ペットバルーン ディスカスブログ

ペットバルーンのワイルドディスカスや改良種ディスカスなどの話題をお届けします。

NEW !
テーマ:

■ワイルドディスカス生息域マップ(画像クリックで拡大します)


人為的に造られたウラリアチャンネルが絡む魅力のエリアです。


大河マデラ河の下流に位置するノーバオリンダからマウエスにかけてのチャンネルに絡 んだ産地で素晴らしいディスカスが採集されます。


ノーバオリンダに近いカヌマ、アバキシ、マリマリは


パイナップルと呼ばれる美しいイエローをベースに持つヘッケルが採集されます。


またこの3河川には素晴らしく細いストレートラインを持つロイヤルブルーやヘッケルとブルーのクロス物が生息しています。


そこからチャンネルを下ると、3シーズン前に初入荷し赤の常識を覆したパラコニがあります。


ここ数年でここまでの道路事情が良くなり幻が現実となった思い出深いエリアです。


18センチ以上が当たり前の迫力のサイズ、


それにブラッドレッドと呼ぶ血の滴る様な赤を発色するのですから驚きですよね、


メリハリのある強いラインを持つロイヤルも生息しています。


そして最後がマウエス、ここもパラコニ同様ソリッドとロイヤルが生息しています。




■ABACAXIS [ アバキシ ]

■MARIMARI [ マリマリ ]

■CANUMA [ カヌマ ]

■ PARACONI [ パラコニ ロイヤル ]

■PARACONI [ パラコニ ブラッドレッド ]

■MAUES [ マウエス ]
AD
いいね!した人

テーマ:

■ワイルドディスカス生息域マップ(画像クリックで拡大します)


このエリアの花形、 当然ヤムンダですよね?


あのカラー、あのシェイプ、あのサイズと3拍子揃って


それまでのブルーの常識を覆しました。


もうこれはニューブルーとして扱うしかありませんでした。


そしてヤムンダ上流域で採集された


これもニューヘッケルと言うしかないブルームーンとブリリアント、


これ程業界を騒がせた産地は未だかって無いのではないでしょうか、


そしてここ最近になって採集したヤムンダ近くのラーゴマラカナ、


ヤムンダよりやや上品と表現しようか、


肌理の細かいロイヤルと真っ赤なソリッドが生息しています。


このエリア有名産地が多く、


ジャタプ(2シーズン前に強烈なロイヤルで騒がれた)、


テラサンタ、オリキシミーナ(赤みの強い素晴らしいロイヤルの宝庫)


そうそう忘れてはならないワトゥマもありました。


ロイヤルブルーの宝庫ラーゴタンバッキーの初入荷や、


今は幻となりつつあるリアルネグロのブルーフェィスを思い起こさせるワトゥマブルーフェィスヘッケルの久しぶりの入荷など、


前シーズン随分楽しませてくれました。


このエリア4多くのスターが見つかりました。



■NHAMUNDA UPPER [ ヤムンダ アッパー ]

■NHAMUNDA LOWER [ ヤムンダ ロアー ]

■MARACANA [ マラカナ ]

■JATAPU [ ジャタプ ]

■TERRASANTA [ テラサンタ ]

■ ORIXIMINA [ オリキシミーナ ]

■TAMBAQUI [ タンバッキー ]

■UATUMA UPPER [ ワトゥマ アッパー ]
AD
いいね!した人

テーマ:
■ワイルドディスカス生息域マップ(画像クリックで拡大します)


エリアとして最も小さいリアルブルーエリア、


超有名なマナカプルに代表される魅力的な昔ながらの?


ロイヤルブルーが採集される。


ただこのマナカプル、


広大な漁場ラーゴマナカプル、


マナウスから近く漁師も多く、


乱獲?が祟ってこの10年近くまともなロイヤルブルーを見ていない。


幻になったかも?マナカプルに変わって注目されたのがリオプルスで、


美しいレモンイエローベースにやや細めのストレートラインは多くのファンを虜にした。


ところがそのプルスに流れ込む支流のリオジャリにあるラーゴで採集されるロイヤルブルーはまるで別物、


より青が強く太目のラインが走る。


アマゾン本流を挟んで対岸にも魅力的なブルーが採集されるエリア(アナマ、アノリ、コダジャスなど)もあるが


ここはミックスエリア1になる。



■MANACAPURU [ マナカプル ]

PURUS [ プルス ]

■JARI [ ジャリ ]
AD
いいね!した人

[PR]気になるキーワード