――――――――――――――――――――――――――――――――――――



世界一周ブログランキングに参加中。下のアイコンを押すと順位が上がる仕組みです。


1日1回のクリックでこのブログを応援していただけると嬉しいです→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年01月06日

メデジンでお祭り♪

テーマ:コロンビア
どうやら私にとって
盗難とお祭りは密接な関係があるらしい。

以前はお祭りで盗難に遭い、
今度は盗難があったからお祭りに遇えた。


ボゴタでの生活3週間がたった頃、
メデジンで祭りがあるという情報が入ってきた。

Feria de las Flores(花祭り)

それは他のブロガーさんに紹介されていて、
行きたいと思っていた祭り。

まさか足止めされていたことが幸運に変わるなんて。
人生何がどう転ぶかわからない。

慣れ親しんだ宿のスタッフに
「また戻ってくるから」と挨拶をして
久しぶりにバスへと乗り込んだ。


メデジンはボゴタと違って夏だった。

人とは単純なもので、
気候が変わるだけで気分も変わる生き物だと思う。

暑い。

ただそれだけで、
開放的な気分になった。

それに加えお祭り。
これ以上ないくらいの高揚感に包まれた。

会場に到着すると既に人でごった返していて、
パレードが行われる道路脇には人が何重にも列を作り、
今か今かと待ちわびていた。



パレードが始まると、
今までの雰囲気が一転。

煌びやかな世界が目の前に広がった。







色鮮やかで豪華な花々。
ため息が出るほど美しい。

贅沢にかつ丁寧に作られた花飾りは、
男の人でもときめいてしまうんじゃないかと思うほど。

普通祭りというと、
踊ったり、演奏したり、
そんなのが思い浮かぶ。

このパレードでも
もちろん踊りや演奏はあったのだけど、
やっぱり主役は花だった。





重いもので100kgをも担ぐという担ぎ手たち。



この祭りはメデジン近くの花農家の人々が
花を背負ってメデジンまで売りに来ていて、
その様子に惹かれるように始まったらしい。

宗教が起源の祭りは多い中、
花の美しさに魅了されて始まった祭りって、
素敵だなと思う。

今思い返しても鮮明に蘇ってくる、
あのカラフルな色。

旅の残りが少ない中で、
こんな祭りに出合えてよかった。

■おまけ写真■

















花祭りなのに、
最後の写真が一番のお気に入りでした(笑)

ブログランキング参加中。
下のアイコンをクリックして応援してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 携帯の方はここをクリック
※スマホの方は画面下の【パソコン版】にしてからお願いします。
AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>