎ・・・・

 

 

 

登山トラックを降りてから10分ほど歩きまして・・・・

 

 

 

今夜の宿に到着しました!!

 

この「Kyaik Hto Hotel」と書いて「チャイトー・ホテル」です。

 

チャイティヨーには此処も含めて4箇所しかホテルが無いとか?

 

しかし・・・この時間帯でもまだまだ沢山の人達(殆どはミャンマーの人々)が列をなして山頂を目指して登って行きます(驚)

 

この時はKAZ達は「チャイティヨー・バゴダ(ゴールデンロック)にお参りした後はすぐに下山?あの山道を真っ暗な状態で下っていくのはスリル有るだろうなあ~」なんて勘違いしていました(汗)

 

チャイトー・ホテルは・・・・

 

 

 

 

 

「チャイティヨー・バゴダ」への参拝専用ホテルですので基本「寝るだけ」のホテル(笑)

 

富士山の山小屋に較べればもう月とすっぽん、遥かに快適でしたよ!!

 

 

 

いよいよ完全に落日、電力事情があまりよくないので一気に真っ暗です。

 

 

 

此方は何をしているかと申しますと・・・・

 

 

 

 

チャイティヨー・バゴダに奉納する「鈴」に住所、氏名、そして願い事を記入しているんです。

 

 

 

暗闇の中に遠く、チャイティヨー・バゴダの姿が浮かび上がって見えてきました!!

 

さあ~いよいよチャイティヨー・バゴダに向けて出発!!・・・・かと思いきや・・・

 

 

 

 

腹が減っては戦が・・・・・(爆笑)

 

と言う事でお腹を一杯にしまして改めて出発進行~~!!

 

そうそう・・・・

 

 

 

鈴を忘れないようにネ!!

 

 

 

 

殆ど真っ暗なかを歩くこと10分ほど・・・・

 

 

 

チャイティヨー・バゴダへの入り口山門です!!

 

此処で靴を脱ぎまして此処からは裸足で歩いて行きます。

 

 

 

 

此方は途中に有りましたバゴダ。

チャイティヨー・バゴダ(ゴールデンロック)ではありませんが此方もそれなりの大きさ、船の形をしているのですがやはり微妙な感じで落ちずにいます(驚)

 

 

 

 

いよいよ目的地は目前!!

 

 

 

 

 

 

 

 

と、思いきや・・・・

 

途中には何箇所もの集金所・・・・タンブン受付所が有ります(アセアセ)

 

お布施もたっぷりと置いて来まして(汗)いよいよチャイティヨー・パゴダです!!

 

と、思ったら・・・・・

 

 

 

 

 

 

何だと思いますか??

 

此方「チャイティヨー・パゴダ」(ゴールデンロック)はミャンマー仏教の聖地と言われる場所。

 

敬虔な仏教とのミャンマーの方々にとっては一生に一度は訪れてみたい言わば憧れの地。

 

皆さん、乾期のこの時期に此処に来て境内の中で寝泊りして数日過ごす。

 

日本の江戸時代の「お伊勢参り」みたいな感じでしょうか?

 

夕方暗くなっても多くのミャンマー人が此方を目指して歩いていた意味がやっと理解出来ました。

 

境内の中には数万人というミャンマーの方々が寒さに震えながら其々祈りを捧げている・・・・

 

お遊び気分だったKAZ達もちょっと気が引き締る思いでした。

 

 

 

此方のお店で・・・・

 

 

 

チャイティヨー・バゴダに貼る「金箔」を購入。

 

そして・・・・・いよいよです!!

 

 

 

しかし・・・・・実はこの柵の先はなんと女人禁制!!

 

チャイティヨー・パゴダ(ゴールデンロック)には女性は触ることも出来ないんですね(驚)

 

 

 

女性陣5人分と、KAZの分を合せて6人分、30枚の金箔と6個の鈴を持ってチャイティヨー・パゴダに向かいます!!(しかし今回KAZの仕事多過ぎ!!・・・・汗)

 

此処から先はカメラもスマホも禁止ですので残念ながら画像は有りません。

 

あの金色に輝く岩(それがチャイティヨー・バゴダな訳ですが・・・)マジでどうやって此処に留まっているの?っていう感じ。

 

台座?とも言える岩?山?も決して平らではなくてかなりの角度なんです。

 

そこを歩いて行ってチャイティヨー・バゴダに金箔を貼るのですが・・・人も多いし、万が一足を滑らして転倒でもしたら数十メートルは滑落し命の危険も有り得る・・・・(怖)

 

まさに命懸けでした!!

 

 

 

此方は中に入る事が出来ずにチャイティヨー・パゴダを囲む柵に奉納された鈴。

 

 

 

 

外からみたチャイティヨー・パゴダ。

 

本当に「ちょっと押した」だけで転がり落ちてしまいそうな・・・・そんな微妙なバランスです。

 

この岩は高さ6.7メートル、周囲25.6メートル、仏塔は10.79メートル有るそうですよ。

 

標高1101メートルの位置に鎮座していて今迄に何度もの地震にもあっているのですが落ちない・・・・

 

これが「仏の力」だと言われているようです。

 

 

 

 

お約束の記念撮影!!

 

 

 

此方は最後に山門での記念撮影。

 

と言う事でチャイティヨー・パゴダでした。

 

ホテルに戻りまして・・・

 

 

 

 

 

 

このミャンマー仏教の聖地に来られた事を祝って乾杯!!

 

長~~~い一日が無事に終わりました!!

 

と、言う事で続きます!!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

サワディクラップ!!

 

本日もKAZのブログにお越し下さいまして有難う御座います!!

 

つい一週間ほど前までは最低気温15度以下と肌寒い日が続いていたコンケンですが2~3日前からは超~~~暑い毎日!!(滝汗)

 

短かったイサーンの冬が終わりソンクラーン時期に向けて一気に夏に突入??

 

今年も蒸し暑い嫌な時期がやってきますね~(涙)

 

 

さて、ミャンマー旅行記、いよいよ本編です!!

 

ミャンマーへ旅立つ日の朝は・・・・

 

 

何と3時起き!!(滝汗)

 

今回のツアーは格安航空会社で有名な「Air Asia」の後援で主催されたツアー、往路は早朝便で帰路は深夜便利用という実に中身が濃いツアーでした(爆笑)

(実は空席率の高い便を利用なので安いツアーだった事は言うまでもありません・・・汗汗)

 

 

 

朝食代わりにいつもの栄養剤を飲んでいざドンムアン空港に向けて出発!!

 

 

 

此方が今回のツアーの集合場所です!!

 

 

 

今回のツアー参加者は32名?予約をお断りするほど盛況だった様子(驚)

 

 

 

集合時間は午前4時半(驚)さてさて当然ですが所謂タイタイムですので時間通りに来ない方も想定内(爆笑)

 

飛行機の出発時間が7時15分ですので逆算して5時頃までに着けばOK・・・みたいな感じなんでしょうね~

 

しかし・・・・

 

 

Air Asiaは全便一括チェックインですのでカウンターは長蛇の列(驚)
いや~皆さんこんな朝早くからどちらへ行かれるのでしょうね~

 

 

 

チェックインも終わりイミグレも無事に通過、ターミナル内に入りますと「某大陸人」の方々が多数!!

皆さん床に直座りしたり寝転んだりとなかなかの寛ぎ振り(爆笑)

 

しかし後から聞いた話しでは女性用トイレでは壮絶な順番争いが繰広げられていたようですね~(滝汗)

 

タイでも最近は混んでいる公共トイレでは各個室のドアの前には並ばずにトイレの入り口で順番を待つのが普通、某大陸の方々はそれが理解出来ずに勝手に前に行ってしまい空いたドア目掛けて一直線、あっと云う間に入られてしまう(滝汗)

 

因みに男性用トイレに入ろうとする某大陸の(旧)女性も居るのですがこの時は入り口に係官が居て静止していました(笑)

 

 

 

どこのレストランも満席、廊下のベンチでコンビニ朝食!!(笑)

 

 

 

ドンムアン空港に昇る朝日。この日も良い天気、良い一日になりそうな予感(笑)

 

 

 

どっちを向いても赤い機体!!

ドンムアン空港は「Air Asia」専用空港みたいですよね~~(笑)

 

 

 

FD251便、ドンムアン空港発ヤンゴン行き、いよいよ搭乗開始です!!

 

 

 

60歳近くにもなってもこの瞬間ってついついワクワクしてしまいます・・・(滝汗)

 

 

 

 

ググ~ンと高度を上げたと思ったら・・・・

 

降下開始(爆笑)

 

 

 

一時間ほどでヤンゴン到着です。

 

因みに日本語だと「ヤンゴン」ですがタイ人的発音だと「ヤングゥン」でした。

 

実は・・・一昨年ミャンマーのマンダレーとバガンに行った際にはVISAはバンコクのミャンマー大使館に行って申請したのですが今回はインターネット経由でのVISA申請。

 

さて本当に申請に通っているのか?ちょっと不安なままイミグレに入りまして「ミンガラバー!!」

 

きちんと取得出来ていました(アセアセ)そう言えば返信のメールが来ていたのですがてっきりあれは「受領したよ」の連絡なのかと勘違いしていました(笑)

 

全員が無事にミャンマー入国!!預入荷物を受け取ったタイ人達は・・・・

 

 

その場でスーツケースを開けて何やら一仕事(汗)

 

何をやっているのか?と申しますと・・・・

 

この日に泊まる某所は高地なのでとても寒い、更にバスを降りてからかなりの距離を自分で荷物を持って歩かなければならないのでこの日に必要な着替えだけを出して小さめなバックに詰めているんです。

大きなスーツケースはこのままバスのトランクに入れたままになります。

 

 

 

と言う事で準備が整いましたらバスに乗り込みます。

 

 

 

 

ヤンゴン国際空港、まだ新築されたばかり?

とても綺麗で清潔、素晴らしい空港でしたよ(驚)

 

それで・・・・

 

 

今回のツアーは全食事付き!!

 

これは「朝ごはん」なのでしょうかね~~(笑)

 

タイで言う「ルクチン」(魚のつみれ)・・・・タイのツケダレよりも辛くて朝からBEERが欲しくなるようなお味でした!!(笑)

 

 

 

実はこのヤンゴン空港はヤンゴンの街からかなり離れているんですね(車で約30分)

空港周辺にはこんな感じのホテルとかもちらほら有るのですが・・・・

 

 

ちょっと空港から離れるとこんな感じ!!

 

タイの田舎町って感じです。

 

そして更に市街地から離れると・・・・・

 

 

 

トタン屋根の掘っ立て小屋も・・・・

 

この屋根じゃあ~きっと室内は相当に暑いでしょうね~~(涙)

 

 

 

走っている車の殆どは日本車。

 

それも日本から運びこまれたと思われるTOYOTA車が多いです。

 

これはTOYOTAのプロボックスでしたっけ?

 

これとトラックのライトエースがとても多く走っています。

 

 

 

此方はKAZの地元、神奈川県で走っている「神奈中バス」(驚)

 

ミャンマーは日本とは反対の右側通行なのですが日本で使われているままの右ハンドル、左側に乗降用の扉って・・・・

お客さんは追い越し車線側で乗り降りする!?(滝汗)

 

 

 

此方は「料金所」

 

結構彼方此方に有ります!!

 

それで「高速道路」のかと思えばそうでは無い(爆笑)

道路整備の為の費用は全員から集める税金からでは無く、道路を使う方が負担して下さいとの考えのようです(笑)

道路が出来て恩恵を受けるのは自動車だけでは無いと思うのですが・・・その国の考えなのでしょうね。

 

バスの中ではツアーの説明に引き続きまして「両替」(笑)

 

ミャンマーでの両替は基本的には米ドルからミャンマーの通貨チャット(これも日本語ではチャットですがタイ人的にはキャットでした)に交換なのですが・・・

実は今はタイ人の間では「ミャンマー旅行ブーム」(笑)ミャンマーの観光地では普通にタイバーツが使えてしまいます(笑)

 

それでもやはり細かいお金にはそのチャットが必要・・・・と言う事で・・・・

 

バスの中で現地ガイドさんが両替してくれます。

 

タイのバーツで1000バーツ(約3千円)を両替しますと約3万チャット(驚)

紙幣の数字だけで言うと30倍!!(笑)

 

と言う事で・・・・

 

 

 

 

 

 

スゲ~お金持ち気分!!(爆笑)

 

ヤンゴンを出たバスは北東方向の隣街、古都「バゴー」に向けてひた走るのですが結構遠い(約2時間)ですし道が悪くて結構揺れる。

 

道は一車線なので前に遅い車が居るとなかなか追い越せないし、その狭い道にバイクや自転車も走っているので注意喚起の為なのか?まあ~クラクションをよく鳴らすのでうるさい事うるさい事!!

 

そんなバスの中、タイ人達はお腹が空くと機嫌が悪くなるので・・・・

 

 

 

ジュースやらお菓子を配って機嫌が悪くならないようにとのガイドさんの気遣い(爆笑)

 

もっともこれが最終日には問題を引き起こすのですが・・・・(滝汗)

 

で、隣町の古都「バゴー」まで80キロ、走ること2時間半(汗)・・・・・

 

 

 

 

 

こんな感じの街です。

 

 

 

 

此方はつい先日OPENしたと言うファッションビル(驚)

 

置いてあるバイクの数を見てもお判りのように凄い人出みたいですよ~

 

 

 

 

ちょっと判り辛いですが道路のすぐ下には駅が有ります。

 

運行状況は判りませんが結構鉄道網が整備されている?

 

それでこのバゴーの街での最初の観光は・・・・・

 

 

 

 

バスを降りたらすぐに花売りの子供達が群がってきます(滝汗)

 

 

 

花とお線香、ろうそくのタンブンお決まりセットで500チャット(約50円)

 

入り口で靴を脱いで裸足になりまして・・・

 

 

 

 

 

此方は入り口で払うカメラ持ち込み料300チャット(約30円)

因みに施設内でも巡回している係官が居てスマホで写真を撮っていた人からも請求してました。

 

それで準備万端整えて入った処は・・・・

 

 

 

黄金のパゴダが輝く「シュエモードー・バゴダ」

 

建造は8~9世紀と言われますが崩壊、再建を繰り返し現在のパゴダは1951年に再建されたもので高さ114mとミャンマーで一番の高さを誇るパゴダです(驚)

 

 

 

 

此方はこのお寺のご本尊、此方に花とろうそく、お線香をタンブンします。

 

 

 

 

タイ人お決まりの記念撮影(笑)

 

KAZは荷物持ちの他にカメラマンの役目も背負っていますので金魚の糞の如く5人の後ろを付いて廻ります(滝汗)

 

 

 

 

此方のスイカを半分に切ったかのようなものは・・・・

 

 

 

1917年7月の大地震で崩れたパゴダの残骸なんです(驚)

 

上部から崩れ落ちたパゴダがこの位置で奇跡的に止まった・・・・

 

と言う事で・・・・・

 

 

 

 

これ以上落ちないようにとお線香で突っかえ棒!!(爆笑)

 

そして・・・・・

 

 

 

 

 

この奇跡に対して願いをこめる・・・・

 

きっと此処を訪れるタイ人の殆どの願いは「宝くじが当たるように!!」だと思います!!(爆笑)

 

まあ~ウチの女房は宝くじを買った事が無いのでそうでは無くてKAZの健康と長寿を願って・・・・だと信じたい!!(滝汗)

 

 

 

お決まりの記念撮影!!(笑)

 

「シュエモードー・バゴダ」を後にしまして次に向かった先は・・・・

 

 

 

凄い数の観光バスが並んでいます(驚)

 

 

 

入り口を入って中に進みますと・・・・

 

 

 

凄い人数のお坊さんが食事に行く為に一列に並んでいます。

 

此処は「チャッカッワイン僧院」です。

 

以前マンダレーに行った際に「マハーガンダーヨン僧院」というお寺に行きましたがあそこでは1500名のお坊さんが一斉に食事に並ぶ姿をみましたが此方のお寺では500名のお坊さんが並んでいます。

 

 

 

一人一人のお坊さんにご飯とかお金をタンブン・・・と言いたいのですがさすがに500名全員には無理(汗)

 

 

 

列は延々と続いています(驚)

 

 

 

此方は食事風景。

 

それで結局は・・・・

 

 

一人お米を100キロずつ、5名で500キロのお米をタンブンさせて戴きました。

 

 

 

此方はその証明書です!!

 

良い事をするとお腹が空く??(笑)

 

 

 

 

この日のお昼ご飯はこんなお店でした。

 

 

 

 

 

タイ人のツアーですのでミャンマー料理と云うよりはタイ料理?

 

どれも美味しかったです!!

 

お腹が一杯になった処で次のタンブンは・・・・

 

 

 

こんなデッカイ狛犬?が待っています「「シュエターリャウン」

 

 

 

お寺の中に入りますとまずは門前市(笑)

 

ミャンマーの古いお寺にはこれが付き物です。

 

 

 

売っているモノは木彫りの仏像、お土産の工芸品、伝統衣装等々です。

 

 

 

此方のご本尊の寝仏陀。

 

10世紀に造られたと言われるミャンマー最古の寝釈迦仏です。

 

全長55メートル弱、高さ16メートル、19世紀に発見されるまで土中に埋まっていたと言われています。

 

 

 

このように人が写るとその大きさが判りますよね(驚)

 

タンブンの後は・・・・・

 

 

 

再び門前市(笑)

 

 

 

今回一緒だった友人の一人は縁起担ぎが大好き、自宅には数え切れ無い程の仏像が鎮座しておりますが当然此方でもお買い上げ。

 

 

 

只今値段交渉中!!

仏像を買うのに「値切る」のもどうかと思うのですが・・・・(爆笑)

 

 

 

更に違う店でも値段交渉(爆笑)

 

 

 

ミャンマーの民族衣装「ロンジー」(巻きスカート)は大人買い!!(激爆)

KAZにも「履いてみなさい!!」と一枚買ってくれました(笑)

 

と、古都「バゴー」でのタンブンが一通り済んだところで再び移動です。

 

 

大きな川を渡ったところで・・・・

 

 

 

 

日本で言えば「ドライブイン」にてトイレ休憩。

 

タイでもそうですが大概はガソリンスタンドが「道の駅」とか「サービスエリア」みたいになっていてそこで休憩します。

 

 

 

レストラン内部の様子、タイの食堂と同じような感じですね。

 

 

 

此方はミャンマーの「スタバ」(爆笑)

 

飲んでみましたがちょっと濃い目で苦目でした(笑)

 

KAZは此処で使い捨てのスマホ用のSIMを購入

 

 

 

しっかりと3Gの電波が有りましたよ!!

 

因みにデータ通信だけのSIMで3Gの使い切り、金額は300THBでした。

 

 

 

GOOGLE MAPでのナビもバッチリ!!

 

これでバスの中でも退屈しなくて済みます!!(爆笑)

 

そうそう・・・・KAZの元々の仕事は建設業、その中でも土木とか設備とかを専門にしていましたが丁度こんな場面に出くわしました。

 

 

 

道路の拡幅工事を施工中、此方は路床と呼ばれる道路の一番基礎部分を施工している処です。

 

そしてこの上に路盤と呼ばれる砕石を敷いてアスファルト舗装の基礎を作る訳ですが・・・・

 

 

 

これがその路盤を施工している状況。

 

実は・・・・砕石が異常なほど綺麗に敷き並べられているんです(驚)

 

普通はバックホーや押しブルと呼ばれるブルトーザーで敷いていきますのでこのように石が一個一個綺麗に並ぶような事は有り得ない・・・・

 

それで見て行きますと・・・・・

 

 

 

 

 

ええ~っ何と何と・・・職人さん達が一個一個の石を手作業で並べている~~(滝汗)

 

道路の拡幅工事ですから何キロ、何十キロもの工事です。それを一個一個手作業で進める・・・・

 

いや~気が遠くなるような作業です(大粒涙)

 

まだまだ建設重機を使うよりも手作業で行なった方が費用が掛からない・・・と言う事なのでしょうね~

 

因みに現地ガイドさんに聞いたところミャンマーでの最低賃金は一日100THB(約300円)、タイでは300THBですからタイの三分の一なんですね~

 

 

 

古都「バゴー」から約2時間半、午後5時になろうとかと云う時間ですがやっと本日の目的地の一歩手前に到着しました。

 

此処でバスを降りて山登り専用のトラックに乗り換えて本日の最終目的地に向かうのですが・・・・

 

まだまだ長くなりますので本日の記事は此処までと言う事で・・・・・

 

続きます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

サワディクラップ!!

 

大変ご無沙汰をしてしまい申し訳御座いませんでした!!

 

日本からKAZの弟と姪っ子が来タイ、アテンドしておりました。

 

KAZの仕事を受け継いで頑張ってくれている弟、年齢が一回り以上離れている為に今まで少し遠慮が有ったのか?

 

今回は毎晩深夜まで酒を酌み交わし、議論を交わしまして今更でしょうが今まで以上に兄弟の絆が深まったような気がします(嬉)

 

そんな訳で少しばかり家をあけて留守にしていたのですが・・・・

 

 

 

ハル君のこの態度・・・・(滝汗)

 

いくらおへそが曲がったっと言ったって・・・・名前を呼んでも振り返らずにこの態度は・・・・(悲)

 

 

さて、表題の件です!!

 

一昨年に引き続き先月末からミャンマーへの旅に行って来ましたのでその時の様子です。

 

今回のミャンマー行きは女房の友人の仕事を兼ねての旅行、まあ~仕事は1時間も掛からずに終了(笑)

 

詳しい事は書けませんがミャンマーへの投資は想像以上なんですね。

 

日本も動いているのでしょうが中国、韓国、そしてタイ。大手企業から個人レベルまで凄い勢いで投資が行なわれお金が動いているのを実感する旅でした。

 

 

今回のミャンマー行きのメンバー(笑)

 

当初は飛行機でバンコクへ移動と思ったのですが航空券が取れなくて(驚)急遽KAZの車でバンコクへ集団移動(笑)

 

いや~車内は女性5人ですからうるさい事、うるさい事(滝汗)

 

「腹が減った」とか「トイレ」とか・・・・「さっき止まったばかりだろう!!何でその時済ませないんだ!!」と思うのですが「その時は食べたくなかった」「その時はしたくなかった」と・・・(汗)

 

KAZ達夫婦はバンコクへ行く際にはファームチョクチャイでのハンバーガーがお決まりなのですが今回はタイ人特有の「牛肉が食べられない」病の方が居るのでパクチョンの有名レストラン「フートー」へ

 

 

 

此処もいつも混み合っているお店です。

 

 

 

おっそろしい~~~ほどの食欲!!!(滝汗)

 

と思いきや・・・・三分の一ほどは残す(怒)

 

タイ人はテーブルの上にこれでもか!!って云う程料理を並べないと気が済まないんですよね~

 

しかも・・・・冒頭で触れた通り「超~お金持ち」の方々ですので・・・・

 

KAZ的には「勿体無い」なのですが彼女達にとってはいつもの事(汗)

 

KAZの女房はやはり「勿体無いお化け」を信じる人ですので助かりますが・・・・毎日こんな姿を見ていたら日本人はストレスが溜まるだろうな~なんて思いましたわ(笑)

 

ミャンマーへの飛行機は翌日の早朝便、この日はバンコク泊です。

 

 

 

 

 

 

 

此方は女房の友人が所有するコンドミニアム(驚)

 

BTSのアヌサワリー(ビクトリーモニュメント)駅から徒歩5分程の位置にあります(凄)

 

10年ほど前に200万THBで購入したそうですが今では中古で600万THBで売買されている物件とか(驚)

 

他にも市内に数件のコンドミニアムを所有してまして全てが空き家状態で放置(滝汗)

 

以前から「いつでも使って良いのよ!」とは言ってくれるのですがなかなかね~~

 

今回も全員が「別に一緒に泊まれば良いじゃない」と言ってはくれたのですがさすがに女房以外に4人の女性が居る部屋に泊まるのはね~(滝汗)

 

と、言う事でKAZ達夫婦はそこから徒歩5分ほどの・・・・

 

 

 

 

こんなホテルにチェックイン!!

 

 

 

 

 

正直なところこの附近に泊まるのは初めての経験。

 

ちょっと不安感も有りましたが・・・・

 

泊まっているのはムスリム系の方やインド系?そして大陸の方々。

 

しかしホテルの造りが良いのか?とても静かで快適なホテルでした(嬉)

 

因みに料金はBF付きだと2000THB、BF無しだと1800THBでした。

 

そしてこの日の夕食は・・・・

 

 

 

 

駅直結の日本で言えば「駅ビル?」の中にあります・・・・・

 

 

 

 

 

「MK」~~~~(笑)

 

バンコクまで行って「MK」は無いだろう~って思うのですが・・・・(アセアセ)

 

 

 

 

コンケンに住む別の友人が現在バンコクにてマッサージ師になるべくワットポー学院にて勉強中(驚)

 

その友人の希望で「MK」なんです(汗)

 

で、ミャンマーに行く他の3名の女性は・・・・

 

部屋で吞んでいて吞み潰れた・・・・(爆笑)

 

いやいや・・・・何とも先が思いやられる旅になりそうな予感が・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確か「KAISEKI」と云う名前のセットメニューだったかと・・・・

「KAISEKI」は「懐石料理」のKAISEKIだと思うのですが「何処が?」(爆)

 

でも、うん、とても美味しかったですよ!!(笑)

 

KAZ的には吞み足りなかったのですが(爆)翌日は早朝便での出発ですので3時起きの予定(驚)

 

寝過ごしては大変ですので早々にホテルに帰館、ベッドにもぐりこみました!!

 

 

 

と、今日は此処まで!!(汗)

 

続きます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。