治療のために摘出した腎臓を修復し、別の重度の腎臓病患者に移植する病腎(修復腎)移植で、徳洲会グループは6日に臨床研究3例目となる移植手術を実施すると明らかにした。万波誠医師(69)の執刀で愛媛県宇和島市の宇和島徳洲会病院で行われる。

 病院によると、愛媛県内に住む50歳代の腎がん患者の男性から、県内の50歳代の慢性腎不全患者の女性に移植される予定。病院は男性の腎がんが直径4センチ以下で、腎臓を修復すれば手術が可能と判断。男性と女性の双方が病腎移植に同意した。

【関連記事】
「理解してもらいたい」病腎移植で万波医師
病腎移植、2例目となる手術実施 宇和島徳洲会病院
73歳女性、病腎移植めぐり市を提訴
病腎訴訟で患者側「自家腎移植の件数開示を」 松山地裁
病腎移植再開 臨床研究第1例目 宇和島徳洲会病院
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

ホストクラブ1回700万、公正証書も書かせる(読売新聞)
阿久根市、やっと元係長に給与220万円振り込み(読売新聞)
早朝、大阪・豊中でコンビニ強盗(産経新聞)
「命の限り頑張る」審理差し戻しに奥西死刑囚(読売新聞)
年金業務監視委の権限強化=政令に基づく組織に-総務省(時事通信)
AD