ママが撮る子どもの写真〜飾りたくなる写真の撮り方〜

写真が好きなママのために!

ママのためのフォトスクール 「Photo♥mama」
子どもを中心にしたナチュラルな写真撮影をしています。
プロフィールフォトもお任せください。

■イベント■


ようこそ、ご覧いただきありがとうございます。

初めての方は こちらclick! をご覧ください。

2016.05.05 梅小路公園、Made in 京都

水族館前広場にて 無料撮影会があります。

詳しくは HP をご覧ください。

お問い合わせは  こちら   です。

テーマ:
今年も秋からの撮影に関して、たくさんお問い合わせいただいているのですが、

10月11月は混み合いますので、6月1日に予約を開始します。

それに伴い、5月末には10月11月の撮影可能な日程を公開いたします。

そちらをご覧になってご予約くださいね。

 

秋の撮影は屋外が多いですので、雨天時予備日を設けています。

すべての土日祝日を撮影可能日とできるわけではありませんが

できるだけたくさんの方のご依頼にお答えしたいと思っています。

 

しかし、春から秋の予約などご連絡をいただけるのはありがたく、
また皆さん、ご予定をしっかり考えてらして、すごいな~と思います。


例年、秋は忙しくさせていただいています。

春もね、いい写真撮れますし、お誕生日や何気ない日の記念ということで
6月にも家族写真のご依頼は頂戴していますよ。

 

写真は4月ですね。入学の記念にご依頼いただいた記念撮影での一コマ。
入学式前の日曜日に撮影しました。





この日は他にも春の写真をたくさん撮ったのですが、本番の入学式は大雨だった方もいらして、
なんでも早めの対策ってのに越したことはないですよね~。



ご予約は HP に詳しく記載ございます。


6/1の 0:00から先着で承ります。


お問い合わせは こちら から




どうぞよろしくお願いします。
AD
いいね!(7)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、ご夫婦そろって写真教室に参加したいという方がおられました。

私はママのための写真教室をしているのですが、

そこに一人パパだけ参加はとても勇気がいるということで…


パパのためのレッスンも以前にはしたことがありましたが、最近はしていません~。


で、ご主人はカメラにも詳しくていらして、 DXフォーマットの中では上位機種。

単焦点レンズもシグマの30mm 1.4 を使っておられましたし

お子さんの撮影をとても楽しんでおられる様子でした。


でも、マニュアル撮影に壁を感じていました。

なので、ここまで精通されているんだから、
これはマニュアルの壁をひょいっと超えてもらうと思いました。


で、説明していく中で

「あ~そういうことですか~!!」とか

「これなんですよ~いつもわからなかったことは!」とか

「ほーほーっ!!」と言って

目が「キラキラキラっ」となるのがわかりました。

頭の上にビックリマーク「!」が光っていました。


疑問があるから、溶けた時スッキリ消化されるわけで、
疑問もなにもないけど、いきなり説明されるのとでは、吸収具合がちがうな~。
と思いました。


後のことは、壁を越えたご主人が奥さんに伝えられるだろうと思うのです。

カメラのこと、メカのことは男性の方が強いから大丈夫。



あとは「慣れ」と「撮り方(特に子どもを相手にするとき)」
そして「光の使い方」かな~と思います。

ここは男女問わず、言われて初めて気づくところかもしれませんね。




ママのための写真教室でもだいたい4回目くらいで、マニュアル撮影をしてもらいますし、

「あ~なるほど、マニュアルの方が楽だな~」という声が聞こえます。

もうできそうだな~という人にはもっと早くからオススメしています。

マニュアル撮影をして、デキル感じをアピールしたいのではありません。
その方が、撮りたい写真へのアクセスが速いってだけです。

だから絶対しないといけないことはないです。
困ったらプログラムモードでもいいと思います。

もともとカメラはマニュアルしかなかった。
だからそんなに難しいことはないです。

フィルムカメラのマニュアルから始めている人にはなんの違和感もない話なんです。
だってピントもマニュアル、設定もマニュアルでしたから。


でも今、デジタルスターターが増えたんだな~と実感します。

フィルムで撮影していたときは、フィルム選びから始まっていましたら。

FUJI のカメラは今でもフィルムマークがあって色々表現方法が選べるのですが、

フィルムを選ぶということがそもそもない時代の人に、
フィルムマークをつけてもしっくりこないだろうと思うわけです。


とにかく、撮って。
それも同じ写真ばっかり撮らないで!
同じ場所から縦と横、撮ったら次動いて!
全体撮ったら、 UPも撮って。

て感じで、パンパンパンっと。
同じ場所でもあっちからこっちから撮ってください。

子どもを撮るときは特にね。


今日はそんな撮影会も楠葉の穂の時間のレッスンで行いました。





レッスンは個人宅への出張レッスンも可能です。

商品を綺麗に撮影されたい場合のテーブルフォト講座も受け付けしています。

詳しくはこちらから 


お問い合わせ、お申し込みはこちらです。

どうぞよろしくお願いします。

AD
いいね!(9)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日から、Photo ♥︎ mama  南堀江でのレッスンが始まりました。
会場はタチバナ通りのpesa 3階

三宮や、八尾からもお越しいただき、たくさんのご参加となりました。
ブログを見て知っていただいたなど言っていただきまして、嬉しかったです。
ちゃんと書こうと思いますね。

火曜日には、スタジオおててくらぶさんでもレッスンを開始しまして、

5月もスタートラッシュです。

スタジオおててくらぶでは、Photo ♥︎ mama プレミアムもスタートしました。

これはみなさんの写真を並べて鑑賞中。
シリーズ化について考えるみなさん。


 



高槻のおててくらぶさんには、この写真に写っている大きなお部屋とは別に
まっ暗になる小さいお部屋があります

そこで、次回6/14はローソク撮影を実際にやってみようと思います。

暗いところでろうそくだけの写真ね。

お誕生日によくある感じのアレですね!

 



次回6/14には、
30分を写真の発表の時間
残りの30分を実際に撮影してみたり、実験してみようかと考えています。

ですので、ご持参いただく写真は5枚程度、プリントしたものをA4サイズまでカラーコピーでもいいです。
ご自宅のプリンターでの、A4サイズでもいいので、プリントアウトして持ってきてください。

ちょっと写真を大きくして観ようと思います。

ろうそくは準備していきます。


7月のプレミアムは
7/9土曜日にランチ交流会をしようと思っています。

場所はまだ未定ですが、写真を見て、その後一緒にランチできたらな~と思っています。

こちらはすでにワーキングママさんからお申し込みをいただいています。
参加ご希望の方は こちらまでご連絡ください。

8月は8/30火曜日です。スタジオおててくらぶさんを貸りて、撮影会をしようと思っています。
これは背景を黒にして、子ども時代の身体や足の形など、
子どもらしいかわいらしいフォルムがしっかりわかる写真を
お母さんだから撮れる写真を撮りましょう。

まだお子さんが小さい方は参加者同士で撮りあいをしましょう。
できればモノクロがいいですが、カラーでとってもカッコいいと思います。

9月以降、

「流し撮りの実験」「玉ボケの練習」「プリントのあれこれ」をご紹介して、

またみなさんのご意見も伺いつつ、12月の Photo ♥︎ mama グランプリに提出する写真を決める。

しっかり写真を残すために、アルバム、額装、パネルから選んで形にしていただこうと思っています。

 

参加は自由ですので、ご都合のいい時に参加いただいて、刺激をたくさん持って帰ってもらい、
またご自身の撮影に生かしてもらいたいと思います。

今年は Photo ♥︎ mama 写真展ないんですか~??とご質問もいただきますが
今年の予定はないです、はい。

でも来年以降、いつでも動き出せるように、写真という名の私腹を肥やしていきましょう!

参加したい人は、以前にPhoto ♥︎ mama にご参加いただいたことのある人。
今参加中の人でも大丈夫ですし、過去ビギナーだけ参加した方も大丈夫です。

 

6月の参加費用は1,000円(施設利用料として)

時間は 13:00~14:00

会場は スタジオおててくらぶ

お申し込み、お問い合わせはこちら

 

7月はランチ交流会ですので、施設利用料がかかればそれを人数割、
ランチ代など飲食は実費負担です。

どうぞよろしくお願いします。
AD
いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
次女が1年生になって頑張って勉強もしているのですが、

ふと「なんで勉強はするの?」と聞いてくるわけです。

 




私は「勉強は世の中に出て見極める力をつけるためにすればいい」
「今後の選択肢を広げるためにすればいい」と思っています。

しかし、それを1年生に説明するのは難しいな~と思うわけです。

しかも次女は、人に質問しといて、すぐに気が変わり話を聞いていない…ということがよくあるタイプの人です。

で、まずは「どうしてだと思う?」と質問返しをして、ほんとに聞きたいのか試してみました。

まーまー先が聞きたいような雰囲気だったので、わかりやすく

「騙されないためだよ」と答えておきました。

『選択肢』とか言っても、『洗濯』と勘違いするのが目に見えていますしね。

次女って子はちょっとだけヒントを言えば、理由を自分で考え出せる人なので

「あ~勉強して、本物がどれかを知っていれば見つけられるってわけか~!!」と納得するわけです。

一方、長女はちがいます。

「なんで?なんで?どういうこと??」と具体例を聞きたいタイプ。

わかりやす~く詐欺師の話をしておきました。

すると「歴史はやっぱり勉強しとかなあかんな~、計算も速いほうがいいな~」と納得されました。

 

で、ちょうど「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」という本がありましたので、
それを読んであげました。

 



 

次女は、この絵が気に入って、次女好みの絵のタッチなんですね。
何回も「読んで!」と言ってきます。

最初は「あ~インド人が車に乗る話やな~」とあるページの絵がものすごい頭に残ってしまって
本来の内容はちっとも理解できなかったのですが、

ワーキングプアの問題、二極化した富裕層と貧困層を表した絵があるのですが、
その絵にひっかかるものがあるらしく

「どういうこと?どういうこと?なんで?」と何度も聞いてきます。

内容はわからなくても絵によるインパクト、視覚から訴えられるというのはものすごいものがあるんだな~と思わされます。

絵でもって人に伝えるというのは、文章とは違うアクセスで訴えるというのは、すごいことだな~と思います。

写真も、絵を作るというかビジュアルで投げかける面で似ているところもあると思います。

詰め込みすぎてもいけないし、余白と対象物の訴求力というは、いつも考えるところです。


この本は1年生にはなかなか難しいし、オトナの方が勉強になるのですが、
1年生なりに思うところがあるようです。

物質至上主義に物申す内容な本です。

そんな次女は以前はディズニーのプリンセス一色でしたが、
今はムーミンのスナフキンが大好き。

いろんな考え方を学んでいるようです。

こちらもいろんな選択肢を見せてあげたいと思います。

いいね!(9)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日、Photo ♥︎ mama ビギナーとプレミアムをスタジオおててくらぶで開催しました。

次回のレッスン6/14では、お誕生日ろうそく写真の撮り方実験をします。
ぜひご参加くださいね。

お申し込みお問い合わせはこちら

 
それに今日、言おうと思って忘れてたんですが、

京都国際写真祭 KYOTOGRAPHIE が今開催されています。(22日まで)

その中の京都市美術館別館2階で開催されている  クリスチャン・サルデ『PLANKTON 漂流する生命の起源』について今日は書きます。

これは映像、音楽も一緒に展示されていましたが、写真のみなら撮影してもいいとのことでしたので、撮影してきました。

こちら









真っ暗なな中の展示でした。

これがプランクトンの世界らしいです。で、これを海の植物も動物も食物連鎖で繋がっていっている

『生命の起源』は色が豊富で、輝いていました。

裸眼では見えないような小さな小さな世界です。

実は昨年秋に宝石の撮影依頼を続けてご依頼いただきまして、
連日、ジュエリーを撮り続けていたのですが、プランクトンは宝石みたいでした。

宝石も鉱物だから、自然界に存在する色なんですね。
私はサファイアって言われてもピンとこなかったんですが、
撮影を通じて、サファイアっていろんな色があって、柔らかい色味でとても素敵なものなんだな~と感心したんです。

プランクトンも同じく、自然の世界のものは絶妙の色とデザインでなんともよくできている、素敵でした。

ところが、ひときわケバケバしい色のプランクトンの写真ががありました。

それはプラスチックがゴミとして海に捨てられ、そこに有害な物質がくっついてくるのですが、
自然の色ではない、蛍光色というか、パッと目を引く色でした。

これは人間が廃棄したプラスチックが海に流れて
太陽光や酸化などの条件が重なりそれはマイクロプラスチックと言われる5mm以下の微小粒子になります。

厄介なことに、このマイクロプラスチックは有機汚染物質をスポンジのように吸い込み、
それらが溶けて滲み出たダシを食物連鎖の最下層であるプランクトンが吸収してしまっているという問題が起っているそうです。

それが今、海を覆い尽くそうとしているそうです。
太平洋では固まってゴミベルトのような状態になっている。

たくさんの展示の中で、ひとつだけその有害なプラスチックの構造が顕微鏡写真でありました。

ナンダコレハ?

と思ったらそういうことでした。

どんな小さい世界でも、違和感を感じるんですね。

違和感を感じるように展示もされていました。

人間はたくさんのゴミを出しておきながら、一方で自然に魅力を感じていたり、
なんとも勝手な生き物です。

映像の展示もありましたし、サウンドは坂本龍一教授だそうで、それも海の中にいるようなそんな気持ちが味わえました。

小さいギャラリーやお寺で観る展示も面白いし、
さすがに美術館という鑑賞を考え抜かれた展示にも面白さを感じられる写真展でした。

写真展もまたいろんなところに行きたいです。

6月11日はこちら、
大学でお世話になった永坂先生のお話を聞きに行こうと思います。



いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 へ行ってきました。



京都市内の15会場で写真の展示がされています。 2016.5/22(sun)まで

ズラズラっと会場ごとの展示の内容をWebで確認したとき、
これは観たいな~っと思ったのが、

ティエリー・ブェット 『うまれて1時間のぼくたち』 (御池ギャラリー)

クリスチャン・サルデ 『PLANKTON 漂流する生命の起源』(京都市美術館)

アルノ・ラファエル・ミニケン 『Snake in the Water』(建仁寺)

に行きました。

その間にある展示も見て回りました。楽しい1日でした。

最初に観た、『うまれて1時間のぼくたち』っていう、生後1時間以内の赤ちゃんを撮った写真展は
とても面白かった。

25人くらいズラズラっと、産まれたての子の写真が飾ってありまして、
実物大よりかなり大きい展示です。

撮影が出産後15分くらいの子とかは 年齢 15 分  って書いてあって、

並べて初めてわかることってありますね。
比較という意味ではないですが、人間の性格はお腹の中からあって、
出てきて60分以内でもしっかり性格が写真に現れるもんだな~というのが、よくわかります。

強い意思を象徴するように、ギロっとカメラを見ている子。
いや、カメラの向こうすら見据えている子。
大あくびをする子。ぺろっと舌をだしたりおどけてる子、穏やかな顔の子。

生まれて間もない人間。

写真にすでに力強いものがあるので、
しっかりきっちり写し撮ることが大切で、それ以上はもうないの。

その状態をしっかり写して枚数集めてなんぼ、だから。


変にフワフワさせたり、前ボケ入れたり、色味変えたり
そういう小手先のことじゃ無いんだな~と思いました。

そのままをきっちりしっかり撮ること以上のことが必要ない。
揃えて撮る威力をね、見せつけられたのでした。

ああ、そうなだな~と思って。

フワフワっとした女子写真もいいと思う。

けど、もっともっと、撮る意味考えて、撮ったらなら、
必然的にそうはならないんじゃないか、その選択はしない、と思うな。

それって言わば、何食べてもケチャップ味みたいなもんで、
せっかくの素材の味を無視しているような気がするんですよ。

例えば、自分んちの子でもない「よその子」の生後間も無い写真を撮るとしたら?

二度とは来ない、二度と撮れない、貴重な生後15分の顔。

もっと撮る前に撮る意味を考えるんじゃないだろうか?

それと同じく、うちの子も、例えば、6歳5ヶ月と10日の子。

これは二度とは来ないわけだから、
目まぐるしく変わる生後すぐとは違って違いが分かりにくい としても
やっぱり同じ、貴重な一瞬だな~と思うのです。

他の展示(プランクトンの世界、建仁寺)に関してもまた書きたいと思います。

今回ギャラリーを回る際に撮った写真。




岡崎。


この奥に何軒か長屋があって、共同の入り口。



星を散らしたような苔。
いいね!(17)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日の梅小路の撮影会で、熊本震災で被害が大きい西原村へのご寄付いただいた金額です。

17,402 円 でした!!

ありがとうございます。

結構100円玉も多くて、撮影してない方もいれてくれたり。

イベントに来た市長さんも入れてくれたり。


なんかこれをする前は、募金ってどうなんかな?と思うこともあった。

それは受け取る人が、全然知らない人から1円とか10円とかもらいたいと思うかな?とか

世のマスメディアなんかで謳われる募金ってのは必ず手数料が取られるらしく、
多いところは4割近いとか。

実はカップラーメンはお湯を沸かすのも大変だし要らないってテレビでも言ってたし。

物を送るってのも、送り手の勝手な思い込みが迷惑になったりするのかな~とか。


そういうのを考えると、こんなん簡単にしていいもんか?とかって思ったけど。


でも今回は全額寄付するって決めたし、
まーやってみようと思って。


それで、思ったのは、
まーベストは尽くしたな~って。
だからそのまま、今あるそのままをどうぞ受け取ってね。

ってことです。


それは西原村の山岡さんに渡すってことで、なんかスッキリな気分。

今は、ボランティアとかも行けないし、熊本にいる山岡ゆかりんの声をSNSでみたりしていて、
結局人のつながりを感じて、
いろんなことが腑に落ちたというか...とりあえず、納得した気分。

蚊帳はこれだけでは買えないだろうから。それはちょっと力不足だったな、と思うけど。

それで、いつもお世話になっているおててくらぶの泉智子さんが
震災が発生して、いち早く、仲間内に呼びかけ、お金を集めて、配送してくれる方法を探して
それで、欲しいものをリサーチして、送ったりしていました。

その残りのお金と一緒に、送ってもらうことにしました。
だから一旦、さんの口座にこのお金を今からいれてきます。

いつか蚊帳のある鍼灸院を山岡ゆかりんがしてくれたら、また行くからな~!と思っている。

その時は湯布院にも行って、あの、お湯が溜まっていなかった宿のおじさんにも会いたいなぁと。



いろいろ考えたけど、
この物質至上主義社会を憂うことになったりして頭はグルグルしたんだけどね。
それはまた長くなるから書かないけどさ。


3月に熊本で撮影会をしたことで、熊本のいろんな人と知り合って、その声が生で聞こえてきて、

ちょっと発想を変えて生きていこうと思いました。



写真は1年生になって、ますます勉強に励む次女。





「なんで勉強するの?」って聞いてくる。

で、どう答えたかは話が長くなるので、またの機会に書くとして郵便局へ行ってきます。
いいね!(16)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、5月5日。子どもの日、晴天でしたね~。

私は京都に引っ越して1年以上になりました。

「京都の人にももっと知っていただいた方がいいでしょ!」と
スタイリストの大友優華さんが声をかけてくださいまして。(ああ、本当に嬉しい心遣い)

今回、このイベント『Made in 京都 フェスタ2016 春』内にてスペースをいただきました。

京都駅からほど近い、梅小路公園の水族館の前にある広場での撮影会です。

このイベントに参加するということが決まった時は、3月も初旬で、その後まさか熊本でこんな大きな震災が起こるとは思いもしませんでしたが、

主催者の方に、募金箱の設置をさせてほしいと言ったところ、快くOKしてもらえて、撮影料は無料ですが、募金へのご協力をお願いします。ということで、無料撮影会といたしました。

撮影には13組も来ていただき、もっとのんびりかな~と思っていたので、うちわなんか持って行っていたのですが、結局出番もなく、予想より忙しくあっという間時間でした。

 

新緑の美しい緑の中、もうロケーションと天気でだいぶ完成されていましたが、皆さまの撮影へのご希望を伺いいつつ、移動しながらテーマを考えながら撮影しました。
そんな本日のお写真をご紹介。


わんちゃんも一緒に。




野球のリーチのようなスタイルで!


 


可愛らしい双子ちゃん。





プロフィール写真用にも撮影しました。





歯の生え変わりの記念ですね!




お父さんと仲が良さそうでした!
お嬢さんが結婚式の時に使ってください。




お子さんがカメラを見てくれた時、嬉しかった~。
来た!と思いました。
なんか優しさに包まれて、撮りながら泣きそうになった写真。





空に高く掲げられる少年。
アカデミー賞のトロフィーみたいに持ち上げられる彼
The ゴールデンウィーク な写真。





これはお姉ちゃんになったばかりの子には
写真の時ぐらいはお母さんを独り占めしてもらいたいという
私の要望の写真。 嬉しいそう!で私が嬉しい。




弟くんのヨチヨチ感がたまらなく可愛らしくて、
優しいお兄ちゃんが大好きな様子でした。





午後からでちょっと眠たい時間だったんだけど、
頑張って歩いてくれました。笑顔が幸せにしてくれる写真。




こちらも男の子二人兄弟のお兄ちゃんです。
腕の形とか、おへそが出てるところとか、100点満点です。





こちらはネイルサロンをされているお二人。
最初は緊張されていましたが、たくさんお話くださって、
お店に使うわ~と言ってくださいました。
私もちょっとネイルってしてみたいとは思ってる。






そして、彼は今日お手伝い下さったスタッフのHくん。大学生。
私の半分とは言わないけど、ずいぶんお若いのに、結構落ち着いてる彼。
私の長い話とか聞いてくれてありがとう。

本日、いただいた募金のお札。




小銭もたくさんいただきましたが、とりあえずお札を持ってもらいました。

あ、京都市長さんも来てて、募金箱に硬貨を入れてくださいましたよ!

みなさんのお心をありがとうございます。

集計して、改めてご報告します。

また、運営の皆様、実行委員の皆様、早朝より設営、また早くからの準備、本当にお疲れ様でした。




いいね!(14)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
背景を玉ボケで美しい写真にするために。

「玉ボケ写真を撮ってみよう!」ということを、屋外撮影のレッスンではやっています。

お天気にもよるので、今日はイケる!という時には試してもらっています。
先日も初めて開催した 「Photo ♥︎ mama プレミアム」では、少し外に出て練習しました。

自分がわかっていることと、人に伝えることは違います。
今はできるだけ、実践して、「ほらこうでしょ!」って見てもらった方がいいな~と
実践実践のレッスンにしています。

 

でも、もっと、どうしたらら、皆さんにお伝えできるかな~と考えていて、
こうしたらいいんだ~!とこの度わかりました。


そうだ、玉ボケだけを撮ってみればいいって!
そしたら、掴めるし楽しい!って思えるんじゃないかとわかったんです。

こういうことです。説明しよう!

 

こんな風に丸く光の丸を作ります。




目で見えるのはこういう景色です。






撮りたいものの背景をこうしたら、主役が一段と引き立っていいですよ!ってことなんですが、

まず玉ボケを、玉ボケだけを撮ってみたらいいんだ~と思ったんです。



どんなところを狙えばこうなるか??


AF (オートフォーカス)を使うから、ボケてる写真は基本撮れないですが
そんなこと、カメラに決めてもらわなくったって、撮り手の私が決めればいいんですよ。

5月は「玉ボケの素」があちこち転がっていますよ。

そこら辺を歩いていても、玉ボケの素だらけ。

ママのための写真教室、 Photo ♥︎ mama ではそんなレッスンもします。

お楽しみに。

 

今から参加したいと思った方へ、
えーそんなの私は聞いてないよ~という卒業生の皆様。

これから参加できるレッスンは3カ所 です。


1.高槻スタジオおててくらぶ2016年5月開講 ビギナークラス
【日程】5/17  6/7  6/21  火曜午前・午後※レッスンは90分
【料金】3回レッスン 料金 10,000円
▶️現在募集中▶️お申し込みは contact から

 

 

2.南堀江  Pesa 2016年4月21日体験会&撮影会 開催決定

3回コース 【日程】 5/19  6/16  7/14  木曜午前
お申し込み方法など、▶️詳しくはこちら
▶️
現在募集中 残1枠▶️お申し込みは contact から


 

3.樟葉 穂の時間 Photo ♥︎ mama

2016.07.05 体験会があります。

詳しくは▶️こちら

 

4.そして満を持して新登場!

これまでにご参加された皆様で、引き続き写真を見せ合いできる場所、
お互いに高めあえる場所を作りました。

Photo ♥︎ mama プレミアム ! 始めます。

【5月の会】2016.05.17 (tue) 13:00~14:00 料金 1,000円

【会場】 高槻スタジオおててくらぶ

【6月の会】2016.06.14 (tue) 13:00~14:00 料金 1,000円

【会場】 高槻スタジオおててくらぶ

【7月の会】2016.07.09 (sat) ランチ会を兼ねた写真講評会 (予定)

11:30~14:00   参加日 500円程度 (飲食代別)

【会場】 高槻 周辺か?現在調整中。

【申込み】 contact から



 

 
いいね!(20)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
蚊帳、本物を見たことはありません。





長女はこの写真を見て「トトロのやつやん!」とすぐ言いました。

今、蚊帳が見直されているというニュースは、
デング熱が報道された頃だったか?観たことがありました。

赤ちゃんとか、虫除けを使いたくない時にいいですよね!
保育園でも導入している所があるそうです。

この蚊帳の写真を見ると、なんだか涼しそうにも見えます。

ヘンプの蚊帳というのは、戦後日本では作られていなかったそうです。

ヘンプ=麻

麻は大麻草です。

大麻と聞くと「え?勝新太郎がパンツに入ってたって言ったやつ?捕まるやる?(古っ)」
と思います。

私が好きだった作家の中島らも氏も、大麻で逮捕されています。

だいたい、「大麻」と「阿片」もよくわかっていなかったのですが、
アヘンはケシの果の一部がらアヘンが採れるものがあるらしく、
麻薬性の高いヘロインの原料にもなるらしいです。

精製して医療用にモルヒネとしても使われるらしいです。
一方、同じケシでもポピーなど観賞用のものもあります。

使い方で、危険になったり、お薬になったりするんですよね。

植物は面白いな~と思って。

「植物はすごい」「スキマ植物の世界」って新書を買ってしまいましたわ。

この写真はスキマ植物を昨日見つけて撮ってしまった。



シダの葉は裏が気持ち悪いと思っていたけど、
スキマ力つよいな~と思って。
 



で、話しは戻って

 



大麻(マリファナ)はオランダやポルトガルなど合法な地域もあります。
また、2010年以降、チェコ、アメリカのコロラド州など合法化されています。

これには賛否あるようです。

日本でも元々、ヘンプ麻(大麻)の繊維などを利用して織物を作ったり、
だいたい麻の実は「七味」に入っています。

「え?麻の実って大麻草の実?食べていいの?」

前から気になっていたので、この際、調べてみました。

ヘンプシード、栄養価高い。

繊維にはリラックス効果、安眠効果など癒し効果がありますし、素晴らしい素材なんですね。

でね、そのヘンプでできた繊維で蚊帳を作っておられるのが
静岡の会社で「菊屋」さんなんですが、

先日の熊本の地震で被災した、山岡縁さんが、震災後、蚊とハエに困っていて「蚊帳」が欲しいとおっしゃったんです。

そうですよね~。急に暑くなったりして、でも網戸とかないですもんね。
ゴミの問題も深刻だと思います。

でも、蚊帳もってないし。
調べたら、この菊屋さんのヘンプ大麻の蚊帳っていいな~と改めて思いました。
ヒーリング効果の高い蚊帳の中では、鍼灸治療に限らず、
カウンセリングなどにも向いているようです。
で、被災地に送りたいと思って。

今回の熊本の震災は、先日私たちが訪れたばかりのところだったことや
友人のゆかりんがまさにそこに居るということで、とてもたくさんのことを考えました。

支援のあり方も報道のあり方も、SNSの情報も。

どうするのがいいのかな~と。

とにかくは、当事者から聞こえる声がそこにありましたのでね。

直接届く、これに限るな~と。

仲間で協力しあって支援物資を、すぐに直接、送ることもできました。

ゆかりんが SNSで投稿していたすごい壊れた家で、
車中泊をしている80代のご夫婦にお宅の写真。

でも、日中は崩れたガレージで過ごして、夜は車で寝ているというけど、ガレージもひどいこと屋根が落ちている。

そんな人は蚊帳が絶対いるだろうと思うと(蚊が強くて蚊取線香もあんまり効かないらしい)蚊帳は数もいるだろうし、ゆかりんのことだから、必要な人に届けはるやろうな~と思って。


そこで、菊屋さんのお問い合わせ、ご意見を書くフォームに、突然投稿しました。

いきなり「ゆかりんが欲しいって言ってます」って言っても頭が悪い人と思われても困るし…

熊本県の西原村がこんなこんなで西原村に寄付いただけませんか?

って書いてみましたら、びっくりするくらいにすぐ返信がありましてね。

しかも「そんなことになっているとは知りませんでした。教えてくれてありがとうございます。」って、菊屋の三島社長さんが言ってくださいました。

すごいですよね~。そこで「ありがとう」と言える人って。
何よりもそこにびっくりしました。

そして山岡さんと直接のやりとりをしていただいて、先日無事、西原村にポリエステル製の蚊帳が20張ほど届いたそうです。

本当に、ありがとうございます。
これで、余震以外にも眠りを妨げるものを一つでも減らせれば、嬉しいです。

睡眠は大切ですもんね。免疫力も下がってしまいますから。

 

で、ゆかりんも復興して、「ヘンプの蚊帳」を買いたいと言ってるし、
私も、今回はご寄付いただいたので、ぜひ、購入して、三島社長にお返ししたいと思います。

ヘンプの蚊帳は結構なお値段がするので、(55,000~125,000円)
今度、5/5 に開催されるこちらのイベント。

Made in 京都 梅小路公園にて 無料で撮影会をいたします。

その際、ヘンプの蚊帳を買って西原村に送ろうプロジェクトの募金箱を設置いたします。
そこへご寄付いただいたものは全て公表して、西原村へ送ります。

以下内容です。

 


Made in 京都 梅小路公園にて。

★増田えみ プロのカメラマンによる写真ワークショップ/撮影会

内容:会場周辺内でシチュエーション撮影(無料)。
お子さんのみ、ご家族で是非、ご参加下さい。
回によってはカメラワークショップも開催。
写真は後日、無料でネットからダウンロードできます。
できれば熊本の震災で被害の大きい西原村へ寄付をお願いします。

また無料の撮影ですので、お渡しはダウンロードになります。

撮影した写真をこちらのHP、広告などへの掲載をお許しいただける方が対象となります。

●予約時間(各20分):
11:00~
12:00~
13:00~
14:00~
15:00~

●参加費[1回又は1枠]:無料

●お願い:目一杯のオシャレをしてきてください!

◎予約方法
下記の内容をお書きいただき、メール又はFAXをお送りください。
(応募多数の場合は事務局より個別にご連絡いたします)
1. 体験(ワークショップ)名:増田えみ 写真ワークショップ/撮影会
2. 予約時間:
3. 参加人数:
4. 団体名(ある場合):
5. 参加者の平均年齢:
6. 代表者のお名前:
7. 代表者の電話番号(当日連絡がつくもの):
8. 代表者のメールアドレス:
9. ご質問/ご要望:

送り先 担当:大五郎
メール:m.i.kyoto.since2015@gmail.com
FAX:075-320-2619

私は水族館前のワークショップのエリアにいると思います。

こちらのマルシェもありますし、お天気も良さそうです。

鉄道博物館もOPENしてたくさんのお越しになりそうです。

どうぞよろしくお願いします。

いいね!(12)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。