メッセージはこちらからもどうぞ!


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月28日 13時54分51秒

2016秋王滝レポートその3

テーマ:ブログ

 

 

 

 
 
 

お待たせしました。

王滝レポートその3です。

後編完結編です。

 

 

2016年9月18日

雨の長いレースはほぼ100kmを走り終えて

 

120km区間に入った。

 

残りは20km

 

初めて通るループ区間だ。

このあと100kmコースの途中に合流して

同じゲートでゴールになる。

 

分岐してすぐに登りだった。

登りが長いとウワサでは聞いていたが

思ったよりも長く

道も滑る。

 

まだまだ雨は降り続く。グローブは指切りグローブ。

長くお風呂に入ったように手先はすっかりふやけている。

指先が波打って真っ白だ。ふにゃふにゃである。

 

もう7時間以上雨の中走っているから仕方ない

長風呂みたいなものだ。

 

長指のグローブをしてる選手を見ると、いいな、と思う。次回雨だったら長指のグローブにしようと思う。

そんなことを考えているが全然登りが終わらない。

とにかく終わらない。

かなり長い。

と思ってから

まだ登る。

 

カーブが終わる度、もう下りか、もう下りか、と思うが

全然登りが終わらない。この登りこそが120kmの洗礼だった。

120kmの過酷さはこれか・・・・!と思う。

100km楽じゃん!と思う。(笑)(そんなこともない)

追加の20kmの中にこんなに登りが用意されてるとは!どんな大会なんだ!と空にツッコむ。(笑

 

そして時計の針はスタートしてすでに、いつのまにか8時間半をまわってしまっている。

この峠で9時間をすぎると、つまり15:00をまわると

のこりは1時間を切る。急がないとと思う。

規定タイムが10時間以内だからこれに間に合わなければ

ゴール扱いにならない。

タイムオーバーである。完走にならない。

 

がんばるが全然ペースが上がらない。当初想像したよりは

ダンシングはできるし

足もほどほどに回っている。がさすがにパワーは出ない。

スリップして何度もリアがすべる。

登る。登る

 

そして

 

 

ダンシングした拍子にすべって

前輪が草むらに突っ込んだのをきっかけに

 

 

ついに集中力が切れてしまう。

 

長く、連続して走ってきて

あと少しだと言い聞かせてきたが

終わらない登りに

気持が切れてしまった。。。。

切れた気持はなかなか元には戻らない。

 

それでも歩いて進む。

しばらく頭を冷やす為に押しながら歩く。

歩く。

それでも一向に登りが終わらない。

 

15分くらいだったか歩いて

 

仕方なくバイクにまたがりまたペダルをふむ。

 

 

そしてやっと長い登りが終わり下りに入るが

時計を見ると

残酷なことに、もう15時になってしまった。

 

 

 

120kmはぐるっとまわって元のコースにループするが

戻ったところから1時間はかかる計算だから

もう16時には間に合わない。

 

 

ここでワタシの王滝120kmは終わってしまった。

 

やはり壁は高かった。

 

あ~あ。

 

もう何も言い訳はない。何も残ってない。と思う。

 

雨のせいではない

自分の実力不足だ、と思いながら下りを走る。

 

でもどっちにしても自力でゴールに戻るのが王滝。

 

ペダルを回す。

 

「間もなく合流」の看板が見える。

元のコースに戻るという意味だ。

 

ここから一時間か、と思う。

 

しかしここで「あれ」と思う。

 

 

思ったよりもゴールに近いところで合流してる?

コースマップを細部までよく見てなかったと思い出す。

 

合流が思ってたよりゴールに近い。

 

13分くらいの登りを終えれば

あとは下るだけのところに出てる!!!

 

これはあと30分近くでゴールできる!!!と思う!!!

 

いける!まだオレ!!生きてる!!!

 

 

 

がぜんパワーが出る!!回す。慎重にかつ大胆に!

 

 

登りが終わる時間を計算するが簡単な足し算ができない。

脳もかなり疲弊してる。

 

集中力が切れないように

走る。そして最後の峠が終わる。

あとはパンクしないように

そしてなるべく早く下る。

踏める区間は踏んでとにかく回す。

15時30分

そして100-120の分岐地点を右に曲がる。

 

ブレーキも慎重に

でも大胆に回す!

 

 

ゴールが

 

近づいてる!!!

 

 

下る!!

 

砂利が終わる

 

 

赤い欄干の橋が見える

 

 

 

その先にあるのは

 

ゴールゲートだ!!!!!!

 

 

簡素なゲートだがそれまでのがんばりをたたえてくれるような

輝くゲートに見える。

 

 

 

 

 

やっったーーーーーー!!!!!!!

 

 

両手を挙げて

まるで優勝したかのようなガッツポーズで

 

 

 

ゴールする!!!

 

やったーー!!!走りきった!!!!

 

 

 

120km!!

途中で一度あきらめたから何かめちゃくちゃ嬉しかった!!

 

ボロボロだがすごい充実感だった!!

 

ゲートアナウンスの女性に

「まるで優勝したかのようなガッツポーズで入ってくる!有言実行の男、今!完走!」

とアナウンスしてもらう。(笑

 

その方から

この日のレースは多くのリタイヤが出たみたいで

いつもよりかなり少ない人数しか選手がゴールできてないと聞く。

 

サバイバルレースだったんだ、と改めて思う。

 

いろいろ話したりファンの方と写真撮ったりする

 

最後に写真を撮ってゴールを後にする。(写真)

 

スタート駐車場は

そこから少し移動したところにある

移動中寒い。

 

さすがに止まると寒くなる。

 

そのあとちょっと取材が入って

着替える。寒い。しばらくじっとして落ち着く。

 

池田選手(この日は残念ながら二位!)や松本駿選手

この日優勝した宮津選手ともお話させていただいて

貴重な時間を過ごしました。

 

そんな感じで王滝の日が暮れました。

 

帰りは再び車300km。

 

途中PAで仮眠取りながら走る。

 

無事到着。

長い長いレースが終わりました。

 

ーーーーーーーー

 

おまけ

 

 

次の日

背筋、足のモモの上、裏、内側が筋肉痛、肩甲骨のまわりや

二の腕のあたりも。

当日はアドレナリンが出てて痛くないところも

次の日になると痛みが出てきます。

 

王滝が終わると、こんなところ使って走ってるんだなぁと気づけて面白い。

 

足の先も筋肉痛でした。こんなところまで!(笑

 

寝る度に回復していくのも面白いです。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2016年09月27日 23時09分05秒

鳴子×宇都宮ブリッツェン ジャパンカップ!

テーマ:ブログ

 

今年もやります

鳴子×宇都宮ブリッツェン

 

ブリッツェンは赤がチームカラー

だから鳴子とコラボしてます!

 

グッズいろいろありますよ〜!

 

日本最大のワンデーレース「ジャパンカップ」

 

http://www.cyclesports.jp/depot/detail/69272

こちらチェックです!!

 

10月21日〜23日開催

 

楽しみですね!!

 

ワタシも駆けつけてサコッシュサイン会やトークショーなど

イベントやりますよ(土、日)!!

ロードレースのお祭りです!レースももちろん盛り上がること必至!

みなさんで秋の宇都宮で自転車を楽しみましょう!!

 

 

 

以下コピペ

ーーーーーーーーー

栃木県宇都宮市を拠点とする地域密着型のプロ自転車ロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」を 運営するサイクルスポーツマネージメント株式会社(本社:栃木県宇都宮市、代表取締役社長:柿沼 章) は、宇都宮市内で繰り広げられるアジア最高峰の自転車ロードレース大会「2016 ジャパンカップ サイクルロードレース」(10月21日~23日)開催にあわせて、宇都宮ブリッツェンの期間限定オフィシャルショップ『THE RED ZONE 2016』を立ち上げ、10月1日(土)にオープンする。

ーーーーーーーーー

 

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2016年09月26日 22時21分21秒

文化放送今週木曜朝9時!文化放送!ラジオ出ます!!

テーマ:ブログ

 

 

 

ラジオでしゃべります!

文化放送今週木曜 朝9時です!

チェックチェックです!

 

「くにまるジャパン」という毎週月曜金曜の9:00〜13:00の帯番組で

メインパーソナリティの野村邦丸さんが夏休みでお休みのための

ピンチヒッターです。

 

お相手は以前もご一緒した(ペダルを熟読してくれている!)八木菜緒アナです!

八木さんよろしくお願いします!

そうなんです!コーナーのゲストではないのです!

メインのピンチヒッターです!9時から13時までしゃべります!

 

初めてお話頂いたときは、なんて大胆なオファーなのか!!と思いました(笑)

ありがたく受けさせて頂きました。

 

みなさんとの朝の時間を楽しく過ごせるような番組になるよう

全力で頑張ります!!

いろんなハプニングあるかもしれませんが

暖かい目(耳)で聞いてください。(笑

 

いろんなメールとか送ってくださいね!

 

 

詳しくはこちらhttp://www.joqr.co.jp/programsheet.php

 

聞いてね〜!

 

 

2016年09月26日 14時49分44秒

2016秋王滝レポートその2

テーマ:ブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

王滝レポート2です!!

 

中編です!

 

 

50km地点

まだあと70kmある。

 

足が痛み出す。

左足の筋に痛みを感じる。

このままひどくなるととてもじゃないが120kmは無理。

寒さのせいか。

ダンシングを混ぜたり乗車姿勢をいろいろ試して足をほぐしながら走る

 

下りではサドルを使った足のストレッチをする。

(説明が難しいので巻末のおまけあたりで今度やります。

・・・というか参考になるのかな?/笑)

王滝で下る時は毎回これはやっているのだが

今回は寒さもあるし入念にやる。

 

60km地点

まだちょっと痛い。あんまり

圧をかけないように走る。

 

 

すると

 

じわじわだが足の痛みがなくなって行く。

 

アドレナリンが出て痛みを散らしてくれているのかもしれないが(笑

 

とにかく痛みはじわじわ減ってきてる。

 

筋肉自体の疲労による痛みはあるが

足自体は痛くなくなってきてる。

よかった!!よしよし!

とにかく無理をしないように走るように心がける。

 

合い言葉は「マイペ マイペ」(マイペースの意味)

自分のペースでとにかく回す。

 

65kmあたり

第2チェックポイント

 

こちらも通過。

 

長く登る。

 

ペースは一定。無理をしないように登る。

下りでもできる限りペースアップ。

コーナーは速度を落とすが直線は上げる。

11時をまわる。

 

コースは川みたいになってるのはもはや当たり前

 

そして

 

登りの途中、コースに川が横切ってる場所が。山から流れ落ちてきてる水がコースを長さ20mくらいに渡って塞いでる

(最後の写真)

 

通過しようとそのまま乗車でつっこむ。

すると

コース上にできた川の向こう側の選手から

「乗車は無理!」と叫んでる。

あわてて途中で足を着いて降りる。

そこではスネくらいの水の高さだったが

そのまま歩いて進むと最後の部分が

 

モモ上までの川かさだった。流れも速い。

 

後で聞くと1時間前に通過した選手は

乗車でいけたらしい。

この1時間程度で水かさが増したのだ。

 

バイクは空気が入っているのでタイヤが浮く

その選手にちょっと手伝ってもらって渡る。

どうもありがとうございました!

助かりました~。

 

後の選手は自転車を肩に担いで渡っていた。

 

みなさん「これこそアドベンチャーだよ~」と楽しんでいた。

これを楽しむ余裕がなければ王滝走破は難しい。

 

じわじわ下りが寒くなる。

登りに入ると体が温まるが下りは寒いと感じるようになる。

晴れの王滝は昼にむけてぐんぐん気温が上がるのが常だが

この日は気温自体が下がってきているようだ。

歯がカチカチ鳴る。

 

70km地点

この段階で残り50km。。。70まで来てるのに残りは50もあるんだ。。。

と思うとモチベーションが下がるので

思わないように、と思うが、残りは事実50kmである(笑。

 

 

80km地点

第三チェックポイントだ

前回ここで水を二杯だけ飲んだ。

しかし今回は降りずにここも通過。

 

前回

7時間を切ったときはここを12時03分くらいに通過してる

今回は12時30分すぎてるやっぱり雨でペースが遅い。

あと峠は二つ。

 

100kmならば。

(ワタシの脚で)20分くらい走って5分下り、13分くらい登って

15分くらい下ってゴールである。

120kmも同じコースを登り

3kmほど手前で分岐する。

 

分岐にはテントがあり120kmコースはゼッケンで判断されて左に促される

右に行くと100kmのゴール。

120kmは左に折れる。

 

あと20km

時間が13:40くらい

タイムアウトは16:00

これなら間に合う!

と思う。

あと20km!!といい聞かせて曲がる。なんとか足ももちそう!

筋肉痛はあるけど回ってる。

テンションを上げて未踏のループ区間に入る。

そして。

 

このあとワタシはゴールを一度あきらめてしまう。。。。

 

 

 

後編に続く

 
 

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2016年09月24日 23時07分15秒

2016秋の王滝レポートその1

テーマ:ブログ

 

 

 

 

 

 
 
 
 

王滝レポートその1

です!!

 

 

 

山の中のオフロードをひたすら走るSDA(セルフディスカバリーアドベンチャー=自分を発見する冒険)王滝レース

 

カテゴリーは

42km(初級者クラス)と

100km(上級者クラス)

120km(エキスパートクラス)

があります。

120kmには条件がありそれまでの王滝レース100kmを7時間以内でゴールした者に限られます。

前回の秋の王滝で7時間を切ったワタシは出走権利があります。

100kmに出てもいいのですが

やったことないことやらないと!と思って。

 

 

いつもは100kmに出走してますが

 

今回は120kmにエントリー!

 

春夏ある王滝のレースで最も過酷で

最も長いコースになります。

現段階では国内最長のワンウェイMTBレースです。

 

今回のエントリーは

42kmがおよそ500名

(スタート位置が違うゴールは同じ)

100kmがおよそ1000名

(スタート位置、ゴール位置が同じ)

120kmが74名がエントリー

(スタート位置、ゴール位置が同じだが最後20kmをループする)

 

(他にシングルスピードというカテゴリーもあります)

 

 

スタートは6時

 

前日のうちに車で移動。

高速と一般道で300km。

旅館に宿泊。

旅館に近づいたあたりで雨が降り出す。

「明日は雨か」と思うが雨対策を考えながら寝る。

 

3:15起床

入念にストレッチ。

 

とにかく以前の雨の王滝で寒さで膝の筋が痛くなったのと低体温で大変な思いをしたのでストレッチとウェアの服装選びは関しては慎重にやる。

ご飯を食べながら移動。

4:30前に到着。

 

この日は雨。

結局この日は雨がやむ事は無かった。

雨の王滝となった。

 

雨なのに120km。ハードルの高さをちょっと感じる。

とにかく、いけるところまで行こうと思う。挑戦なのだから。

 

リュックの持ち物もビニールに入れて雨対策をする。

服装はインナー一枚 総北ジャージ ベスト型のレインウェア アームウォーマー

レッグウォーマー

で望む。雨の中の練習もそれなりにやってるのでだいたいの対応は想定できる。

気温が上がればアームウォーマーは外せるのでソレで対応。

気温が下がればもう一枚リュックにウインドブレーカーを入れておいた。

 

リュックの中には水1リットル

ボトルにクエン酸ドリンクを500ml

補給食は

羊羹2

ジェル4

固形3

 

スタートラインに並ぶ。

スタート前には池田選手(写真)としばしお話。

リストを見て先生やる気ですねっと思いましたよ!!

と言ってもらいました。

ありがとうございます!

 

 

6時スタート。

 

エントリーは多くても雨ということで出走を見送るヒトもいる

実際はエントリーよりも少ない人数でスタート。

 

9月はいきなり登り。

 

安全を意識しながら登りながら

なるべく抜けるところは抜いてポジションを上げる。

 

しかし。

今回調子が上がらない。

気温が低いというのもあるのか

今ひとつ足がイメージ通りに回らない感じ。

今年はそれなりにトレーニングを積んでるつもりだったのでちょっと

気持が下がる。

もっと登れるつもりだったが対応できない感じ。

自分の調子に苦しむ。

 

更にサングラスが曇る。更に

雨粒がサングラスに当たり視界が悪い。

もちろん路面も悪い。

 

我慢で走る。

 

ところどころコースは降り続く雨のせいで川になっている。

泥水になってるとコースの石が判らずパンクの恐れがある。

 

なかなかリスキーな今回の王滝

しかしウェアはいい感じ。

寒くもないし暑すぎることもない。体温管理はばっちりだ。

 

20kmくらい走ったあたりからだんだん調子が上がる。足が動くようになる。

ほっとするが

雨でペースは上がらない。

30km

第一チェックポイント。(写真二枚目)

通過。今回も基本はノンストップで行く(休憩はとらない)作戦。

 

走る

下りはできるだけ飛ばすが

隠れてる尖った石にヒットしてパンクはしたくない。

いつもより神経を集中して下る。

コーナーはいつもよりも速度を落として曲がる。

 

前の選手を抜くときは声かけ。

誰もいない直線では飛ばす!!

バイクのセッティングを前回ミスしたが今回はばっちり!!

ショックを吸収しいい感じに下ってくれます!

ショップのyさんの整備もばっちりでした。

ありがとうございました!

 

40km

自転車で雨の中のオフロードを走ると手に砂利がつく。これが結構気になる。きもち悪い。

ポテチで油がつくと気になるのと同じような感じ。

砂をとにかく拭きたくなる。

しかし体のどこで拭いても

ジャージは泥だらけ。指先を拭けば拭くほど更に砂がついてしまう。

 

今回はメーターの上に雨が降ってたまったわずかな水を発見。

 

そこで指をさっと流して走った。

これだけだがかなりストレスの軽減になりました。

 

雨はときおり強くなりながら降り続く。

 

走る

 

同じポイントで前回秋の王滝よりも通過時間が30分くらい遅いなあと思う。

雨のせいもある。

 

初の120kmでとにかく足を温存しなければならないが

急がないとならない。タイムアウトがある。

モチベーションのもって行き方が難しい。と思いながら走る。

 

じわじわピンチが訪れる。

 

 

足が痛み出す。

左足の筋に痛みを感じる。このままひどくなるととてもじゃないが120kmは無理。

寒さのせいか。

しかしダンシングを混ぜたり乗車姿勢をいろいろ試して足をほぐしながら走る

 

このまま痛みがひどくなったらどうしようと思う。

なんとか痛みが散ってほしいと思いながら走る。

 

 

 

50km地点。水たまりがすごい沢山ある。

 

残りはまだ70kmある。

 

半分も来てない。

雨もやまない。

 

続く。

 

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2016年09月20日 14時52分38秒

昨日は洗車洗濯。それを含めてMTBレースです。

テーマ:ブログ




自転車やジャージは思いっきり汚して
思いっきり洗う
のがいいですね!

昨日は仕事の合間に
自転車とジャージとリュックもろもろ洗いました。


王滝を走ると細かい砂や小石が繊維の目に入って
洗濯が大変です。
ジャージやリュックは亀の子だわしさんの
洗剤を使って
バケツで荒洗いしました。

晴れても砂を巻き上げて汚れます。

雨でも砂を含んだ水を巻き上げるので頭から指先、衣服の裏側までジャリジャリになります。

走ってる最中はこれがなかなかストレスフルで
指先がジャリジャリしてるのは気持ち悪いのです。


ちなみに
リュックの中身は濡れることを想定してビニールに入れて走ったので大丈夫。
細かい工具や再利用するものはビニールに入れてます。

おすすめですよ~!



いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2016年09月19日 13時55分37秒

間違いました(笑)

テーマ:ブログ

昨日の王滝レース120km
無事終了し
こちらに戻って
すでに仕事中です

さて
昨日のブログの
タイム
うっかり打ち間違いしてました(笑)

正式には

9時間42分23秒でした
10時間がタイムアウト
16時までが完走扱い


タイムアウトまで残り約18分で


ゴールできました!

よかった

チェックポイントなどでの休憩は
全くとってないので
この時間ずうっと乗ってたことになります。(笑)

長っ!(笑)


バイクやジャージを洗ってます。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2016年09月18日 18時03分35秒

ゴール!

テーマ:ブログ

秋の王滝

雨の中のオフロード
120km


いやあ過酷でした!

しかし
たくさんの途中棄権が出る中

8時間42分で無事

完走しました!

きつかったー!
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2016年09月18日 04時53分53秒

皆さんおはようございます。長野県王滝村は朝から雨です。

テーマ:ブログ



皆さんおはようございます!

王滝村は
朝から冷たい雨です

本日
秋のSDA(セルフディスカバリーアドベンチャー)王滝MTBレース


雨でも行われるのが自転車レース!

山の中を120km
走ってきます!

過酷な1日になりそうです!


間もなく
6:00スタートです!


精一杯走ってきます!

ゼッケン72番!

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2016年09月16日 23時56分13秒

秋の王滝MTBレース

テーマ:ブログ


(写真はスキマ練習の時のもの)

秋のSAD王滝MTBレースが今週末日曜18日に行われます


長野県王滝村の山の中の過酷なオフロードを登ったり下ったりするマウンテンバイクのレースです


今回は
なんと
120kmにエントリー
SAD王滝MTBレースではいくつかカテゴリーがありますが最高峰カテゴリー
(42km100km120km・春は20kmもある)


要するに一番長いヤツです(笑)

初挑戦です!

100kmでも過酷なのに120km大丈夫か!?
という気持ちもありますが
挑戦したいと思います


なお
この120kmにはエントリーに資格があり
過去の大会で7時間を切った選手のみがエントリーできるカテゴリーになってます

ワタシは昨年の9月大会で6時間58分
ギリギリ切りました。

ゼッケンが名前順だとするとワタシが75番なので
このトップカテゴリーに
今回は約75名がエントリーしてることになります


完走できるかドキドキです

トラブルも楽しみたいと思います。

無事ゴールするなら
15時~16時くらいかなと予想してます。
タイムアウトギリギリです(笑)


頑張ります!
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。