あすも元気に!!!

品川駅近くで鍼灸整骨院をやってます!鍼、灸、マッサージ、不妊症、妊婦、マタニティ、産後、骨盤、気血、陰陽、アンチエージング、美顔鍼、ダイエット、エステ、リハビリ、ストレッチ、解剖学、自律神経、うつ、リラックス



◇あすもはりきゅう整骨院のご案内◇


受付時間
午前   9:00~13:00
午後  15:00~19:00 

休診日 水曜午後、土曜午後、日曜、祝日 
(臨時休診日の予告はホームページでお知らせいたします。)

☎03-3445-1831




詳しくはホームページをご覧ください! 

⇒⇒⇒ クリック


テーマ:
鍼灸師や柔道整復師は、医師が行う「診断」はできません。得意げ
ただ、そうであろうと推測しながら、日々臨床を行っているわけでして・・・

今回は、運動部の学生さん。部活中に急に脚が痛くなり、歩けなくなるほどになったということでした。症状から推測するに...


「下腿のコンパートメント症候群」

*下腿(つまり膝から下の脚)とあえて言うのは、前腕のコンパートメント症候群というものも存在するからです。

下腿のコンパートメントは、前方・外側・後方(浅・深部)の4区画に分けられます。(コンパートメントというのは、区画を意味する)




コンパートメント症候群とは、骨損傷、筋損傷、血管損傷などにより、この区画内の組織内圧が上昇し、組織の循環不全が生じ、筋、神経組織の機能障害をもたらすものをいいます。

受傷機序が明らかなものだけでなく、突然の激痛と機能障害が出現するものもあるので注意が必要です。

急性型>下腿骨骨折、打撲、筋挫傷などの外傷により組織の浮腫が生じた結果、筋区画の内圧が上昇し循環障害が発生する。症状は、疼痛(歩行が困難になるほどの急激な強い疼痛)、感覚障害、運動障害、動脈本幹の動脈拍動は触知可能。筋の壊死が生じる可能性があるので、直ちに医療機関での治療が必要となる。

慢性型>ランニングなどの運動に伴い筋区画内圧が上昇する。症状は、運動時の疼痛、圧痛、下腿の緊張など。所見が乏しいため、シンスプリントと間違えられやすいが、ランニング前後での疼痛の有無などによりある程度区別は可能。

治療は、急性型の場合、観血的治療が必要な場合があるが、慢性型では、運動を中止し安静にすることで症状が消失する。物理療法やストレッチなども有効か。ただし、RICEの中の圧迫・挙上は避けるべき。



ケアとして、運動前の入念なウォームアップ、下腿のストレッチ、足底板(インソール)装着などがあげられます。


ポイントとしては、急性型は危険なケース(筋壊死)があるため、歩けなくなるくらいの激痛が出た場合は、直接病院(整形外科)へ行くことをおすすめいたします。



自分での見極めが難しいときは、まずご連絡ください。音譜


品川駅 徒歩5分 ➡➡ ➡  あすも はりきゅう整骨院



AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。