ペットバルーン ディスカスブログ

ペットバルーンのワイルドディスカスや改良種ディスカスなどの話題をお届けします。


テーマ:

後2日で4月、


毎年11月から3月のワイルドディスカスのシーズンはあっと言う間に過ぎてしまう。


今の地点で今シーズンは11回の入荷があり、このシーズン手に入り得る大抵の産地とそれなりの数が揃いました。


見事なフルラインのロイヤルブルー、


真っ赤に染まるパラコニやアレンカーのソリッド、


センターバーが魅力のクロス物、


青光りするブルームーン、


そしてスポットやラインの彩かなロイヤルグリーン等々、


随分楽しませてもらえました。


毎年終盤になればこのシーズンの流れを思い起こすのですが、


この5~6年でその流れが大きく変りました。


その昔あれ程沢山採れたロイヤルグリーンが少なくなり、


昔血眼になって集めた目も覚める様なフルラインのロイヤルブルーやロイヤルアレンカーが主役になったのです。


実際どうしてこうなってきたのか?


本当の事は知る由もありませんが、


あのブラジルサイドからの情報では、


実際水引きが悪く、漁にならないと言うところが多数の情報です。


このシーズンは久しぶりにジュルアのミネルアをやったから何とか格好はつきましたが、


期待のテフェは1便のみ、


多くのグリーンディスカスファンを落胆させてしまいました。


もし本当に水引きの問題であればもうお手上げですが、


まだ心のどこかにほんまかいな?と思うところもあり、


次のシーズンこそは、と期待を込めるのです。


あー何とかなれへんかなー?



■テフェ ロイヤルグリーン(スポットラインタイプ)




■テフェロイヤルグリーン(ラインタイプ)




■ジュルアミネルアロイヤルグリーン




■ジュルアミネルアスターサファイア


AD
いいね!した人

テーマ:

最近は水中写真への切り替えを少々さぼり気味、


これも調子にがいい時はすんなりと撮れるんだけれど、


ダメな時は何をやってもダメ、


ディスカスもこちらを見透かしている様にポーズをとってはくれない。


余りにもポーズが決まらなくなってくると子供みたいに水槽を叩きたくなってくる。


いかんいかんと気を静めて取り掛かるんだけれど、


やっぱりダメな時はダメ、すごすごとカメラを仕舞い込む。


こんな日もあればえっ?と思う程はかどる時もあり、うちのパソコン班に目を剥いて驚かれる日もある。


今日はイナヌとマリマリを撮ってみたけれど、


こんなに綺麗になってたの?とあまりの変貌にびっくり、 随分と環境に馴染んできたんですよね?


それとも最近店長が熱心に管理しているお蔭かな?



■マリマリ ロイヤルブルー (MARIMARI ROYAL BLUE)


AD
いいね!した人

テーマ:

日中、汗ばむ陽気となってきました。


来週初めに寒の戻りがあるようですが、それが過ぎればいよいよ桜の季節、何にしてもぽかぽか陽気は気持ちよいものですね?


春と言えば日本の魚達の恋の季節、釣りをしていれば良く分かりますが、池でも海でものっこみと言う時期になり、お腹に卵をいっぱい抱えたメスにオスが纏わりついてきます。


水温の上昇と気圧や潮の関係でこの4月から5月にかけてピークを迎えます。


自然界ではそうであっても熱帯魚はなー?


年中同じ温度で飼育されてるからねー?


時期なんてないんちゃう?


ところが店内のあちこちが最近は賑やか、 コンディションが整ったワイルドディスカスがあちこちでペアリングする様になってきたんです。


日本の飼育水の環境に慣れた頃だからとも言えますが、 やはり何かを感じているんでしょうね?


ワイルドの察知能力には恐れ入ります。


今日紹介するイナヌディープレッドデビルのペア、この子達は去年の11月後半に入荷したロットです。


たまたま仕分けたタンクが同じで3月初め頃からテリトリーを取り出しました。


の後他のディスカスが気の毒になるほど突きあげられ、この1週間で2匹に分けたのです。


オス、メスとも見事なサイズ、発色具合も最高、このまま発情していけば恐ろしいほどの色上がりになること間違いなし、 ワイルドディスカスのトップクオリティのペアをお探しの方、絶対見逃せませんよー。


AD
いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇