人生を哲学的・心理学的に思考・追求し、意味・理由・本質を探る

内容は、人生哲学、自己啓発、深層心理、などです。わかりやすい、深い文章を心がけております。

心の病(うつ病、強迫神経症)により、人間関係や不安や焦りなどで悩み苦しみました。

読者様の生きるヒントになれば幸いです。


テーマ:

人生を哲学的・心理学的に思考・追求し、意味・理由・本質を探る

人間だれでも、自己主張するのが好きだ


どんなに無口な人でも、酒が入ると自分のことを語りだす


もちろん、すぐ寝てしまう人もいれば、ずーっとうなずいている人もいるけどね


しかし、だいたいの人は、抑制がなくなると語りだす


人生経験豊富で雄弁な人なんかは、説教に発展する勢いだ




やはり、人間は自分を理解してほしいのか、自分のすばらしさを誇示したいのか、いろいろだと思うが、しゃべらず・語らずにはいられない生き物なのだろう


一人暮らしのご老人も、普段しゃべらない分、話出すと溜まったものを吐き出すかのように、しゃべりだす


また、一人暮らしを始めると、独り言が多くなるということも聞くが、同じような原理なのかもしれない


ニコ生、ツイッター、ブログなども、それに準ずるものなのかもしれない




逆にしゃべらないと、うまくしゃべれなくなる


余談だが、私は独り言を発しない性格だ


私は大学時代に、2週間ほど誰とも会わずに、アパートにひきこもっていた時期があった


そして、2週間ぶりに友人に会い、しゃべろうとしても、頭で考えるスピードに口がついてこなかった


まさに、呂律が回らずカミカミの状態だねw


1時間ほどすると、ようやく本来の呂律に戻ってきた


人間の機能というものは、こんなにも早く退化するものと痛感した


やはり、しゃべることは本能であり、それを抑制すると、なんらかの障害が出てくるものなのかもしれない




話は戻るが、では、なぜ人間はしゃべりたがるのか?


それは、人間が生きていく上で、情報共有が必要だったからなのかもしれない


人間が氷河期を生き抜く上で、獲物など食料の情報などは必須だったのかもしれない


人間には、他の動物のように、牙や爪、運動能力など絶対的な狩り能力はない


道具なども最初は石だった


そんな狩り能力のない人間が生き残る上で必要だったのは、情報共有することで、策略的に狩りすることだったと思う


人間がしゃべるのが嫌いだったら、情報は共有されずに、狩りに失敗し、絶滅していたかもしれない


もはや、生きるための本能だったんだろうね




これは人間関係に応用できると思う


人はしゃべりたい生き物だ


じゃあ、どうすればいいか?


聞いてあげればよい


聞き上手は好かれるというが、本能を満たしてあげることができるから、生理的に好かれる


相手が話すのに対し、リズムよく相づちを入れることで、聞いているというサインを継続的に入れるのが効果的だ


また、相手が望むような質問やコメントをすることで、理解しているという意思を伝えることが、さらに好意を増すと思う


結局、相手の本能を満たしてあげることができれば、それは好意につながるからね


話も交通安全と同じで、譲り合いだと思う


お互いの話の譲り合いが、平和を生む


人生という道路を、平和に走りたいものだね



最後まで読んでいただきありがとうございます^^

AD
いいね!した人  |  コメント(28)

[PR]気になるキーワード