お天気サンサン 当ブログ へようこそ ビックリマークお天気サンサン

資格取得、スキルアップ、モチベーションアップ、
 日々の「気付き」について書き綴っていますビックリマーク



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-26 11:02:00

葛西駅前 レンズ風車。 一度でいいから、風が吹いて、回ってるのが見たい・・・。

テーマ:ブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-20 23:09:09

銀座で買い物がてら。

テーマ:ブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-17 09:15:46

垂直軸 小形風力発電 CHAVA WIND

テーマ:省エネルギー



3月1日~3日、東京ビックサイトで展示します!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-15 10:16:13

東京駅八重洲口前

テーマ:ブログ
2017-02-08 18:30:00

技術士開業のススメ2

テーマ:Ownd

前回、技術士開業のススメを書いた。

企業内に属する技術士が非常に多い。

それなりに優遇される技術士メリットのある企業もあるし、その人自身の生き方もあるのだから、「絶対、事務所開設したほうがいい」って言えるわけではない。


ただ、一つ言えるのは、「もったいない」のだ。

企業に属していると、その権限、範囲の中でしか動けず、「技術士」をもっていても

「技術士」のすごい部分、その人のもつ潜在能力をすべて出しにくい環境にいることは確かなのだ。

その人のもつ能力を最大限に発揮できる環境を作ってくれる企業もあるのはあるし、

技術士に理解のある企業もある。


技術士資格を生かすも殺すも、「技術士資格」をどう使うかにかかっている。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-07 21:03:06

技術士事務所開業のススメ

テーマ:Ownd

一昨年、技術士事務所を開業し、昨年9月法人化したため、1年4か月技術士業を行っていることになる。

技術士事務所を開業した当時(一昨年前のこと)、具体的にどうして仕事を得るのか知りたく、技術士事務所開業におけるセミナーや、技術士と組み合わせて労働安全コンサルタント事務所を行うべく、そのためのセミナーにも出席した。

そこではっきりしたのは、仕事の得方はひと通りではなく、実に例示してくれる内容が抽象的なものばかりである。


これでは、30代、40代の技術士が独立して技術士業を営もうとしても悩みまくる技術士は少なくない。

30代、40代のバリバリの企業技術士は、企業に属しているとすごく重宝されるし、頼りにされる。ところが、一歩、その企業をやめてしまうと、今まできちんと接してくれていた人物もその人にとってメリットがないと思うと一向に接する機会がなくなってしまう。

なので、技術士事務所を設立したい人は、企業内にいるうちに、本当に自分が生涯にわたって付き合える人かどうか見極めることも重要なポイントである。

企業内で働いているうちに怪しい目で見ると大変なので、客観的に、見極める力を備えるべきである。私は、その人を見極めてきた。だから、会社を辞めて何十年たっても、そうして力になってくれる人とは付き合いも続くし、食事もする。大切にしなければならない。


技術士事務所を開業して業としてやっていくための具体的な方法とは何か?

技術士セミナー講師でもいいだろうが、そればかりでも困る。

かといって、1,2社の企業顧問でも困る。1社あたり、驚くような金額で契約してくれれば問題なかろうが、30代、40代では、難しい。若くて大丈夫なのは、IT系顧問などか。

技術士と関係ない業務をするか・・・

私自身、不動産賃貸業も技術士業も行っているが、若手ならではの仕事の取り方もある。


その方法については、ここでは書けないが、どのようにしたら若手が技術士事務所を運営できるか、今だからこそアドバイスできる。


遠慮なくお問い合わせいただきたい。



問い合わせはココから。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-25 17:46:41

国内電力市場

テーマ:Ownd


国内電力市場ほど、ガラパゴスなことはない・・・。

電力構造の変革とか自由化などうたっているが、電力会社からの「やれるものならやってみろ感」を非常に感じる。

たしかに、これまで日本国内の電力における信頼性を担保できたのは、電力会社の尽力があったからなのはわかる。

しかし、現状を鑑みれば、電力の自由化によって(まだ送電部門は残っているが)10電力会社以外の企業も参入できたまでは良かったが、その先に残っているのは、参入した企業の生き残りをかけた戦なのである。

戦をする前に考えなければいけないのは、本当の意味の電力構造改革における技術基準の確立であろう。

既存電力システムのイノベーションが進まないのは、古い規程に守られたままだからである。電気事業法や電気電気設備技術基準は、社会動向にあわせて少しずつ改定されているが、グローバルスタンダードと比較すると、技術立国であるはずの日本が、ずいぶんと遅れている。

電気の信頼性や品質の確保が必要だからという言い訳は排除して、それを凌駕する技術イノベーションが、日本の電力市場には必要だと感じる。

実はこのイノベーションもすぐに可能だからこそ、じれったいのである。




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-01-25 17:08:48

「安全」「人」「科学技術」=新しい東京

テーマ:技術士
本日は、INVEST TOKYO セミナー2017に出席してきました。
小池都知事からの直接の講演もお聞きできました。
 
小池都知事から、「新しい東京」として、「セーフシティ」「ダイバーシティ」「スマートシティ」の実現
が必要であると話されていましたが、よくよく考えるとNITTA CONSULTING FIRMの事業における3つの柱である「安全」「人」「科学技術」と同様なんだなぁと。
 
 
 
まして、2020年のオリンピックのメイン会場になる江東区居住ですから、
これまた不思議な巡り合わせです。
 
渦中の有明も何か仕事ができそうです。
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-19 20:02:36

ニッポンの社長

テーマ:Ownd

ニッポンの社長に掲載されました。

会社設立以来、順調に事業展開させていただいております。

これもひとえにお客様はじめ、様々な方にご支援をいただいているおかげでございます。

この場をおかりし感謝申しあげます。

「安全」「技術」「人」を関連付けさせてコンサルさせていただいておりますが、まさにこれからの時代は、これら3本の柱が独立して成り立つものではなく、関連付けてさせて成果を出すことが求められるものと考えています。

実は、これらは、企業だけの問題ではなく、人が生活していくなかで必要な要素とも思っています。「衣」「食」「住」が大切なように、「安全」「技術」「人」も大切なものです。

企業、組織活動に必要な「安全」「技術」「人」に関わる課題をお持ちであれば、弊社まで

ご連絡いただければと存じます。


特に小形風力発電事業については、事業全般にわたり、失敗しない風力発電事業コンサルティングとして対応させていただいております。

問い合わせ先はコチラ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-19 19:22:29

販路拡大方法

テーマ:Ownd


販路拡大方法に関する問い合わせが多くなっています。

販路拡大もコンサルティングの一つですから、ご相談のうえ対応させていただく

場合もございます。


サラリーマン時代を含め、これまでわかったことは技術者で営業活動を行える方が少ないということです。なかには、技術営業をされて、素晴らしい成果を出されている方もいらっしゃいます。

ですが、トップエンジニアにもかかわらず、営業しない、できないエンジニアがいるのも残念です。本人たちは、至って素晴らしいアイディアやイマジネーションを生み出すにも拘わらずです。

これは、企業(特に大企業)における体制に課題があると考えます。技術部門、営業部門、購買部門とそれぞれ独立して事業化され、異なる部門の仕事をした場合には越権行為とみなされ、場合によってはコンプライアンス違反というようなことも少なくありません。

これからAI,ICTの時代にあって、このような分業制では非常に効率が悪いと考えています。

エンジニアも例え社内ルールの関係で営業活動はできなくても、営業活動の方法や提案方法を常に考えておくと良いでしょう。

特に、脱サラを将来考えているエンジニアの方は、こうした心がけで日ごろから行動しておくべきであると思います。こうした行動が、脱サラした際に、販路拡大につながるのではないでしょうか。










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。