ナポリのテラスから…

南イタリアに住んで17年。彼らの珍妙なライフスタイルに、未だに驚き続ける日々を綴っています。。

割合まじめにブログに取り組み早1年。祝い

更新するのは大変ですが、おかげさまでお友達の和も広がり始めました!

ホームタウンのナポリをはじめ、サイトで書けない、南イタリア全般のレアなウルトラ情報を配信します。叫び



$ナポリのテラスから…
■■南イタリアの総合情報サイト// Piazza Italia はこちらをクリック■■


◆企業、工場のテクニカルビジット通訳、雑誌、ガイドブック向けコーディネートはもちろん

南イタリアの個人旅行のご相談までサイトよりお問い合わせください◆


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ナポリのテラスから…-italiazuki

■■イタリア好き! イタリア各州の細かな情報をつづるイタリア好きにお勧め”フリーペーパー”■■


◆リグーリア州、プーリア州、サルデーニャ州、ウンブリア州と、初年度4回の特集達成おめでとうございます!!これからもイタリア好きを応援しますよぉ~◆


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


$ナポリのテラスから…

■■イタリア旅行情報サイトならコレ! イタリア旅行前に要チェックのサイトです■■


◆イタリアの主要観光地はもちろん、美術や食に特化した楽しいテーマの旅情報が満載です。各地の現地在住の日本人による最新情報は必見◆


NEW !
テーマ:

◆ナポリで有名なプルチネッラ BURUNO.LEONE◆

 

 

Ciaoooooo

7月の炎天下の撮影、お疲れ様でございました。

 

ANA機内誌『翼の王国』9月号”プルチネッラ特集”で

コーディネートをさせていただきました。チュー

 

9月中は、国内線、国際線ともどもよろしくお願いいたします。

 

 

◆現在在庫分のみネットで買うことができます◆

 

ナポリに長く住んで置きながら、プルチネッラについては無知な部分が多く、

取材前に結構勉強しました。

とはいえ、日本語でプルチネッラについて細かく書かれた情報ページがなかったので、

ほぼイタリア語で結構疲れましたが、とても勉強になり、面白かったです。

 

こちらは、編集チームの方に教えていただいた本。

『最後のプルチネッラ』 小島てるみさんニコニコ

 

 

取材中に一気読みしました。爆  笑

ヒルズ在住血統書つきおボッチャマ役者と、

スペイン人地区在住、熱い意思をもつ貧困役者が

一つの役をめぐって争う。んですが、それにまつわる話が非常に面白かった!

ブルーノさんも小島さんから、取材を受けたそうです。

ナポリに住んでいる方は必読の1冊!すべて馴染みのある土地ばかりです。

 

◆卵から生まれたプルチネッラのブラッティーノ(人形劇)◆

 

そもそもプルチネッラってなんだ?という歴史からスタートし、

読めば読むほど正体が不明になって、自分が求める答えからどんどん遠ざかり、

時間が迫る一方で、答えが見えない焦りがあった取材でした。笑い泣き

 

知らなかったもうひとつのナポリが見れて、とても勉強になりました。ラブラブラブラブ

今月ANAご搭乗の方は是非チェックしてみてください。

 

只今、ナポリ不在のため、

こちらは事前投稿で、翼の王国表紙が乗せられませんでした~ショボーン

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

◆夏といえば…◆

 

Ciaoooo

ああ、いよいよ明日で8月も終わり。

早すぎる。ほんと、つい最近、新年のカウントダウンしたばっかりじゃない?

とため息ついても仕方ないですね。

 

バカンスも終わり、うちの周りにはいつもの通りたくさんの路上駐車が戻ってまいりました。

学校も半ば頃から始まるようですが、なにせ、腑に落ちない移動命令で、教師が荒れ狂ってデモしていますから、学校がスケジュール通りに始まるとも思えず…

 

夏の終わりに中部イタリアで大きな地震。

5日目にして救出された猫ちゃん。ホコリで目がシパシパ、鼻水だらけ。

多くの方がまだまだがれきの下に埋まっています。

被害者の身元確認のため、国外11カ国に対し、捜査依頼を出したそうです。

炎天下の中、素手で掘り続けたレスキュー隊の方々には本当に頭が下がります。

 

Piazzaの大好きな【すいか】。

子供の頃からスイカが大好き。多分、果物のなかで一番好き。

イタリアのすいかでかすぎ。

ときに10Kgを超えるものもあって、誰が家まで持ち帰るんだよ?って感じです。

 

これでも4Kgぐらいあったかな?

必死に持って帰り、もちろん、全部自分で食べました(爆)

 

明日から取材でしばらくお留守で~す。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

◆ふわふわな食感が大人気◆

 

 

Ciaooooo

具合悪くて寝込み中ですが、今日は比較的気分がよいです。

なんだか年寄りを中心に(←既にこっちに仲間入りか?)

高熱を伴うインフルエンザが流行中。

この時期なんで、医者もバカンス中で、治療が大幅に遅れましたんTT

 

 

さてさて。。

結構前から巷で大ブレークな、ナポリの新しいお菓子…ラブラブラブラブ

 

◆Fiocco di Neve (綿雪)とでも申しましょうか?◆

 

 

イタリアにおいて、流行りとか、トレンドというものは存在しないと思っています。

『いま流行っているものなんですか?』って良く、日本のTV局とかが聞いてきます。

流行りがないから、伝統が長年続く土壌なわけで…叫び

それがイタリアの魅力でもあるんですが

 

しかし。。。ちゅー

 

これは確実に流行りといえます。が、これが長年続けば伝統になるわけですが、

どうでしょうか?

 

◆その名のとおり、ふわふわなお菓子というより、菓子パンです◆

 

 

一口ブリオッシュの中には、綿雪のようにデリケートなホワイトクリームが詰まっています。

ババや、スフォリアテッラのような焼き菓子と違い、このフレッシュクリームの清涼感が

受けている理由ではないでしょうか?ラブラブラブラブ

木苺、ピスタチオなどのクリームもありますヨ。

 

 

話はそれましたが、このFiocco di Neveが口コミで人気が広がると、

ナポリのお菓子屋さんが一斉にイミテーションを作り、別の名前で販売しました。

Casa Infate、panificio rescigno他、続々出していますね、イミテーション。

 

人のものをコピーする事はもうやめませんか?

 

オーナーのチーロさん、めっちゃいい人。彼の顧客を大切にする姿勢を見ていると、

やっぱり伸びる企業は違うなと肌で感じます。ラブ

先日ね、夏休みで店しまっていたんですよ。でもネットで確認したら開いているという事で

友達と行って、店前で『残念だね~』とつぶやいていたら、

どこからともなく現れ、なんと、Fioccoをご馳走してくれました!

 

 

◆ヤクザ系な着こなしが素敵な地元民の奥様方◆

 

このお菓子屋さん、Poppellaは読者の方単独で行って欲しくない、かなり危険な地域にあるので(まぁ、最近はいろいろありまして、結構慣れましたが…)今までPiazzaもブログで紹介とかは控えていました。

 

しかし、長らくストップしていた専門店の工事がようやく終わり、

9/8にVia Santa Brigidaにグランドオープンするそうです。爆  笑

(日にちは前後するかも?)

 

サンタブリジダだったら、毎日行ける!ウンベルト1世のガレリア横です。

街のド真ん中にあり、武装しないで買いに行けます(爆)ラブ

9月にお越しのお客様は是非、綿雪ちゃんを食べてみてね!

 

 

『悲報』 キアイア地区のMOCCIAが残念ながら閉店の運びとなったそうです。ポーン

あそこのバナナバナナバナナ のお菓子が好きだったんですが。。

Scaturchioの件といい、長年の伝統に改革が必要な時代ですね。

ナポリ市内徒歩観光で途中立ち寄りも可能です

ドキドキナポリウォーキングツアーのお問い合わせはこちらからドキドキ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。