あすも元気に!!!

品川駅近くで鍼灸整骨院をやってます!鍼、灸、マッサージ、妊婦、マタニティ、産後、骨盤、気血、陰陽、アンチエージング、美顔鍼、ダイエット、耳鍼、エステ、リハビリ、ストレッチ、解剖学、自律神経、うつ、リラックス



◇あすもはりきゅう整骨院のご案内◇


受付時間
午前   9:00~13:00
午後  15:00~19:00 

休診日 水曜午後、土曜午後、日曜、祝日 
(臨時休診日の予告はホームページでお知らせいたします。)

☎03-3445-1831




詳しくはホームページをご覧ください! 

⇒⇒⇒ クリック


テーマ:
われわれ医療業界の人間の間では、よく閾値という言葉を使います。メラメラ

閾値(いきち):その神経が活動するために必要な最低限の刺激量

つまり、痛みの閾値などというふうに使うのですが、痛みに関係する神経が興奮するために必要な最低限の痛みの強さのことをいいます。

この痛みの閾値(疼痛閾値)が高ければ高いほど痛みを感じにくく、逆に低いほど痛みを感じやすいということです。

例えば、鉛筆の尖先で皮膚をチクリと押し刺すようなことをしてみるとします。Aさんはその感覚を全く痛くないと感じます。それに対しBさんはとても痛いと感じてしまいます。

この場合、Bさんの疼痛閾値は非常に低く、Aさんより痛みに対する感受性が高いということになるのです。言い換えれば、Aさんの疼痛閾値はBさんのそれより高いために、Bさんが感じるレベルの痛みでは、Aさんは感じることができないのです。ひらめき電球

痛みに対する感覚というのは、人それぞれで痛みに対する経験などによったりもします。これらはすべて疼痛閾値の高い低いで説明されることができるわけなのです。


偏に痛みという言葉は、言葉だけが先行してその感覚や辛さはなかなか他人には伝わりにくいものですね。医者に行って、「腰が痛いんです」と訴えても「ああ、腰痛ね」と片付けられてしまうことは多いかと思います。

恐らくその医者は、患者のもつ痛みの辛さはほとんど理解してないことでしょう。


私も治療家の端くれとして、できるだけ患者さまの苦痛をよく理解し、取り除けるよう努力していきたいと深く思っています。音譜



身体の痛み、慢性痛なら、品川駅徒歩5分

➡➡ ➡ あすも はりきゅう整骨院
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

[PR]気になるキーワード