フィリピン留学マンツーマン専門の学校PGLIのブログ(社会人専用)

フィリピン留学で損をする人・得をする人のポイントを説明しています。留学前に読んでおけばよかった.....と思うことが満載です。後悔しない留学先選びのポイントもマンガで掲載していますのでご興味のあるかたは読んでみてください。


テーマ:




アイスティー

Iced tea in the Philippines = Very sweet cold tea.
フィリピンのアイスティー。めっちゃ甘いです。

Be careful students when ordering it.😉
留学生たちは、注文するときに気をつけましょう。

 

That's perfectly true.

それ、本当にそうやわ。

 

Indeed. I don't order it. 

そうだよね。私、注文しないもんアイスティーを。

 

Actually,  I warned the student that it is sweet.

ちゃんと、私、言ったんだけどね、それ甘いよって。

 

but he still ordered it. 

でも、彼、注文しちゃった。

 

He regrets it. 

後悔してた。

 

I just told him to put more water in to it.

水入れて、もっと薄めなって言いました。

 

 

追伸:フィリピンのアイスティーは砂糖が3つは入ってるように思います。(たぶん)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「わからない単語を、辞書で調べるのが二度手間に感じます」という方は多いです。

 

 

・英語で英語を説明される。

・知らない単語の説明を英語でされる。

 

この2つを不満に思う生徒さんも多いです。

 

 

 

【ズバッと解決!】

 

英語を英語で説明されるのはフィリピン留学なら当たり前です。日本人に教えてもらわない限りは英語は英語で説明されるでしょう。しかし、英語をわかりやすく説明することはできます

 

英語で英語を説明するについて

 

①サンプルを書く

 ↓

②書いたものを見せる。

(絵を描いてもO.K)

 ↓

③短文で説明する。

 ↓

④最終手段はネットや辞書で調べてもらう。

 

必ず、この順番で説明しています。

 

文法などは、英語でごちゃごちゃ説明されるよりも、サンプル文章を3つぐらい書いて見せてもらったほうがスッ!と入ってくることが多いです。

 

つまり、言葉じゃなく、目で見てわかるようにするのが大切です。

特に初心者の方の場合、どれだけ英語で説明されても理解できないこともあります。

 

そもそも、英語が聞き取れない場合もあるわけです。だから、最初は書く!そして、それを見せる!

 

この①②③でも上手く説明できなかった場合は、ネットや辞書で調べてもらうしかありません。

 

納得のいかないことを宙ぶらりんにして、進んでしまっても授業が終わってからまた調べなければならないので二度手間です。なので、すぐ調べてもらうようにしています。

 

 

 

 

知らない単語の説明を英語でされるについて

 

ボキャブラリーの本を使います。

たくさん、英単語が出てきて、それらを1つ1つ英語教師が、英語で解説してくれます。その解説が終わったら単語の意味を確認するための穴埋め問題をやり、答え合わせをします。これで授業が終わりです。

 

これ、全部、ムダ!?

 

リスニングの練習にはなると思います。しかし、教師が、単語の意味をいちいち英語で説明するのも時間のムダではないでしょうか?

しかも、英語の説明をきいても100%意味がわからないのでもう一度自分で辞書を引かなければならず2度手間。さらに、意味がわかったかどうかを確認するために穴埋め問題&回答する。

 

ぜーんぶ、レッスン時間のムダ使いです。

 

やりたいことは、単語を話せるようになりたい!ですよね?

だったら、こんなことは一切やめて

 

 

 

【ズバッと解決!】

 

日本の市販の単語教材を使いましょう。

 

 

教師は、単語の意味を説明する必要ナシ。

単語の意味が100%日本語でわかる。

単語の意味の確認も穴埋めも回答もいらない。

 

あなたのすべきことはたった1つ。

 

サンプルトレーニングに使いたい単語を混ぜて話す練習をすることです。

 

具体的にどうやってやればいいのか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「留学前サポートをやろうとした理由」Dさんに聞いてみました!

 

私が留学前サポートを開始した時、フィリピンの違う学校で英語を学んでいました。

 

そこで勉強している時に、自分が1番感じたことは文法力の弱さ、単語力の弱さでした。

 

 

それでも留学前に自分なりに、日本で中学レベルの文法は理解して、留学に挑んだつもりでした。

 

 

でも、いざ話すとなると、どう文章を組み立てていいかわからず、自分の言いたい事の半分しか言えませんでした。

 

 

もちろん英語を話し慣れてない事も原因だった、と思いますが個人的には文章で書けないものは、話せる訳がないよなと同時に感じました。

 

 


でも逆に文法と単語の知識さえ入れば、ある程度クリアになる部分が増えると、英語学習に希望をみつけられた瞬間でもありました。

 


覚える量でにいえば、文法は単語より覚える量も少ないですし、更に英語理解する上で、1番の土台であり基盤となる部分は文法だと思った事も理由のひとつです。

 


そのような体験から文法をしっかり学習したい気持ちが強くなりました。

 

grammar in use

 

たまたま留学していた学校でも同じ文法書を使っていて、この本がいいということは知っていましたし、分からない部分ははいつでも聞け、納得いくように教えて貰えるという点が、私には魅力的だったので、留学前サポートをお願いすることに決めました。

 

 

---------

おまけ

---------

 

Dさんは、今、フィリピンの他の学校に通われています。

 

その学校では会話が伸びていかないので、違う学校を探していた!との事

 

個人的にうれしかったのが、「ホームページに書いてあった不満、そのまんま、今の私の不満ですよ!」

 

とおっしゃっていたことです。

 

同時に、留学前の人には伝わらない!

 

と思った瞬間でもありました。

 

Dさんの実際の不満を知りたいと思いませんか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

留学前サポートを受けようかどうか迷われている方へ

 


フィリピン留学を過去に一度経験したので言える事なのですが、日本で出来ることは日本で終わらせておいた方が絶対にいいです。

 

代表的なのが文法や単語ですね。

フィリピン留学で失敗する人たちはこの2つが欠けている人が多いように思います。

 

「わかってるつもり」から「理解した」に変える作業はなかなか労力がいりますが、1人ではなく山本さんのサポートも受けられるので心が折れそうな時も助けてくれると思います。

モノは試しでやってみて続けるか続けないか決めればいいと思います。


時には英語だけの話ではなく、色んな話を山本さは聞いてくれるので、私は文法書を全部終わらせるまでモチベーションが保てました。笑

 


フィリピン留学ではいかにスピーキングの時間を確保出来るかが鍵になってくると思います。

その為に留学前サポートを利用するというのは有効的な1つの方法だと私は思います。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

----------------

5つの鉄則

----------------

 

①知らない単語は教材に書き込むのもOK.
②説明だけ、問題だけと2回に分けても大丈夫。
③わからないことは遠慮せずに質問してしまう。
④サボりたくなったら思いっきりサボる。
⑤自分を褒めまくる。

 

 

上記、詳しく説明します。

 

 

①知らない単語は教材に書き込んでしまうのもいい。

>中学、高校生の時、英語を学習するために英語のノートを作ったのではないでしょうか?
しかし、一生懸命作ったノートは今、どこにありますか?どこかに、行ってしまったのではないでしょうか?

もしくは、捨ててしまった....


でも、教科書はまだ残っていませんか?
ノートを一生懸命つくっても、何年後に残っているものではありません。
でも、教材(本)なら残っている。

 

 

だから、教材の中に直接書き込んで欲しいです。

後から見直して、「こんな単語がわかってなかったのかぁ~というのも懐かしい思い出となります」

 

また、勉強をしようとするときにノートがないから今はできない。という事もありません。テキスト1冊だけあれば、どこでもできます。いつでも、どこでもできるような感じが理想ですよね。

 


②説明の部分だけ、問題の部分だけと2回に分けても大丈夫です。

>長い時間をアレンジするのは難しいです。だから、細切れでやってもOK。

全部やろうとしてもそんな時間はとれない。

 


真面目すぎる方ほど、一度に全部やろうとします。(しんどいです。)
10分だけ、20分だけ、そんな感じでも大丈夫です。
もちろん、TVを見ながらでもいい。
ながら万歳です。

 


③わからないことは遠慮せずに質問してしまう。

>自分で考える癖をつけないといけないので最初は自分で考えましょう。
でも、「もーわからん」と思ったら遠慮せずに質問してください。

できる限り、あなたにわかりやすい回答をできるように心がけています。

 

 


④サボりたくなったら思いっきりサボる。

>毎日やる!一日30分など....計画どおりに進めれる人は「神」です。(できる方は本当に尊敬します)


私たちは人類なので計画どおりいかないことがほとんどです。

できない日があっても、いいじゃないですか?

サボってしまってもいいじゃないですか?

 


前向きにさぼって、遊んで、そして、リスタートすればいいです。いつでも、リスタートしてください。


ダイエットは明日からw(なんど、やったことか...)3日坊主?すご過ぎます。
1日坊主を繰り返してもいいと思いませんか?

 

 

⑤自分を褒めまくってあげてください。

>「ちょっとしか、進みませんでした」

 

と連絡をいただくことがあります。

全然、ちょっとじゃないです。

なぜなら、留学前にきちんと英語の勉強しているあなたは本当に希少です。

 

 

進んだだけでも、十分すぎます。

できたあなたを褒めて褒めてほめまくってあげて欲しいです。

 

無料、最長6か月の留学前の学習サポートを詳しく

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)