PERMANENT day & day

PERMANENTのブログ

日々のことなどを綴ります


テーマ:
余韻はなくらないうちに
そんな踏み方も悪くない




こんにちは。
今日はウイングチップに引き続き出来上がってきたOTOPEのオーダーを。

OTOPE sandal

常連のDさんのオーダー。
最初の一足はベーシックなものが欲しかったからと白のコンビネーションで綺麗な一足を作られていましたが、もう2足目なので(笑)ということで、らしさが炸裂しました。アップチャージの革しか使っていないという、詰め込まれた一足はオーダーならではであり、また、それをまとめあげる手腕を見せつけた一足に。
OTOPEの靴って出来上がったときに箱を開けてみる瞬間、ちょっと特別な楽しさがあるのですが、この靴はレディースのスタッフはじめ、全員びっくり。凄い!とかやってしまいましたねとか賛否両論ある中、それを軽く超えていくポテンシャルを持った強者ですね。


ソールはレザーで。

では、革を。

ターコイズのガルーシャからスタートし、


ネイビーのリザード、ブルーのカーフヘアー、グレーのエレファントと続きます。


最後のエレファントはストラップにぐるり。
誰もやっていなかった、斬新なアイデア。今後、フォロアーが増えそうな予感です。


フットベッドの巻革はリザードのマゼンタにキラリと光るゴートのシルバー。
最後の最後まで気を抜かない、完璧主義の表れですね。素敵です。


どんな服たちとコーディネートされるのかがとてもとても楽しみ。

OTOPE sandal
turquoise galushat×navy lizard×blue hair carf×grey elephant

では、また。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
その熱 伝わって
かたいかたいシルバーをも溶かす



こんにちは。
今日はオーダー会のお知らせを。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Blind Man Togs ジュエリーオーダー会
at PERMANENT

8月12日(金)-8月21日(日)
12:00 - 20:00
■■■■■■■■■■■■■■■■■■

去年の11月のオーダー会から9ヶ月あまり。
デザイナーである小笠原氏とは国際電話でちょこちょこ打ち合わせをするのですが、夏にカトラリーを使ったジュエリーのオーダー会をしましょうという話になりまして。前回はGORHAMのカトラリーだったので、今回は贅沢にTiffanyのカトラリーだけを使ったオーダー会にしましょう、と。また、今回は今までのB.M.Tにはなかった物づくりにしたいとのことで、小笠原氏はヴィンテージのカトラリーを集め、私がデザインを考えるという運びになり、紆余曲折ありながら、そして、生みの苦しみを味わいながら、このオーダー会にたどり着きました。

どれも思い入れのある、新しい5つのジュエリー。
ぜひ、その目で見ていただければ嬉しい限りです。

今日はその中からサンプルが完成した3つを。

Blind Man Togs Tiffany Spoon Ring cut

その名の通り、スプーンの柄の部分に切り込みを入れたデザイン。
後ろからチラリと見える石はムーンストーン。裏からも石が見えることで、肌には直接触れないものの、少しでも石の持つ力を感じ取ってもらいたいという思いから作りました。また、今回は直線、鋭角というのもテーマにあり、このカットの入れ方も、そのテーマに沿ったもの。


2回ぐるりと巻いたリングは横から見たときの佇まいも美しいです。


これはどれも共通なのですが、Tiffanyのカトラリーを使ったシリーズはロゴを残そう、ということでこちらは裏側に。

カットした部分に見える石と肌の対比もまた面白い。

Blind Man Togs Tiffany Spoon Ring cut
\60000 +tax

続いて、もうひとつのリング。

Blind Man Togs Tiffany Spoon Ring spread

こちらは左右に広がっていくイメージで。
カトラリーの持つ形そのものを活かし、それをコンテンポラリーに見せることを考えてデザインしました。


当初は曲げてこの形を作ろうとしていたのですが、いざやってみるとTiffanyのシルバーが厚みがありすぎて鋭角には曲がらない(笑)ということで、一度カットし、それを繋ぎ合わせて鋭角を作りこの形に。


カットという工程が入り、裏返しに出来ることから、こちらはロゴが表に入ります。

指につければ、まさに広がるリングです。

Blind Man Togs Tiffany Spoon Ring spread
\50000 +tax

3つ目はバングル。

Blind Man Togs Tiffany Double Spoon Bangle square


左右非対称に作られたコの字。その僅かな隙間。
コの字の中には綺麗なグリーンのアゲート、そして漆黒のオニキスを配置。シルバーの上に乗る相性の良いグリーンとブラックは対話しているようなイメージを。

こちらも当初はバターナイフを曲げてコの字を作ろうと思っていたのですが、やはり綺麗に曲げることが難しく、スプーンの先の部分を一度溶かして、それを使ってコの字を形成するに至りました。
コの字に作った隙間は当初のイメージを思い起こさせるためのディテールに。石を囲む箱に直線、直角を用いて作ることで、ヴィンテージでありながらもコンテンポラリーでモダンを感じられるようなバングルに仕上がりました。


石の高さは横から見た時に少しだけ見える高さに。


溶かしてしまう前にカットし残したロゴを内側に付けております。

アゲートにオニキス、肌に乗ればさらに際立ちます。

Blind Man Togs Tiffany Double Spoon Bangle square
\105000 +tax

いかがでしたか?
残りの2つはネックレス。こちらは現在、サンプルの最終調整に入っております。

リング、バングルに使われていたムーンストーン、アゲート、オニキスの3つの石は今回の新しいラインナップ。以前、までのブルーターコイズ、ホワイトターコイズ、スモーキークオーツももちろん使うことが出来ます。石の組み合わせは自由ですので、自分だけの組み合わせで作るのも良いですね。

2つのネックレスも出来上がりましたら、ブログにてご紹介させていただきますので、お楽しみに。


お問い合わせはこちらまで

permanent.fukuda@gmail.com


PERMANENT

860 0803

熊本県熊本市中央区新市街12-1

tel: 096 355 0504

facebook: https://www.facebook.com/permanent.mens













AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
影響受けて与えて
その下に明かりは灯される




こんにちは。
いよいよCLASSも秋冬のデリバリーがスタート。国内は足並み揃ってきております。
今日はその中からこちら。

CLASS Hemd

今シーズンのCLASSのテーマはDENKEN-THINKING。
日本語に置き換えれば"考える"。
デザインにどんな意味があるにせよ、その捉え方が一つである必要性はなく、作品を見ることによって、人と人とのコミュニケーションが生まれたり、人間の思考に刺激を与えることが重要。すなわち、デザインされた服であるけれど、捉え方はその人次第で良く、もっと自由に捉えて服自体を楽しんでしまおうということ。

その具体性として人体と作品の関係性を重視した、ドイツの現代アーティスト"Franz Erhard Walther"(フランツエアハルト・ヴァルター)という方がおり、その概念に影響を受けたコレクションとなっています。

ではシャツに戻って。
Hemdとはドイツ語でシャツという意味。
スーピマコットンの生地はシャツ地であるけれど、見た感じはタートルのようでもあり、アノラックのようでもあり、それを楽しむ一枚と言ったほうか的確でしょうか。。PERMANENTではサイズ感もシャツというには違和感を覚えるサイズ2のみで展開しております。


台襟の中にもうひとつの生地が入ってネックを形成。
台襟があることで、見た目も面白く、そして何よりシャキっと生地が立ちます。


カットソーのように伸びがないので、着るときは後ろのジッパーを開けて。


そのスライダーは40'sの形状のWALDES。


たっぷりした身頃にはサイドにすこし緩めのゴムを。


袖口にも同じゴムをほんの少し。

シャツと思えばインするスタイリング、したくなります。 

CLASS Hemd
color: white
size2
\27000 +tax

もう一色はインディゴ。

スーピマコットンなので、同じインディゴカラーでも光沢があり、やわらかいのが良いですね。

秋にもショーツ、とか。

CLASS Hemd
color: indigo
size2
\27000 +tax

お問い合わせはこちらまで

permanent.fukuda@gmail.com


PERMANENT

860 0803

熊本県熊本市中央区新市街12-1

tel: 096 355 0504

facebook: https://www.facebook.com/permanent.mens











AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。