ペットバルーン ディスカスブログ

ペットバルーンのワイルドディスカスや改良種ディスカスなどの話題をお届けします。

NEW !
テーマ:

今月8日からスタートした、ジュルアミネルアでのワイルドディスカスキャッチ第二弾、 水嵩が高かったにも関わらず充分納得の収穫となりました。



■ミネルアジンホのラーゴ



ワイルドディスカスの捕獲は日が暮れてから眠っているディスカスを一匹ずつすくうペルーの様な昔ながらの方法と、 今のブラジルの様に刺し網で障害物につくディスカスを根こそぎ捕る方法になる。

 

■頼りになるパートナー



効率から言えば根こそぎになるけれど、魚体に傷がつく可能性大、 でも今は殆どがこの方法で漁が行われている。 ディスカスを飼育されている方はもうお分かりだろうが、 水槽内で十分に飼い馴らされたタンクブリードのみ例外として、 この魚、実に障害物が好き、ワイルドでは殆どが岸よりのブッシュがらみや立木などを中心に生息している。




■障害物を網で囲う



その性質を利用してわざと障害物を作り、日が経ってディスカスが集まった頃合いを見計らい、 一網打尽にする漁もあるくらい障害物に絡んでいる。

 

■暴れて追い込む



こんな事を言ったらディスカスフリークの皆様に怒られそう? でも釣りをされる方にはお分り頂け様が、なんかブルーギルみたい、と思ってしまう。 とここまで書けば随分簡単に捕れそうと思われそうだが、 何の何の、実際やってみると大変な作業だ。



■網を手繰り寄せる




ましてその一網がノーマルばっかりなんて事もしょっちゅう、 ロイヤルの完品が如何に貴重か身を持って知る事になります。



■エメラルドグリーンに輝く収穫



さあこのジュルアミネルアの超スペシャルなロット、 月末の輸入に向けて準備中です。

AD
いいね!した人

テーマ:

マナウスのシッパーからスケジュールの報告を受けたのが今月初め、

8日からまたジュルアミネルアに行き、24日に帰って来るとの事でした。

ところが19日に大量のロイヤルグリーンやスーパーエメラルドグリーンの個体の写真が送られてきた。

聞けば毎日雨で思うように水が引かず、1チームを残して今獲れている良い個体のみを
先に持ち帰ってきたとの事、

乾季になった今でも雨が降り続くとはどこもかしこも異常気象で時期ずれになっている。

全く猟期を読むのも難しくなったものだ。

でもまあ今回のロイヤルのロットを見ればそんな不安もどこへやら、エメラルドグリーンに輝く体表に、ギッシリと埋め尽くされたレッドスポット、文句なしのリアルロイヤルグリーンです。

実際久しぶりですよ、こんなにまとまったリアルロイヤルグリーンを採集できたのは、
そしてエメラルドグリーンに輝くスーパーソリッドも採れたと言う事は、新しいエリアの可能性大ですよ、

過去にペルーのナナイでも同じパターンがありました。

銘魚は一部のラーゴなどで歴代インブリードしている可能性があるんです。

いずれにせよ素晴らしいポテンシャルを持ったエリアである事は間違いありません。

あーっ、早く輸入したい。




AD
いいね!した人

テーマ:
今シーズン2度目のジュルアミネルアのロットがマナウスに戻ってきました。

今回のワイルドキャッチの結果は?

抜群のロイヤルとエメラルドグリーン メタリックのスーパークオリティ揃い、このロットで何とかうちの面目が保てそう、これで無事に入荷させれば肩の荷がおります、充分に期待していただいていいですよ。

さて、このシーズンのミネルアですが、過去に入荷したタイプと随分表現が違います。

どちらが良いかは好みの分かれるところで しょうが、リアルのテフェロイヤルグリーンの様にホリゾンタルラインがしっかりと走り、体中心部ははっきりとしたスポットラインで埋め尽くされた 個体が好き、と思われている方には最高、それに超レア産地のミネルアとくれば絶対にコレクターズアイテムに加えなければいけませんよね?

そして全身がエメラルドグリーンメタリックに輝くニュータイプグリーン、多くのグリーンの産地に青いのはいてますが、これは別格、こんなのをブリリアントあたりにバッククロスさせればどんな銘魚になるんでしょう?

想像しただけでにやけてしまいます。今の所入荷日は未定ですが、ストック状態が良ければ27日あたりが怪しそう。

楽しみですね?

AD
いいね!した人

[PR]気になるキーワード