あすも元気に!!!

品川駅近くで鍼灸整骨院をやってます!鍼、灸、マッサージ、妊婦、マタニティ、産後、骨盤、気血、陰陽、アンチエージング、美顔鍼、ダイエット、耳鍼、エステ、リハビリ、ストレッチ、解剖学、自律神経、うつ、リラックス



◇あすもはりきゅう整骨院のご案内◇


受付時間
午前   9:00~13:00
午後  15:00~19:00 

休診日 水曜午後、土曜午後、日曜、祝日 
(臨時休診日の予告はホームページでお知らせいたします。)

☎03-3445-1831




詳しくはホームページをご覧ください! 

⇒⇒⇒ クリック


テーマ:
寒くなってきましたね~宇宙人

当治療院も今週から弱暖房を開始し始めました。できるだけ心地よい施術を受けて頂ければと思っております。


さて、今日から数回にかけて「頭痛」をテーマにした話をして行きたいと思います。ひらめき電球


あんまりいないのですが、たまーに「先生、酒呑み過ぎて二日酔い...頭が痛くてしょうがないから鍼やってくれない?」などという方がいらっしゃいます。

「それはアルコールが原因の頭痛なので、鍼治療よりも水を沢山飲んでください」と返答したりするのですが...


このアルコールによる頭痛は、もともと先天的にアルコールを分解する酵素が少ない人に起こりがちのようです。いわゆる下戸。べーっだ!

アルコールは肝臓でアルコール脱水酵素によってアセトアルデヒドになります。これがさらに分解されて、炭酸ガスと水になり、呼気(肺から出ていく空気)と尿に排泄されるのです。

日本人の40%程度はアセトアルデヒド脱水酵素が欠如しているため、少量のお酒でも顔が赤くなったり、吐き気や頭痛を起こしたりするのです。

途中に作られるアセトアルデヒドですが、これは毒性が強いため悪酔いや二日酔いの原因にもなります。脱水酵素が少ない人は、アセトアルデヒドが分解されるまでに時間がかかり、血液中や脳にアルコールが残っているためにいつまでも酔った状態が続き、痛みを発するというわけです。叫び


アルコールによる頭痛を避けるには、飲み過ぎないというのが一番なのですが、飲酒時に水を一緒に飲んだり、水で薄めて時間をかけて飲むというのも予防策になります。また食事も一緒に摂りながら、ゆっくり飲むことをお勧めします。

二日酔いになってしまったら、とにかく水分をたくさん摂りましょう。そうすることでアルコールをより早く排泄できるのです。

健康のためにも、お酒はほどほどに楽しみましょう!音譜



あすも はりきゅう整骨院


AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

[PR]気になるキーワード