見ためで変わる

テーマ:
夏に収穫したハーブガーデンのブルーベリーをジャムにしました。

ガーデンのバラジャムに使うのは6角ビンですが、今回は8角ビンとコップ型に入れてみました。
{97AC8628-D9F6-494F-BEFD-55DF55DF123E}

ビンの形が違うとブルーベリージャムの雰囲気もなんだか変わります。
ビンの蓋も金と白で印象が違います。

封の意味で、リボンでビンをくくりました。
{8B92C9C9-792B-4790-B4E4-031C6B9DA18B}

また雰囲気が変わりました。

8角ビンの方がどっしり感があるかしら。
内容量は同じなのですよ。

私は広口で底に沿って少しすぼまる、スッとしたフォルムのコップ型が好きです。

これは売りものではないのですが、ハーブガーデンの今までのジャムのラインナップ、イメージからいったら、8角ビンかな。

しかし、シンプルだけど雰囲気あるコップ型も使っていきたいなぁ。


容れ物で見ためは変わり、内容へのイメージ、期待にも影響はそれなりに及びますから、単なる容器としてはいけないな。

見ためじゃない、中身だよ!
って、いうけど、中身の雰囲気を表すのに見ためはあるともいえます。


ジャムだけじゃなく、ワタシも見ためには気をつけなくてはね。

中身から醸し出される見ためは、自分で磨いていくものやからね。

私は6角や8角ビンのなんとなくゴージャス感より、コップ型のスマートさを目指したいです。
AD