ナポリのテラスから…

南イタリアに住んで17年。彼らの珍妙なライフスタイルに、未だに驚き続ける日々を綴っています。。

割合まじめにブログに取り組み早1年。祝い

更新するのは大変ですが、おかげさまでお友達の和も広がり始めました!

ホームタウンのナポリをはじめ、サイトで書けない、南イタリア全般のレアなウルトラ情報を配信します。叫び



$ナポリのテラスから…
■■南イタリアの総合情報サイト// Piazza Italia はこちらをクリック■■


◆企業、工場のテクニカルビジット通訳、雑誌、ガイドブック向けコーディネートはもちろん

南イタリアの個人旅行のご相談までサイトよりお問い合わせください◆


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ナポリのテラスから…-italiazuki

■■イタリア好き! イタリア各州の細かな情報をつづるイタリア好きにお勧め”フリーペーパー”■■


◆リグーリア州、プーリア州、サルデーニャ州、ウンブリア州と、初年度4回の特集達成おめでとうございます!!これからもイタリア好きを応援しますよぉ~◆


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


$ナポリのテラスから…

■■イタリア旅行情報サイトならコレ! イタリア旅行前に要チェックのサイトです■■


◆イタリアの主要観光地はもちろん、美術や食に特化した楽しいテーマの旅情報が満載です。各地の現地在住の日本人による最新情報は必見◆



テーマ:

◆ローマと言えば、コロッセオね~◆


Ciaoooo

あら、12月になりましたね!

用事があってローマ行って戻ってきました。

ついでにローマ観光ももちろん。

 

ローマいや、イタリア全体で未だによく見かけるサンピエトリーノのお話ですヨ??

「イタリアの石畳」歩きにくいですよね?

日本からイタリアに来た頃、まだ、少しヒールのある靴履いていたのですが、

その長くもないヒールも、ズブズブ入って、いきなり歩行困難になる。。ゲッソリ

 

 

サンピエトリーノは、Wikiによれば中部イタリアではポピュラーな道路舗装の方法だそうで、

北部ではBolognino (pavimentazione)とか、別の方法があるそうです。

名前のとおり、昔ボローニアでよく使われた方法のようです。

 

古代ローマ時代に考えたのかな?と思いましたが、ローマ教皇シスト五世が

道路を馬車が耐えうる道路に舗装するため考えたと書かれています。

ローマ教皇シスト五世は(1521-1590年)思いっきり中世の時代ですね。

 

◆皆さん絶対に見たことがあるかと思います◆

 

12 x 12 x 6がごく一般的サイズでまたは、12 x 12 x 18を道路舗装に使うのです。

しかし、これはもちろんアスファルトを一切使用しませんので、このサイズに石をカットし

(昔はもちろん一個ずつノミで合わせたのでしょうね)、道路に一個ずつ埋め込んでいく。

 

当然隙間ができますが、この隙間には、砂または、ポッツォラーナと呼ばれる火砕岩を敷き詰めます。もちろん、それでは固定しないのですが、それが狙いで、重たいものが通ってもクッション材のようになるし、この俄な隙間から道路が呼吸することも可能です。ニヤリ

 

実際、夏の暑いにアスファルトの道路は灼熱のように温度が上がったまま、夜になっても暑い熱がなかなか下がらず、翌日朝からまた太陽を浴び、それが夏のあいだ続いて街全体が熱気に包まれる。日本の夏はそうですね。。

しかし、石畳は実は夜になると温度は急速に下がります。真顔

とは言っても、最近の地球温暖化で、一概に言えない部分もありますけど。

 

◆あっ、下にコンクリひいてる~、今風サンピエトリーノですね◆

 

何がすごいって…

このシステムは、半永久的に使える舗装のエコシステムだということです。ゲッソリ

隙間の砂が減ってくると、やり直す、また減ってくるとやり直す。。笑い泣き

 

ナポリの港沿いの大通り、Via Marinaもサンピエトリーノでした。

ただ、ここはものすごい数の車と、商業港ゾーンなので、コンテナを詰んだトラックが行き来するとても重要なとおり。

直しても2年持たないくらいの感じで、そうするとどーせダメになるんだし、直さなくなる。。

大きな石が、道にゴロツキ、危険。バイクなど致命傷なんです。ガーン

 

◆多分、光ファーバーの埋め込み作業◆

 

 

ということで、残念ながらコストの安い、スーパーアスファルト通りになってしまいましたが…

イタリアはインフラは全て地下です。なので、電線見たことないですよね?

ものすごいお金をかけて、景観を作っているのです。ウインク

 

最近は日本の都心などでも見かけるようになりましたが、日本に帰ると上から降りかかるような電話線の束にとても圧迫感を感じます。

知人から聞いた話ですが、戦後の早期経済の復旧のため日本政府はコストの安い電線を選んだと聞きました。歴史上仕方がなかったんですけどね。。

 

イタリアはいろいろ問題のある国で、日本は素晴らしいと思いますが、

でも多少は救われる環境文化も持っているんだな~と思います。

 

Piazzaのローマ観光その一でした。。カラス

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

◆きゃー、誰にもあげないわよ。コレッツィオーネ、コレッツィオーネ◆


Ciaoooo

Piazzaの「地道にコレクション」

レジでぼんやり、2ユーロが私を呼んでいる!シリーズ。

 

なぜか、スーパーでレジの順番待ちをしていると、

ふとした曇り空の切れ間から日が差す感じのように、

小銭入れを見てごらんという神の声が聞こえてきます。

 

最近いろいろ悩み事や忙しかったりで、すっかりご無沙汰でしたが、

実はこんなに家に溜まっていて、しかもコレ、イタリアのじゃないなと思っていたのですが、

よーく見たら、巨匠たちじゃーないですか!

 

*ボカッチョ 2013年発行 (生誕700周年)

*カリレオ 2014年発行 (生誕450周年)

*ドナテッロ 2016年発行 (没後550周年)

 

この三人が何をしたひとか?即答できる人は相当イタリア通。

ちなみに、Piazza、ボカッチョのデカメロンはダンテの神曲に対し、人曲と言われていると、

2週間前に知りました。。(^_^;)

 

オリンピックとか、EXPOとか、150周年記念とかありがちなのですが、

先日サンマリノ共和国のは手に入れました。

 

気になる人は 欧州中央銀行のサイトこちらをチェック

 

バチカンは結構出しているけど、やっぱり流通量が少ないのでしょうね。

明日からローマ行くので、チェックしてみますね。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

◆スパッカナポリのプレセーペもシーズンを迎えます◆


Ciaoooooo

先週は久々に、朝から晩まで外でいろいろとしておりまして。

今週前半ゆっくりしたいのですが、

モデムが壊れたし、いろいろシステム上で立て続けに不幸が進行中で、

通常の仕事じゃない問題が山積みなわけで~(^_^;)

 

そういう余計なことにどっぷり時間を取られる。それがイタリア生活です。ゲッソリイタリア(海子作

 

 

さて、そうこうしているうちにもうすぐ12月です。

FBなどで、ほかのEU圏のお国に住んでらっしゃる友人たちが、

皆さんクリスマスマーケットやライトアップの写真などをアップしてくれて、

季節を実感できました。お願い

 

イタリアはカトリックの国ですから

一応クリスマスのイベントは、12/8のインマコラータの日までは公にはないんですけど。

この時期、ナポリの旧市街地…

スパッカナポリはものすごい事になりますので、注意が必要です。?!?

 

◆いつものキリスト生誕(^_^;) まだ幼子イエスが産まれてません◆

 

日本からのお客様は、12月は年末いがは希かと思いますが、

ヨーロッパ、イタリア国内から大挙して訪れるプレセーペの街です。(一応ね)

なので、12月、スパッカナポリは半端じゃないです。グラサン

 

レストランやピッツェリアのランチタイムはこの時期ディズニーランドのアトラクション?

と思わせるぐらいの待ち時間で、もちろんサーブする方も、作る方も必死ですからね、

モタモタ注文していると、どんどん後回しにされます。当たり前です。笑い泣き

 

とはいえ、そういった、混雑や、営業時間、交通状況など頭に入れて、

ナポリウォーキングツアーも開催しておりますので、よろしくお願いいたします。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。